騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒3-メイン州:風力法は、開発紛争を解決しませんでした |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2010年8月11日



ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/



By Naomi Schalit, Senior Reporter



画像:

2009年7月19日(日曜日)のこの写真、

風車のブレードは
はメイン州タウンシップ3のRange 8にある
Stetson Mountainの風を捉えてぼやけています。

(AP Photo/Robert F. Bukaty)


==============================================



オーガスタAUGUSTA、メイン州 –



風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。





マップがなければ、
法律は一連のルールにすぎません。

このマップは、風力タービンが
早急に検討することができる場所を
示していたため、不可欠でした。




このマップは、すべての組織された町と
非自治的領域の約3分の1を、
プロジェクトの迅速な配慮が行われる
州の「迅速な風力発電所」と指定した。

特別委員会はまた、
土地利用規制委員会が
申請者が特定の基準を満たしていれば、
その地域を拡大できるよう提案した。





そのマップがどのように描かれたかは、
特別専門委員会の会議の公式記録から
明らかではない。

これは、最後の2回の会議の要約は存在しないと、
特別専門委員会議長の
アレック・ギッフェン氏の秘書の
Rondi Doiron氏(ロンダ・ドイロン)は述べた。






「誰もが報告書を完成させるために
まっすぐに働いていたが、
誰にも要約を完了させる時間はなかった」と
ドイロン氏はメイン・センターに電子メールで報告した。




しかし、ギッフェン氏(Giffen)らは
マップの起源について自由に記述している:

まず、ギッフェン氏は
競合他社との間で
独自の情報を共有することは嫌いだったので
開発者の担当者と1対1で協議しました。

その後、彼は環境団体に行き、
彼らが保護したい地域を尋ねました。





その後、
迅速な風力開発地域を指定するマップを提案した。




「私は、どのような分野が
どのような用途にとって重要であるかについて
私が知っていたことに基づいて統合しました。
それを特別専門委員会に提示し、
それが輪郭が描かれた方法が
意味を成していたという同意を得ました」と
ギッフェン氏は言いました。


また、議会議員が短期会議の終わりに
近づくにつれて
検討するため、時間通りに
タスクフォースの報告書を完成させるための
最後のラッシュとして
マップ作成プロセスを説明している人もいます。





短期会議の終わりに近づくにつれて
議員が検討するために
時間通りに実施された
タスクフォースの報告書を得るための
最後のラッシュとして
他のものは地図描画プロセスを記述する。





「マップの議論の中で、
『ここ、ここ、ここ、ここ』、
『いいえ、いや、いいえ、いいえ』という言葉が
たくさんありましたと
特別専門委員会のメンバー
R-Pittsfieldの代表
ステーシー・フィッツ議員は言いました。

「何度も変わりました」

メインオーデュボンのジョディ・ジョーンズ氏は、
このプロセスを
「私はこれが欲しい、私はこれが欲しい」と説明した。




プロセスが見た目に似ていても、記録されないため、
公的記録には失われます。





そして、『Maine Freedom of Information Coalition』の
副会長でもある
Sun Journalのジュディ・メイヤー編集長は、
「衝撃的だ」と述べている。




メイン法では、
州知事の風力特別専門委員会のような団体が
審議を提出する必要はないとマイヤー氏は述べています。





「会議を記録したり、
議事録を作成する必要はありません。」と彼女は言います。

「これについて特に気になるのは、
いくつかの要約があり、
他にはないということがわかります。

それは本当の驚くべきことです。

州知事の特別専門委員会が
議事録を保持する能力を持っていると
あなたは思うでしょう。」と語った。




ギッフェン氏はマップについて言います
- 全議会で承認された
プロジェクトが特定の場所に
建設されるべきかどうかを決定する第一歩に過ぎない。




「既に開発された風景の一部に
風力発電の開発を誘導しようとするための
粗いフィルタであり、すでにインフラが整っています。

「規制プロセスのより細かいフィルタがあります。」




風力発電開発の最も強力な支持者の1人であった
メイン州自然資源評議会の特別専門委員会メンバー
ピート・ディディスハイム(Pete Didisheim)氏は、
このマップは風力発電所の立地過程から
多くの不確実性を取り除くことによって
不可欠なツールを提供したと述べる。

これは、迅速なゾーンの指定が、
開発者が行かない方がいいという意味で
発表されたからです。





「私は他のどの国も開発者に
『ここには行かないでください』と言う地図を
描いているとは思わない」と
ディディスハイム氏は語った。




大手風力発電業者であり、
商業用および居住用のサイトに
小型風力発電機を設置した
2人の顧客に代わって
特別専門委員会のミーティングに出席した
弁護士チップ・アーレンス氏は、
そのアプローチが
州の規則をその頭に向けると言いました
- 適切に:




風力発電が
どこに行かなければならないのかという州は
いつもテーブル上にあった」とアーレンス氏は言う。
彼は彼が顧客のために話していないことを強調した。
「私は、
『それがどこに行ってはならないかについて
言いましょう。』」と言った。


また、サイトが
迅速な許可ゾーンにあるという理由だけで、
風力発電プロジェクトが許可を申請すると
自動的に承認されるわけではありません。




LURCのディレクターである
キャサリン・キャロル氏は、
「許可機関が規制審査基準を妥協してはならないと
法律で具体的に述べている。」と言います。

「スラムダンクではない」





▼テストされた法律、いくつかの怒り




この点は、今年、新しい法律の最初のテストの1つ、
TransCanada社が
西部Maine Kibby Mountainプロジェクトの近くにある
風力発電所にタービンを建設するという申請で、
今年はっきりと明らかになりました。




バンゴールで7月7日に開催された会議で、LURC委員
- 全員がジョン・バルダッチ知事にノミネートされた
- 非公式世論調査で示された彼らは、
TransCanada社のタービン建設要請を拒否した。




州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。

野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。

コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。







コミッショナーは、
プロジェクトによってもたらされた
環境問題に対して
風力発電の新しい法律の目標を
評価するのに苦労しました。




スティーブ・シェーファー委員は、
「私はここでひどく対立している。」




彼と他の委員は
風力発電に関する法律の目標が
拘束力を持っているかどうかは不明であり、
法的に義務付けられていた
環境を保護していないと感じるプロジェクトを
承認するよう強制するでしょうと言いました。



コミッショナーのエド・ラヴェルティ氏は、
「風力発電法は
ここでは大きなものになっている。」と言いました。




ラヴェルティ氏は、
「地球温暖化とCO2排出量を削減するつもりですが、
このようなプロジェクトのすぐれた利点の大部分は、
メイン州の人々には発生せず、
グリッドを通じて他の国にも輸出されています。」と
続けました。





「メイン州で私たちと一緒にあるのは、
環境への影響です。」





LURC会議の数日後、
TransCanada社のプロジェクトマネージャー、
ニック・ドメニコ氏が
会議の結果に怒りを覚えました。

特別専門委員会に参加し、
その後TransCanada社の提案に反対した環境団体は、
彼の特別な怒りを喚起した:





「地図が作成されたときに、
[環境グループ]はテーブルの上にあった」と
彼は言った。

「それは私にとって、
これらの領域が
視覚的な影響を受け入れることを意味します。
多分、私たちはその結論を描くときのに
ちょっと単純だったかもしれません。」





「風力発電法は何かを意味すると思った」




建設会社CianbroしゃのPeter Vigue会長は
8日以内に、Bangor Daily Newsに
LURCを批判するコラムを発表した。

Cianbro社は、
TransCanada社の風力発電プロジェクトだけでなく、
州内の他の発電事業も建設しました。




「この予測不可能な規制環境は、
メイン州への投資を止めるでしょう」と
Vigue氏は書いています。




8月1日、引退した法学教授
オーランド・デログ氏は、
メイン・サンデー・テレグラムに
同様の鋭いトーンのコラムを発表した。




「TransCanada社の
Kibby No.2風力発電プロジェクトの
最近のLURC聴聞会の写しを読むと、
Chain of Ponds 郡区の既存設備を
45メガワット拡張して、
メイン州の経済とエネルギーの
未来のために泣きたいと思う」とデローグ氏は書きました。




「そして、それはあなたを怒らせる。」




しかし、ピーター・ミルズ州上院議員は
LURCで怒っていません。

代わりに、彼はLURC委員を、
競合する価値が解決できるかどうか、
そしてどのように解決できるかについて
十分にはっきりしていない
新しい州の政策の「犠牲者」と呼びます。





「細部まで煩わされたくありませんでした」と
ミルズ氏は言いました。

「私たちが何を言っているのかを
理解するためにLURCに任せておきます。

私たちはこのことを渡しましたが、
これに対処するツールを
彼らに与えたことはありませんでした。」



・・・・・・




▼その他の問題




法律では他にも問題があります。

1つの予期せぬ結果は、
かつてメインの山岳稜線が、
かつてはそれらを保存したいと思っていた人々に
比較的安い価格で利用可能になったことである
- そして高価な - 土地の一部。





「風力市場がなければ、高山地帯は
かなり限られた価値しか持っていませんでした」と
Park and Lands(公園と土地)局の
Alan Stearns副局長は語った。

「現在、数学は風力発電の可能性を持つ土地であり、
保全のための非売品です」




スターンズ氏は、
「風力発電市場がダイナミックである限り、
風力発電の可能性を持つ大部分の土地所有者は、
その土地の保全グループではなく
風力発電業者と協力している」と述べた。





また、近くの住民が
睡眠障害やその他の健康問題を訴えているため、
近隣住民を苛立たせるタービン騒音は、
特に問題を含むことがわかりました。





しかし、風力発電法となった知事の法案と
特別専門委員会の報告書を比較すると、
重要な省略が明らかになります:


環境保護委員がプロジェクト許可の
騒音の側面を修正する権限を与えるように勧告しても、
それを法律化したことはありませんでした。






ジョン・バルダッチ(John Baldacci)州知事は
その条項が風力発電法から
なぜ除外されたのかという質問に対して、
書面で次の回答を出した。





「私は、レポートのすべての推奨事項を
完全かつ正確に反映している
特別専門委員会のメンバーの
法案草案のチェックに頼りました。

彼らの推薦の一つ以上が含まれないならば、
私はそれも知らなかったし、
私の要求や方向性に
欠落や削除が行われていませんでした。




特別専門委員会の委員長のギッフェン氏も同様に、
この漏れがどのように発生したのか分からず、
それを修正する予定がないことを知っていたと
センターに語った。






最後に、地域の電力システム運営者が
主張している巨大な高電圧送電線の建設は、
メイン州南部の市場に
大量の風力を移動させる必要があった

– 州にたびたび付きまとわれるようになると
ミルズ氏(州上院議員)が言った漏れ。




「メイン州の北部または東部に
2500メガワットまたは3000メガワットを
建てようとすると
- 何てことだ、
トランスミッションを構築しようとしてください!」と、
ミルズ氏は言った。

「それは塔だけではなく、それは、線です
- それが目標が少し遠くなったと
私が思うようになったときです。 」




▼不確実な未来




州の風力発電政策にとって重要なことは、
特別専門委員会にいなかった
ミルズ氏(州上院議員)だけが、
現在州ができるかどうかを疑う
唯一の人ではないということです

- またはすべきである

- 知事が推進し、
風力エネルギー法に守られている目標を達成する。





バルダッチ氏の選抜された
特別専門委員会のメンバーは、
実際に十分なものがあるかどうかについて
同様に半信半疑です

- そして政治的に受け入れられる

– 2015年に2,000メガワット、
2020年に3000メガワットの目標を
達成するためのタービンを建設するサイト。




(メイン・オードゥボンの)ジョーンズ氏は、
「私たちは、彼らに会う土地があるかどうかを
見なければならない。」と言いました。




「3,000メガワットに達することは
政治的コンセンサスが
成立しているかどうかにかかっている。」と
特別専門委員会のメンバーで
DEP長官のデイビッド・リテル
(David Littell)氏が述べた。




NRCMのピート・ディディシェイム氏は、
「2015年までに2,000に達することは可能だ」と述べた。




しかし、ギッフェン氏(特別専門委員会議長)は、
風力の促進は地球温暖化に不可欠な反応であると
彼はまだ信じていると語った。




「ここに大きな写真があり、
私がこれを見る方法は、
私たちの天然資源やエネルギーを
どのように生み出すかについて、
メイン州の状況に変化はないとの考え方です。
それは可能性ではない」とギッフェン氏は言った。




「もし何もしなければ、
私たちの天然資源だけで大きな変化が見るつもりです。

変化する気候条件は、100年の間に
ポートランド周辺の地域がロブリー・パイン
(南部の樹種)に適していることを意味します。

既存の土壌である既存の生態系にとって、
それはどういう意味ですか?」




「何かが変わらないことはまだ可能ですか?」と
ギッフェン氏は尋ねる。

「いいえ、そうではない。

気候変動に関するエネルギー供給と
化石燃料への依存に重大な問題がありますか? はい。」





「このような開発で
合理的な方法で
どのように対処することができるかを見るために、
規制制度を検討したことで、
メインはうまく対応していますか?

それは完璧ですか?

疑わしい。 私たちは一緒に学びますか? はい。」




LURCコミッショナーのラヴァーティ氏は
別の見通しを取る:





「私は考慮する必要があると思う、
メイン州にこれらの
2,700フィートプラスの山は多くありません...

私は、これらの分野における重要な資源への影響に
特に注意を払わなければならないと思います。
なぜなら」と彼は言いました。
「これらのリソースに侵入すれば、
少なくとも生涯にわたって、
時間の経過とともに
それらを再構築する可能性はかなり低いでしょう。」





最終的に、
紛争を休止させることになっていた法律は、
手続き的かつ実質的な理由のために、
またいくつかの理由でそうなりませんでした。

ケネディー・スクール・オブ・ガバメント
(Kennedy School of Government)で
エネルギーと国際開発を教えている
ハーバード大学のヘンリー・リー教授は
メイン州の風力エネルギー法で
解決されなかった価値観の矛盾だと言いました

- 地球温暖化の脅威に対抗して行動したい人々は、
  土地保護者と戦う

- 全国的にも地球的にも展開されているものの一つです。




「私は、これがある程度
環境組織を互いに挑ませると思います」と、
リー氏は言いました




一部は汚染問題に焦点を当てており、
風力や太陽光などの再生可能エネルギーは
公害の削減という点で大きく改善している

- それはそうです。




「一方、土地利用が心配ならば、世界では...

あなたには限られた土地があり、
引き続き重大な紛争が起こるだろう」とリー氏は語った。

「風のサイトは、
海岸沿いや標高の高い場所
美観でぶつかり合っている場所では、
やや良い傾向があります。」




「これらの紛争は、それほど厳しくなく、
それほど強くならないだろう」とリー氏は語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







--------------------------
関連記事
--------------------------

<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン
(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html


州の特別専門委員会は、
メイン州が風力発電の主要な発電機になると言う
ロードマップを作成しました。

同グループの報告書草案では、
州のほとんどの地域で
風力発電プロジェクトの規制見直しを合理化し、
2020年までに1,000基以上のタービンを
建設できるようにすることを求めている。

それはまた、重要な景勝地を特定します
– バクスター州立公園(Baxter State Park)、
 アカディア国立公園(Acadia National Park)、
 アパラチア山脈(Appalachian Trail)などの場所
– 風力発電所の視覚的影響から保護されています。


メイン・フォレスト・サービスの
ディレクターであり、
風力発電に関する
特別専門委員会の会長である
アレック・ギッフェン氏(Alec Giffen)は、
「これは大きな前進だ」と語った。
「これはメイン州を
風力発電のリーダーになる立場に置くことになり、
メイン州の場所質を維持するだろう」



特別専門委員会のメンバーは、
金曜日の草案で詳細を交渉していたが、
来週、ジョン・バルダッチ知事に
最終版を提供する予定である。

同グループは、会議が4月に終了する前に、
議会が法案を成立させるための時間内に
作業を終了するという圧力をかけている。


誰も驚くことではなく、
将来の風車に対する新しい視覚的影響基準は、
トップレベルの役人、風力発電業界の代表者、
環境擁護者を含む特別専門委員会にとって
最も難しい問題でした。
特別専門委員会のメンバーによると、
この基準は、州周辺の風力発電開発を遅らせる
反復的な紛争を減らすはずです。


----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

メイン州のジョン・バルダッチ州知事は、
今週、風力発電所の早急な見直しを行い、
2020年までに3,000 MWの風力エネルギーを
開発する目標を設定する法案に署名する予定です。


----------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-21 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<2-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>ぜひ⇒2-アイルランド:『私の3才の娘はこわがります… 我々は、あなたに助けてもらいたい』 |関連記事|// 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<2-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>




2017年3月8日




ぜひ!⇒
2-アイルランド
◇‘My three-year-old daughter is scared… We need you to help’
『私の3才の娘はこわがります… 我々は、あなたに助けてもらいたい』

(Wicklow People | 2017年3月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/08/my-three-year-old-daughter-is-scared-we-need-you-to-help/




コリーン・クルーンさん
(Colleen Clune)の一生で普通だったすべては
Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所が
ごう音を立てて動き始めてから
消えてしまっています。




ユージン氏と結婚している
ウェクスフォード(Wexford)出身者は
先週の月曜日選出されたメンバーに、
彼女が『バリンバレー・アッパー
(Ballinvalley Upper)と恋に落ちた』こと
そして、彼らの人生はタービンによって
逆さまになったことを伝えました。




5月に3歳と2歳の子供がいる働く母親は、
彼女が週に5日働いている間、
彼女は、日中は
風力発電所に影響を受けないと言いました。




しかし、家に帰る途中、
キルカバン・ギャップ(Kilcavan Gap)に着くと、
私の目の前に風車が見えます。

車線を曲がると、私はT5のすぐ前にいる」と
彼女は言った。




「それらは私たちの生活を破壊しました」




彼女は、
タービンによって作られた騒音障害は、
家族の肉体的精神的苦痛を引き起こすと
言いました。





「私は神に祈り、夜は寝る」と彼女は言って
風力発電所が9月に動き出した時から、
一晩中休みだった10月の1週間を除いて、
家族が適切な夜の睡眠を取らなかったと説明した。

「それまで私たちは皆健全に眠っていました」と
彼女は言った。





彼女の娘は特に夜間に影響を受け、
彼女の部屋に何が入っているのか
あるいは
「トラクターに乗ったおじいちゃんが、
なぜいるの?」と尋ねます。




「彼女は怖がっている」とクルーン夫人は言った。




彼女は騒音は
「滑走路上の飛行機」
または
常に岩にぶつかる海のようなものだと言いました。





家族はまた明るいちらつきの影響を受け、
彼女は、それを
「一度に20〜30分点滅する溶接機のようだ」と
記述していました。




かつて彼らが素敵な眺めを見たところでと、
クルーン夫人は言った
今は、外の「鉄の5つの柱」を見ています。




タービン1と5で作られた景観については、
後者はクルーン家にとって大きな懸念事項です。

「T5の景観は
私たちの農場から真っ直ぐに見えています。

私たちは、私たちを知らない人たちの
視点に立っている」とクルーン夫人は言った。




「私たちはあなた方の助けが必要です。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------

<1-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>

2017年3月8日

ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇South Wicklow residents ask county council for help;
Wind farm ‘destroying lives’ of local families
South Wicklow(サウス・ウィックロー)居住者は、州議会に援助を求めます;
地元の家族の『命を奪っている』風力発電所

(Wicklow People | 2017年3月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/08/
south-wicklow-residents-ask-county-council-for-help-wind-farm-destroying-lives-of-local-families/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4555.html


By Emma Stafford



Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の影に住む
South Wicklow(サウス・ウィックロー)の住民は
今週、ウィックロー州議会の
選出されたメンバーのための
簡単なメッセージを持っていました。

私たちを助けてください。


ウィックロー州議会の月曜日の会議で、
ラヒンリー / バリンバレー(Ballinvalley)
ウィンドアクショングループの3人のメンバーは、
風力発電所が去年稼働して以来、
人生がどのように最悪の事態に変化したかについて、
時として感情的な説明を与えました。



バリンバレー・アッパー(Ballinvalley Upper)で
生活している農夫の
ユージン・クルーン氏(Eugene Clune)は、
風力発電所からの騒音は
「迷惑ではなく、人命を破壊する」とメンバーに語った。
彼は、近くに住む多くの人々が
彼らの幸福と正気に対して
巨大な恐怖があると言いました。



住民はESBとCoillte
(風力発電所を共同所有している)を
「非常に不信感」を抱くと
クルーン氏は説明します。
それは、彼らがプロジェクトを通して
両組織から来たコミュニケーションが
完全に不足していると思ったからです。
居住者は
「無視される」「忘れられた」と感じたと
彼は述べた。



「我々は、2015年8月に
連絡担当者との会談をようやく入れました
- 建設が始まって2ヵ月後」とクルーン氏は話す。

「連絡担当者が市民に会うには
6月から8月まで必要でした。
しかし、彼らが市民に会ったと言うために
議会に書くことができます。」


「これらの手紙は真実との完全な相違がある」と
彼は言った。



サウス・ウィックローの農家は、
試験段階が風力発電所で行われたとき、
不意打ちであっただけでなく、
騒音が「怖がらせて」
「小屋の屋根を鳴らした」と述べた。
農民の中には、
彼らの苦しむ動物を落ち着かせようとして
彼らの小屋で時間を過ごすことを強制されたと、
議員は聞きました。


「ESB(風力発電所の共同所有者)は、
試験段階が行われると言いませんでした」と
クルーン氏は述べました。



彼は、2010年の最初の計画申請の一部として
準備された風力発電所と
環境影響評価報告(EIS)に関する住民の懸念を
概説しました。
彼らは、より小さなタービンを、
場合によっては家庭に近づけるように導いた
「マイナーな調整」のさらなる適用が、
新しいEISを保証するはずであったと考えている。


「私たちは、ノイズとシャドウフリッカーが
大幅に過小評価されていると信じています。」と
クルーン氏は言いました。



居住者はタービン1と5の
景観の設定にも悩まされている。

クルーン氏は、これらの計画の許可が
求められていないと考えていること以外にも、
その景観は、人々の家や
子供が遊ぶ場所を見過ごしていると説明しています。


「景観でのビノキュラーズが
次の追加になるのだろうか?」と彼は尋ねた。
「その景観は、
すぐに解体されなければなりません。」


タービンを見に行く何人かの人々は、
彼らの犬を一緒に連れて来て
自由に周りを歩き回らせると、クルーン氏は言います。


「私たちのほとんどは羊の農家です」と彼は説明した。
「しかし、新しいフェンスは設置されていない。」


風力グループのメンバーは、
風力発電所は、
作業開始前に全国送電網に接続する
計画の許可を求める義務を負っていたが、
施工は行われていないと指摘した。

「Raheenleagh(ラヒンリー)は2015年以来
不法に操作されていますか?」と
クルーン氏は尋ねました。



地元住民が抱える最も深刻な苦情の1つは、
風力発電所から来る過度の騒音に関することです。



クルーン氏は、
住民は、作られた騒音が
ガイドラインを上回っていると信じて、
議会が騒音レベルの調査を設定するように頼んだと
言いました。


風力発電所の影響は、
その隣に住む人々の生活に影響を与えていたと、
クルーン氏はと述べた。
吐き気や睡眠不足に苦しんでいる人々と共に。



グループに
「壊れた人々の5つの家族」がいたことに注目して、
クルーネ氏は議会に対していくつかの要請をした:


タービン1と5の景観が直ちに閉じられ、
解体されること;

風力発電所にナショナルグリッドへの接続に関する
警告書を送付すること;

子供の保護と公衆衛生上の問題のために、
問題が解決するまで風力発電所を閉鎖すること;

企画執行部の長とオフィシャルが集まり、
提起された事項について話し合うこと。


「あなたは決定をすることができます。
私たちは無力です」とクルーネ氏は語った。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-21 : 〼アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<1、2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒1-メイン州:計画:2020年までに1,000基のタービン | 2-メイン州:メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定  // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




※ 2008年、当時のメイン州ジョン・バルダッチ州知事は
  風力発電プロジェクトの規制見直しを合理化し、
  2020年までに1,000台のタービン建設を目標に
  メイン州風力エネルギー法が成立しました。
 
  しかし、それは州内のあちこちに
  反対運動や訴訟(健康被害)をもたらしました。

  2011年1月5日に新たに就任した
  ポール・ルパージュ州知事は
  2008年の法改正に着手します。

  拙ブログでは、メイン州風力エネルギー法改正に関する
  2008年から現在までの記事を以下のカテゴリーでまとめました。
  

  <♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>          

  
  また、改正当時の記事は以下のカテゴリーも関連しています。
  
  <♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



ぜひ!⇒
<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年9月15日

18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します

(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/

※ 拙ブログ内は『日本語のタイトル』で検索してください(おとしん:注)

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4492.html


(おとしん:注)


================================================





<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2008年2月9日



ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/



By John Richardson
Staff Writer



州の特別専門委員会は、
メイン州が風力発電の主要な発電機になると言う
ロードマップを作成しました。




同グループの報告書草案では、
州のほとんどの地域で
風力発電プロジェクトの規制見直しを合理化し、
2020年までに1,000基以上のタービンを
建設できるようにすることを求めている。


それはまた、重要な景勝地を特定します

– バクスター州立公園(Baxter State Park)、
 アカディア国立公園(Acadia National Park)、
 アパラチア山脈(Appalachian Trail)などの場所

– 風力発電所の視覚的影響から保護されています。





メイン・フォレスト・サービスの
ディレクターであり、
風力発電に関する
特別専門委員会の会長である
アレック・ギッフェン氏(Alec Giffen)は、
「これは大きな前進だ」と語った。

「これはメイン州を
風力発電のリーダーになる立場に置くことになり、
メイン州の場所質を維持するだろう」






特別専門委員会のメンバーは、
金曜日の草案で詳細を交渉していたが、
来週、ジョン・バルダッチ知事に
最終版を提供する予定である。

同グループは、会議が4月に終了する前に、
議会が法案を成立させるための時間内に
作業を終了するという圧力をかけている。




誰も驚くことではなく、
将来の風車に対する新しい視覚的影響基準は、
トップレベルの役人、風力発電業界の代表者、
環境擁護者を含む特別専門委員会にとって
最も難しい問題でした。

特別専門委員会のメンバーによると、
この基準は、州周辺の風力発電開発を遅らせる
反復的な紛争を減らすはずです。





「これはメイン州だけでなく、
メイン州の人々の景観を
(そのような)人々が本当に評価する
州の他の地域でも、非常に難しい問題でした。」と、
ギッフェン氏は言いました。

「これが、よりスムーズに紛争解決へと
導くものにしてくれることを願っています。」






メイン州は、
42メガワット風力発電所がマーズヒルにあって
風力発電でニューイングランドを
リードしていますが、全国で24位です。

ワシントン郡の
ステットソン・マウンテンプロジェクト
(Stetson Mountain)は、
今年57メガワットを追加する予定です。





山岳地帯や沿岸沿いの風況に関する研究は、
ここでよりクリーンなエネルギーを発生させる
大きな可能性を示していると、
特別専門委員会のレポートでは、
メイン州は
テキサス州とカリフォルニア州が率いる
州の一流の層に現実的に参加できると述べています。




メイン州は、特別専門委員会の報告書によると、
2015年までに
2,000メガワット以上の風力発電能力を、
2020年までには3000メガワットを達
成する必要があります。




これは、2020年までに
州の周りに400フィートの高さのタービンが
1,000から2,000に相当すると
ギッフェン氏は述べています。
「これらは、多くの場所に現れてくるだろう。」




風力タービンは、
大気汚染や地球温暖化の原因となる
化石燃料への国の依存を減らすための
大きな計画の一部です。




環境保全などの再生可能エネルギーと並んで、
2020年までに地球温暖化汚染を
1990年レベル以下の10%まで
削減する目標を達成するには、
風力発電が必要であると、当局者は述べています。




最終特別専門委員会レポートには、
提案された風力発電所が、
より多くの開発を促進する方法として、
州政府機関による迅速なレビューを受ける
地域の地図が含まれます。

野生動物の影響に関する研究は
依然として必要とされるが、
視覚的影響は特別な状況下でのみ考慮される。




迅速な審査のためのエリアは、
海岸全体を含むメイン州のすべての都市
および町を対象としています。

また、メイン州北部の農村部に
未整備地域の郊外も含まれています。

ここでは、ほとんどの場合、
必要に応じて
風力発電所は再ゾーニングを必要とせず、
景観に「調和する」必要がありません。





この報告書は、
景観上の影響がまだ分析され、
考慮されるべきである州
および地方の重要な領域を特定する。

これらの地域には
州や国立公園、重要な景観資源として
指定されている山や湖が含まれます。






「この種の開発は
完全な権利放棄を得ることはできません」と、
メインオーデュボン(Maine Audubon)の
野生生物生態学者であり、
特別専門委員会メンバーである
ジョディ・ジョーンズ氏(Jody Jones)は言いました。

「我々はメイン州の特別な場所を保護する必要がある」




特別専門委員会は、これらの場所の見通し内で
タービンを排除することを勧めませんが、
むしろ不合理な影響に集中します。

「問題は、あなたがそれらを
見ることができるかどうかではなく、
その影響が受け入れられるかどうかである」と
ギッフェン氏は述べた。




オフショア風力発電所は州の巨大な可能性を示し、
報告書の草案によると、
2020年までに操業するはずである。

しかし、技術がテストされておらず、
独自の技術的および規制上の課題が存在するため、
沿岸海域は迅速審査地域として含まれていませんでした。




「このマップは、
明らかに重要な資源をそこに示している」と、
州の沿岸計画責任者であり、
特別専門委員会メンバーのキャスリーンライデン氏は述べた。

「そして、オフショアの可能性を積極的に準備するために
私たちは今、それをやっていなければなりません。」





風力開発業界は、
直近の変更を監視しながら、報告書を支持していると
「Independent Energy Producers of Maine 」の
エグゼクティブ・ディレクターであり、
特別専門委員会メンバーのデイブ・ウィルビー氏は述べている。






風力が促される規則と
マッピング地域をはっきりさせて、近代化することにより、
開発者が反対派の壁に当たるプロジェクトに投資する
リスクを軽減することができます。

「予測は非常に重要です。」とウィルビー氏は言いました




ウィルビー氏によると、
野心的な目標を達成しようとするならば、
州はより多くの電気容量を必要としますが
それは特別専門委員会の範囲外の課題である。

しかし、この報告書は、
メイン州における風力発電の
2つの主要な障壁のうちの1つを下げるのに
役立つはずだと彼は述べた。





特別専門委員会の報告書は、
メイン州の自然資源評議会
(Natural Resources Council of Maine)の
アドボカシーディレクターの
Pete Didisheim氏によると、
先に計画することによって、
メイン州が紛争を軽減または回避するのに役立ちます。






「メイン州では
風力発電のサポートが非常に強力です。」と
Didisheim氏は言いました。

「しかし、人々はプロジェクトが
適切な場所に確実に進んでいることを
確かめたいと思っています。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------------------------




<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2008年4月14日



2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/





メイン州のジョン・バルダッチ州知事は、
今週、風力発電所の早急な見直しを行い、
2020年までに3,000 MWの風力エネルギーを
開発する目標を設定する法案に署名する予定です。





法案

- 金曜日に満場一致で下院と上院を通過し、
知事が署名すると直ちに法律になる

- 2月の州政府の特別専門委員会レポートに基づき、
  風力発電所が迅速な州の見直しを受ける地域として
州の約3分の2を指定することが求められています。





この法律は、
州がファーストトラックゾーンでの
プロジェクトレビューを185日以内に制限し、
公聴会が必要な場合を除き、270日まで延長されます。

これとは対照的に、
いくつかのメイン州風力発電事業の州規制審査は
何年もかかりました。




この法案は、
風光明媚な景観への影響による
プロジェクトのブロックを難しくしています





この州は、
2015年までに2,000MWの風力エネルギーを、
2020年までに3000MWの風力エネルギーを開発し、
海上風力から少なくとも300MWの
風力エネルギーを開発するという目標を設定している。




メインはニューイングランドの
再生可能エネルギー開発にとって
重要な位置を占めている。
なぜなら、未開発地域が大きく、
地域の他の5州と同じくらいの
風力エネルギーポテンシャルがあるからだと
風力特別専門委員会の報告書は述べています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-20 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<1-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>ぜひ⇒1-アイルランド:South Wicklow(サウス・ウィックロー)居住者は、州議会に援助を求めます;地元の家族の『命を奪っている』風力発電所 // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<1-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>




2017年3月8日




ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇South Wicklow residents ask county council for help;
Wind farm ‘destroying lives’ of local families
South Wicklow(サウス・ウィックロー)居住者は、州議会に援助を求めます;
地元の家族の『命を奪っている』風力発電所

(Wicklow People | 2017年3月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/08/
south-wicklow-residents-ask-county-council-for-help-wind-farm-destroying-lives-of-local-families/



By Emma Stafford



Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の影に住む
South Wicklow(サウス・ウィックロー)の住民は
今週、ウィックロー州議会の
選出されたメンバーのための
簡単なメッセージを持っていました。

私たちを助けてください。




ウィックロー州議会の月曜日の会議で、
ラヒンリー / バリンバレー(Ballinvalley)
ウィンドアクショングループの3人のメンバーは、
風力発電所が去年稼働して以来、
人生がどのように最悪の事態に変化したかについて、
時として感情的な説明を与えました。





バリンバレー・アッパー(Ballinvalley Upper)で
生活している農夫の
ユージン・クルーン氏(Eugene Clune)は、
風力発電所からの騒音は
「迷惑ではなく、人命を破壊する」とメンバーに語った。

彼は、近くに住む多くの人々が
彼らの幸福と正気に対して
巨大な恐怖があると言いました。





住民はESBとCoillte
(風力発電所を共同所有している)を
「非常に不信感」を抱くと
クルーン氏は説明します。
それは、彼らがプロジェクトを通して
両組織から来たコミュニケーションが
完全に不足していると思ったからです。

居住者は
「無視される」「忘れられた」と感じたと
彼は述べた。






「我々は、2015年8月に
連絡担当者との会談をようやく入れました

- 建設が始まって2ヵ月後」とクルーン氏は話す。

「連絡担当者が市民に会うには
6月から8月まで必要でした。

しかし、彼らが市民に会ったと言うために
議会に書くことができます。」




「これらの手紙は真実との完全な相違がある」と
彼は言った。





サウス・ウィックローの農家は、
試験段階が風力発電所で行われたとき、
不意打ちであっただけでなく、
騒音が「怖がらせて」
「小屋の屋根を鳴らした」と述べた。

農民の中には、
彼らの苦しむ動物を落ち着かせようとして
彼らの小屋で時間を過ごすことを強制されたと、
議員は聞きました。





「ESB(風力発電所の共同所有者)は、
試験段階が行われると言いませんでした」と
クルーン氏は述べました。





彼は、2010年の最初の計画申請の一部として
準備された風力発電所と
環境影響評価報告(EIS)に関する住民の懸念を
概説しました。

彼らは、より小さなタービンを、
場合によっては家庭に近づけるように導いた
「マイナーな調整」のさらなる適用が、
新しいEISを保証するはずであったと考えている。




「私たちは、ノイズとシャドウフリッカーが
大幅に過小評価されていると信じています。」と
クルーン氏は言いました。





居住者はタービン1と5の
景観の設定にも悩まされている。


クルーン氏は、これらの計画の許可が
求められていないと考えていること以外にも、
その景観は、人々の家や
子供が遊ぶ場所を見過ごしていると説明しています。




「景観でのビノキュラーズが
次の追加になるのだろうか?」と彼は尋ねた。

「その景観は、
すぐに解体されなければなりません。」




タービンを見に行く何人かの人々は、
彼らの犬を一緒に連れて来て
自由に周りを歩き回らせると、クルーン氏は言います。



「私たちのほとんどは羊の農家です」と彼は説明した。

「しかし、新しいフェンスは設置されていない。」





風力グループのメンバーは、
風力発電所は、
作業開始前に全国送電網に接続する
計画の許可を求める義務を負っていたが、
施工は行われていないと指摘した。

「Raheenleagh(ラヒンリー)は2015年以来
不法に操作されていますか?」と
クルーン氏は尋ねました。





地元住民が抱える最も深刻な苦情の1つは、
風力発電所から来る過度の騒音に関することです。





クルーン氏は、
住民は、作られた騒音が
ガイドラインを上回っていると信じて、
議会が騒音レベルの調査を設定するように頼んだと
言いました。




風力発電所の影響は、
その隣に住む人々の生活に影響を与えていたと、
クルーン氏はと述べた。
吐き気や睡眠不足に苦しんでいる人々と共に。






グループに
「壊れた人々の5つの家族」がいたことに注目して、
クルーネ氏は議会に対していくつかの要請をした:


タービン1と5の景観が直ちに閉じられ、
解体されること;

風力発電所にナショナルグリッドへの接続に関する
警告書を送付すること;

子供の保護と公衆衛生上の問題のために、
問題が解決するまで風力発電所を閉鎖すること;

企画執行部の長とオフィシャルが集まり、
提起された事項について話し合うこと。




「あなたは決定をすることができます。

私たちは無力です」とクルーネ氏は語った。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-20 : 〼アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<④サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>④サウスダコタ州:デューエル郡委員会は、風塔に関して必要なより多くの議論を決定します |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<④サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>




2017年3月1日




④サウスダコタ州
◇Deuel County Commission decides more discussion needed regarding wind towers
デューエル郡委員会は、風塔に関して必要なより多くの議論を決定します

(The Public Opinion|2017年3月1日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-commission-decides-more-discussion-needed-regarding-wind-towers/
article_24681c10-fe92-11e6-b219-63abb1862a6b.html



By Dan Crisler, Public Opinion Staff Writer



CLEAR LAKE(クリア・レイク) –



デューエル郡委員会とオブザーバーによる
約3時間の議論にもかかわらず、
風力発電所に関する条例の改正案を
採択することについての決定はまだなされていない。





クリアレイクコミュニティセンターの
少なくとも200人の聴衆の前で会議を行い、
1月にデューエル郡の計画とゾーニング委員会が
勧告した条例改正案を
承認するか否定する時期が来たとき、
郡政委員はそれほど進んでいませんでした。





太陽の角度に関連して
風車のブレードからのちらつき効果の
年間時間を制限するとともに、
参加していない土地所有者の権利を認めて
風車塔から最大デシベルレベルを引き下げ
後退距離を増加するという条例案で
委員会は
非参加の土地からの好ましい後退距離を
決定することが即座の障害となりました。





シカゴに拠点を置くInvenergy社が、
今年後半に完成予定の
風力発電用送電線CapX2020と接続するために、
デューエル郡北東部に
風力発電塔を設置することに目を向けたことで
この提案された条例は、もたらされました。





計画とゾーニング委員会は、
風力タワーのサイズの増加とタワーの騒音が
参加していない住民に与える有害な影響に対応して
風力タービンの後退距離を
1,500フィートに増やすことを推奨したが、
前の90分の間されるいくらかの証言は
郡の行政責任者ゲイリー・ディヤング氏に
不参加の所有地の境界線から、
それは後で住居に変わりましたが
後退距離を2,640フィート、または1/2マイルに
増やすという条例案を改正するように促しました。


※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 2640フィート = 804.67200 メートル
※ 1/2マイル = 804,67200 メートル




ディヤング氏の提案は、
妥協として機能することを意味した。





「風力の人々は
1,500フィートで生きることができると言います。」と
ディヤング氏は言いました。

「参加していないグループの人々は、
より大きな後退距離を望んでいます。

彼らは3,280フィートを求めました。
私は妥協が好きです。
私は1/2マイルの後退を見たい。」

※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 3280フィート = 999.74400 メートル
※ 1/2マイル = 804,67200 メートル





ディヤング氏の提案は、
分割を橋渡しする彼の努力にもかかわらず、
風力タワーの支持者と
参加している土地所有者とうまく行きませんでした。




すでに発表されている会議の
パブリックコメントの部分では、
他の提案された条例と一緒に
1,500フィートへの後退距離を変更する提案は、
既に進行中のゲームのルールを
変更することになっていたと、
そして、2,640フィートのセットバックは
風力発電所の設置を実行不能にすると
プロジェクト開発のシニアマネージャー
Dan Litchfield氏は、 言いました。

※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 2640フィート = 804.67200 メートル





「(以前の)ユンカー氏の提案は、思い出すと
1000フィートの不動産ラインの後退のためのものでした。

これは妥協ではありません。

これは彼らが求めていたものの260%です」と、
リッチフィールド氏は述べています。

「これをあなたがやることを選んだものなら、
風力タービンはないでしょう。」

※ 1000フィート = 304.8 メートル




参加土地所有者のデニス・エバンソン氏は
リッチフィールド氏の懸念と同じことを言いました。




「デューエル郡で
風力発達の可能性を殺したかもしれない」と
エバンソン氏は話す。




ディヤング氏の提案した妥協案は、
Invenergy社が提案した
風力タービン開発の反対派から
いかなるフィードバックも引き出さなかった。




しかし、ゲイリー・イエガー委員会議長が、
将来の会議まで
議定書案を投票することを承認したことで、
最終決定は行われず、
デューエル郡北部の風力タービンの未来は
宙に浮いたままです。




イエガー氏は、会議が始まってから
約2時間45分後の午後4時15分ごろに、
彼の要求をした。

当初、午後4時までに
会議が終了することを希望していたイエガー氏は、
いくつかの条例改正案の最初のものについて
広範な議論が行われていた会議に、
差し迫った終わりは見られませんでした。



「午後4時にこれをカットするつもりだと
言いました。
さて、私たちはそれを過ぎています」と
イエガー氏は言いました。

「時間のおかげで、
私たちは妥協するつもりはないことを知っています。

ここではマラソン会議を持たないので、
この議論を続けなければならない」




提案された条例を
修正することに関する議論に入る前に、
コミッショナーと群衆は、
Invenergy社のタービン建設プロジェクトの支持者と
反対派の両方を代表する約20人からの証言を聞いた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------
関連記事
--------------------

<①サウスダコタ州:デュエル郡風力タービン条例の改正>

2016年10月18日

①サウスダコタ州/画像
◇Deuel County says no to Bitter Root project
デュエル郡はビター・ルートプロジェクトにNOという

(The Public Opinion.com|2016年10月18日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-says-no-to-bitter-root-project/
article_2edea780-9543-11e6-9830-e3ee39de68e3.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4542.html

----------------------------------------------

<②サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>

2017年1月13日

②サウスダコタ州
◇Wind tower ordinances could change
風力タワー条例は変わる可能性がある

(The Public Opinion|2017年1月13日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
wind-tower-ordinances-could-change/
article_28dba3f0-d9a5-11e6-bc64-e7f403ef2404.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4544.html

----------------------------------------------

<③サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>

2017年2月9日

③サウスダコタ州
◇Deuel County struggles with wind ordinance
デューエル郡は、風条例と戦います

(Watertown Public Opinion | 2017年2月9日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-struggles-with-wind-ordinance/
article_9ecc3730-eee7-11e6-890f-53ea900a8011.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4545.html


By Dan Crisler, Public Opinion Staff Writer




CLEAR LAKE(クリア・レイク) –





デューエル郡委員会が
風力タービン条例の改正を決定すると、
クリア・レイクでの委員会の前に、
風力発電開発の支持者と反対派が現れ、議論が行われた。




火曜日の会議は、
郡の計画とゾーニング委員会が、
3-2の投票で
参加していない土地の
1,000フィートから1,500フィートまで
風力発電所のセットバックを増加させる
一連の条例改正を行い、
個々のタワーの最大デシベルレベルを
非参加者の場合の45デシベルに引き下げ、
フリッカー効果に要求します
- 太陽の眩しさが風力タービンから跳ね返って
断続的な影を投げかけたときに起こる
- 年間30時間を超えないこと。


※ 1000フィート = 304.8 メートル
※ 1500フィート = 457.2 メートル





提案された条例修正は、
Flying Cow Wind、LLCによって
昨年秋に失敗した提案から一部生まれました。
- 再生可能エネルギーシステムの子会社
- デューエル郡東部のCochrane湖近くに
14台の風車を設置する。

その提案は、多くのレイクと郡の住民から
大きな反対を引いたもので、
昨年10月の委員会で
3-2の投票によって最終的に拒否されました。





クリアレイクコミュニティセンターに参加した
参加者と非参加者の間の分裂的な雰囲気を背景に、
委員会の委員長のゲイリー・イェーガー氏は、
水曜日の公開討論で、
プレゼンテーションと一緒の会議は
秩序ある方法で進められたと述べた。




「礼儀正しく、敬意を表していると思った。
それは手に負えなかったり
そんなことはありませんでした」とイェーガー氏は言いました。




前の計画とゾーニング委員会のメンバーと
ゲーリー・エリアの住人
ジョージ・ホルボーン氏を含む
風力タービンの4人の反対派は、
風力タービンが引き起こすと思われる
健康への悪影響について証言した。


ホルボーン氏は、
何十年にもわたって実施された
物理学者ニール・ケリー(Neal Kelley)の研究を引用し、
他の生理学的影響の中でも、
吐き気や失見当を引き起こす
タービンの振動やちらつきの影響など、
風力タービンの負の影響について懸念を表明した。






ホルボーン氏によると、
風力発電機の近くに住む非参加の住民が
安心を得るために
窓から離れて地下室に入る必要性を
感じた例があるという。

ホルボーン氏自身は、
タービンの近くで1日運転している間に
方向転換を経験したために、
高速道路の側に逃げなければならなかった例を引用した。





ホルボーン氏は、
「引っ越しする余裕がないため、
誰かが地下に住まわなければならないというのは
(間違っている)様な印象を受けます。」と語った。





ホルボーン氏の研究と経験は、
風力エネルギー開発者にとって
あまりにも友好的であると考えられていた
条例の改正案に対して、
先月彼のNoの投票に貢献しました。

彼の仲間の委員会のメンバーとの違いのため、
ホルボーン氏はその後、1月31日に辞任した。




「間違っています。
私は、その位置で何かを支持して
投票をする気になることができません」と、
ホルボーン氏は言いました。




一方、シカゴに本拠を置く風力エネルギー会社
Invenergy社は、条例改正案が厳格すぎると考えている。






火曜日の会議で証言する
唯一の風力エネルギー支持者であった
『Project Development Dan Litchfield』の
プロジェクトマネージャーによると、
同社は主に、非参加住民から離れた
Deuel County北東部で
風力タービンを建設することを検討している。




リッチフィールド氏は、
提案されたプロジェクトが
提案された1,500フィートのセットバック
- 彼は特定の距離を提供しなかったが
- 現在の条例で規定されている
50デシベル限度を満たすこと。

リッチフィールド氏によれば、
同社はフリッカー効果の
年間30時間制限を満たすこともできるが、
それは厳しいかもしれない。

※ 1500フィート = 457.2 メートル




全体として、リッチフィールド氏は、
条例改正案が会社にとって
挑戦的である可能性があると主張した。





「他の提案された変更は、
ルールブックからと
我々が進めてきた場所から大きくずれている」と
リッチフィールド氏は述べている。

「規制を増やして
お役所仕事を増やして足元をすくうのは問題です。」

全体的に、提案された規則は、
プロジェクトの生存能力に
本当に疑問を呈することができました...

私たちの地主
(彼らの土地にタービンを設置することに同意した人)は、
私たちに、こう言っています
「これはひどい先例です。
私たちは本当にこれを心配している」




しかし、今年後半に完成予定の
CapX2020風力発電ラインに加え、
デュエル郡のハイ・エレベーションと
強く頻繁な風力により、
Invenergy社は今後も計画を進めていきます。




このテーマに関する別の会合は、
クリアレイクコミュニティセンターで、
2月21日1:30p.m.
デューラ郡委員会会合で予定されています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-19 : ▽サウスダコタ州:デュエル郡風力タービン条例の改正 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR