騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<ともに可決⇒7、8-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>ぜひ⇒7-Part2:ニューヨーク州/イェーツ:イェーツは、タービンのさらなるセットバックと、湖畔での禁止とともに風力条例を承認する…改正は現在の規制よりも静粛性が要求されている |ぜひ⇒8-Part2:ニューヨーク州/イェーツ:イェーツの町は、風力発電プロジェクトにもっと多くの制限を課す…アペックス社は確かにそれに異議申し立てができますが、私は彼らがしないことを願っています…James Simon(スーパーバイザー) |関連記事| // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調










<ともに可決⇒7-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>




2018年2月9日




ぜひ!⇒
7-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Yates approves revised wind ordinance with farther setbacks for turbines, ban by lakeshore
イェーツは、タービンのさらなるセットバックと、湖畔での禁止とともに風力条例を承認する

(Orleans Hub | 2018年2月9日)
https://orleanshub.com/
yates-approves-revised-wind-ordinance-with-farther-setbacks-for-turbines-ban-by-lakeshore/



By Tom Rivers, Editor



Yates イェーツ -

イェーツタウン委員会は、
オンタリオ湖岸から3マイル以内の
風力タービンを禁止する
風力エネルギー施設法の改正を承認し、
そして、それはまた少なくとも半マイル
より大きい資産セットバックを必要とします。

※ 3マイル = 4.828032 キロメートル
※ 半マイル = 804.67200 メートル






提案された改正では、
現在の規制よりも静粛性が要求されている。





タウン委員会は、
木曜日の夕方に4-1票で法律を可決した。


Wes Bradleyは投票しませんでしたが、
町のスーパーバイザーの Jim Simonと
委員会メンバーのHarold Suhr、
Jim Whipple、John Riggiがそれを承認しました。




提案されたライトハウス・ウィンドのプロジェクトマネージャー
テイラー・クアレルズ氏(Taylor Quarles)は、
先月オーリンズ郡(Orleans County)
プランニングミーティングで
イェーツの提案は
「風力エネルギーの禁止」を表していると言いました。




アペックスクリーンエナジー社(Apex Clean Energy)は、
ライトハウス・ウィンド(Lighthouse Wind)の一部として
イェーツとサマセットに高さ約600フィート
70台ものタービンを設置したいと考えています。
※ 600フィート = 182.88 メートル




イェーツの町のスーパーバイザであるサイモン氏は、
より大きなセットバックが
「参加していない土地所有者」を保護し、
農村の自然と町の特性を維持するのを助けると語った。




サイモン氏は、湖岸沿いの3マイルの緩衝地帯が、
鳥類にとって重要な飛行経路と見られる
湖岸沿いの3マイル区間を見る
米魚類野生生物局の勧告に従うと述べた。
※ 3マイル = 4.828032 キロメートル




イェーツの条例変更には以下も含まれます:



・「住宅用レシーバー」の許容ノイズは、
 昼間午前7時から午後8時までが45から42デシベルまでに減少し、
夜間は40から39デシベルになります。

 サイモン氏は、バーモント州公共サービス委員会の
 勧告に従ったより低いデシベルが求められていると言います。

 サイモンは、タービンの騒音と「超低周波音」は
 睡眠を妨げ、人々の健康に悪影響を及ぼすことがあると言います。

 超低周波音は、人の平衡を崩す可能性のある
 低い周波数のノイズであるとサイモン氏は述べています。




・非参加の不動産ラインからの現在のセットバックは、
 住宅や建物がある土地はタービン高さの最低3倍、
 空き地はタービンの高さの4.5倍です。

 提案された変更は、最小のセットバックを
 半マイル(2,640フィート)
 またはタービンの高さの6倍のいずれか大きい方に増加させます。
※ 半マイル = 804.67200 メートル




・道路や公共交通機関からのセットバックは、
 最低1,800フィートまたはタービンの高さの3倍です。
※ 1800フィート = 548.64 メートル

 イェーツは、半マイル
 またはタービン高さの6倍に高めることを提案しています。
※ 半マイル = 804.67200 メートル



・リンドンビル村の境界からのセットバックは現在、
 1,800フィートまたはタービンの高さの4.5倍です。
※ 1800フィート = 548.64 メートル

 イェーツはそのセットバックを
 最低1マイルに増やしたいと考えています。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル



・他の町からの境界からのセットバックは現在、
 1,800フィートまたはタービンの高さの3倍です。
※ 1800フィート = 548.64 メートル

 イェーツは、半マイルのセットバックまたは
 タービンの高さの6倍のいずれか大きい方を提案しています。
※ 半マイル = 804.67200 メートル



・住宅からのセットバックは現在、
 1,800フィートまたはタービンの高さの4.5倍です。
※ 1800フィート = 548.64 メートル

 イェーツは、半マイルまたは
 タービンの高さの6倍にそれを上げることを提案しています。
※ 半マイル = 804.67200 メートル
※ 3600フィート = 1.09728 キロメートル(タービンの高さ600フィートの場合)




・さらに、イェーツは、学校、教会、墓地から
 1マイルのセットバックを提案しています。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル

 町の法律には現在、
 これらのサイトのセットバックは含まれていません。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------





<ともに可決⇒8-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>




2018年2月12日




ぜひ!⇒
8-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Town of Yates passes more restrictions on wind energy projects
イェーツの町は、風力発電プロジェクトにもっと多くの制限を課す

(The Buffalo News | 2018年2月12日)
http://buffalonews.com/2018/02/12/yates-passes-more-restrictions-on-wind-energy-projects/



By Barbara O'Brien and Thomas J. Prohaska



画像:

2001年12月4日月曜日、
エリー湖畔のラッカワナ(Lackawanna)にある風力タービン。
(Mark Mulville / News file photo)


=================================================



イェーツの町は、
ライトハウス・ウィンド(Lighthouse Wind)プロジェクトを
町から守るための継続的な戦いの一環として、
風車の建設場所を制限する法律を変更しました。





この改正案は、オンタリオ州湖岸から3マイル以内、
オーリンズ郡(Orleans)の町の他の地域から
1.6kmのところに風力エネルギー変換システムを
建設することを禁止しています。

※ 3マイル = 4.828032 キロメートル




アペックスクリーンエナジーは、
プロペラ翼を含めて最大620フィートのタービンを
イェーツと近隣のサマセットに建設することを提案しています。

彼らは全国で最も高いタービンで、
53,000世帯に電力を供給するのに十分な電力を
発生させるでしょう。
※ 620フィート = 188.97600 メートル




しかし、2つの町は、2015年に不動産所有者を調査し、
計画に対して2対1のマージンを見出した後、
このプロジェクトに正式に反対している。





アペックス社は確かにそれに異議申し立てができますが、
私は彼らがしないことを願っています。」と
イェーツの町のスーパーバイザー
ジェームス・サイモン氏(James Simon)は、
新法案について、
木曜日に町の委員会が満場一致で可決したと述べた。




それは、道路、家庭、他の町との境界、
およびタービンなしの資産から半マイル
またはタービンの高さの6倍までのセットバックを増加させ、
どんな村、村落、学校、教会、
または墓地から1マイル以内のタービンを禁止しています。
※ 半マイル = 804.67200 メートル
※ 620フィート × 6 = およそ 1.133856 キロメートル(タービンの高さ620フィートの場合)
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル





1月29日、ナイアガラ郡のサマセットタウンは、
150フィート以上の高さの建物を禁止し、
風力タービンの設置場所に
厳しいゾーニング制限を課した同様の法律を可決した。

その結果、アペックスクリーンエナジーが
町に提案した風力発電プロジェクトの建設を
ほぼ不可能にするでしょう。





ライトハウス・ウィンド開発マネージャーの
テイラー・クアレルズ氏(Taylor Quarles)は、
同社は新しい法律に「失望している」と語った。

彼は同社がイェーツとサマセットに
約10000エーカーをカバーする
100以上の不動産オーナーとのリース契約を結んだと述べた。




「これらの過度のセットバックは、
土地所有者の土地利用や
住民の風力発電プロジェクトの恩恵を受ける機会を
厳しく制限している」とクアレルズ氏は述べた。

彼は、イェーツの法律のセットバックは、
州のどの風力プロジェクトに課されているものよりも
はるかに大きいと述べた。




アペックスが提案されたタービンの場所を
正確に記載した詳細な申請書を提出すると、
プロジェクトは5人の州の役員と
2人の地元住民を含む立地審議会の承認を必要とします。


州法では、既存の技術、
またはそのような自治体の内外にあるかどうかを
納税者のニーズや費用に照らして、
法律が「不合理な負担」であると判断した場合、
その委員会は風力発電に対して
地方自治体の法律を無視することができます。




サイモン氏は、米国魚類野生生物局は、
鳥類の飛行経路や生息地に
深刻な影響を及ぼす可能性を避けるため、
湖岸から3マイル以内に
風力タービンを設置することを推奨していないと述べた。
※ 3マイル = 4.828032 キロメートル




「私たちは、町の特性であると考えていることを
やっている」とサイモン氏は言った。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------
関連記事
---------------------------

※ これより以前の記事は以下の拙ブログカテゴリをご参照ください
(おとしん:注)
<▽ニューヨーク州:サマセット風力条例>



2018/02/16 up
<1-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2016年1月17日
1-Part2:ニューヨーク州
◇Yates joins Somerset in officially opposing wind power project; Follows Somerset in bid to toughen town laws
イェーツ(Yates)は正式に風力発電プロジェクトに反対してサマセットに加わります;サマセットに続き、町の法律を厳しくする

(The Buffalo News | 2016年1月17日)
http://buffalonews.com/city-region/orleans-county/
yates-joins-somerset-in-officially-opposing-wind-power-project-20160117
https://www.wind-watch.org/news/2016/01/18/
yates-joins-somerset-in-officially-opposing-wind-power-project-follows-somerset-in-bid-to-toughen-town-laws/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5237.html

町は先週公式に
主要な風力プロジェクトに公式に反対しました、
そして、反対派はプロジェクトと戦うために
開発者の資金を分割する準備を整えている。

---------------------------------------------

2018/02/16 up
<2-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>
2018年1月5日
2-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Yates revising wind ordinance
イェーツは風力条例を改正する

(The Daily News | 2018年1月5日)
http://www.thedailynewsonline.com/bdn01/yates-revising-wind-ordinance-20180105

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html

-----------------------------------

2018/02/17 up
<3-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2018年1月11日

3-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Yates proposed law would ban wind turbines within 3 miles of Lake Ontario
イェーツは、オンタリオ湖から3マイル以内に風力タービンを禁止する法案を提案した

(Orleans Hub | 2018年1月10日)
https://orleanshub.com/yates-proposed-law-would-ban-wind-turbines-within-3-miles-of-lake-ontario/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5241.html


Download:
“Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
ダウンロード:
「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2018/01/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf


==============================================================

2018/02/15 up
<国、州、地方自治体の風力タービン・セットバック>


2018年1月2日

ぜひ!⇒
1/2 プレスリリース、ニューヨーク州
◇“Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2018/01/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5235.html

---------------------------------------------------

2018/02/15 up
<国、州、地方自治体の風力タービン・セットバック>


2018年1月2日

ぜひ!⇒
プレスリリース、ニューヨーク州 『セットバック分析表』
◇2/2 “Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
2/2 「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5236.html

---------------------------------------------

2018/02/18 up
<4-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2018年1月28日

4-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇County planners back Yates in revised wind ordinance with much bigger setbacks
郡のプランナーは、より大きいセットバックで改訂された風力条例においてイェーツを支持する

(Orleans Hub | 2018年1月27日)
https://orleanshub.com/county-planners-back-yates-in-revised-wind-ordinance-with-much-bigger-setbacks/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5243.html



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------


更新日:2018年2月22日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・本日2018年2月22日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

中国
◇Physical and mental health issues in wind farm workers
風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題

https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/ 

ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-02-22 : ▽ともに可決⇒Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:騒音と生理的影響>中国:Physical and mental health issues in wind farm workers(風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題 // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)










<論文:騒音と生理的影響>




中国
◇Physical and mental health issues in wind farm workers
風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題

https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/




中国
■Preliminary evaluation of mental status and an investigation of occupational health knowledge demand
in operating and maintenance personnel in wind power plants
風力発電所の運転・保守要員の精神状態の予備評価と職業健康知識の調査

(2016年10月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/


[A preliminary evaluation of mental status and an investigation of occupational health knowledge demand
in operating and maintenance personnel in wind power plants].
(Europe PMC)
http://europepmc.org/abstract/med/28043259


全文(中国語)
■风电场运行维护作业人员心理状况初步评估及职业健康知识需求调查分析

http://med.wanfangdata.com.cn/Paper/Detail?id=PeriodicalPaper_zhldwszyb201610019



要旨[中国語の論文] -

目的:


風力発電所の運転保守要員の精神状態、
職業健康知識のレベル、健康行動、
労働衛生知識の需要を調査するために、
風力発電所の運転および保守要員の
労働衛生の保護措置を策定するための基礎を
提供することである。


メソッド:

クラスターサンプリングは、
2014年5月から2015年6月まで
風力発電業界の地域別に代表される
風力発電所で実施され、
160人の保守・保守要員の一般的な地位、
精神衛生、労働衛生知識の需要を調査するために、
症状チェックリスト90(SCL-90)と
自己作成評価アンケートを使用しました。



著者:

Hu SQ, Zhang Q, Zhu XH, Sun K, Chen SZ, Liu AG, Luo GL, and Huang W

Occupational Disease Prevention and Control Center of Zhuzhou, China
中国珠洲市職業病予防管理センター



Zhonghua Lao Dong Wei Sheng Zhi Ye Bing Za Zhi
[Chinese journal of industrial hygiene and occupational diseases].
(産業衛生と職業病の中国ジャーナル)

2016 Oct 20;34(10):787-789.

doi: 10.3760/cma.j.issn.1001-9391.2016.10.019



=============================================



■Analysis of occupational health examination data of operation and maintenance personnel in wind farm
風力発電所における運転保守要員の職業健康診断データの分析

(2017年8月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/


NCBI > Literature > PubMed
■[Analysis of occupational health examination data of operation and maintenance personnel in wind farm].
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29081140



要約 -

目的:

風力発電所保守要員の職場における
健康診断結果の分析は、
職場での職業健康診断項目の確立の基礎を提供します。




方法:

2013年3月から7月にかけて風力発電所に属する
17の風力発電所の従業員151人を
集団サンプリング法で観測グループに
そして、
風力発電部門の生産スタッフを336人
コントロールグループとして選定しました。

風力発電所の運営および保守要員の主な健康問題は、
疫学調査、職場健康診断、症状チェックリスト(SCL-90)、
スカンジナビアの筋肉疾患アンケート(NMQ)によって調査された。



結果:

腰痛の発生率は風力発電所の運転・保守要員で88.7%であり、
SCL-90スコアは対照群に比べて高かった(P <0.05)。

収縮期血圧、血小板数、
血清アラニンアミノトランスフェラーゼ 対照群では、
FEV(1)および強制生存能力(FVC)比(FEV(1)/ FVC%)、
直接ビリルビンレベル、
バイノーラル高周波およびバイノーラル周波数
対照群よりも高い場合、
その差は統計学的に有意であった(P <0.05)。



結論:

風力発電所の運営・保守要員の
背痛や精神的健康の問題はより顕著であり、
職場での健康診断プログラムは、
筋骨格系疾患や心理的問題と組み合わせて
設定する必要があります。



Shen YS, Zhu XH, and Sun K
Zhonghua Lao Dong Wei Sheng Zhi Ye Bing Za Zhi

[Chinese journal of industrial hygiene and occupational diseases].

2017 Aug 20;35(8):627-629.

doi: 10.3760/cma.j.issn.1001-9391.2017.08.021





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------


更新日:2018年2月21日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・本日2018年2月21日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

中国
◇Physical and mental health issues in wind farm workers
風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題

https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/ 

ぜひご参照いただければ幸いです。



・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-02-22 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

更新日:2018年2月17日|お知らせ|おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日)|家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック|眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上)(下) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている |注目記事|おすすめカテゴリ|論文|











更新日:2018年2月17日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




New!⇒
【お知らせ】


・イェーツの町の風力条例改正に関しての報道をエントリしました。


・ニューヨーク州イェーツの町の
「風力エネルギー変換システムの現地法改正案」のプレスリリースが
公表されました。

2014年10月頃から、メディアに取り上げられるようになった
ニューヨーク州イェーツの町の風力条例が
3年後の2018年1月に改正されました。

イェーツの町の住民の約66パーセントが
風力タービンに反対していました。

<24-ニューヨーク州サマセット風力条例>
2015年12月28日
24-イェーツ/ニューヨーク州/画像
◇Yates survey shows 66 percent oppose wind project
イェーツの調査は、66パーセントが風力プロジェクトに反対することを示します

(orleanshub.com|2015年12月28日)
http://www.orleanshub.com/news2015/Yates-survey-shows-66-percent-oppose-wind-project.htm
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3664.html

メディアに取り上げられる回数も
他の地域に比べて非常に多く
そうした住民の関心の高さを物語っていたと思います。

3.多くの町、郡、州、そして国は、
住宅、敷地境界線、村、敏感な地域
およびその他の重要な場所からのセットバックの増加が、
工業用風力タービンの負の影響を緩和するために
政府が取るべき重大な措置であると判断しました。


住民と行政が一体となって、あらゆる方法を取り
改正に至ったと思います。

後半の『2/2』では、 『セットバック分析表』をエントリしました。

こちらも併せてご参照いただければ幸いです。

・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
追って、ご報告します (おとしん:注)

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/


(おとしん:若林)


-------------------------------------------


・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。

---------------------------------------------------

New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

NEW
--------------------------------------------
注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。

---------------------------------------------------

<1-2/2~5-3/3 ゲートハウス・メディア(GateHouse Media)調査>

2017年12月14日

ぜひ!⇒
1-2/2~5-3/3カンザス, ミシガン, ニューヨーク, オクラホマ, ウィスコンシン州, アメリカ
◇In the shadow of wind farms
風力発電所の影で

(gatehousenews.com|2017年12月14日)
http://gatehousenews.com/windfarms/home/

6ヶ月間にわたるゲートハウス・メディア
(GateHouse Media)の調査によると、
世界最大のエネルギー会社の一部を代表する
風力発電会社が地域社会を分割し、
工業用風力発電所の影に陥った住人の生活を
混乱させることが判明しました。


◇5-Main article: In the shadow of wind farms
主要な記事:風力発電所の影で


■おとしん機械翻訳 1/3 概要、苦情、助成金
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5148.html
■おとしん機械翻訳 2/3 健康問題
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5149.html
■おとしん機械翻訳 3/3 契約問題
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5150.html

◇1-Michigan wind farm cost a family its health, home
ミシガン風力発電所は、家族の健康や家に犠牲を払わせる

■おとしん機械翻訳 1/2
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5141.html
■おとしん機械翻訳 2/2
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5142.html

◇2-Communities fight wind farms, face pushback
コミュニティは風力発電所と戦い、押し返す

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5143.html

◇3-Conflicts of interest abound in wind farm proposals
利益相反は風力発電所の提案にたくさん存在する

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5145.html

◇4-New York community divided over wind farm
ニューヨークのコミュニティは、風力発電所をめぐって意見が分かれる

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5147.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□■

・拙ブログの論文カテゴリ

<論文‐超低周波不可聴音>
<論文:騒音と生理的影響>
≪研究:洋上風力発電所の建設騒音/海洋生物への影響≫
<論文:シックビル(シックハウス)シンドローム>
<論文ー電磁波>
<論文>

======================================

・おすすめのカテゴリ

New! ぜひ!⇒
<ゲートハウス・メディア(GateHouse Media)調査>
<*オーストラリア医師会への公開書簡①~>
<*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査 >
<*オーストラリア改訂RETと風車による健康被害>
<カナダ保健省「風車騒音と健康調査-2014年11月」>
<ハンガリー:新しい風力プロジェクトを禁止する法案を可決 >
<ポーランド:風車の立地に関する新しい法案(健康問題を含む) >
<◎発効⇒英国/陸上風力発電所に関する新しい法律>
<▽可決⇒ニューヨーク州カトリン/実質的に風車を禁止する条例>
<♯1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>
<〼和解契約履行⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 >
<可決⇒♪インディアナ州:ウェイン郡風力発電所の設置を禁止する条例>
<■可決⇒ネブラスカ州ゲージ郡:より厳しい郡の風力規則>
<エコキュート/エネファーム/エコウィル>
<ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音)>
<気圧変動/気圧外傷 >
<感覚・刺激の受容>
<風車による動・植物への悪影響>
その他

==============================================

・経過に注目

<ゲートハウス・メディア(GateHouse Media)調査>
<○オンタリオ州::ヒューロン郡風力タービン健康調査 >
<ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>
<○オクラホマ州:グレイディ郡ミンコ・ウィンドvs.ヒントンの町>
<〼Part2-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>
<★Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」 >
<停止⇒☆Part3:マサチューセッツ州:ファルマス/暫定的差止命令>
<サウスダコタ州:クラーク郡約1.2㎞の後退とクロッカー風発>
<☆Part2-マサチューセッツ州:フェアヘーブン・ウィンドと健康問題 >
<ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>
<デンマーク:風力タービンによる健康影響調査>
<デンマークの風力問題>
その他


=================================================
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf

----------------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

オープンアクセス
■PLOS ONE

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author: Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

----------------------------------------------

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

全文公開
PLoS One.


Published: April 12, 2017.
doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

----------------------------------------------

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
追って、ご報告します (おとしん:注)


オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/


 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2018-02-22 : おとしんアップキープ:2018/01/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝利⇒⑩メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>ぜひ⇒⑩メリーランド州:権力闘争:メリーランド自然エネルギー・プロジェクトは心配する隣人からの抗議の中で失速する |関連記事| // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調









<住民勝利⇒⑩メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>



2017年12月20日




ぜひ!⇒
⑩メリーランド州
◇Power struggle: Maryland green energy projects encounter headwinds from worried neighbors
権力闘争:メリーランド自然エネルギー・プロジェクトは心配する隣人からの抗議の中で失速する

(The Baltimore Sun | 2017年12月20日)
http://www.baltimoresun.com/news/maryland/environment/bs-md-wind-farms-20171115-story.html



By Scott Dance



DAN'S MOUNTAIN、MD ダンズマウンテン、MD -


ある日、別の種類のエネルギーを
生み出すことができるというビジョンを持って
デビッド・フレンド氏(David Friend)は、
16年前に旧ストリップ炭鉱を捜し始めました。




開発者は40階以上の高さを誇る
20以上の風力タービンの計画を祝福するために
西メリーランド州の風の激しい尾根に沿って
土地所有者を説得しました。




しかし、アリゲイニー郡(Allegany)の関係者と
懸念している隣人との1年間の戦いの後、
- 地元のゾーニング委員会と州公共サービス委員会を通過し、
メリーランド州の最高裁判所に到達した一代記
- 輪郭のはっきりした山頂は裸のままです。

州間高速道路68号線から見える現代の風車は、
主にペンシルベニア州とウェストバージニア州にあります。

数万基が全国に建ち上がっています。




それは、反対のレトリックにもかかわらず、
必ずしもおおらかなグリーンでないことを示している
メリーランドの多くの例の1つです。




州議会や公共サービス委員会が、
風力発電をオフショアで支援する可能性のある
財政的インセンティブを承認するまでには何年もかかりましたが、
海岸の景色が懸念され建設を脅かす恐れがあります。

ソーラー開発者は、田園地帯や郊外の屋根の
光電池パネルの普及を遅らせる脅威となる
農家や住宅ローン貸し手との紛争に直面しています。




アイリーン・ストーガーさん(Eileen Stoger)は、
風力発電所の隣に住むことは簡単ではないと主張する。

そのガレット郡(Garrett)の女性は、
既にコミュニティ内にある
一連のタービンに反対しているので
アリゲイニー郡の住民の
ダンズマウンテンの提案との戦いに参加しました。

彼女は、それらはジェットエンジンと同じように
騒々しいように思え
時にはストロボライトフリッカーを投げかけて
めまいを起こすと言います。

彼女の隣人の多くはフォーマイル・リッジ・ウィンド
(Fourmile Ridge Wind)と呼ばれる
このプロジェクトの開発者を訴えています。




「人々がそれらを『風車』と呼ぶと、
それは私をイライラさせます」と彼女は言います。

「それら(風車)はオランダのかわいいものです。」




州が2004年に「グリーン」電力プロジェクトに
金銭的インセンティブを提供し始めたことから、
全米にあるように、メリーランド州では
再生可能エネルギーの生産が確実に増加しています。

メリーランド州の電力料金から賄われている補助金は、
2015年に再生可能エネルギー発電機に報いるために
1億2,700万ドルの資金を調達しました。




しかし、メリーランドの指導者は、
グリーンエネルギーの漸進的な導入国として
国家に請求しているが、
すべての補助金がクリーンなプロジェクトを
支援するわけではありません。

ダンズマウンテン(Dan's Mountain)のような
提案された風力発電所は、
投資家の多くが家庭ごみの焼却、
黒液と呼ばれる製紙副産物、温室効果ガスと
有毒な汚染物質を放出する他の燃料を助成しています。




たとえば、バージニア州南部の施設では、
メリーランド州の補助金で何百万ドルもの資金を集め、
アリゲイニー郡のルーク地区(Luke)の製紙工場と
ボルチモアのWheelabratorゴミ焼却炉に参加しています。

バージニア工場は、
産業廃棄物の伐採によって供給されています。

工場は、木材スクラップのために木材会社に支払って、
メリーランド州の再生可能エネルギープログラムの
間接的な利益を与えます。




環境保護主義者は、このようなプロジェクトは、
そうでなければクリーンなエネルギー開発を刺激し、
メリーランドの電力の25%を
より環境にやさしい源から生み出すという目標を
損なう可能性のある補助金を使い果たしていると言います。




ワシントンを拠点とする活動グループ
Environmental Integrity Projectの
エグゼクティブ・ディレクター、
エリック・シェーファー氏(Eric Sc​​haeffer)は
次のように述べています。
「大量の炭素を発生させる資源を持っている
再生可能なポートフォリオを持つことは意味がないです。

「ポートフォリオを埋めるよりも、むしろ足りないだろう。」




それと同時に、
未来のエネルギー資源の隣に住むことを
コミュニティが評価するにつれて、新たな障害が発生しています。




友人は、政治的野党、あるいは不確実ささえも
グリーンエネルギー投資を冷やす恐れがあると言います。

「合理的なチャンスを得るかどうかを知らないまま
何百万人も投資することは難しい」と彼は語る。




ダンズ・マウンテン・プロジェクトは、
地球規模の排出削減と気候変動対策のメリットを
どの程度広げることができるのかにかかわらず、
すべての政治は地元のものであることを示しています。




ダーリーン・パークさん(Darlene Park)は、
再生可能エネルギーに反対していないと言います。

ダンズ・マウンテンのふもとにある
492フィートの風力タービンが
彼女のコミュニティに与える危険性を心配しているだけです。




「風力タービンは素晴らしいです」と、
プロジェクトと戦うグループのリーダーである
パークさんは言います。




しかし、彼女は次のように付け加えます。
「彼らは誰にも気にしない所にあるべきです。」




▼印象的な隣人
人目を惹く




ストーガーさんは
30年前に彼女の家にしようと
30エーカーの財産を見つけたとき、
フロストブルクの西の尾根に沿って
乗馬をしていたと言います。

彼女は床から天井までの窓を備えた16面の家を設計し、
頭が枕に置かれた場所からでも
山の景色を楽しむことができました。




現在、彼女は風力エネルギー業界が
静寂を混乱させていると言う
メリーランド州西部住民の合唱団の一員である。

フォーマイルリッジプロジェクトは
2015年に彼女の窓の外に建ち上がりました。




「現在、16台のタービンすべてを見渡すことができます。」と
彼女が言います。




過去10年間に
メリーランド州のエネルギー供給で計上された
風力エネルギーは200倍以上に増加しましたが、
そのほとんどはウェストバージニア州、
イリノイ州およびペンシルベニア州の
大規模な風力発電所から輸入されています。

フォーマイルリッジプロジェクトは、
プロジェクトの範囲を制限するゾーニング規則がない
ガレット郡で建ち上がった風力発電地帯の1つです。




これらの地元のプロジェクトのどれもが
怒りなしで構築されていません。




メリーランド州最大のピークである
バックボーン・マウンテン
(Backbone Mountain)の風力発電所の建設は、
『Save Western Maryland(西部メリーランドを救え)』
という団体が、
連邦政府の絶滅危惧種法の下で
適切な許可を得ていないと主張して、
2010年に異議を申し立てられました。

裁判官は2014年にその訴えを却下し、
28タービンの基準風力プロジェクトが進んだ。




フォーマイルリッジプロジェクトの争いは、
もっと論争を巻き起こしている。




ストーガーさんは建設中に不具合が始まったと言います。

タービンを構成する大量の鉄鋼を運ぶトラックが、
隣人の子供たちをサッカーの練習に連れて行く
彼女の道を塞ぎました。


彼らは遅刻することに不満を持ち、
クルーも練習に来なければならないと
彼女は冗談を言ました、
- そして子どもたちは罰として
ラップを走ることに直面するだろう。




タービンが稼働し始めると、
隣人は本当の問題が始まったと言います。

彼らは、懸念を公共サービス委員会の証言で述べた。




このプロジェクトの近くに
小さな農場を経営しているトニー・ビケット氏
(Tony Bequette)は、夜は頻繁に目が覚めるので
娘たちが眠れるように、
ホワイトノイズを付けなければならないと話している。

彼はタービンの騒音が
娘に片頭痛や悪心を与えていると考えている。



ストーガーさんの道を下ったところに住んでいる
ケネス・ガーリッツ氏(Kenneth Garlitz)は、
自宅にいると絶え間なく騒がしくなり、
巨人の輝く目に似た赤いライトが各タービンの上に現れ、
特に霧が深いときは
家族がブラインドを閉じた状態に保つように強制していると言います。




「それは脅迫的です。」と彼は委員長に言った。
「これは生きる方法ではない」




ビケット氏とガーリッツ氏は、
プロジェクトとその所有者エの
エクセロン・コーポレーション
(Exelon Corp.)を連邦裁判所で訴えている
二十人以上の隣人の中にいます。




エクセロンジェレナーションは、
騒音が住宅地域の「十分に」範囲内に収まり、
風力発電所はそれ以外の州の規制要件を
すべて満たしていると言います。

同社と米国風力エネルギー協会は、
風力タービンが
重大な健康上の問題を引き起こす
可能性があるという証拠はないと述べている。



「風力タービンが可聴音を発することを
認識しているが、
風力タービンが健康に悪影響を及ぼす
可能性があるという主張には激しく争う」と
関係者は声明で述べた。




住民は言葉を返します。

ストーガーさんは
退職した学校の教師として固定収入を得ているため、
その人は訴訟に参加しなかったと言います、
そして、彼女の隣人がそうすることができないので、
彼女が意見を述べていると言います。




「私たちはまったくひどい状況にいるような気がする」と
彼女は言う。

「ここは私の夢の家でした。 そして今、それは悪夢です。」




▼An uphill struggle
上り坂の苦闘




ダンズ・マウンテンの住民は、
2001年以降
尾根に風力発電所を建設することを予想していました
- 友人は、最初に彼らのために自分の土地を借りて
支払うことができると説明しながら
彼らのドアをノックし始めた年。




何人かは懐疑的だったので調査しました。




フレッド・ロア氏(Fred Loar)は
ペンシルベニアの州境を越えて、
ギャレット(Garrett)(ペンシルバニア州)近くの
納屋の近くに風力タービンを見つけた。

彼は見て聞くために停止した。

車が通りを横切って街路の向こうの家に寄ったとき、
彼は自分が何をしているのかを
説明しなければならないと考えました。

彼は2時間も彼と話をした
彼自身の200エーカーの農場に
風力タービンを設置することは賢明な動きだったと
確信しています。




別のダンズマウンテンの居住者である
リック・ラッシュボー氏(Rick Lashbaugh)も
同様の動きを見せた。

パースのマイヤーズビルにある
タービンの近くの庭にいる男性は、
風車を気にしなかったが、彼の妻が気にしていると語った。

ラッシュボー氏が理由を尋ねたとき、
その男性は通りの向こうの家に振り向きました。




「これらの人々は
タービンのためにお金を稼ぐが、我々はしない」と
ラッシュボー氏は言った。




ラッシュボー氏、ロアー氏
そしてその隣人の多くが
このプロジェクトに署名しました。

彼らは、どれくらいの収入を得るかについて
言及しなかった。

友人は、それが風力発電所の収入の
パーセンテージに基づいており、
その金額はエネルギー価格に依存すると言いました。




乾草を増やして牛を飼育するロアーは、
農業からお金を稼ぐのが難しくなっていると言います。

タービンは新たな収入源になるだろう。

LashbaughとBurning Mines Road沿いの彼の隣人の多くは、
開発者が住民が現在耕作し修復しなければならない
砂利道を舗装するため、プロジェクトに熱心です。




しかし山の下では、反応は異なっていた。




居住者は、一般的に風力エネルギーや
再生可能エネルギーに反対していないと言います。

ダンズマウンテンのプロジェクトは
単純に大きすぎるという問題があると彼らは言う。

いくつかは、あまりにも醜いです。

結局のところ、
彼らは尾根を見なければならない人たちです。




他の人たちと同じように、
タービンのうちの1つが誤って落下すると、
安全性が懸念される人もいます。



何人かは、いったんタービンが発電をしなくなれば、
誰もそれを壊す気にはならないと心配しています。

居住者は、彼らがインターネット上で読んだ
オーストラリアの錆びた、
放棄された風力発電所の例を挙げています;
風力エネルギー業界関係者は、
これは神話であり、
エネルギー開発者は、
プロジェクトの廃棄にお金を払うと言っている。




ダーリーンパークはANCHORをリード
- 『Allegany Citizens and Neighbors for Homeowners Rights』
住民の権利のためのアレゲニー市民および近隣者。




「小さな狭い土地の5つのコミュニティの間に
風力タービンを建てることはできません。」と
彼女は言います。




グループメンバーは
ダンズ・マウンテン・プロジェクトを
念頭に置いていました。

2009年にアレガニー郡のコミッショナーが
風力タービンと家庭の間の最小限のバッファーを
設定するルールを通過させるよう促しました。

彼らの圧力は、計画を28台のタービンから19台、
最終的には17台に削減するのに役立った。

そして、2015年11月の郡のゾーニング上訴委員会が、
この規則を遵守するために必要な
約20ダースの差異を却下したとき、
彼らは応援しました。




友人とプロジェクトの背後にある企業
- 最初の「U.S. Wind Force」と
現在のローレルリニューアブルパートナー
(Laurel Renewable Partners)
- 戦いを止めていない。

彼らはゾーニング委員会の決定に訴えました。
この判決は、州の上訴裁判所に係属中である。
(州最高裁判所、上訴裁判所は、
昨年、彼らの事件の審問を拒否した。)



アリゲイニー郡(Allegany)を完全に回避しようとして、
開発者は2016年1月に公共サービス委員会に行きました
そして、発電所のプロジェクトに関する
地元のゾーニングの決定を先取りするために
保有する権力を通じて
プロジェクトを祝福するよう要請しました。



7月の委員会は、
公共の利便性の証明書として知られる
重要な許可証へのプロジェクトの申請を拒否した。

それは、プロジェクトがエネルギーグリッド
および環境に提供したメリットは、
期待される視覚的
および聴覚的影響を上回るものではなかったと述べました。



拒絶反応にもかかわらず
- これまでに5百万ドルを投資したフレンド氏は、
- 彼はあきらめていません。

委員会の判決に対する控訴は、
ボルチモア巡回裁判所で係属中である。




▼Policymaking ahead
今後の政策立案




ダンズマウンテンの風力発電所のような
プロジェクトの課題は、
清潔なエネルギーを同化させようとしている議員や
ロビイストにとって、厳しい質問を投げかけています。



環境団体はすでに
メリーランドのグリーンエネルギー供給を
増やすよう総会に要請している。

2004年に作成され、
1月に最新のものに更新された州プログラムは、
2020年までに販売する電気の4分の1に相当する
再生可能エネルギーを補助する必要があります。

このプログラムは、
環境にやさしいと考えられるプロジェクトに対して
財政的な支援を提供します。



しかし、メリーランドを含む地域の電力網を含む
全国の再生可能エネルギーの供給の増加は、
新しいグリーン・プロジェクトへの需要が
減少したことを意味する。

マサチューセッツ州では、
新しいプロジェクトを飛躍的に進めるために、
メリーランド州では電源の大部分を
グリーンにするよう要求するべきだと主張している。



チェサピーク気候行動ネットワーク
(Chesapeake Climate Action Network)のディレクター、
マイク・ティドウェル氏(Mike Tidwell)は、
州のエネルギーの少なくとも半分を
再生可能にするために権限を増やすことができれば、
グリーン電力産業は
もう財政援助を必要としないと述べている。



「50%に達すると、その鳥は自力で飛ぶだろう」と彼は言う。



何人かは、議員がより複雑な質問を
再訪することを望みます:
再生可能エネルギーとは何でしょうか?

現在、州は、家庭廃棄物と
製紙からの廃棄物である黒液は、
燃え尽きれば多量の公害が発生するが、
環境にやさしい燃料として扱われている。

州の住民は毎年、ごみ焼却炉や製紙工場に
何百万ドルもの補助金を送っています。



Food and Water Watchのシニア政策提唱者の
ミッチ・ジョーンズ氏(Mitch Jones)は、
議員に法律の改正を説得しようと数ヶ月を要しました
そして、燃焼または焼却を伴うものから
「グリーン」のラベルを剥がします。



しかし、総会がすぐに問題を
再現したいかどうかは不明だ。

昨年の立法中、共和党のラリー・ホーガン知事は、
再生可能エネルギーの必要量を
25%に増やす法案を拒否した。

民主党主導の総会では、
今年、法案を作成し、彼を無効にすることを票決した。

何人かの議員は、
それがより多くの変化のための欲求を
制限する可能性があると言います。




そして別の質問があります:
国がより多くの再生可能エネルギープロジェクトを
推進するにつれて、それが建設される地域社会に
どのくらいの報酬を与えるべきですか?




この論争はダンズマウンテンや風力発電所に限定されていない。




大規模な太陽エネルギープロジェクトの提案は、
農地の喪失を心配する農民の間で懸念を引き起こしています。

今年のボルチモア郡では、
農場に太陽電池パネルを設置して
太陽電池アレイの規模を制限する前に、
特別なゾーニング免除を受ける必要があるという規則が
今年承認されました。

アナランデル郡(Anne Arundel County)は今月、
懸念を熟考し
ソーラーファームに対する8カ月間の禁止を課しました。

また、いくつかの東海岸の郡では、
ソーラーファームを制限する動きもありました。




一方、オーシャンシティの海岸からの
風力タービンの見通しは、
そこで論争を巻き起こし続けている。




リゾートタウンの当局者は、
タービンが観光に迷惑をかける目障りなものになると言う。

今年の州の公益事業委員会は、
オフショア風力発電所の補助金を承認したが、
地元当局は彼らの戦いを断念していない。

彼らはアナリストのロビイストである
ブルース・ベレアノ氏(Bruce Bereano)を雇い、
アンディ・ハリス議員(Andy Harris)の助けを借りた。

メリーランド州の唯一の共和党議員であるハリス氏は、
メリーランド州の海岸から24マイル未満の
海上風力プロジェクトの連邦承認に必要な評価を
連邦当局が実施するのを阻止するため、
今夏の支出法案を改正した。




メリーランド上院は今年、公共サービス委員会に
郡当局とその成長とゾーニング計画との
より緊密な連携を求める法案を可決した。

しかし、議会の下院ではその法律は棚上げされました。




アナポリスのある人たちは、
よりクリーンなエネルギーを生産し、
雇用や産業を成長させるという州の大きな目標に
どのような影響が及ぼされるかも心配していると言います。




「現在、私たちは物事を変えており、
大規模なソーラープラントや
大型風力発電所の設置は不可能になっていますが、
それに関連する仕事はどこにありますか?」と
州のトーマス「マック」ミドルトン上院議員
(南部地方のメリーランド民主党員)は尋ねます。

「それらは中西部や他の場所で仕事になるだろう。」




メリーランドは計算に向かって進むことができました。




州の最高の弁護団によると、
メリーランド州のエネルギープロジェクト審査制度は、
大規模な石炭や原子力発電所向けに設計されたものであり、
コミュニティの周りに散らばりやすい
小規模の再生可能なプロジェクトではありません。




しかし、変化は小さな事業ではありません。

司法省の発電所研究計画委員会の最近の発表では、
変化するエネルギー産業を反映するために
レビュープロセスを調整することは、
議員や裁判官による行動を必要とする可能性があると
言いました - そしておそらく両方。




「結果は不確実だ」と弁護士たちは結論づけた。




▼‘You’ve got to fight’
「あなたは戦わなければならない」




その間、プロジェクトは
抵抗が少ないところで進んでいます。

アリゲイニー郡が
ダンズマウンテン・プロジェクトをブロックするために
ゾーニングを通過して以来、
バージニア州サウスボストンの木材燃焼施設は、
アイデアから現実に移行しました。




北バージニア州に15万世帯を超える
電力協同組合であるNOVECの関係者が
元パーティクルボード工場を
発電所に転換することを検討し始めたのは
2009年のことでした。

メリーランド州からの
再生可能エネルギー補助金の利用可能性は、
プロジェクトの重要な推進要因であったと
プラントの運営責任者であるジョン・レイニー氏
(John Rainey)は述べている。




4億7,800万ドルのプロジェクトは4年後に稼働を開始し、
メリーランド州最大のエネルギー生産者の1つになり、
国会議員は再生可能とみなしています。




それは、さもなければ役に立たない
無駄であるだろう欠けた枝や木の幹を燃やしますが、
ノースカロライナの国境付近の田舎地方の
伐採伐採業者のために
トラック一台あたり数百ドルの価値があります。

工場にはおよそ20人の従業員がいます。




レイニー氏は、それがコミュニティにとって
大きな助長となっていると言います。



「彼らは、経済的価値をもたらすため、
すべての人にそれを求めていた」と彼は言う。




その価値の大部分は
メリーランド州の電気料金納税者からのものです。

2015年、サウスボストンの施設は、
メリーランド州の非再生可能エネルギー供給量の
約5%を占めていました
州のインセンティブ・プログラムを通じて
数百万ドルの補助金を資格認定している。




フレンド氏にとって
ダンズマウンテンプロジェクトの主催者は、
他のプロジェクトが自分の失速として
前進するのを見るのはイライラしています。

彼は二度、遅れて最終的に風力発電所を売るために
契約を犠牲にしたという。

彼が上訴に成功したとしても、
彼は再び新しい深いポケットを持つパートナーを
見つけなければなりません。




彼の伝説は、若い男の子のように
プロジェクトサイトにタグを付けた彼の2人の息子が、
今や自分たちの仕事で育っているほど、
ずっとずっと引き寄せられています。

彼はダンズマウンテンの住人と
とてもよい知り合いになったので
彼は親戚の集まりに出席し、
クリスマスカードを彼らと交換しています。




彼はその挑戦に値する努力をしていると
考えていると言います。

しかし、メリーランド州の
他の再生可能プロジェクトの潜在的な投資家や開発者は、
反対派と不確実性によって
怖がっているのではないかと懸念している。

国はグリーンエネルギーを歓迎する
進歩的な場所として自ら命じるが、
その言葉は怒っているか怖い隣人の希望に
プロジェクトを合わせることに苦労している人々に
うつろに聞こえます。




「政治的反対がある場合は、
あなたはそのゲームでどのようにプレーするのですか?
あなたは負けますか?」と、フレンド氏は尋ねます。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



-------------------
関連記事
-------------------

<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2014年11月25日

①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年2月22日

②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒③メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年3月7日

③メリーランド州
◇County, citizens fight wind project at state level
郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年3月7日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
county-citizens-fight-wind-project-at-state-level/
article_830d1cfc-d2d4-5d23-9128-a6cc21ab960f.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年5月31日

④メリーランド州
◇Allegany commission moves to nix wind farm
アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年5月31日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
allegany-commission-moves-to-nix-wind-farm/
article_f8eafe01-4bb2-595d-aab6-45a5defcfa59.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑤メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年8月10日

⑤メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者は提案された風力発電プロジェクトの反対の支持を表明する
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑥メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年3月7日

⑥メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Farm dispute continues
ダンズマウンテン風力発電所の論争は続きます
(WCBCラジオ|2016年3月7日)
http://www.wcbcradio.com/?archiv=dans-mountain-wind-farm-dispute-continues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑦メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年8月10日

⑦メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者の声は、提案された風力発電プロジェクトに対して反対を支持する
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4480.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑧メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2017年1月25日

ぜひ!⇒
⑧メリーランド州
◇Judge plans to deny Dan’s Mountain wind farm permit
裁判官はダンズマウンテンの風力発電所の許可を否定する予定
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2017年1月25日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
judge-plans-to-deny-dan-s-mountain-wind-farm-permit/
article_d2cda3d1-5463-5cb3-9cc2-e0c9485dd60d.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4480.html


■Facebook 『Save Dan's Mountain』
https://www.facebook.com/SaveDansMountain/


1月25日13:45・
..

我々は勝ちました!!!

メリーランドPSCチーフ公益事業判事、
テリー・J・ロミーネは、
Dan's Mountainに
59.5MW風力発電所を建設するための
Dan's Mountain Wind Force、LLCの
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)を拒否しました。

『ANCHOR』
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)は
産業用風力タービンの脅威から
Dan's Mountainを救うための
私たちの努力を支持して下さった皆様に
感謝したいと思います!

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑨メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2017年1月27日

ぜひ!⇒
⑨社説、メリーランド
◇A win for us: Judge says ‘No’ to Dan’s Mountain wind farm
私たちの勝利:裁判官はダンズマウンテンの風力発電所に「ノー」と言う

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2017年1月27日)
http://www.times-news.com/opinion/editorials/a-win-for-us/
article_127f1189-ccf3-5953-ba74-4024ee1e1428.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4485.html


古代の諺の現代版がある

「The wheels of justice turn slowly, but grind exceedingly fine.」

「正義のホイールはゆっくりと回るが、非常によく回ります。」

※「The mills of God grind slowly, yet they grind exceeding small. 」

《諺》 天の報いは遅いかもしれないがどんな悪事も必ず罰せられる

《諺》 天網恢々疎にして漏らさず




それらはどれくらいゆっくり回りますか?

風力タービンのブレードほど
ゆっくりですか、おそらく?

いく日か、私たちの界隈では、
ブレードはまったく回転しません
...帆の時代の船員が
「大なぎ」と表現していた間。




プロセスが開始されてから1年半以上経過した後、
メリーランド州公益事業法裁判官は、
ダンズ・マウンテン・ウィンド・フォース社の
ダンズ・マウンテン(Dan's Mountain)にある
17基の風力発電所の計画を
効果的に停止させる命令を出しました。





これは、自治権を行使する
アレガニー郡の権利を強化するため、
私たちにとって
有利な働きをする正義の行為です。





風力発電所の建設許可が却下された
法的手続きの各ステップの後、
ダンズ・マウンテンは次のレベルに進みました。




前回の記事では、これを、
若い人たちが一般的に使っているものと
比較しました。
彼らは、お父さんの許可を
得ることができないとき、
もしよければママに尋ねるために横に行く

(終わり:2016年2月24日、
会社は風力発電所の州承認を求めています)を
参照してください。





アリゲイニー郡のコミッショナー、
アリゲイニー郡控訴裁判所、
アリゲイニー郡巡回裁判所判事
W. Timothy Finanは
すべてダンズマウンテンに「ノー」と言った。

彼らの決定は、
アレガニー郡の規範、規則、法律に基づいていました。





その後、ダンズ・マウンテンは
メリーランド公益事業委員会に、
「公共便益・必然性認可証」を要求した

- 名言

「彼らがそれを好まないとしても
とにかくそれをすることができると
我々に話してください。」





審理は、昨年8月に
PSCの公共事業判事、
テリー・ロミーヌ(Terry Romine)によって
行われた。

何人かはプロジェクトに賛成すると語った。

他の人々は、健康上の懸念を述べるか、
ダンズ・マウンテンに有利な決定は、
アレガニー郡の統治権を濫用することになると述べた。




彼女の提案した判決は、
ロミーヌ氏は風力発電所の悪影響
- 騒音とシャドーフリッカーは、
「ダンズマウンテンとその周辺の地域社会の美観」の
- 利益を上回るだろう。





ダンズ・マウンテンは、
提案された判決には失望し、
控訴のオプションを考慮していると言いました。






この地域に風力発電所を設置する計画は、
最近の何よりも声高な反対派を
生み出したかもしれない。


天然ガスの水圧破砕法への反対に似ているが
風力発電所に抗議します
– 計画段階に、そして、完成の後に
– より長時間、続けてください。




ダンズ・マウンテンに
風力発電所を設置することが提案される数年前、
近くのペンシルバニア州と
ウェストバージニア州の住民は、
風力タービンに問題があると答えました。


彼らは影、騒音、振動が
心身の健康上の問題を引き起こし、
その財産の使用、楽しみ、
価値の低下につながったと言いました。





ある夫婦は、私たちの記者、
イレイン・ブレイズデル氏に、
「暗く深い地獄」に住んでいたようだと語った。





ダンズ・マウンテンは、
風力発電所が最初の20年間に
アレガニー郡に年間約72万ドルの財産税を生み出すと
予測した。




それはたくさんのお金のように
思えるかもしれませんが、
『ロッキー ギャップ カジノ & リゾート』からの
2016年度の賭博収入の予想されるシェアは、
ほぼ2倍です。

140万ドル。

すべてのリゾートは、
邪魔にならないようにそこに建てられています


- 人をイライラさせたり、
追い払ったりするのではなく、人をそれに引き付ける。






風力発電所への反対派は他の地域でも増えている。

インディアナ州ココモは、
昨年、風力発電所の開発者たちが、
「それらのタービンが
景色にはびこるのを恐れるコミュニティから、
抵抗にぶつかっていた」と
トリビューン(CNHIの新聞)は報じた。





『CNHI』の州の記者である
モーリーン・ヘイデン氏は、
「巨大なタービンが登場するのに伴い、
騒音、健康への悪影響、心配の恐れ
その家の価値は激減するだろうという懸念を
反対派に引き起こしている。」と言います。






ラッシュ郡農村部
居心地の良い住宅に住む住民は、
65本の風力タービンの開発案が
永続的に損なわれていると言います。

ブレード付きタービンは、
600フィートの空中に達し、
郡の最も高いビル、裁判所より約3倍高い。」





このプロジェクトの熱心な反対者である
ハンク・キャンベル氏(Hank Campbell)は、
「『私は風力発電所の隣に家を建てたい』と
誰かが言うのを聞いたことがありますか?」と
ヘイデン氏(Hayden)に尋ねられました。





私たちの地域の
キャンベルのカウンターパートは、
タイムズ・ニュースに
ヘイデン氏の物語の内容を
実質的に反映した編集者と
読者のコメントに手紙を送った。




風力発電所は、
今日の環境に配慮した世界で
重要な役割を果たしています。

調査では、ほとんどの人が
風力発電をサポートしていることが
繰り返し示されており、
一部の地域では施設が歓迎され、
生産性が高く、
成功していることが証明されています。




トリックは、それらの人間の隣人と
互換性を持つようにすることです。




私たちの丘や谷の自然の美しさを大事にして、
平和と静けさに大きな価値を置く
私たちの州の地域では、やることがあります。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------


更新日:2018年2月21日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・本日2018年2月21日、次の記事をエントリしました。 

昨年末に掲載された
メリーランド州の訴訟を含む
住民と風力その他の再生可能エネルギーの現状報告です。

問題点がたいへんわかりやすくまとめられていました。

ぜひご参照いただければ幸いです。

<住民勝利⇒⑩メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>
2017年12月20日
ぜひ!⇒
⑩メリーランド州
◇Power struggle: Maryland green energy projects encounter headwinds from worried neighbors
権力闘争:メリーランド自然エネルギー・プロジェクトは心配する隣人からの抗議の中で失速する

(The Baltimore Sun | 2017年12月20日)
http://www.baltimoresun.com/news/maryland/environment/bs-md-wind-farms-20171115-story.html



・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-02-21 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<ともに可決⇒5、6-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>5-Part2:ニューヨーク州/サマセット:サマセット・タウン委員会は、反風力タービンゾーニング法を承認します |6-Part2:ニューヨーク州/サマセット:サマセットは、より厳しい反風力タービン法を可決します |関連記事| // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調









<ともに可決⇒5-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>




2018年1月29日





5-Part2:ニューヨーク州/サマセット
◇Somerset Town Board approves anti-wind zoning laws
サマセット・タウン委員会は、反風力タービンゾーニング法を承認します

(Lockport Union-Sun & Journal | 2018年1月29日)
http://www.lockportjournal.com/news/local_news/
somerset-town-board-approves-anti-wind-zoning-laws/
article_bdc0bf1b-cb25-55e2-8762-529ffea44872.html




BARKER バーカー –


サマセットタウン委員会は、
月曜日、産業規模の風力エネルギーシステムが
町の中で開発されるのを防ぐことを目的とした
ゾーニング法の一連の変更を全会一致で承認した。





この法律は、オンタリオ州の湖岸沿いのこの農村地域で
最大70台,600フィートの高さの風力タービンを建設するという
アペックス・クリーン・エナジー社(Apex Clean Energy)の
暫定的提案に応えて成立しました。

改正されたゾーニング法では、
提案されている風力タービンは高さの制限を受けており、
多くの種類の公的および私的インフラから
大きく離れていなければならず、
一定の騒音レベルを超えてはならないと述べている。

新しい規制は、町のほぼすべてのゾーニング地区で
このようなエネルギーシステムの建設を妨げます。





数十人のアペックス社の風力エネルギーのサポーターと批判家は、
町の提案したゾーニング法の変更に関する公聴会で判明した。

聴聞会は約2時間続いた。




サポーターは、町がプロジェクトから得ることができた収入と
環境にやさしい電源をサポートすることの重要性を強調しました。

このプロジェクトの支持者を大幅に上回った批評家は、
地域の農村部の特色を傷つけ、近くに住む住民を混乱させ、
地元の鳥の生体数を荒らしてしまうと警告した。




ニューヨーク州公共サービス法第10条に基づき、
州指定の立地審議会は、
大規模(25mW以上)の発電設備を見直し、
許可する権限を有している。

選任委員会は、総裁の5名のメンバーと、
プロジェクトが提案されている地区の2名の地方代表から
構成されています。



ゾーニング法の変更に関する詳細なレポートについては、
後で確認してください。




[リンク]

・2016風力タービン法:

『A Local Law Amending the Code of the Town of Somerset Chapter 205 Zoning』
サマセットの町コードを改正する地域法第205章ゾーニング

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-wind_turbine_law_2016.pdf



・風力タービン法の改正:

『A Local Law amending the supplemental zoning regulations
related to Commercial/industrial wind energy conversion systems. 』
商業/産業用風力エネルギー変換システムに関連する補足ゾーニング規則を改正する地域法

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendments_wind_turbine_law.pdf



・高層建築物改正

『A Local Law amending the Supplemental Regulations of
the Somerset Zoning Code to add regulations applicable to tall structures. 』
高層建築物に適用される規制を追加するためのサマセットゾーニング規則の補足規則を改正する地域法。

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendment_tall_structures.pdf



・ゾーニング補正

『A Local Law amending the regulations applicable to all zones,
and the regulations applicable to Industrial Districts and Planned Unit Development Districts. 』
すべてのゾーンに適用される規制、
および工業地区および計画されたユニット開発地区に適用される規制を改正する地域法

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendment_zoning.pdf




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------




<ともに可決⇒6-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>




2018年1月30日





6-Part2:ニューヨーク州/サマセット
◇Somerset passes tougher anti-wind turbine laws
サマセットは、より厳しい反風力タービン法を可決します

(The Buffalo News | 2018年1月30日)
http://buffalonews.com/2018/01/30/somerset-passes-tougher-anti-wind-turbine-laws/



By Thomas J. Prohaska



サマセットタウン委員会(Somerset Town)は、
施行されれば、
アペックスクリーンエネルギーが
予定通りの風力発電プロジェクトを
町に建設することはほとんど不可能とする法律を
全会一致で可決させた。





しかし、バージニア州の会社は、
ライトハウス・ウィンドプロジェクト
(Lighthouse Wind)の承認を得るために
州の立地プロセスを通じて
計画の見直しを求め続けると述べた。


提案されたプロジェクトは、
それぞれが高さ500フィート以上の
70台までのタービンを含むであろう。




新しい措置は、
サマセットの2016年の風力発電法よりも
制限的であり、
風力発電の利用可能な場所が制限されています。




月曜日のゾーニング修正は、
150フィート以上の
いかなる構造物の建設も禁止する;

町のいくつかの工業地帯でのみ
風力タービンを使用できます;

オフサイトで販売する
電気を生成する風力タービンを禁止する;

他の建物から1マイルほど離れたところに
タービンを設置してください。




ライトハウスの開発マネージャの
テイラー・クアレルズ氏(Taylor Quarles)は、
「タウン委員会の決定には失望している」と述べた。

「この2年目の風力法の第2回改訂版は、
これまでに
風力発電プロジェクトの恩恵を受ける機会を
住民に与えないようにすることを
明確に目的としています。」




「ゾーニングの改正は、
大規模な産業プロジェクトに関して、
健康と安全を守り、
町の農村性を保つことを意図している」と
スーパーバイザのダニエル・M・エンガート氏
(Daniel M. Engert)は述べた。

「アペックス社の見解から、
私が保留中のプロジェクトについて
コメントすることはありません。」




クアレルズ氏によれば、
アペックス社はサマセットと近隣のイェーツで
10,000エーカー以上の土地所有者と
リース契約を結んでおり、
可能なタービンの場所として契約しているという。

町は、両方の資産所有者を調査し、
計画に反対する大多数を見つけたあと
3年間プロジェクトと戦っています。





[リンク]

・2016風力タービン法:

『A Local Law Amending the Code of the Town of Somerset Chapter 205 Zoning』
サマセットの町コードを改正する地域法第205章ゾーニング

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-wind_turbine_law_2016.pdf



・風力タービン法の改正:

『A Local Law amending the supplemental zoning regulations
related to Commercial/industrial wind energy conversion systems. 』
商業/産業用風力エネルギー変換システムに関連する補足ゾーニング規則を改正する地域法

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendments_wind_turbine_law.pdf



・高層建築物改正

『A Local Law amending the Supplemental Regulations of
the Somerset Zoning Code to add regulations applicable to tall structures. 』
高層建築物に適用される規制を追加するためのサマセットゾーニング規則の補足規則を改正する地域法。

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendment_tall_structures.pdf



・ゾーニング補正

『A Local Law amending the regulations applicable to all zones,
and the regulations applicable to Industrial Districts and Planned Unit Development Districts. 』
すべてのゾーンに適用される規制、
および工業地区および計画されたユニット開発地区に適用される規制を改正する地域法

https://docs.wind-watch.org/Somerset_NY-amendment_zoning.pdf




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------
関連記事
---------------------------

※ これより以前の記事は以下の拙ブログカテゴリをご参照ください
(おとしん:注)
<▽ニューヨーク州:サマセット風力条例>



2018/02/16 up
<1-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2016年1月17日
1-Part2:ニューヨーク州
◇Yates joins Somerset in officially opposing wind power project; Follows Somerset in bid to toughen town laws
イェーツ(Yates)は正式に風力発電プロジェクトに反対してサマセットに加わります;サマセットに続き、町の法律を厳しくする

(The Buffalo News | 2016年1月17日)
http://buffalonews.com/city-region/orleans-county/
yates-joins-somerset-in-officially-opposing-wind-power-project-20160117
https://www.wind-watch.org/news/2016/01/18/
yates-joins-somerset-in-officially-opposing-wind-power-project-follows-somerset-in-bid-to-toughen-town-laws/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5237.html

町は先週公式に
主要な風力プロジェクトに公式に反対しました、
そして、反対派はプロジェクトと戦うために
開発者の資金を分割する準備を整えている。

---------------------------------------------

2018/02/16 up
<2-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>
2018年1月5日
2-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Yates revising wind ordinance
イェーツは風力条例を改正する

(The Daily News | 2018年1月5日)
http://www.thedailynewsonline.com/bdn01/yates-revising-wind-ordinance-20180105

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html

-----------------------------------

2018/02/17 up
<3-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2018年1月11日

3-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇Yates proposed law would ban wind turbines within 3 miles of Lake Ontario
イェーツは、オンタリオ湖から3マイル以内に風力タービンを禁止する法案を提案した

(Orleans Hub | 2018年1月10日)
https://orleanshub.com/yates-proposed-law-would-ban-wind-turbines-within-3-miles-of-lake-ontario/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5241.html


Download:
“Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
ダウンロード:
「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2018/01/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf


==============================================================

2018/02/15 up
<国、州、地方自治体の風力タービン・セットバック>


2018年1月2日

ぜひ!⇒
1/2 プレスリリース、ニューヨーク州
◇“Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2018/01/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5235.html

---------------------------------------------------

2018/02/15 up
<国、州、地方自治体の風力タービン・セットバック>


2018年1月2日

ぜひ!⇒
プレスリリース、ニューヨーク州 『セットバック分析表』
◇2/2 “Proposed Amendments to Town of Yates Wind Energy Conversion Systems Local Law”
2/2 「イェーツ(Yates)風力エネルギー変換システムの現地法改正案」

http://townofyates.org/pdf/Yates-WECS-Law-Amendments-Press-Release.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5236.html

---------------------------------------------

2018/02/18 up
<4-Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例>

2018年1月28日

4-Part2:ニューヨーク州/イェーツ
◇County planners back Yates in revised wind ordinance with much bigger setbacks
郡のプランナーは、より大きいセットバックで改訂された風力条例においてイェーツを支持する

(Orleans Hub | 2018年1月27日)
https://orleanshub.com/county-planners-back-yates-in-revised-wind-ordinance-with-much-bigger-setbacks/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5243.html



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------


更新日:2018年2月18日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・本日2018年2月18日 N.D・ケリーによる
「Acoustic Noise Associated with the MOD-1 Wind Turbine: Its Source, Impact, and Control 」を
エントリーしました。

2018/02/18 up
<論文:超低周波不可聴音>

1985年2月
ぜひ!⇒
米国
◇Acoustic Noise Associated with the MOD-1 Wind Turbine: Its Source, Impact, and Control
MOD-1風力タービンに伴う音響騒音:音源、インパクト、コントロール

(1985年2月)
PDF
https://tethys.pnnl.gov/publications/
acoustic-noise-associated-mod-1-wind-turbine-its-source-impact-and-control
https://docs.wind-watch.org/Kelley-et-al_-Noise-MOD-1-wind-turbine-source-impact-control.pdf


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5242.html



1985年2月に発表された有名な論文です。

住民側から見て一番重要なポイントは
風車の半径3㎞以内にある1000世帯のうち、
苦情を申し出たわずか12世帯のために
原因追及のための大規模な調査研究が行われ
デザインの変更を含む対策が取られたという事実ではないでしょうか。


―引用
運転中のMOD-1から発せられる騒音の苦情は、
タービンの半径3km以内に住む約12世帯に限られており、
その約半数は頻繁に悩まされていました
・・・・

・このアノイアンスは、振動を伴った断続的な
「サンピング(ドスン、ドシン)」音として
説明されていました。

・「感情」や「存在」が記述されており、
不安感や個人的な攪乱の感覚を伴って
聞こえるのではなく、むしろ感じられた。
・・・・
・アノイアンス(不快感)はリアルであり、
想像ではありませんでした。
・・・・・・・
分析は、ロータの回転速度を
35rpmから23rpmに遅くすることは、
アノイアンスを軽減するが、排除しないと評価した。
・・・・・・・・

Mod-lサイト付近の影響を受けた2つの住宅で行われた
音響および地震(振動)測定から、
タービンの運転からの周期的な音響負荷の下で
一時的な弾性変形が行われていることが明らかになりました。
   ―引用終わり



・2018年2月17日
著者N.D・ケリーによる論文をエントリーしました。

米国エネルギー省のために準備された
(Prepared for the U.S. Department of Energy)
1987年に発表されたこちらも有名な論文ですね。

ご参照いただければ幸いです。

2018/02/17 up
<論文:超低周波不可聴音>
1987年11月
ぜひ!⇒
米国
◇Proposed Metric for Assessing the Potential of Community Annoyance from Wind Turbine Low-Frequency Noise Emissions
風力タービンの低周波騒音放射からのコミュニティの不快感の可能性を評価するための測定基準の提案

(1987年11月)
https://www.wind-watch.org/documents/
proposed-metric-for-assessing-the-potential-of-community-annoyance-from-wind-turbine-low-frequency-noise-emissions/

PDF
https://www.nrel.gov/docs/legosti/old/3261.pdf
https://docs.wind-watch.org/Kelley_Proposed-metric-assessing-potential-annoyance-wind-turbine-LF.pdf


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5240.html



・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-02-20 : ▽ともに可決⇒Part2:ニューヨーク州:サマセット,イエーツ風力条例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR