騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<46-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>ぜひ⇒46-アイルランド:風力タービンはヒトの健康にダメージを与えると、ポルトガルの科学者は述べる…彼女は超低周波不可聴音への長期の曝露が航空労働者の健康をどのように傷つけたかを示した1980年までさかのぼっている母国の研究を引用しました | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒ファルマスは、裁判所判決の後、2台目の風力タービンをパワーダウンします | WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..











<46-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>




2017年7月6日





ぜひ!⇒
46-アイルランド
◇Wind turbines damage human health says Portuguese scientist
風力タービンはヒトの健康にダメージを与えると、ポルトガルの科学者は述べる

(Tullamore Tribune|2017年7月6日)
http://www.tullamoretribune.ie/articles/news/59524





風力タービンからの安全な後退距離を
決定するために
より多くの研究が必要であると、
先週のタラモアで主要な科学者は語った。






マリアナ・アルヴェス-ぺレイラ博士
(Mariana Alves-Pereira)は、
動物と人の健康に対する
タービンの影響に関するセミナーに取り組んだ後、
トリビューンと話していました。






ポルトガルの科学者は
風力タービンによって生成される音
低周波ノイズと
人間が聞くことができない音によって
作り出されるエネルギー、
超低周波不可聴音(infrasound)の専門家です。







アルヴェス-ぺレイラ博士は、
タービンやその他のメカニズムからの
重大なリスクを示した研究結果を発表しました。






彼女は超低周波不可聴音への長期の曝露が
航空労働者の健康を
どのように傷つけたかを示した
1980年までさかのぼっている
母国の研究を引用しました。







全国から約150人の参加者が集まった
ブリッジハウスホテルのセミナーでは
ウマ、ヒツジ、ブタ、ミンク、
ガチョウの健康もまた
風力発電所に近接して悪影響を受けていたと
話しました。





彼女は、人が心臓の周りに嚢が肥厚して
心臓発作を起こすなど、
さまざまな影響を被ったと話しました。





彼女は、軍事用航空機施設や
ポルトガルの風力発電所での研究など、
多くの研究について言及しました。





研究者たちは、
航空作業員と風力発電所の近くに住む人々に
同じ影響があることに驚きました。





「超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズの中で生きる人々は、
症状の発症を加速させます。」と彼女は語った。






「ポルトガルの風力タービンのケースや
家庭内の超低周波不可聴音や低周波騒音のケースでは、
私たちは航空機技術者に行ったものと
同じ医学診断テストを彼らにしました。」





「何でも手に入れると
私たちは初めは信じていませんでしたが、
そこで見つけました。」




ラットに対する超低周波不可聴音と
低周波数ノイズの影響についても実験が行われました。





アルヴェス-ぺレイラ博士はまた、
風力発電所の近くに住む子牛の下肢が
どのように変形したかを示す研究を示しました。





彼女は低周波騒音が四肢の奇形を引き起こしたと
「確実に」言うことができないと言いました
 しかし、次のように付け加えました:


「私たちがウマで見つけたのは、
細胞構造に関して、
[それらは]損傷を受けていました
そしてそれは、 
私たちがラットとヒトで発見した
損傷と同じ性質のものでした。」







「我々は、ラットとヒトで
四肢の変形を発見しませんでした
しかし、細胞に関しては、
ウマで見いだされたのは、
ラットで見つかったもの、
ヒトで見つかったものでした。」と彼女は説明しました。






住宅からの安全な後退距離を
確保できるかどうかを尋ねたところ、
アルヴェス-ぺレイラ博士は次のように述べている。


「私は身体的にそこにあると思います。

私たちはそれがまだ何かを知りません。

私たちは、どちらの方法でも、
何が安全かについて示すための研究が
ありませんでした。」






「人々の苦情から、2-3キロメートルでは
十分でないかもしれないことがわかっています。

しかし、それは人々の苦情から来ただけで、
医療診断テストでは確認されていません。」






アルヴェス-ぺレイラ博士が
「振動音響病(vibroacoustic disease)」と呼ぶものに
苦しんでいるかどうかは、
事前の曝露によって決まります。






「引退したパイロットと
田舎の農場にずっと住んでいた人は、
騒音に対して異なる反応をするでしょう。」と
彼女は語った。







「引退したパイロットは、
そうではない他の人よりも
速く、直ちにそれを感じるでしょう。」






彼女は次のように付け加えました:
 
「事前の騒音曝露は、
自宅にいるときに感じることの
予後を決定するために絶対に必要です。」






彼女は、超低周波音と低周波騒音の累積的影響が
子宮から始まると説明しました;


妊娠したとき
母親が工場で働いていたあとに生まれる人は、
最初に影響を被ります。






彼女は、人々が長期間の曝露によって
超低周波と低周波への抵抗力を増強するという
証拠はないと、述べました。






その前に、アルヴェス-ぺレイラ博士は、
このセミナーで、
風力タービンの音を測定するための
dBAの使用は不適切であると
述べました。





彼女は、超低周波音と低周波ノイズを
定量化するための機械を開発し、
懸念をもつ人々に測定をしてもらうよう訴えました。






「近くに風力タービンを計画している場合は、
それらが建ち上がる前に測定する必要があります。」と
彼女は述べた。






事前に測定が行われていなければ、
風力発電事業者は
タービンが設置される前に
音が存在することがありえたと主張するだろうと
彼女は述べた。






アルヴェス・ペレイラ博士は、
風力発電所の激しい反対派である
バナガー(Banagher)の居住者で
引退した科学教師である
アグネス・ドーラン氏(Agnes Doolan)のゲストです。


「私は田園地方と
オファリー(Offaly)の沼地が大好きです。

私たちの田舎に起こっていることと、
田舎の人々の身の上に起きていることに
全く驚きました。」とドーラン氏は言います。





ポルトガルの科学者は、
アイルランドを巡って
設置されたり、提案されている
風力発電所のサイトを訪問することに
一ヶ月を費やすでしょう。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------
  関連記事
----------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



≪1-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇Doctors call for reduction in turbine noise
医師はタービンノイズの低減を求める

(Irish Examiner | March 12, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
doctors-call-for-reductionin-turbine-noise-317947.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

By Conall Ó Fátharta, Irish Examiner Reporter

優れた医師は、風力タービンの
騒音レベルを低減することを政府に求めている

- 世界保健機関(WHO)のガイドラインが
推奨する4倍であると、彼らは主張した。


アイルランドの医師環境協会もまた、
500メートルのセットバック距離は十分ではない、
それは少なくとも
1500メートルに増加させる必要があると述べました
[1.5kmは、ほぼ1mi]。


クイーンズ大学のアラン·エバンス客員研究教授と
ウォーターフォード地域病院教授で
リード臨床コンサルタントのグラハム·ロバーツ氏は
現在の騒音レベルと、
家から風力タービンまでの距離の両方に
懸念を表明しました。


環境大臣アラン·ケリーは現在、
風力エネルギー計画のガイドラインを見直していて、
公衆衛生の利益のために
綿密に検査されるべきその両方の問題を
グループに要求しています。


その関連付けは、
WHOによって推奨されているように
30デシベルの最大騒音レベルの導入と
そして、暮らしている家からのセットバックの距離を
現在の500メートルから
少なくとも1500メートルに呼びかけています。


エヴァンス教授は、
アイルランドの風力タービンの建設は
「人間の居住地に
あまりにも近くで認可されている」と述べました。


「その、衝動的な侵入的で、侵入的で、
時には絶え間ない性質のため
風力タービンによって発生する騒音が
特に睡眠を妨げそうである。」と彼は言いました。

「若者と高齢者は特に危険にさらされています。
睡眠不足である子供たちは肥満になりそうです。
そして、それは成人期に
彼らの糖尿病と心臓病の素因になります。
記憶は、睡眠中に補強されるので
彼らはまた、学習障害も示します。」

エヴァンス教授は、睡眠不足の成人は
特に、心臓発作、心不全と脳卒中、
そして、認知機能障害および精神的な問題の
疾病の範囲の危険にさらされていると、言いました。


クイーンズの公衆衛生のためのセンターに所属する
エヴァンス教授は、
政府は、国民に向けて注意義務を行使し、
リスボン条約に謳われている
「予防原則」を行使すべきであると述べました。


「発達する国際的なコンセンサスに基づき、
それは、少なくとも1500mまで
タービンのセットバックを上げることによって、
これを達成することができます。」と、
エヴァンス教授は言いました。

2013年12月に、環境省は、声明において、
2006年の風力エネルギー開発ガイドラインの
騒音、セットバックの距離と
シャドウフリッカーの側面について
草案の改訂を発表したと言いました。

これらの案の改訂を提案:

•今後の風力エネルギー開発のための
より厳格な40デシベルの昼夜騒音リミットの設定。

•アメニティの考慮のために、
風力タービンと最寄りの住居の間に500メートルの必須の最小後退距離。

•風力タービンと近隣の住居の間のシャドーフリッカーの完全な排除。

公開協議プロセスは、
ガイドラインの改正案について開始され
2014年2月21日まで実行されました。
部門は、この期間中に
市民団体やメンバーから7500の提出物を受けました。

この事に関して、アカウントは
「最終的なガイドラインを作る際に
公開協議への広範囲な応答をする必要があります。」と
部門は、声明の中で述べました。

「しかしながら、
2006年風力エネルギー開発ガイドラインの改訂は、
近い将来に完成され、
その法案に提起された
多くの問題に対処することは部門の意図するものです。」

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-----------------------

ぜひ!⇒
2-アイルランド/画像
◇War on power stations: Stop blight of pylons and turbines from ruining the countryside
発電所との戦い: 鉄塔とタービンの荒廃から田園地方を滅ぼすのを止めてください

(アイリッシュ・ミラー | 19 March 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/
war-power-stations-stop-blight-5360788

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

---------------------------------------------

3-アイルランド
◇Moratorium on new wind farms passed
新しい風力発電所の一時停止は、通過しました

(Waterford News & Star | May 20, 2015)
http://www.waterford-news.ie/2015/05/20/147152/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html
-------------------------

4-アイルランド
◇Proposal to keep wind turbines 700m from homes
家から700mで風力タービンを維持するという提案

(Irish Examiner | May 25, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
proposal-to-keep-wind-turbines-700m-from-homes-332644.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html

---------------------------

ぜひ!⇒
5-オピニオン、アイルランド/画像
◇There’s a definite change in the air when it comes to the location of wind farms
風力発電所の場所に関しては、空中の明確な変化があります

(Irish Independent | 28/05/2015)
http://www.independent.ie/opinion/comment/theres-a-definite-change-
in-the-air-when-it-comes-to-the-location-of-wind-farms-31258754.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3206.html

---------------------

6-アイルランド/画像
◇Put giant turbines further from homes – TDs
家からより遠くに巨大なタービンを置く – TDs

(Irish Independent | 29/05/2015 )
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
put-giant-turbines-further-from-homes-tds-31262612.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3215.html

--------------------------

7-アイルランド
◇Windfarm guidelines ‘blocked’ claim Laois awareness group
風力発電所のガイドラインは、ラオイズの啓発グループの要求を「ブロックしました」

(Express | 14 July 2015 )
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/
windfarm-guidelines-blocked-claim-laois-awareness-group-1-6848577

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3236.html

--------------------------

8-アイルランド
◇‘Compelling public issues’ over turbine」
タービンに関する「強制的な公共の問題」

(Irish Examiner | July 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/compelling-public-issues-over-turbine-344012.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

-----------------------

9-アイルランド
◇More wind turbines would be ‘madness’, says energy expert
より多くの風力タービンは、『狂気』であると、エネルギーの専門家は言います

(The Irish Times | Jul 22, 2015)
http://www.irishtimes.com/news/politics/
more-wind-turbines-would-be-madness-says-energy-expert-1.2294038

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

Elaine Edwards

アンソニー・ホワイト博士は、
アイルランドが間違った方法で
再生可能エネルギーの目標を
達成しようとしていると言います

2020年までに
アイルランドの電気の40パーセントを
更新可能エネルギー源から生み出す目標を
達成することは、
国中で、あと200の風力発電所を必要とすると、
エネルギー・スペシャリストの
アンソニー・ホワイト博士は言いました。

コンサルティングBWエネルギーの責任者、
ホワイト博士は、
アイルランドのまわりで、
より多くの風力タービンを造ることは
「狂気」であると、
MacGillサマースクールで話しました。

------------------------

10-アイルランド
◇‘I won’t let my dream of life in the unspoilt Irish countryside be destroyed’: Dad’s pledge against pylons
「私は自然のままのアイルランドの田舎での生活の私の夢を破壊させません':鉄塔に対するお父さんの誓約

(Irish Mirror | 29 June 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/i-wont-dream-life-unspoilt-5965651

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3536.html

------------------------
≪11-①アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年8月4日

ぜひ!⇒
11-①アイルランド/画像
◇Jockey Paul Carberry: Wind farms will put our lives in danger
ジョッキー・ポール・カーベリー: 風力発電所は、我々の命を危険な状態にします

(アイリッシュ・ミラー | 4 August 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/jockey-paul-carberry-wind-farms-6186522

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3537.html

--------------------------

≪11-②アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年7月18日

11-②アイルランド/画像
◇Top horse racing trainer Noel Meade warns wind turbines will kill a horse or a jockey
最高の競馬トレーナー・ノエル・ミードは、風力タービンが馬またはジョッキーを殺すと警告します

(アイリッシュミラー | 18 July 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/top-horse-racing-trainer-noel-6088762

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3539.html

------------------------

12-プレスリリース、アイルランド
◇Raheenlea windfarm: local residents slam zero communication
Raheenlea風力発電所: 地元の居住者は、コミュニケーション・ゼロをたたきつける

(Ballycoog Area Residents Group)
https://www.wind-watch.org/news/2015/08/26/
raheenlea-windfarm-local-residents-slam-zero-communication/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

------------------------
ぜひ!⇒
13-アイルランド
◇Wind protest at ploughing
耕作で風力の抗議

(Leinster Express | 18 September 2015)
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/wind-protest-at-ploughing-1-6957728

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

------------------------

14-アイルランド
◇New wind farm guidelines ‘imminent’
「差し迫った」新しい風力発電ガイドライン

(RTÉ News | 20 September 2015)
http://www.rte.ie/news/2015/0920/729100-windfarms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3542.html

------------------------
ぜひ!⇒
15-アイルランド/画像
◇No wind turbines within 600 metres of homes as Cabinet clash over proposals
内閣は提案と衝突して住居から600メートル以内に風力タービンはありません

(アイリッシュインディペンデント | 22/09/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/
no-wind-turbines-within-600-metres-of-homes-as-cabinet-clash-over-proposals-31547415.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3544.html

------------------------

16-アイルランド/画像
◇Locals facing eviction after losing windfarm appeal
風力発電所の訴えを失った後に立ち退きに直面している地方住民

(Irish Examiner | September 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/locals-facing-eviction-after-losing-windfarm-appeal-355324.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3545.html

------------------------
ぜひ!⇒
17-オピニオン、アイルランド/画像
◇Families forced to move out of homes due to industrial monster wind turbines
一家は、産業用モンスター風力タービンのために家から出て行くことを強制されます

(アイリッシュ・ミラー | 2015年10月9日)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/health-news/families-forced-move-out-homes-6598685

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3546.html

------------------------

≪18-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月17日

18-アイルランド
◇Government to call in expert as ministers row over turbines
政府は、タービンを巡る閣僚の騒動で専門家を呼び出します

(Irish Independent | 17/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
government-to-call-in-expert-as-ministers-row-over-turbines-34116905.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3547.html

------------------------

≪19-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月28日

19-アイルランド
◇Turbines whipping up a storm as TDs begin to feel force of ‘rural power’
下院議員が『地方のパワー』の力を感じ始めて、嵐をかき立てているタービン

(Irish Independent | 28/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
turbines-whipping-up-a-storm-as-tds-begin-to-feel-force-of-rural-power-34147996.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3549.html

------------------------

20-アイルランド
◇1,000m wind farm distance sought
1,000mの風力発電所の距離が求められます

(Bray People | 07/11/2015)
http://www.independent.ie/regionals/braypeople/news/1000m-wind-farm-distance-sought-34166490.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3550.html

------------------------

21-アイルランド
◇Environment Minister admits ‘tension’ within government over wind turbine plans
環境大臣は風力タービン計画について政府内での「緊張」を認めている

(アイリッシュ・インディペンデント | 2015年12月3日)
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
environment-minister-admits-tension-within-government-over-wind-turbine-plans-34257133.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

------------------------

22-アイルランド/画像
◇Kelly’s plans will end wind farms, warns Labour colleague White
ケリーの計画は風力発電所を終了させると、ホワイトは労働党の同僚に警告

(アイリッシュ・インディペンデント | 2016年2月2日)
http://www.independent.ie/irish-news/election-2016/rightcol/
kellys-plans-will-end-wind-farms-warns-labour-colleague-white-34415608.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

内閣と党の同僚の
アレックス・ホワイトによると、
アラン・ケリー氏の
風力タービンと町と村間の距離を伸ばす計画は、
「陸上風力の終了」をもたらすだろう。

------------------------

23-アイルランド
◇White bids to end row with Kelly on turbines
タービンに関するケリーとの口論を終えるためのホワイト氏の試み

(businesspost.ie|2016年2月7日)
https://www.businesspost.ie/politics/white-bids-to-end-row-with-kelly-on-turbines-302649

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

------------------------

24-アイルランド
◇Council on collision course with government over wind farm guidelines
風力発電のガイドラインについての政府との衝突過程に関する議会

(ウェストミーズ・エグザミナー | 2016年5月24日)
http://www.westmeathexaminer.ie/news/roundup/articles/2016/05/24/4120272-/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

25-アイルランド
◇Westmeath council set to challenge Coveney directive on wind turbines
風力タービンのカブニーの指令に挑戦する準備をするウェストミーズ議会

(アイリッシュタイムズ|2016年6月14日)
https://www.irishtimes.com/news/social-affairs/
westmeath-council-set-to-challenge-coveney-directive-on-wind-turbines-1.2683492

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

≪26-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年6月18日

ぜひ!⇒
26-手紙、アイルランド
◇Wind turbines need to be a minimum of 2km from houses
風力タービンは家から最低2km必要です

(サザン・スター|2016年6月18日)
http://www.southernstar.ie/news/roundup/articles/2016/06/18/
4121742-letter-wind-turbines-need--to-be-a-minimum-of--2km-from-houses/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

27-アイルランド
◇Wind turbine setback distance up for review
風力タービンの後退距離の検討が議題になる

(Indo Farming | 2016年7月12日)
http://www.independent.ie/business/farming/
wind-turbine-setback-distance-up-for-review-34873989.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

28-アイルランド
◇Sinn Fein TD introduces Bill to regulate wind turbines
シンフェイン党 TD、風力タービンを規制する法案を発表

(ラインスター・エクスプレス | 2016年7月20日)
http://www.leinsterexpress.ie/news/home/211589/
sinn-fein-td-introduces-bill-to-regulate-wind-turbines.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html

------------------------

≪29-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月3日

29-アイルランド/画像
◇750m wind turbine setback mooted
750mの風力タービンのセットバックが議題にのぼる

(ラインスター・リーダー | 2016年11月3日)
http://www.leinsterleader.ie/news/home/222359/750m-wind-turbine-setback-mooted.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html


キルデアのアンチ風力発電所の運動家は、
政府が
新しい風力エネルギーガイドラインで
現在の距離よりわずか250mほど多い
家から750mのタービンの後退距離を
明らかにすると考えています。

「これは法外で、
地方のアイルランドの居住者に対する侮辱です」と、
KEAGのスポークスマン
シーラ・オブライエンは断言しました。

「我々は環境大臣に
開発者と一緒に走るのではなく、
アイルランドの農民の立場に立って、
ポーランドと南部ドイツのバイエルンを含む
他の国々で行われたように、
はるかに大きなセットバックを与えるように
頼んでいます。」

------------------------

≪30-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月17日

30-アイルランド
◇‘We don’t want wind turbines in our back yard’
『我々は、裏庭に風力タービンが欲しくありません』

(オファリー・インディペンデント | 2016年11月17日)
http://www.offalyindependent.ie/news/roundup/articles/2016/11/17/
4130288-we-dont-want-wind-turbines-in-our-back-yard/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4339.html

------------------------

≪31-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月27日

31-アイルランド/画像
◇Communities set to win power battle over wind turbines
コミュニティは、風力タービンのパワーバトルに勝つために立ち向かう

(サンデー・タイムズ | 2016年11月27日)
http://www.thetimes.co.uk/edition/ireland/communities-set-to-win-power-battle-over-wind-turbines-q97vh9b98

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4339.html

---------------------------------------------

<32-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2016年12月12日

32-アイルランド
◇Wind farm guidelines delayed due to European ruling
風力発電所ガイドラインは、ヨーロッパの判決のために遅れます

(The Irish Times | 2016年12月12日)
https://www.irishtimes.com/news/politics/wind-farm-guidelines-delayed-due-to-european-ruling-1.2902008

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4600.html

画像:
政府は、欧州裁判所の判決に従い、
風力発電所の新しいガイドラインを
発行する決定を延期した。

ファイル写真:nny Lawson/PA Wire

==================================================
※ ワロン事件における欧州司法裁判所判決
==================================================

<風車と裁判/EC司法裁判所~EC指令2001/42/EC>

2016年10月27日

ぜひ!⇒
ベルギー, ヨーロッパ, プレス・リリース
◇Important ruling from the European Court of Justice
EC司法裁判所からの重要な判決

(Friends against wind|2016年10月27日)
http://en.friends-against-wind.org/justice/important-ecj-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4286.html

Patrice d’Oultremont, Vent de Raison (ワロン、ベルギー)


欧州指令2001/48/CEによって
適切に一般市民に知らせて
問題についての意見を求めずに
ワロン政府(ワロン、ベルギー)は
ワロン地域における風力発電所の配備を
かなり容易にすることを目的とする
『norme sectorielle(業界標準)』をつくって、
それを不当に行ったという判決を
2016年10月27日に
EC司法裁判所(ECJ)は出しました。


欧州議会の指令2001/42/ECの、
そして、特定の計画と
プログラムの環境に対する影響の評価に関する
2001年6月27日の会議の
第2(a)条および第3条(2)(a)は
このような問題になっている議事のように
行政の同意が
そのような設備の設置と運用のために
付与されたときに
遵守しなければならない
風力タービンの設置上のさまざまな規定を含む
主要な手続きにおいて
その指令の意味の範囲内で
調整命令が『計画とプログラム』の概念の範囲内に
入ることを意味する
監督上の命令の意味として
解釈されなければなりません。


ECJの判決は、加盟国全土で
すべての同様の法規にすぐに適用可能で
これは、
陸上風力発電所に反対する人のための大成功です。



追加情報については、
ECJのウェブサイトにアクセスしてください
そして、『case C-290/15』を探します
(d’Oultremont et al. vs Walloon Government):

http://curia.europa.eu/juris/liste.jsf?num=C-290/15


ECJの判決の重要性を考慮すると、
皆さん一人一人が自分の国に
できるだけ広く情報を伝えることが
適切かもしれません。
(フランスとオランダ政府と欧州委員会は、
市民の原告に対して
ワロン政府に加わっていたことに注意してください)

よろしく

Patrice d’Oultremont
Vent de Raison (Wallonia, Belgium)

http://www.ventderaison.com/

------------------------------------------------------

<33-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年1月7日

33-アイルランド
◇Cork County Council seeks windfarm guidelines
コーク郡議会は、風力発電所ガイドラインを求めます

(Irish Examiner | | 2017年1月18日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cork-county-council-seeks-windfarm-guidelines-439590.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4601.html

コーク郡議会は、現在の法律では、
プロジェクト内のすべてのタービンが
完全に完成していない限り、
騒音監視を実施することができないため、
緊急に風力発電の開発に関して
約束されたガイドラインを
政府に要請することになっています。


------------------------------------------------------

<34-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年1月8日

ぜひ!⇒
34-アイルランド, プレス・リリース
◇Giant snowballs knock wind from minister’s blades
巨大な雪玉は、大臣のブレードから風を打ちます

(South Wicklow Wind Action Group |2017年1月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/01/10/giant-snowballs-knock-wind-from-ministers-blades/


これまでの比較的穏やかな
アイルランドの冬にもかかわらず、
郡議会が大量の提出を受け取った先週、
バーチャルブリザードが
東海岸のウィックローの町を襲った

信じられないほど100を超える

- シモン・コヴェネイ
(Simon Coveney)計画官の宣言された意図に、
議会が新しい郡の開発計画から
次の条項を削除するように主張する:



風力発電所は、
居住用地または他の居住施設から
少なくとも1,000m
または提案されたタービンの先端までの高さの
10倍以上でなければならず、
そのような開発が
教育機関に近接していることに関して
特別な考慮が与えられます。



2006年に発行された既存の計画ガイドラインは、
住宅用不動産との
最小距離や後退距離を特定するものではなく、
「騒音に敏感な物件までの距離が
500メートルを超えると、
騒音が重大な問題になることはまずありません」と
述べているだけです。


この声明は、科学的証拠を裏づけするものではない
- 風力発電計画の申請を検討する際、
計画当局が要求する最小の後退距離を決定しています。



それ以来、工業用風力タービンの
健康への悪影響の広範な科学的研究と研究
(以下、アペンディックス(付録)で参照されている)が行われ、
その結果、比例してずっと大きな後退距離が
以前よりも現在および将来にわたって
適用されることを勧告する
広範な医学的意見を提言する結果となりました。


健康への悪影響には、
睡眠不足、過敏症、神経質な愁訴、
学校での子供の集中力の欠如、
自閉症児の重度の問題、
てんかんに苦しんでいる人々が含まれます。



▼最高裁判所のケース

ウィックロー議会がこれらのリスクを認識し、
予防的アプローチを採用する義務があることは、
郡の開発計画で
最低1,000メートルの後退距離を設定する際に
従ったアプローチの重要な動機であると
考えられています。


このアプローチの知恵は、
風力タービンサプライヤーである
『Enercon Wind Farm Services Ireland Limited』が
家を捨てなければならなかった
7つのコークの家庭に
迷惑をかける責任を認めている
長時間にわたる高等裁判所判例の結果
によって、
このアプローチの妥当性は、
最近完全に潔白を証明されました。※おとしん:注)

原告に費用が授与され、
4月に裁判所は支払われる損害のレベルを評価します。


こちらのレポートをご覧ください:
http://www.farmersjournal.ie/wind-company-admits-nuisance-damage-to-neighbours-246465

これはアイルランドでの最初の行為であり、
他の風力発電所の開発者、供給者、企画当局は
同様の状況の他の家族からの法的挑戦を可能にします。



▼特別な反応レベル

大臣の草案の方向性への
良好な対応が期待されていたが、
『SWWAG』
(South Wicklow Wind Action Group)の広報担当者は、
このような方向性は通常、ほとんど関心を寄せず、
ほんの一握りの提出を促すものであるため、
観察の量は非常に例外的であると述べた。

「ウィックロー郡(Wicklow County)と、
そして、正に国中の
非常に多くの住民によるこのレベルの関与は、
農村地域の人々の健康に対するリスクと、
超高層ビルのサイズの工業用風力タービンに
近すぎて住むことによってもたらされた
幸福に対する意識を明確に示している
そして、「それは十分に文書化されているが、
利用可能なエビデンスは、
風力発電開発者、財政支援者、逐次的な政府閣僚、
様々な部局、国レベルの公的代表、
国家および地方の計画当局によって
系統的に無視され、放っておかれ、却下された。」と
続けて述べました。



▼申請を計画している風力発電所の保留の需要

風力タービンの計画ガイドラインを
更新するための過去4年間の政府の約束は
これまで実現しておらず、
人の健康へのリスクの証拠が載っている中で
『SWWAG』(South Wicklow Wind Action Group)は
「目的適合」ガイドラインの
問題が浮上している間に、
すべての風力発電計画申請に一時停止を
再度要求しています。


▼アペンディックス(付録)


風力タービン騒音の健康への悪影響
科学研究ドキュメンテーションとの関連

--------------------------------------------------

2011年11月
http://docs.stetzerelectric.com/Havas-Colling-wind-article.pdf

「Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become Ill」

DOI: 10.1177/0270467611417852
published online 30 September 2011
Bulletin of Science Technology & Society Magda Havas and David Colling

The online version of this article can be found at:
http://bst.sagepub.com/content/early/2011/08/24/0270467611417852

--------------------------------------------------

2012年3月
http://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2014/06/Hanning-Evans-BMJ-Wind-Turbine-Noise.pdf

こちらのほうが見つけやすいかもしれません
ただし、閲覧にはサインアップが必要です(おとしん:注)

「Wind turbine noise」

BMJ 2012; 344
doi: https://doi.org/10.1136/bmj.e1527 (Published 08 March 2012)
Cite this as: BMJ 2012;344:e1527

Christopher D Hanning, honorary consultant in sleep medicine1,
Alun Evans, professor emeritus2

http://www.bmj.com/content/344/bmj.e1527

--------------------------------------------------

2014年11月
http://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report.pdf

「Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm」

Author: Acoustic Group
A number of findings arise from the study and have been grouped as follows.

(おとしん:注)
以下の拙ブログカテゴリーもご参照ください

<*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>

--------------------------------------------------

2015年11月
http://waubrafoundation.org.au/resources/wind-turbine-amplitude-modulation-planning-control-study-inwg/

Hanning, Wind Turbine Amplitude Modulation & Planning Control Study, INWG
(ハニング、風力タービン振幅変調及び計画制御研究、独立した騒音ワーキンググループ)

Independent Noise Working Group(独立した騒音ワーキンググループ)

「Work Package 3.2
– Excessive Amplitude Modulation, Wind Turbine Noise, Sleep and Health
(ワークパッケージ3.2‐
過度の振幅変調、風力タービンの騒音、睡眠と健康)」

Author(著者,):
Dr Christopher D Hanning BSc MRCS.MRCP MB BS.FRCA MD Honorary Consultant in Sleep Medicine,
University Hospitals of Leicester
(Dr クリストファー・ハニング)

Reviewers(査読者):
Prof Alun Evans MD Visiting Research Professor,
Centre for Public Health, The Queen’s University of Belfast
(Prof アラン・エヴァンス)
Carmen Krogh BSc Retired Health Canada executive
(カーメン・クローグ)
Dr Sarah Laurie BM, BS (Flinders) Chief Executive Officer, Waubra Foundation
(Dr サラ・ローリー)

--------------------------------------------------

以下のリンクは、
関連する要約ページの下部にリンクが表示される、
より詳細なレポートの単一ページの要約です。


2013年9月
https://www.wind-watch.org/documents/infrasound-human-health-and-adaptation/

Infrasound, human health, and adaptation:
an integrative overview of recondite hazards in a complex environment
(超低周波不可聴音、人間の健康と適合:
複雑な環境における難解な危険要因の統合的な概要)


著者:Michael A. Persinger
Behavioural Neuroscience and Biomolecular Sciences Programs,
Laurentian University, Sudbury, Ontario

Natural Hazards, September 2013, DOI 10.1007/s11069-013-0827-3

--------------------------------------------------

2015年8月
http://docs.wind-watch.org/Infrasound-wind-turbines-4-August-2015.pdf

「INFRASOUND,LOW FREQUENCY NOISE AND INDUSTRIAL WIND TURBINE」
(超低周波音、低周波騒音と産業用風力タービン)



MULTI-MUNICIPAL WIND TURBINE WORKING GROUP

MARK DAVIS, DEPUTY MAYOR, ARRAN-ELDERSLIE, CHAIR
/ STEWART HALLIDAY, DEPUTY MAYOR, GREY HIGHLANDS, CO-CHAIR
マーク・デイビス、助役、ARRAN-ELDERSLIE(オンタリオ州ブルース郡), 議長
/ スチュアート・ハリディ、助役、GREY HIGHLANDS(オンタリオ州グレー郡),共同議長

Compiled by
Keith Stelling, MA, (McMaster) MNIMH, MCPP (England)
編集:キース・ステリング

Reviewed by
William K. Palmer, P. Eng.
Carmen Krogh, BSc (Pharm), provided comments on the health component
査読者:
ウイリアム K.パルマー
カーメン・クローグ

July, 2015

--------------------------------------------------

2016年8月
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-and-human-health-a-four-decade-history-of-evidence-that-wind-turbines-pose-risks/


Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービンの騒音とヒトの健康:
風力タービンがリスクをもたらす証拠の40年の歴史


Author: Punch, Jerry; and James, Richard
著者:ジェリー・パンチ;そして リチャード・ジェームス

Jerry Punch, Professor Emeritus, Department of Communicative Sciences and Disorders, Michigan State
University, East Lansing

Richard James, E-Coustic Solutions; and Adjunct Professor, Department of Communication Disorders,
Central Michigan University, Mt. Pleasant

Published September 30, 2016, Hearing Health & Technology Matters



(おとしん:注)
以下の拙ブログのサイトもご参照ください

2016-10-13 : 論文‐超低周波不可聴音
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

<論文ー超低周波不可聴音:風力タービン騒音とヒトの健康>

2016年10月4日

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

※ 論文
■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史

http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

我々は、風力産業、その業界団体と
他の代わりによってしばしばなされる
12の特定の見解表明に取り組むことによって
これを行います。

私たちは、業界の支持者からと
業界から独立している人たちからのものを含む
論文の包括的な見直しにより
その多くは根拠のない
話の種にすぎないことが明らかにされる
これらの見解表明に対応します。

※ 詳細について、拙ブログ内は
2016-10-13 : 論文‐超低周波不可聴音
「風力タービン騒音とヒトの健康:風力タービンが危険をもたらすと」
または
「2016-10-13」で検索してください。


--------------------------------------------------

『SWWAG』(South Wicklow Wind Action Group)は、
それらが所在することになっている
環境と景観にふさわしいサイズとスケールの
持続可能な代替エネルギー・プロジェクトを
推進するコミュニティ組織です。


--------------------------------------

※おとしん:注)

このアプローチの知恵は、
風力タービンサプライヤーである
『Enercon Wind Farm Services Ireland Limited』が
家を捨てなければならなかった
7つのコークの家庭に
迷惑をかける責任を認めている
長時間にわたる高等裁判所判例の結果によって、
このアプローチの妥当性は、
最近完全に潔白を証明されました。

---------------------------

以下の拙ブログカテゴリーをご参照ください
<〼住民勝訴⇒アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

---------------------------------------

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


--------------------------------------

<35-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年2月9日

35-アイルランド
◇Wind Farm guidelines no closer to being published – Aindrias Moynihan
風力発電所ガイドラインが発表されるにはほど遠い状態です – Aindrias・モイニハン
(thecork.ie|2017年2月9日)
http://thecork.ie/2017/02/09/wind-farm-guidelines-no-closer-to-being-published-aindrias-moynihan/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4614.html

--------------------------------------

<36-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年2月12日

ぜひ!⇒
36-アイルランド
◇Have Your Say! Revision of Wind Energy Development Guidelines 2006
ご意見をどうぞ! 風力エネルギー開発指針2006の改訂
(The Law is my Oyster | 2017年2月12日)
https://the-law-is-my-oyster.com/2017/02/12/
have-your-say-revision-of-wind-energy-development-guidelines-2006/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4614.html

--------------------------------------

<37-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年2月22日

37-レター、アイルランド
◇Wind farms and noise levels
風力発電所と騒音レベル

(The Irish Times|2017年2月22日)
https://www.irishtimes.com/opinion/letters/wind-farms-and-noise-levels-1.2984021

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4615.html

--------------------------------------

<38-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年3月9日

38-アイルランド
◇Completion of new wind turbine planing guidelines delayed ‘indefinitely’ says Laois TD
新しい風力タービン計画ガイドラインの完成は、『無期限に』遅れるとリーシュ(Laois)TDは述べます

(Leister Express | 2017年3月9日)
http://www.leinsterexpress.ie/news/home/239324/
completion-of-new-wind-turbine-planing-guidelines-delayed-indefinitely-says-laois-td.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4615.html

--------------------------------------

<39-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年3月17日

39-アイルランド/画像
◇Kildare campaigners protest at global forum at Dublin Castle
キルデア運動家は、ダブリン・キャッスルに向かって世界的なフォーラムに抗議する
(Leinster Leader|2017年3月17日)
http://www.leinsterleader.ie/news/news/240559/
kildare-campaigners-to-take-part-in-energy-conference.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4618.html

--------------------------------------

<40-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年3月21日

40-アイルランド
◇Wind turbine trauma for north Meath community
北ミーズ・コミュニティに対する風力タービンの心的外傷

(Meath Chronicle|2017年3月21日)
http://www.meathchronicle.ie/news/roundup/articles/2017/03/21/
4136964-wind-turbine-trauma-for-north-meath-community/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4619.html

--------------------------------------

<41-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年6月14日

41-アイルランド
◇Government rolls out strict new wind turbine rules but keeps minimum 500m set back distance near homes
政府は厳しい新しい風力タービン規則を展開するが、家の近くで最小限の500mの後退距離を保つ
(Irish Independent | 2017年6月14日)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
government-rolls-out-strict-new-wind-turbine-rules-but-keeps-minimum
-500m-set-back-distance-near-homes-35822964.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4808.html

------------------------------------------------

<42-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年6月15日

42-アイルランド
◇Proposed new wind farm guidelines ‘disappointing’ – Wind Aware Ireland
提案された新しい風力発電所ガイドラインは『失望させる』 – 『Wind Aware Ireland』
(Leinster Express | 2017年6月15日)
http://www.leinsterexpress.ie/news/home/255157/
proposed-new-wind-farm-guidelines-disappointing-wind-aware-ireland.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4809.html

------------------------------------------------

<43-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年6月26日

43-アイルランド/画像
◇Windfarms ‘louder than a bird’ to be shut – minister
風力発電所は、かごに閉じ込められた『鳥より騒々しい』 – 大臣
(Irish Independent | 2017年6月26日)
http://www.independent.ie/irish-news/
windfarms-louder-than-a-bird-to-be-shut-minister-35864701.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4810.html

------------------------------------------------

<44-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年6月27日

44-アイルランド
◇New wind energy guidelines are ‘underwhelming’
新しい風力エネルギー・ガイドラインは『期待外れ』です

(Westmeath Examiner | 2017年6月27日)
http://www.westmeathexaminer.ie/news/roundup/
articles/2017/06/27/4142243-new-wind-energy-guidelines-are-underwhelming/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4812.html

------------------------------------------------ 

<45-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年6月29日

ぜひ!⇒
45-アイルランド
◇New wind energy guidelines ‘insult’ to rural Ireland
新しい風力エネルギー・ガイドラインは地方のアイルランドに対する『侮辱』

(Offaly Independent | 2017年6月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/new-wind-energy-guidelines-insult-to-rural-ireland/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4813.html

Story by Olga Aughey




「これらのガイドラインは
地方のアイルランドの住民にとって
絶対的な恥であり侮辱である」と
「Rhode Parish Wind Turbine Action Group」の
議長を務めるスティーブン・キャロル氏
(Stephen Carroll)は言います。






彼はサイモン・カブニー氏(Simon Coveney)が
住宅、計画、コミュニティ、地方自治体大臣として
最後に行った新しいガイドラインに応じていました。






提案された2006年ガイドラインへの変更には、
500mの義務的な最小限の妨げ距離を前提として、
タービンの高さの4倍の新しい後退距離が含まれています。






他の提案された変更には、
「騒音基準への遵守を確実にするために、
世界保健機関(WHO)基準と整合した、
より厳しい騒音制限の適用」、
そして、シャドーフリッカーの排除、
地域社会との関わりに関する
新たな義務の導入などが含まれます。






来年初めにガイドラインを完成させるべきだと
述べたカブニー大臣は、
新しい提案は、
「風力発電の開発が提案されている地域の
地域社会の真の懸念に同時に対処すると同時に、
我々がEUの再生可能エネルギー目標を
達成できることを保証するという観点から、
将来の風力エネルギープロジェクトを
促進することの適切なバランスを打ち立てる。」と
言いました。





カブニー大臣は、SEAプロセスに続いて、
新しい法定ガイドラインが確定され、
来年の第1四半期に計画機関に発行されると述べました。





しかし、キャロル氏は、
新しいガイドラインが達成されるまでには
長い道のりがあると言います。






「彼らは協議のために戻る必要があり、
戦略的環境評価(SEA)を受けなければならない。

SEAが適切に行われれば、500mの後退距離は許されない。」と
キャロル氏は続けました。






「アイルランドのNREAP
(National Renewable Energy Action Plan
/ナショナル・リニューアブル・エナジー・アクションプラン
/国家再生可能エネルギー行動計画)は、
SEA(戦略的環境評価)が一度も実施されていないため、
欠陥のある政策です。
SEAが実施された場合、
少なくとも1.3kmの後退距離が必要となる」と述べました。





「欧州はすでに、
法令違反に関連してアイルランドを審査しており、
それがSEA(戦略的環境評価)が登場する理由です。

しかし、我々はこれらの非効率性を
強調することしかできません。」






「政府はすべての事実を認識しています、
立ち上がって、
法律で拘束力のあることをすべきです。

彼らはこれについて欧州の指令に従うべきであり、
それなしで我々はいかなる計画も受け入れません。」






「すべてが規則に従って終わったら、
ガイドラインを受け入れるだけです。」と
キャロル氏は話しました。





風力タービン騒音に関するセミナーが
6月30日金曜日、
Bridge House Hotelで午後7時30分に行われます。
これは無料で公開されます。






これは、風力タービンと関連した低い周波数騒音と
超低周波不可聴音の専門家の
リスボンのルソフォナ(Lusofona)大学の
マリアナ・アルヴェス-ぺレイラ博士
(Mariana Alves-Pereira)によって催されます。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

<38-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2017年6月21日

ぜひ!⇒
38-マサチューセッツ州
◇Falmouth powers down second wind turbine following court ruling
ファルマスは、裁判所判決の後、2台目の風力タービンをパワーダウンします

(The Falmouth Enterprise | 2017年6月21日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
falmouth-powers-down-second-wind-turbine-following-court-ruling/
article_cb56f470-f72c-54de-b70c-a0a67b7745bf.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4780.html

By Derrick Perkins

ファルマスの都市行政委員会は6月20日火曜日、
バーンスタブル郡高等裁判所の裁判官が
町が所有する電源を不法妨害とみなした後、
論争の的となる
風力タービンの運転停止を命じました。



コーネリアス・J・モリアーティII判事が、
風力タービンの
『ウィンド1』と『ウィンド2』に関する
ファルマスゾーニング委員会の立場を
肯定したことがわかった後
メンバーは、午後6時ごろ、緊急集会で会ったと、
町政担当者のジュリアンM.ズーゾー氏は言いました。

彼らは秘密会で再び会います
— 一般市民に閉鎖された
— 6月26日の月曜日、
町の選択肢について議論するためにと
ズーゾー氏は言いました。


両方のタービンは
— 2015年9月には、法的措置のために
『ウィンド1』はパワーダウンしました
— 訴訟のために避雷針を証明しました。

最初は2009年に立ち上がりました
そして、隣接した資産のオーナーは
まもなく機械を騒音と健康問題の原因として
あげ始めました。



町の排水処理場の近くに位置するこの一組は、
運転開始以来、数多くの会議、見出し、
編集者への手紙と訴訟事件を生み出しています。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


※ 関連記事は、以下の拙ブログカテゴリーをご参照ください。

<☆Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令> 


-------------------------------------------------------


 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html



▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい
ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



2017-07-11 : 〼アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<44-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>44-マサチューセッツ州/画像:ファルマスの隣人は風力タービンとの戦いで祝賀は時期尚早だと心配した…アンデルセン氏は、その感覚を「あなたの頭とあなたの胸に入り、止まらない」脈打つ感覚として説明しました |関連記事、これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.. «  ホーム  » <45-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>ぜひ⇒45-アイルランド:新しい風力エネルギー・ガイドラインは地方のアイルランドに対する『侮辱』…アイルランドの国家再生可能エネルギー行動計画はSEA(戦略的環境評価)が一度も実施されていないため欠陥のある政策です。SEAが実施された場合、少なくとも1.3kmの後退距離が必要となる…スティーブン・キャロル議長 | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒ファルマスは、裁判所判決の後、2台目の風力タービンをパワーダウンします | WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |New⇒<論文>脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する | <論文:超低周波不可聴音>風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている…アレック N. ソルト, Ph.D.、ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D..
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR