騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<35-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>ぜひ⇒35-マサチューセッツ州:陪審はウィンド1の裁判で町に有利な判決を下す |関連記事、これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









※ ファルマスの町、近隣住民、ゾーニング裁定委員会に関連する
  裁判の一つに判決が出され、ねじれが酷くなりました。 

  詳細についての追い記事が出されると思います。
  出来るだけエントリーしたいと考えていますので
 時々、拙ブログもチェックしていただけると幸いです。
  (おとしん:注)





<35-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>




2017年4月27日





ぜひ!⇒
35-マサチューセッツ州
◇Jury finds in favor of town in Wind 1 trial
陪審はウィンド1の裁判で町に有利な判決を下す

(The Falmouth Enterprise | 2017年4月27日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/jury-finds-in-favor-of-town-in-wind-trial/
article_8c2786e1-1a1b-5e00-b691-c00108a89f30.html




By Ryan Bray




町の2つの風力タービンの1つである
ウィンド1に関する生活妨害裁判で、
4月27日木曜日、
バーンスタブル上級裁判所の陪審は
ファルマスの町に有利な判決を下しました。





しかし、同じ原告を含む別の事件が
5月初めに始まる可能性があります。





ブラックスミスショップ通りの住民である
エリザベスL.アンデルセン氏と
ニールP.アンデルセン氏は
2012年9月に町を訴えました。

ウィンド1に隣接するアンデルセン家は、
その構造物の操作が
彼らの財産を楽しむ彼らの能力を損なうと主張しました。





アンデルセン氏は、肉体的傷害、不動産価値の損失、
収入の損失の損害賠償を求めを求めていると、
ファルマスの町の弁護士
フランク・K・ダフィー氏は語った。





4月18日に始まったこの裁判は、
14人の陪審が町に有利な判決を下して
4月27日に終わりました。





この決定は、
4月27日木曜日の午前10時40分に行われたと
町政担当者のジュリアン・M・ズーゾー氏は、
プレスリリースで述べている。





「陪審員は、所有地に妨害は無いと断定して、
損害賠償を与えませんでした。」と
ダフィー氏は言いました。





アンデルセン家は
すぐにコメントすることはできませんでした。




都市行政委員は、5月1日の月曜日の執行会議で
さらに評決について話し合う予定だと
ダフィー氏は述べた。





ウィンド1は2015年9月以来稼動していません。

同年2月、マサチューセッツ上訴裁判所は、
操業を続けるために、
タービンがファルマスゾーニング裁定委員会からの
特別許可を必要とすると判決しました。





町には、裁判所で
タービン関連の事件がいくつかあります。





アンデルセン家と上訴委員会を含む別のケースは、
5月8日にバーンスタブル上級裁判所で
裁判にかけられる予定です。





その場合、町は、ウィンド1とウィンド2の
両方のタービンが
町のゾーニング条例の下で
アンデルセン家に妨害をなしたとの
裁定委員会からの決定を訴えています。




類似したケースの裁判は、
11月にバーンスタブル上級裁判所で終わりました。

この町は、2013年12月に
タービンがリッジビュー通りの
バリー A. ファンファー氏(Barry A. Funfar)と
ダイアンC. ファンファー氏(Diane C. Funfar)の
所有地に妨害をなしたとする
裁定委員会の裁定を訴えています。




この裁定は、
タービンが夫婦にとって妨害ではなかったという
当時の建設委員のEladio R.ゴア氏による決定を
無効にしました。





コーネリアス・モリアーティII判事の判決は係属中です。




ファンファー家は、
ウィンド2を閉鎖しない裁定委員会の裁定について
上級裁判所の訴えの真っ只中にいます。

ファンファー家は、ウィンド2はウィンド1のように、
動作するために特別な許可を必要とすると主張しました。

しかし、裁定委員会は、2015年12月、
ファンファー家が
彼らの申し立てを提出するには遅すぎると判断しました


公判期日は設定されていません。





2013年に制定された町の旧ゾーニング条例
または現行の条例が、
ウィンド1の将来の特別許可の発行に
引用されるべきかどうかは、
バーンスタブル上級裁判所の裁判官の前にあります。

住民は、旧条例に従うという裁定委員会の決定を
上訴しています。

公判期日は割り当てられていません。




町はまた、
ウィンド1のための特別な許可を与えないために、
2016年4月から裁定委員会の決定も訴えている。

そのケースの公判期日は割り当てられていませんが、
ボストンのマサチューセッツ州裁判所の前にあります。





町に対する、その他の3つの慣習法違反のケースが
バーンスタブル上級裁判所で提起されています。

ブラックスミスショップ通りのファンファー家、
キャサリンL.エルダー氏とブライアンW.エルダー氏、
西ファルマス・ハイウェーの
リンダH. Ohkagawa氏が原告です。

いずれの場合も金銭的損害賠償が求められています。




ダフィー氏によれば、
裁判の日程は、いずれの法律事件についても未定です。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=======================

これまでの経緯:


町の廃水処理施設にあるタービンは、
設置以来、論争に悩まされました。

隣人は、騒音とその操作による悪影響について
苦情があり、
町はいくつかの面に関連した訴訟で
ロックされ続けます。



※ Cape Cod Times ( Apr. 1, 2015)より
引用しました。
http://www.capecodtimes.com/article/20150401/NEWS/150409946/


==================



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html



ぜひ!→   
マサチューセッツ州   写真
◇Judge orders turbine limits
裁判官は、風車に制限を命じます

(Cape Cod Times | November 23, 2013)
http://www.capecodonline.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20131123/NEWS/311230319




マサチューセッツ州
◇Judge orders Falmouth to run wind turbines on 12-hour schedule
裁判官は、12時間のスケジュールで風力タービンを動かすようファルマスに命令

(Falmouth Enterprise | November 22, 2013)
http://www.capenews.net/
falmouth/judge_orders_falmouth_to_run_wind_turbines_on_12hour_schedule-201311223353



======================



▼ 2015年2月26日、裁判所は、
町の排水処理施設に建立された
ツインの風力タービンの一つである
『ウィンド1』の2009年の設置について
まちづくり委員と控訴ゾーニング委員会を提訴した
近隣住人の集団に有利な※判決を下しました。


■裁判所の判決(2015年2月26日)
Drummey et al. vs. Falmouth et al. – appeals court order
ドラミー ほか 対 ファルマス ほか、 – 上訴裁判所命令

https://www.wind-watch.org/documents/drummey-et-al-vs-falmouth-et-al-appeals-court-order/




■ダウンロード、オリジナルドキュメント(2015年2月26日)
“TODD DRUMMEY & others vs. TOWN OF FALMOUTH & others”
『トッド・ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか』

http://docs.wind-watch.org/Drummey-v-Falmouth-Appeals-Court-decision.pdf





==========================



※ 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令

■ 裁判官クリストファーJ·ミューズの判決
■ 暫定的差止命令‐2013年11月

https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2013/11/
falmouth-superior-ct-21Nov2013.pdf



----------------
関連記事
----------------

<1-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2015年11月3日

1-マサチューセッツ州
◇Settlement discussions disclosed at turbine appeals hearing
示談交渉が、タービンの控訴の審理で明らかにされます

(The Enterprise | November 3, 2015)
http://www.capenews.net/falmouth/news/
settlement-discussions-disclosed-at-turbine-appeals-hearing/
article_d4b3b7df-363a-5107-a16a-318927e94719.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3558.html

ほぼ6年間の法廷闘争を通じて
ファルマスの町の管理者と
風力タービンの隣人の活動は、
木曜の控訴ゾーニング委員会の会議で
脚光を浴びました。

住民は3時間半の会議を通じて
都市行政委員会の会議室で聴衆を満たし、
特別な許可なしで装置を設置された
ブラックスミス・ショップ通りの
町が所有する2台の風力タービンのうちの1台、
『ウィンド2』に対して
施行命令を提出しないという
建設コミッショナーの
Eladio S.ゴアの決定に対する
隣接地所有者の訴えに、焦点を当てました。

『ウィンド1』に対する個別の訴えの後に、
前回の会議で委員会によって許可され、
タービンをシャットダウンする
停止命令が続きました。

それ以来『ウィンド1』はオフになっているが、
その同一の仲間(『ウィンド2』)は
まだ回転しています。



------------------------
これまでの経緯として
------------------------

<28-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2016年6月27日

これまでの経緯として⇒
28-マサチューセッツ州
◇Turbine projects marred by litigation: Fiasco in Falmouth
訴訟によって損なわれたタービンプロジェクト:ファルマスの大失敗

(bankerandtradesman.com | 2016年6月27日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/06/28/turbine-projects-marred-by-litigation-fiasco-in-falmouth/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4189.html


クリストファーR.バッカーロ

風力エネルギープロジェクトを開発する際に、
可能性のある失策が気になる方のために
ファルマスの町営風力タービンの物語は有益です。


『ウィンド1』と『ウィンド2』としても
知られている
これらの400-フィートのタービンは
過剰出力は電力会社に売却し
それぞれファルマスの
町営廃水処理プラントのため
1.65メガワットのクリーン・エネルギーを
発生させることを目的としました。


経済の研究では、
タービンの1000万ドルのコストを維持しました。


残念ながら、隣人への悪影響と
訴訟が生じたため給付金は不足しました。


タービンが稼働した後、近くの住民は
不眠症、頭痛や他の健康問題を
引き起こしているタービンからの
音圧、ノイズや
シャドーフリッカについて訴えました。


タービンはゾーニング法に違反する
迷惑行為があったと主張する隣人と
いくつかの訴訟が続きました。

バーンステーブル高等裁判所の裁判官は
2013年に、タービンの営業時間を
月曜日から土曜日まで、
午前7時から午後7時までに制限して、
禁止命令を出しました。



『ウィンド1』は、更なる法律の難問に遭遇しました。

隣人はそれがファルマスの
控訴ゾーニング委員会(ZBA)からの
特別許可なしで造られていたので、
『ウィンド1』は、
ゾーニング条例に違反したと主張しました。


彼らは、建築コミッショナーに
それをシャットダウンするよう頼みました。

ゾーニング条例は
『ウィンド1』が「町の目的」として
動くことが許可されていると決定した後に、
コミッショナーは断りました。



条例は、「町の目的」を
風力タービンを除いて
政府行政、公園、遊び場、公共のビーチ、
消防署や警察署と
いろいろな伝統的な行政活動を含むことを
定義しました。

町に対する免除の規定はなく
細則の別のセクションは、
風力タービンは、
ゾーニング委員会(ZBA)から
特別許可を取得することを義務づけました。



隣人は、ZBAの5人のメンバーに
建築コミッショナーの決定を訴えました。


委員会の3人のメンバーは、
決定を覆すことに投票しましたが、
1人は、それを維持することに投票しました。


ゾーニング法は、4人のメンバーが
コミッショナーの決定を覆すことに
投票することを要求します、
それで、隣人は
投票で圧倒的多数を獲得していても、
彼らはZBAで負けました。


隣人は成功せず、
バーンステーブル上級裁判所に訴えました。



控訴裁判所は、隣人に対してより同情的でした。


2015年のDrummey対ファルマスの決定は
「町の目的」のゾーニング条例の定義を
高等裁判所が誤って解釈したと考えました。


「町の目的」の条例のリストが、
風力タービンに言及しなかったことを指摘し、
上訴裁判所はラテンの格言
『inclusio unius EST exclusio alterius』を
引用しました
そしてそれは
『法律は包括的なリストから項目を省略した場合、
その漏れは故意とみなされる』ための法律用語です。



上訴裁判所は、
特に風力タービンの特別許可を義務づけた
他の条例をあげることによって、
この推理を強めました。


それは難なく下級裁判所の判決を破棄しました。


最高裁判所が、町の訴えを否定した後、
ZBAは停止命令を出しました。


投資を救うために死にもの狂いで
町は『ウィンド1』のための特別許可を
ZBAに請願しました。


3人のメンバーは『ウィンド1』に
反対して以前に投票して、
ZBAは4-1の票によって
予想通り
4月に特別許可を否定しました。


都市行政委員会は、
特別許可の発行を強制するために、
土地裁判所にZBAを告訴しました。



▼過疎地区ではない


一方、『ウインド2』にも、独自の問題があります。

隣人は控訴裁判所のDrummeyの決定に
勝った後、それもまた、
特別な許可なしで建設されていたので、
彼らは『ウインド2』に対しても
同じ議論を提起しました。

しかし、ZBAは
隣人の議論は今回は早過ぎであったこと
そして、それ以前に
提起されている必要があると主張して
今回は隣人の訴えをで拒否しました。



隣人が高等裁判所に
ZBAの決定を上訴している一方で
『ウインド2』の未来は不透明です。


タービンを設置したとき
ファルマスの町は立派な目標を持っていたが、
周辺住民への悪影響と
迷惑行為を戦うための決意を過小評価していました。



隣人の弁護士クリストファーSenieによると、
町は
「風力エネルギー開発者が働く数千エーカーと
そして、住居から
はるかに大きい後退距離を持っている
はるかに少ない人口密集地域に収まる
業界が提供する技術を受け入れました。」


今日、『ウィンド1』は
ケープコッドの微風の中で暇な状態で立っています。

『ウィンド2』は
裁判所が制限を課した下で動作し続けますが、
しかし、それは『ウィンド1』を廃業状態にする
同じ法的な課題に直面しています。

タービンを廃止するか、再配置するための
町のコストは、法外でしょう。


後から振り返って考えれば、
ファルマスは、
住居の近くに巨大な風力タービンを
決して置いてはいけませんでした。


著者:

クリストファーR.ヴァッカロは
アンドーバーのダルトン&Finegoldのパートナーです。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

------------------------

<29-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2016年7月29日

ぜひ!⇒
29-マサチューセッツ州
◇Selectmen propose wind turbine mediation
都市行政委員は、風力タービン調停を提案します

(ファルマスエンタープライズ | 2016年7月29日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/selectmen-propose-wind-turbine-mediation/
article_009fbe8a-51e6-582f-8537-639bb75f6f2e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4190.html


町当局は原告に調停を提供することで
町に対して提起された
多数の風力タービンの訴訟を解決するための
代替パスを追求することで合意しました。


------------------------

<30-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2016年8月12日

ぜひ!⇒
30-マサチューセッツ州
◇Eight pending suits involving turbines may head to mediation
タービンに係る8件の未決の訴訟は調停に進むかもしれません

(ファルマスエンタープライズ | 2016年8月12日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/eight-pending-suits-involving
-turbines-may-head-to-mediation/article_136a5940-ff71-5632-9030-b64a3fed6422.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4192.html

------------------------------------

<31-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2016年8月26日

31-手紙、マサチューセッツ州
◇Rights violated
権利は侵害されました

(ファルマスエンタープライズ | 2016年8月26日)
http://www.capenews.net/falmouth/opinion/rights-violated---letter/
article_f2659cfd-dee1-5283-a00e-fcc5322eebe3.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4533.html

---------------------------------------

<32-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2016年11月18日

32-マサチューセッツ州
◇Additional money approved for turbine litigation
追加の金額は、タービン訴訟のために承認されます

(The Falmouth Enterprise | 2016年11月18日)
http://www.capenews.net/falmouth/news/additional-money-approved-for-turbine-litigation/
article_63534c51-e062-58bf-8dea-42a84b9d2c71.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4533.html

----------------------------------------

<33-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

これまでの経緯を含みます
(おとしん:注)


2016年11月23日

33-マサチューセッツ州
◇Falmouth wind turbine trial ends
ファルマス風力タービン裁判の終了

(ケープコッド・タイムズ | 2016年11月23日)
http://www.capecodtimes.com/news/20161123/falmouth-wind-turbine-trial-ends

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4534.html

----------------------------------------------------

<34-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>

2017年4月27日

ぜひ!⇒
34-マサチューセッツ州
◇Falmouth wins turbine nuisance case
ファルマス、タービン生活妨害(ニューサンス)のケースで勝利

(ケープコッド・タイムズ | 2017年4月27日)
http://www.capecodtimes.com/news/20170428/falmouth-wins-turbine-nuisance-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4661.html

Ethan Genter

ファルマス –

木曜日、バーンスタブル上級裁判所の陪審は、
町の風力タービンのうちの
1つに関する訴訟において
ファルマスの当局の側につきました。



この決定にもかかわらず、
ウィンド1と呼ばれるタービンは
– ファルマス排水処理施設の2基のタービンのうちの1基
– 町が土地裁判所で
それ自身のゾーニング訴訟委員会と戦い、
更なる法的な異議申し立ての泥沼で
隣人と向き合っているので、
シャットダウンしたままにしておく必要があります。



このケースは、ウィンド1が運転中に
その隣人に迷惑だったかどうかに焦点を当てました。

211 ブラックスミスショップ通りの
アンデルセン家は、
ウィンド1の操業がその財産の享受を妨害し、
身体的傷害、財産価値の損失
および所得の喪失に対する損害賠償を求めたと
主張している。



「陪審員は、不動産に迷惑は無く、
損害賠償はないと判断した」と
ファルマスの町の弁護士、
フランク・ダフィー氏は言いました。



この事件は2013年に戻り、
タービンを含む不法妨害に対する賠償請求に関する
裁判所の最初の決定です。



「我々は判決に失望しました。」と
アンデルセン家の弁護士の一人、
クリストファー・セーヌ氏は言った。


彼と彼のクライアントは
陪審の決定を見直しているが、
控訴するかどうかはまだ決定していないと彼は言った。

彼らはそうするために30日を持っています。


アンデルセン家は、他の隣人と同様に、
タービンによって生成された騒音と圧力が
頭痛、吐き気、
および他の身体的な病気を引き起こしたと
苦情を抱いています。



彼らの訴訟は、2010年に建設された直後から
論争に悩まされている
タービンを中心に展開する4つの厄介なケースの1つです。



「ウィンド1および/またはウィンド2の運営が
原告の財産に迷惑をかけていると主張している
バーンスタブル上級裁判所では、
3つの慣習法違反の訴訟が提起されています。」

ダフィー氏は電子メールで書きました。
「いずれの場合も、
原告は金銭的損害賠償を求めています。」



他の事例のどれも
まだ公判期日は割り当てられていません。



町のゾーニング裁定委員会は、
ウィンド1を2015年9月に閉鎖し、
ウィンド2は午前7時から午後7時の間だけ
稼働するよう指示したとダフィー氏は述べています。

ウィンド2が作り出すエネルギーは
廃水処理施設の運転に使用され、
余分な電力はグリッドに戻されます。


木曜日に決定されたアンデルセン家の訴訟に加えて、
タービンを含む合計8つの事例があります。



別のケースでは、ダフィー氏によると、
アンデルセン家は
ファルマスゾーニング裁定委員会と共に
5月8日バーンスタブル上級裁判所で
町に対して裁判にかけられる予定です。



この場合、アンデルセン家は、
ウィンド1とウィンド2の操業が、
211 ブラックスミス通りの所有地で
ゾーニング条例の下で迷惑をかけていると主張して、
ファルマスゾーニング裁定委員会
(Falmouth ZBA)に訴状を提出しました」と
ダフィー氏は書いています。


町は、ゾーニング裁定委員会によって
与えられた排除命令を上訴しました。



ニール・アンデルセン氏は
電話でアクセスし、
対面インタビューでなければ
タイムズの記者と話をすることを辞退しました。


別の隣人であるバリー・ファンファー氏も、
町に対して係争中の同様の事件を抱えています。

この判決は現在、
決定が保留中の状態で勧告されている。
ファンファー氏はまた、
ゾーニング裁定委員会に対しても訴訟を提起しました。



「この場合、ファンファー氏らは
ゾーニング裁定委員会裁定委員会に特別許可がないため、
ウィンド2をシャットダウンするよう
ゾーニング裁定委員会に要請しました」と
ダフィー氏は書いています。
ゾーニング裁定委員会は、
ファンファー氏が
彼らの請求を遅すぎて救済を否定したと判断した。


ファンファー家は
バーンスタブル上級裁判所に訴訟を提起しており、
審理日は設定されていない。



ウィンド1に適用されるゾーニング条例に
異議を申し立てる
ゾーニング裁定委員会に対する別のケースがありますが
それはまだ未定であり、公判期日はありません。



町とゾーニング裁定委員会は
ボストンの土地裁判所で争います。
町はウィンド1を操作するための
特別許可を申請していましたが、
それはゾーニング裁定委員会によって却下されました。
町はその決定を訴えたが、
まだ今のところ公判期日はありません。


(ファルマスの町の弁護士)ダフィー氏は、
さらに8件の訴訟が決定されたとしても、
金曜日の勝利は正しい方向への一歩だと語りました。


「それは進歩だが終わりではありません。」と
彼は語った。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-04-29 : ☆Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<可決⇒③、④インディアナ州ウェイン郡:風力発電所の設置を禁止する条例>③インディアナ州:委員は郡の風力発電所を制限することに投票する…それは郡の成長を助けることを確信している。人々がここに移動したいと決めれば、人々はそれら(風車)をことを見る必要がないからです…ロジャー・リチャート | ④インディアナ州:居住者は、ケンブリッジシティに風力タービンを禁止するよう依頼します…より大きなタービンを持つ郡が人口を減少させた一方、それらを禁止する郡は安定した人口または人口の増加を示したことを示しました。風力タービンはそれとは何の関係もないかもしれませんが、州の地域は、とにかく人口を失っている…マーク・マカーティー議長 |関連記事|  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR