騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~拒否>ぜひ⇒ニューハンプシャー州:風力タービン提案は撤回されます…今回撤回されたEDP Renewables社のプロジェクト以外では、2014年スペインのイベルドローラ社のグラフトンの風力発電所計画、2013年ドイツの風力発電会社Juwiの子会社がアルペン・リッジ風力発電所を放棄しました // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<風車~拒否>




ラーナー氏によると、
このプロジェクトへの反対は、
タービンが建設される5つの町すべてで
65%から95%の間でした。


2015年のタウンミーティングで、
オレンジの有権者はスプルースリッジに対する
圧倒的な反対を117-7票で表明した。

ドーチェスターの有権者は36-3の反対票を投じた。

カナンもまた、
産業風力タービンプロジェクトの開発に
一般的な反対において投票した

– スプルース・リッジほど特別ではありませんが
- 昨年413-225票で。





2017年4月22日




ぜひ!⇒
ニューハンプシャー州
◇Wind turbine proposal withdrawn
風力タービン提案は撤回されます

(Valley News|2017年4月22日)
http://www.vnews.com/Withdrawal-of-Wind-Plant-Proposal-Cheered-by-Environmental-Groups-9423891




By EmmaJean Holley, Valley News Staff Writer




Orange オレンジ –


国際的なエネルギー会社は、
カーディガン山脈の5つのグラフトン郡の町に
29の風力タービンを建設するという提案を
取り下げました。





スプルース・リッジ・ウィンド
(Spruce Ridge Wind)と呼ばれる
このプロジェクトの撤退は、
プロジェクトが
人気のあるハイキングスポットである
山の美しさと野生生物を脅かすと感じていた
環境団体や風力発電の反対派にとって
勝利をもたらしました。





「あなたは人々の意見を
聞かなければなりません」と
インダストリアルウインドアクショングループの責任者、
リサ・リノース氏は述べています。

「人々は、
『これらのタービンすべてを置くために
稜線を切り裂きたくない』と言っていました。




欧州のエネルギー会社
Energias de Portugalの北米の子会社である
EDP Renewables社の140百万ドルのプロジェクトは、
カナン、オレンジ、ドーチェスター、
アレクサンドリア、グロトンを横断して
それぞれ500フィートの高さのタービンを建設しました。




EDP​​ Renewables社は
スプルース・リッジ提案の撤回に関する
声明を正式に発表していないが、
プロジェクトマネージャーの
ジェフリー・ネーメット氏は
この提案が『ISO-New Englandの
Interconnection Request』キューから
削除されたことを確認しました。

そこは、ニューイングランドの電力網に
接続することが承認される前に、
発電所が申請を提出しなければならない場所です。





スプルース・リッジを綿密に監視している
ブリストル・ベースの
非営利団体の『New Hampshire Wind Watch』の代表、
ローリ・ラーナー氏は、
EDP Renewables社が
4月17日に提案を撤回したことに気づいたと語った。




ネーメット氏は
EDP Renewables社がスプルース・リッジを
進めるための州からの許可を得ることに向けて
進展していなかったため、
この提案はキューから削除されたと言いました
そして、これは、EDP Renewables社が
プロジェクトを放棄したことを
意味するものではないと付け加えました。





「このプロジェクトはまだ存在しており、
我々は今後も進んでいくつもりです。」と、
彼は言いました。

「我々はオプションを評価している」





しかし、リノース氏は、
(インダストリアルウインドアクショングループの責任者)
これらの選択肢が何であるかわからないと述べた。




「スプレッドシートから名前を引き出すと、
それだけです」と彼女は言いました。

「あなたが戻ってきたいなら、
あなたは一から始めることになります。」




ネーメット氏は、
スプルース・リッジに対する一般市民の反対は、
この提案を撤回する要因ではない、と語った。





「私たちは、
プロジェクトを続行したくないと
感じた人がいたことを認識しています。」と、
ネーメット氏は言いました。

「その背後にある理由として、
私は彼らが非常に主観的で、
個人に依存していると思う」




しかし、このプロジェクトに対する
投票者の反対は、
タービンが建設される5つの町すべてで
65%から95%の間であったと、
(『New Hampshire Wind Watch』の代表)、
ラーナー氏は語った。





2015年のタウンミーティングで、
オレンジの有権者は
スプルースリッジに対する圧倒的な反対を
117-7票で表明した。

ドーチェスターの有権者は36-3の反対票を投じた。

カナンもまた、
産業風力タービンプロジェクトの開発に
一般的な反対において投票した

– スプルース・リッジほど特別ではありませんが
- 昨年413-225票で。




オレンジ計画委員会の書記官、
ボブ・プルー氏は、
スプルース・リッジに対して
オレンジで
「かなり多くの告発を導いた」と語った。




彼は主に、各タワーの基盤への
道路の敷設による生態学的影響、
ならびにタービンからの
「ビジュアルと騒音公害」に関心を持っていると述べた。





「あなたがマウントカーディガンの山頂を
登ったなら
あなたが見えるのはそれらの29台のタービンでしょう
– 360度の景色ではなく、
それが人々がそこに登る理由です」と述べた。




ブリストルに本拠を置く非営利団体の
『ニューハンプシャーウインドウォッチ』の代表
ローリ・ラーナー氏は、
スプルース・リッジが野生動物にもたらした
潜在的な影響は、
有権者にとって第一の懸念事項であると語った。




「風車に引き付けられることが
知られているコウモリは、
それによって殺されるには
打撃を受ける必要さえありません。」と彼女は語った。

「彼らが十分に近いところを飛行すれば、
肺は空気圧から爆発します。」




オーデュボン誌によれば、
鳥の死を減らすための技術的進歩にもかかわらず
北米の風力タービンは、
毎年北米で数十万羽の鳥を殺しています。






「野生生物の断片化において
これらのタービンを設置するための
環境の破壊は、
山頂の尾根の爆発からもたらした、
- すべてのレベルで本当に混乱しているもの 」と、
彼女は言いました。
そして、彼女は
「ニューハンプシャーの市民には
まったく利益がない」と付け加えました。





ラーナー氏は、
環境問題に関心を持つことに加えて、
タービンの近くに住む住民は、
損なわれた視界の結果としての
不動産価値の低下の可能性と同様に、
一定の騒音と「シャドーフリッカー」に
に対処しなければならなかったと言いました。




しかしネーメット氏は、
これらの懸案事項は確立されていないと述べた。




「私は、これらの主張を裏付けるために
何を求めているのか不思議に思います」と
彼は言いました。

風力発電所が近くに上がった後、
会社は不動産価値に「影響を見たことがない」と
付け加えた。




スプルース・リッジは
マウント・カーディガン地区で
一連の風力発電プラント提案の最新版となっています。




2014年、スペインの風力発電会社
イベルドローラ(Iberdrola)社
- グロトンに既に風力発電所を所有しているが
グラフトンのワイルドメドウズ(Wild Meadows)と
アレクサンドリア(Alexandria)と
ダンベリー(Danbury)という
別の風力発電所の計画に
取り掛からなくなっていました。

その前に、2013年に、
ドイツの風力発電会社Juwiの子会社が
Newfound Lakeの近くに
アルペン・リッジ(Alpine Ridge)風力発電所と
呼ばれるプロジェクトを放棄しましたと
リノース(Linowes)氏は言いました。
(インダストリアルウインドアクショングループの責任者)




ラーナー氏は、
(『ニューハンプシャーウインドウォッチ』の代表)
ニューハンプシャー州の
工業用風力発電所について
今後も注意を払い続けるだろうと述べている。




「『大手風力企業』は環境にやさしい
グリーンの業界としてのマーケティングの
素晴らしい仕事をしてくれました 。」と
ラーナー氏は言いました。

「しかしニューハンプシャー州では、
これは断じて事実と異なります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-05-09 : 風車~拒否:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
≪発効⇒25-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律≫ぜひ⇒25-英国:エネルギー法案は、風力や太陽光発電の緑色の補助金を廃止する計画に該当する可能性がある…政府は毎年何十億ポンドも風力発電や太陽光発電会社に引き渡しているが、大臣は昨日、補助金が高額だったこと、そして、家庭や企業へのグリーンプロジェクトのコストを最小限に抑えたいということに同意しました |関連記事| 声明文:陸上風力発電所に関して最終決定権を地元の人々に与えること| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » ≪発効⇒24-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律≫24-イングランド, スコットランド, 英国:イングランドは新しいタービンのための十分な風がないと業界の専門家は主張する…業界の専門家は、最も安価なオプションであることを証明して、より多くの風力発電所を建設したい しかし、プロジェクトの経済はうまくいかないだろう;風速はそれを許さない |関連記事| 声明文:陸上風力発電所に関して最終決定権を地元の人々に与えること| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR