騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法










更新日:2017年3月30日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NEW
--------------------------------------------
今週の注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

Read the full article at the HHTM Journal:
HTTM誌で論文全文を読みます:


■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史


http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

Jerry Punch
ジェリー・パンチ
Richard James
リチャード・ジェームス
September 23, 2016


たとえ風力タービン・ノイズによって
通常は聴力損失が起きないとしても、
我々は、特にコミュニティ騒音に
興味を持った聴覚科学者は
十分に強烈で長期的ならば、
騒音のすべての形が
公衆衛生に有害でありえるという概念を
受け入れなければならないと思っています。


聴覚科学者は、
動的に変調された超低周波不可聴音や
低周波音を含む音響エネルギーの
非聴覚の側面にも敏感でなければなりません。


それは、
風力タービンが無害だったという考えを
促進した
アメリカ風力エネルギー協会(AWEA)と
カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)の
オリジナル・ホワイトペーパー報告の
7人の共著者のうちの2人が
聴覚科学者であった点は注目に値します。


我々は、風力産業の業界団体による
お手盛りの委員会によって書かれ
査読されなかったそのペーパーの
基本的な結びが
風力産業を不当に支持したと思っています。


これらの主要な風力発電業界団体が、
風力タービンのノイズの問題に
信頼できる発言権を持つと
聴覚の専門職を認めていることは
特に注目すべきです。


=========================

要約:

多くの専門家レビュー委員会と
何人かの個々の著者は
米国で、そして、国際的に
産業用風力タービン(IWTs)によって
放射されるノイズからの
健康への悪影響(AHEs)についての懸念を
支持することに対して
文献はほとんどないという立場をとっています。

このレビューにおいて
我々は
一般的に因果関係が存在しないという
見解を支持するために作られている
特定の主張に影響を及ぼす文献を体系的に調べます。


それらの主張の信憑性の調査は
複数の話題が対象にされることを必要とします、
そして、以下の特定の話題は
このレビューのために目標とされました:


(1) IWTs(産業用風力タービン)による
  超低周波不可聴音や低周波騒音 (ILFN) の放射
(2)ヒトによるILFNの知覚
(3) そのようなリンクのための
  生理的な拠点としてだけでなく
IWTsとAHEs(健康への悪影響)の
  因果関係を確率するための証拠の基礎
(4) 推薦された後退距離と許される騒音レベル
(5)アノイアンス(不快感)と健康との関係
(6) 報告された健康問題の代替原因
(7) 超低周波不可聴音を測定する推薦された方法
(8) IWTsのためにAHEs(健康への悪影響)の
  医療診断を確立するための基盤
(9) 原因を特定することに役立つ研究デザイン
(10) 報告された有害作用の説明としての
  精神的な予想の役割
(11) IWTs(産業用風力タービン)に曝露される
  個人のAHEs(健康への悪影響)の罹患率
そして
(12) IWT(産業用風力タービン)騒音と
  AHEs(健康への悪影響)の関連に対処している
文献の範囲と質。

レビューされた証拠は
IWTs(産業用風力タービン)からの音響放射が
住民のかなりの層の
AHEs(健康への悪影響)の主な原因であるという
概念を圧倒的に裏づけます。


=========================

聴覚・ニュース・ウォッチ
ブライアン・テイラー, Editor

ジェリー・パンチ博士と
リチャード・ジェームス、INCE、BMEによる


私たちは、以前
下方に設けられたリンクで、
2014年の秋にHTTMのウェブサイトに
風力タービンノイズの健康上の影響の
トピックに関する記事の3回シリーズを
執筆しました:


•Adverse Health Effects from Industrial Wind Turbines
産業用風力タービンからの有害健康影響

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/
2014/wind-turbine-health-problems-noise/



•The Negative Health Impact of Noise from Industrial Wind Turbines: The Evidence
産業用風力タービンノイズの健康への悪影響:確たる証拠

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
wind-turbine-noise-evidence-health-problems/



•Adverse Health Effects of Industrial Wind Turbine Noise:
How the Ear and Brain Process Infrasound
産業用風力タービンノイズの有害健康影響:
耳と脳は、どのように超低周波不可聴音を処理しますか

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
infrasound-wind-turbine-hearing-health-effects/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/



--------------------------------------------------------------------
【おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法】
--------------------------------------------------------------------


◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


会則・規則をご一読いただき、会の主旨にご賛同される方は
おとしんアップキープまでご連絡ください。

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


おとしんアップキープ 若林 まで




2017-04-29 : おとしんアップキープ:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<35-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>ぜひ⇒35-マサチューセッツ州:陪審はウィンド1の裁判で町に有利な判決を下す |関連記事、これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <34-Part 2:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>ぜひ⇒34-マサチューセッツ州:ファルマス、タービン生活妨害(ニューサンス)のケースで勝利…この決定にもかかわらず、ウィンド1は町が土地裁判所でそれ自身のゾーニング裁定委員会と戦い更なる法的な異議申し立ての泥沼で隣人と向き合っているのでシャットダウンしたままにしておく必要があります |関連記事、これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR