騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

≪発効⇒27-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律≫ぜひ⇒27-英国/画像:英国はBrexit(イギリスのEU離脱)後、EUのグリーンの目標を廃止する |関連記事|  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








≪発効⇒27-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫





2017年4月15日




ぜひ!⇒
27-英国/画像
◇Britain to scrap EU’s green targets post-Brexit
英国はBrexit(イギリスのEU離脱)後、EUのグリーンの目標を廃止する

(Express|2017年4月15日)
http://www.express.co.uk/news/uk/792341/Britain-to-scrap-EU-s-green-targets-post-Brexit



英国は、2年後にブロックを離れると、
「厄介な」EUのグリーン・エネルギー目標を
廃止すると主張している。





By Ross Logan



画像:

英国はブロックを離れたあと
EUの再生可能エネルギー目標を廃止するでしょう


================================================




政府の内部関係者は、
再生可能エネルギー指令は、
ブリュッセルのディクタットの
Brexit(イギリスのEU離脱)後の
焚き火のために設定された
EUの政策の筏の中にあると考えられています。





この指令は、太陽光や風力などの
再生可能エネルギー源からの
エネルギーの生産と促進のための
各EU加盟国の目標を設定します。





英国の現在の目標は、
2020年までに再生可能エネルギー源から
全エネルギーの15%を生み出すことです

- 見逃しそうな数字、罰金の原因となります。




批評家は、目標は、
生成されたエネルギーのみを見るものであり、
効率を作り出すものではないため、
政策は歪んでいると言います。





それはまた、
政府が最終的にエネルギー法案により
顧客から支払われる
風力や太陽光発電のための補助金に
数十億ドルを費やした結果となりました。






政府関係者は、この指令が
Brexit(イギリスのEU離脱)の歓迎で
廃止される可能性があることを確認したと
テレグラフは報告しました。





旧環境大臣であった
保守党の議員
オーウェン・パターソン氏は
(Owen Paterson)
次のように新聞に話しました。

「それはエネルギー市場全体を歪めている。」





「それは、ノッティンガムのシェリフのようです

‐私の最も貧しい有権者から、
莫大な補助金を支給される
無意味な風力タービンを築いている
私の富裕層の有権者にお金を移してくれます。」




それは、貿易と成長に有利な
気候変動に関する政府の取り組みを
「縮小する」計画を概説する公務員の文書が
先週、車中で撮影された後に来ます。」





外務次官のボリス・ジョンソン氏は、
これまで、いくつかのEU規制を「負担」と呼び、
そして、言いました
離れることの利点の1つは、
それらを取り除く力になります。





しかし、これは、いわゆる大腐敗法案が
事実上、ブリティッシュ・ポストBrexit Britainの
ニーズに合わせて法律を徐々に廃止し、
適用することで、
即座に英国になる
すべてのEU法のテンプレートとなるため、
時間がかかるでしょう。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


≪⑾英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月22日

⑾プレスリリース、英国
◇Statement on ending subsidies for onshore wind
陸上風力発電のための助成金の終了に関する声明

(2015年6月22日)
https://www.gov.uk/government/speeches/statement-on-ending-subsidies-for-onshore-wind

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3190.html

--------------------------------------------------

≪⑿英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月8日付け記事

⑿イングランド、ウェールズ
◇Plans to build wind farms in Shropshire and Mid Wales ‘dead in the water’
シュロップシャー州とミッドウェールズに風力発電所を建設する計画は、「暗礁に乗り上げている」

(Shropshire Star | June 8, 2015)
http://www.shropshirestar.com/news/2015/06/08/
plans-to-build-windfarms-in-shropshire-and-mid-wales-dead-in-the-water/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3269.html

--------------------------------------------------

≪⒀英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月23日付け

⒀イングランド
◇Lincolnshire MPs welcome government action over new onshore wind farms
リンカンシア議員は、新しい陸上風力発電所に関する行政措置を歓迎します

(The Lincolnite | June 23, 2015)
http://thelincolnite.co.uk/2015/06/
lincolnshire-mps-welcome-government-action-over-new-onshore-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3269.html

--------------------------------------------------

≪⒁英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月24日付け

⒁ウェールズ
◇Welsh rural campaigners welcome cut in subsidies for on shore wind farms
『農村ウェールズキャンペーン』は陸上風力発電所の補助金カットを歓迎します

(Trewyn Daily Post | 24 June 2015)
http://www.dailypost.co.uk/news/local-news/welsh-rural-campaigners-welcome-cut-9519608

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3269.html

--------------------------------------------------

≪⒂英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月25日付け

⒂イングランド/画像
◇MP Alan Duncan calls for end to Woolfox Wind Farm
議員アラン・ダンカンは、Woolfox風力発電所の終結を要求します

(Rutland & Stamford Mercury | Thursday 25 June 2015)
http://www.stamfordmercury.co.uk/news/local/
mp-alan-duncan-calls-for-end-to-woolfox-wind-farm-1-6818435

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3269.html

--------------------------------------------------

≪⒃英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月25日付け

⒃イングランド/画像
◇Campaigners ramp up bid to reverse government’s choice to back village wind farm
運動員は、村の風力発電所を後退させるために政府の選んだ方を逆転する提案を増やします

(Grimsby Telegraph | June 25, 2015)
http://www.grimsbytelegraph.co.uk/Campaigners-ramp-bid-reverse
-government-s-choice/story-26760455-detail/story.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3269.html

--------------------------------------------------

≪⒄英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月25日付け

ぜひ!→
⒄スコットランド/画像
◇End of subsidy could slow turbine creep
補助金の終了は、気持ち悪いタービンを遅らせることができます

(The Berwickshire News | 25 June 2015)
http://www.berwickshirenews.co.uk/news/local-news/
all-local-news/end-of-subsidy-could-slow-turbine-creep-1-3811412

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html

--------------------------------------------------

≪⒅英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月26日付け

⒅イングランド
◇New wind farm rules welcomed by BLOT
新しい風力発電所の規則は、BLOTで歓迎されます

(Grantham Journal | Friday 26 June 2015 )
http://www.granthamjournal.co.uk/news/business/business-news/
new-wind-farm-rules-welcomed-by-blot-1-6819331

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html

--------------------------------------------------

≪⒆英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年7月12日付け

ぜひ!⇒
⒆英国
◇Over generous wind farm subsidies should be cut, says top economist
寛大な風力発電所への補助金はカットされるべきだと、トップエコノミストは言います

(Sunday Herald | 12 July 2015)
http://www.heraldscotland.com/business/
13416703.Over_generous_wind_farm_subsidies_should_be_cut__says_top_economist/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒⒇英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年6月18日

ぜひ!⇒
⒇プレス・リリース, U.K.
◇Giving local people the final say over onshore wind farms
地元の人々に陸上風力発電所への最終的な決定権を与えること

(Planning system and Planning reform | 2015年6月18日)
https://www.gov.uk/government/news/giving-local-people-the-final-say-over-onshore-wind-farms

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4644.html

2015年6月18日

ぜひ!⇒
⒇プレス・リリース, U.K.
◇Giving local people the final say over onshore wind farms
地元の人々に陸上風力発電所への最終的な決定権を与えること

(Planning system and Planning reform | 2015年6月18日)
https://www.gov.uk/government/news/giving-local-people-the-final-say-over-onshore-wind-farms

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4644.html

From: Department for Communities and Local Government and The Rt Hon Greg Clark MP
From: コミュニティ・地方自治省とグレッグ・クラーク議員閣下


陸上風力発電の申請が
その地域で先行するかどうかについて
地元住民に最終的な決定権がなければならないと
グレッグ・クラーク
コミュニティ長官は発表しました。



陸上風力は現在、
私たちのエネルギーミックスに
有意義な貢献をしていますが、
相談や公的支援なしに、
しばしばコミュニティに強要されます。


今日から、新しい計画ルールはそれを変更し、
ローカルな、または近隣計画で
地元の人々によって
風力タービンが明確に支持されている場合にのみ、
前進を得ることができます。



風力タービンを構築するための申請は、
コミュニティの明確な支援を受ける必要があります
- 計画上の懸念が明確に対処されている。



▼地元の人々の手に握られる権力

計画システムに対する根本的な改革は、
地方自治体の手に権力を与え、
地方自治体と近隣計画を通じた
将来の地方開発の発言を
より大きくすることを可能にしました。


今日の計画ルールは、
地域に風力タービンの計画適用を検討する場合、
議会は次の場合にのみ
許可を与えるべきであることを意味します:


•そのサイトが、ローカルまたは近隣計画の一部として
風力エネルギーに適していると識別された地域にある;
そして

•協議の結果、影響を受けた地域社会によって
特定された計画の影響は完全に解決されている



この2回目のテストは、
地域社会の計画への懸念が対処されることを確実にします
たとえ地方自治体または近隣計画を通じて
地域の風力発電所に対して支持をするとしても。


現地計画で適切な場所が特定されていない地域に
風力タービン用の計画申請が既に作成されている場合、
審議会は影響を受けるコミュニティの
計画上の懸案事項に対処する申請のみを
承認することができます。



コミュニティ・地方自治省の
グレッグ・クラーク大臣は、以下のように述べました:

私たちの一つの国家のアプローチは、
人々にとって本当に重要な問題を後押しすることであり、
我々は陸上風力発電所の申請について
地元の人々に最終的な決定権を与えるという宣言を
今日果たしています。



▼詳しい情報

新しい計画変更の詳細は
議会への声明文※で概説されています。

※ 議会への声明文
◇Giving local people the final say over onshore wind farms
陸上風力発電所に関して最終決定権を地元の人々に与えること

https://www.gov.uk/government/news/giving-local-people-the-final-say-over-onshore-wind-farms

上記サイトの
Written Statement to Parliament.をクリックすると
PDF「議会への声明文」にリンクしています (おとしん:注)


▼オフィス・アドレスと一般的な問い合わせ

2 Marsham Street
London
SW1P 4DF

Contact form
http://――――――――

General enquiries:
please use this number if you are a member of the public
一般的な問い合わせ:
あなたが市民のメンバーであるならば、このナンバーを使ってください
――――――――


▼メディア問い合わせ

Email
電子メール ――――――――

あなたがプレス・オフィスで
意見を述べたいと思うジャーナリストの場合は
このナンバーを使ってください
――――――――

==========================================

下院:声明(HCWS42)

地域社会と地方自治体

作成者:
2015年6月18日、
コミュニティと地方自治体の国務長官(グレッグ・クラーク)

ローカルプランニング。
地方計画


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


--------------------------------------------------

≪21-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2015年11月3日

21-イングランド/画像
◇Campaigners welcome move to withdraw West Coast Energy’s Tolpuddle wind farm plans
活動家は、ウェストコーストエナジーのTolpuddle風力発電所計画を撤回する動きを歓迎します

( Dorset Echo | 2015年11月3日)
http://www.dorsetecho.co.uk/news/13931275.___We_are_all_extremely_relieved_and_delighted
______Campaigners_welcome_move_to_withdraw_Tolpuddle_wind_farm_plans/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4645.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒22-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2016年1月18日

22-英国
◇RWE halts $1.4 billion of onshore wind plans due to U.K. policy
RWEは、英国の政策のために14億ドルの陸上風力計画を停止させます
(Bloomberg Business | 2016年1月18日)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-01-18/
rwe-halts-1-4-billion-of-onshore-wind-plans-due-to-u-k-policy

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4647.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒23-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2016年1月18日

23-英国
◇Wind farm subsidy plan to be scrapped
風力発電所の補助金計画を廃止する
(The Yorkshire Post|2016年1月18日)
http://www.yorkshirepost.co.uk/news/wind-farm-subsidy-plan-to-be-scrapped-1-7682713

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4646.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒24-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2016年6月5日

24-イングランド, スコットランド, 英国
◇England not windy enough for new turbines industry expert claims
イングランドは新しいタービンのための十分な風がないと業界の専門家は主張する
(Express | 2016年6月5日)
http://www.express.co.uk/news/uk/677084/
England-windy-onshore-wind-turbines-industry-claims-energy

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4648.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒25-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2017年1月24日

ぜひ!⇒
25-英国
◇Energy bills could fall under plans to scrap green subsidies for wind and solar farms
エネルギー法案は、風力や太陽光発電の緑色の補助金を廃止する計画に該当する可能性がある

(The Sun | 2017年1月24日)
https://www.thesun.co.uk/living/2690669/
energy-bills-could-fall-under-plans-to-scrap-green-subsidies-for-wind-and-solar-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4649.html

--------------------------------------------------

≪発効⇒26-英国:陸上風力発電所に関する新しい法律‐
補助金を放棄し、
発効⇒新たな開発に地元の支持が重要になる法律≫


2017年4月5日

ぜひ!⇒
26-英国
◇U.K. said to seek end for clean energy goal that may sour Brexit
英国は、Brexit(イギリスのEU離脱)を悪化させるかもしれないクリーン・エネルギー・ゴールの終わりを望むと言った
(ブルームバーグ | 2017年4月5日)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-04-05/
u-k-said-to-seek-end-for-clean-energy-goal-that-may-sour-brexit

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4650.html


By Jess Shankleman



英国は、欧州のエネルギー市場における
日常的な取引を維持しながら、
2020年のクリーンエネルギー目標を
廃止する方法を模索しており、
Brexit(イギリスのEU離脱)の交渉を
脅かす恐れのある
詭弁術のような初期の兆候である。





財務省とビジネス部門の関係者は、
2020年までに
15%の再生可能エネルギーを得るという
国家の目標を放棄する方法を模索しており、
議論が非公開であるために
特定されないように頼んだ
問題についての知識を持つ人によれば、
現在のレベルのほぼ2倍になっている。





目標を消去することで、
英国は2020年の目標をかろうじて免れるため
10億ポンドに達する可能性のある
罰金を払うつもりです。


それは、
この地域のエネルギー市場における
メンバーシップの一環として目標を維持している
他の欧州連合(EU)諸国との
歩調を乱す英国も動かします。

英国は、電力価格の引き下げに
寄与してきた市場との国境を越えた取引を
円滑にしたいと望んでいると、同氏は言いました。





「英国が将来のエネルギーと環境に関する法律に
署名することを条件に、
内部エネルギー市場へのアクセスを模索しているEUは、
エネルギーがより広い政治交渉の中に
没頭する危険性があります。」と
英国のエネルギー・気候省の元長官で
コンサルタントKPMG LLPの
電力とユーティリティの責任者である
サイモン・バレー氏は、言いました。

「難しくなる可能性があるのはこの時です。」




この動きは、
ビジネスに関するルールを廃止しつつ、
EU関係の最も有利な部分を維持しようとする
テレサ・メイ首相の政府の一例である

欧州委員会が排除した
「チェリーピッキング」の一種。

3月29日に組合を離れるという
2年間のプロセスが始まった。

また、再生可能エネルギーの目標と
電力市場のルールは異なって交渉されているが、
政治的議論のレベルでリンクしている。






▼市場の優位性


EUの内部エネルギー市場は、
国境を越えた日計り商いを可能にする
資産、コード、規則のパッケージです。

英国は、高齢化する発電所が
サービスから撤退するにつれて、
電力供給を維持する努力の一環として、
これらのリンクを構築したいと考えている。





ナショナル・グリッド・Plc
(National Grid Plc)によれば、
英国は既に約4ギガワットの能力を持つ
電力網を持っており、
それは2030年代半ばまでに
約18ギガワットに達する可能性があります。

将来のすべてのシナリオでは、
英国は2030年代初頭まで
電気の純輸入国のままであると
電力網の事業者は予測します。




ナショナル・グリッドによると、
1ギガワットのインターコネクタは
卸売価格を2%も削減する可能性があるため
他の国々との電力関係は、
電力コストを削減する鍵です。





▼前例のない会談



ノルウェーのようなEU以外の国々では
エネルギー協定が締結されており、
内部エネルギー市場の一部であるが、
EUを離れた国はない。

ロンドンのChatham House研究グループのアナリスト
Antony Froggattによれば、
英国は、EUとの10年間のエネルギー取引を
交渉しているが
電気の日計り商いは許可されていない
スイスの後を追おうとするかもしれません。





政府のスポークスマンは、
英国は気候変動への取り組みを続けており、
「EUの一部である間はすべての目標を達成する」と述べた。





「われわれは、ネットワーク産業を含む
連邦経済に不可欠な分野をカバーする
大胆かつ野心的な貿易協定を提案している」と
ダウニング・ストリートの
メイ氏の事務所の関係者は、
電子メールによる声明で述べている。





再生可能エネルギーの目標は、
世界で最も急速に成長している
新しい発電能力の源である風力
および太陽光発電所を建設するために、
英国への投資を引き出すのに役立っている。

それは、エネルギー政策立案者が
どのような形でエネルギー政策を
推進したいのかを示す一種の広範な信号となり、
投資家は自らの事業を売却することができると
自信を持っている。






▼ターゲットの背後


英国は、2020年の目標を達成することに
予定より遅れており、
2022年より前にそれを満たす予定であると、
National Grid Plcは指摘する。

目標から離れていくことは、
時間の経過とともに化石燃料を利用する発電所の
電源を切るために苦労している
公益事業者の負担を軽減するだろう。





2015年のパリにおける気候変動に関する
国連の取り決めの一環として交渉される
2030年のEUの全体的な目標には
それほど大きな影響を及ぼさないだろう。


その目標の下での国家の約束は除外されていない。

公式によれば、
英国は、EUに起因するエネルギーミックスの
更なる制約を避けようとしている






火曜日にシンクタンクのブライト・ブルーが
発表した調査によると、
保守党の有権者の85%が
目標を維持することも重要だといいます。





ブライト・ブルーの上席研究員サム・ホール氏は、
「現在の環境規制を控除するという
保守党の義務はありません。」と言います。

「環境問題と政策に
懐疑的な著名な保守派が数人います。

保守的な有権者の主流は、
現在のEUの環境規制を後退させることを
支持していません。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-05-11 : ◎発効⇒英国/陸上風力発電所に関する新しい法律 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法 «  ホーム  » <②、③ミネソタ州:プリーザント・バレー風力発電所プロジェクト>②ミネソタ州:ワシに対する脅威は、3台のエクセル(Xcel)エネルギー風力タービンを停止させました…鳥の生息地を大量に破壊し、ワシだけでなく、春と秋に移動するあらゆる種類の鳥類の移動経路にこの脅威を突きつけ、どうしてそれをグリーンエネルギーと呼び、何らかの環境利益を主張できるのでしょうか?私はそうは見えません…クリスティ・ローゼンクイスト | ③ミネソタ州:ワシの巣は、エクセルエナジー風力タービンに歯止めをかけます…ハクトウワシはもはや絶滅の危機に瀕している種だと発表されないが殺害する人はまだ25万ドルの罰金と刑期で罰せられる重罪です |関連記事|  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR