騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<3、4-オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え>3-オーストラリア:AFLチーフ、ジロン・マクラクランは、歴史的家族の建物の近くで風力発電所開発を止めるための試みについて出廷します…90人の地元住民を代表して、『東部Mount Lofty Rangesのランドスケープ・ガーディアン』も風力発電開発を訴えており、今月は聴聞会が行われています | 4-オーストラリア:AFLチーフ、ジロン・マクラクランは、裁判所で風力発電所に取り組むことになっています |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<3-オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え>



2016年2月1日




3-オーストラリア
◇AFL chief Gillon McLachlan appears in court over bid to stop wind farm development near historic family property
AFLチーフ、ジロン・マクラクランは、歴史的家族の建物の近くで風力発電所開発を止めるための試みについて出廷します

(The Advertiser | 2016年2月1日 )
http://www.news.com.au/national/south-australia/
afl-chief-gillon-mclachlan-appears-in-court-over-bid-to-stop-wind-farm-development-near-historic-family-property/
news-story/27c9839f819c3c26d9f4b963c5f0bbbf



Ben HydeSunday Mail (SA)




画像:

AFLのジロン・マクラクラン
最高経営責任者(CEO)は、
環境資源開発裁判所に到着し、
アデレード・ヒルズの家族の資産の
近くで提案された風力発電所と戦うように見えた。


==========================================



AFLのボスは、家族の歴史的な
南オーストラリア州の土地の近くで
数百万ドルの風力発電プロジェクトとの
戦いの一環として、
アデレードの裁判所に個人的に登場しました。





ジロン・マクラクラン氏(42歳)は、
マウント・プレザント近くの
100年を超えた家族の羊や牛の牧場に隣接して、
7億ドル規模の風力発電所が承認を得たことに対して
裁判所の訴訟を開始した。





パーマー、タングキロ、サンダーストンの間の
高さ165メートルまでの114基のタービンの
建設を承認したのがミッドマレー議会です。




サンデー・メールは、
マクラクラン氏が
風力発電開発業者Trustpower社、
環境保護庁、計画部、
Ian Hunter環境大臣を相手取り
どのように訴訟を起こしているかが明らかにしました。





マクラクラン氏の戦いは、
風力発電所に対して提出された
4つの訴えの1つである


- 12月に審議会の計画部門によって承認された

- 彼の家族の『ローズバンク』の
資産に隣接して配置されます。




『ローズバンク』は、
プレザント山脈の東側に位置する
有名で歴史的な場所で、
1843年にスコットランド生まれの土地所有者
ジョージ・メルローズ氏
(George Melrose)によって開拓されました。

その子孫はマクラクラン氏の家族を含んでいます。




月曜日のリーグ最高経営責任者(CEO)の
マクラクラン氏は、
環境資源開発裁判所に出頭しました。
そして、それには決定をくつがえす力があります。



コミッショナーのロリータ・Mohyla氏は、
交渉、仲裁、裁判、聴聞会のいずれかで
訴訟が進行するかどうかを議論した
非公開の会談の議長を務めました。
それは、4月に法廷に戻ります。




彼の弁護士が同行したマクラクラン氏と
他の当事者はコメントを拒否した。




彼の幼年時代の家との深い関係は、
セントピーターの大学教育を受けた管理者に
承認討論の間に
評議会の開発評価委員会に
熱のこもったビデオの嘆願を出すよう促した。




「この土地が巨大な人工構造物で
永遠に損なわれるために、
私は率直にいって悲嘆に暮れていました」と、
彼は言いました。





マクラクラン氏は、火曜日、
アンレー・オーバルで
AFLのプレシーズンカップを
アデレード・クロウズの選手、
リッキー・ヘンダーソンとアンディ・オッテン、
そしてポート・アデレードの
トラビス・ボアクとデュガル・ハワードと開始します。




90人の地元住民を代表して、
『東部Mount Lofty Rangesのランドスケープ・ガーディアン』
(The Eastern Mount Lofty Ranges Landscape Guardians)も、
風力発電開発を訴えており、
今月は聴聞会が行われています。





元々はAFLの上司が風力発電所の戦いで
裁判所に出廷すると発表されました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------------------------------




<4-オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え>





2017年3月7日




4-オーストラリア
◇AFL chief Gillon McLachlan to tackle wind farm in court
AFLチーフ、ジロン・マクラクランは、裁判所で風力発電所に取り組むことになっています

(The Australian | 2017年3月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/07/afl-chief-gillon-mclachlan-to-tackle-wind-farm-in-court/



Meredith Booth, Reporter




AFLの最高経営責任者(CEO)である
ジロン・マクラクラン氏(Gillon McLachlan)は、
アデレードの大法廷の前に、
幼い頃の家庭を守るための法的闘争を本日開始する。





マクラクラン氏のものは、
Tilt Renewables Australia社の
114タービンのパーマー風力発電所に対して
一緒に審問する4つの訴えうちの1つです。





予定されている開発は、
12月18日のミッドマレー議会の承認を得て、
アデレードの東65kmにある
パーマー、タングキロ、サンダーストンの間の
範囲に立つ予定です。




昨日、土地所有者、裁判官および弁護士は、
環境資源開発裁判所の3人の判事の前で、
375MWの再生可能エネルギープロジェクトの
影響を受ける18サイトを見学した。





今日の上告審の前に、マクラクラン氏は、
1843年に先祖ジョージ・メルローズによって設立された
彼の牧歌的な財産であるローズバンク(Lawbank)に近い
165メートルの高さに立つ、巨大な人工構造物によって
この土地が永遠に傷つけられることを
率直に嘆いていると言いました。






「風力発電所が健康上の問題を
引き起こさないことが確定したとしても、
それは迷惑で生活の質に影響する。
そして、土地に大きなダメージを与え、
潜在的な観光の機会を妨げ、
『地域社会の極端な分裂を引き起こす』」と彼は言いました。






25万戸の家庭に断続的な電力供給を期待される
プロジェクトに反対するマクラークラン氏の姿勢は、
AFLがカーボンフットプリントを削減することを約束し、
AFLファンに
「よりクリーンで健康で持続可能な未来のために
一緒に働く」ことを奨励した後に来ました。





また、AFL議長のマイク・フィッツパトリック氏
(Mike Fitzpatrick)退職者の見解とも矛盾している。
その会社88 Green Venturesは
ビクトリア州のCodringtonで
再生可能エネルギー会社に投資し、
オーストラリア初の商業用風力発電所を支援しました。




以前はTrustpowerと呼ばれていた
Tilt Renewables社は、
南オーストラリア州のスノータウンで
オーストラリア第2位の風力発電所を運営しています。




『景観保護者』のトニー・ウォーカー氏は昨日、
住民が経済的、健康的な影響を懸念し、
丘陵地帯の景色を損なう恐れがあると語った。





農場が健康上の問題を引き起こすとの主張は、
「現在、風力発電所が
人間に健康に有害な影響を及ぼすという
一貫した証拠はない」とした
2015年の国民健康医学研究評議会の報告書と
比較考量されます。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------
関連記事
------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え>

2015年12月18日

1-オーストラリア
◇Giant wind farm approved as Mid-Murray Council gives the boot to plea from AFL boss Gillon McLachlan
ミッドマレー議会は、AFLのボス、ジロン・マクラクラン氏からの嘆願を蹴とばし、巨大な風力発電所は承認された

(The Advertiser | 2015年12月18日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/12/18/
giant-wind-farm-approved-as-mid-murray-council-gives-the-boot-to-plea-from-afl-boss-gillon-mclachlan/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4631.html

------------------------------------------------

<2-オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え>

2016年1月20日

2-オーストラリア
◇AFL chief executive Gillon McLachlan to fight massive Mid Murray wind farm development in court
AFL最高責任者ジロン・マクラクランは、裁判所の大きい中央のマレイ風力発電所開発に取り組む

(The Advertiser |2016年1月20日)
http://www.adelaidenow.com.au/news/south-australia/
afl-chief-executive-gillon-mclachlan-to-fight-massive-mid-murray-wind-farm-development-in-court/
news-story/8468f850b3da6faa3af78e2050e58d33

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4631.html

Ben Hyde | Sunday Mail (SA)




画像:

AFLのジロン・マクラクラン(Gillon McLachlan)
最高経営責任者(CEO)は、
家族の歴史的な『ローズバンク』(Rosebank)の近くにある
114基の風力発電所の承認を訴えている。


====================================




AFLのジロン・マクラクラン
(Gillon McLachlan)最高経営責任者(CEO)は、
マウント・プレザント(Mt Pleasant)の近くにある
家族の歴史的な財産のRosebankの玄関先の
巨大な風力発電所の承認を受けて、訴訟を起こした。





マクラクラン氏は、
Palmer、Tungkillo、Sanderstonの間の
高さ165mの114基のタービンの特徴がある
7億ドルの風力発電所の承認に対して訴えました。





この訴えは、風力発電開発業者Trustpower社、
ミッドマレー(Mid-Murray)議会、環境保護庁、
企画部および環境大臣に対してリストされています。





明日午後3時30分に
コミッショナーのLolita Mohyla氏によって
環境資源開発裁判所(ERD)で
予備的な会議が開催される予定です。




マクラクラン氏は
風力発電所に対して提出された4つの訴えの1つであり、
12月18日にミッドマレー(Mid-Murray)議会の
開発評価委員会によって承認された。


彼は昨日、
上訴についてコメントすることを拒否しました。




12月、彼は開発評価委員会に
建設されている風力発電所に反対する
ビデオメッセージを提出した。




「風力発電所が健康上の問題を引き起こさないことが
決定的に確立されたとしても、
それは迷惑であり、生活の質に影響を及ぼす。」と、
彼は言いました。





「私は率直に言って、この土地が
巨大な人工構造によって永遠に損なわれるために
悲嘆に暮れていました。」




マクラクラン氏によると、
風力発電所はいずれも土地に大きな被害をもたらし、
潜在的な観光の機会を妨げ、
「地域社会の極端な分裂を引き起こす」と述べた。





『ローズバンク』は、
マウント・プレザントの東側にある
有名かつ歴史的な羊飼育場で、
1843年にスコットランド生まれの土地所有者
ジョージ・メルローズ氏
(George Melrose)によって開拓されました。




『東部Mount Lofty Rangesのランドスケープ・ガーディアン』
(The Eastern Mount Lofty Ranges Landscape Guardians)も、
この地域に住む90人までの住人を代表して、
その開発を訴えている。


彼らは2月中旬に環境資源開発裁判所(ERD)で
予備的な会議が予定されています。




環境資源開発裁判所の予備会議では、
両当事者は裁判手続きを
どのように行うかについて議論します。

これには、継続的な交渉、仲裁、
裁判または聴聞会などが含まれます。




『ランドスケープガーディアン』の議長
トニーウォーカー氏は、
反対派は承認プロセスが不公正であると感じたと語った。


「プロセス全体が異議申立人に
何ら重大な影響を与えなかったと
我々は信じている」と彼は語った。

「多くの反対があります

- 地上の普通の人から、
そしてより多くの資源を持つ人々から」





風力発電所の近くに住む多くの人々が、
重度の頭痛や睡眠パターンの混乱などの
健康問題を引き起こすと主張しています。





しかし、国民健康医学研究評議会は昨年、
「風力発電所が人間に健康に悪影響を及ぼすという
一貫した証拠は現在のところありません」と報告した

しかし、より詳細な研究が必要だと述べた。




ウォーカー氏は、開発に反対する人たちは
戦いの準備をしていると語った。

「私たちはほぼ5年間戦ってきた
(そして、それは何が最初に瞬きするかによって、
何年も続くかもしれない戦いだ」と彼は言った。

「(しかし)それは戦う価値があります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-21 : *オーストラリア:パーマー風力発電所に対する4つの訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR