騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~拒否>ノースダコタ州/画像:風力発電所の申請は、ビリングズ郡委員会によって拒絶されました | ノースカロライナ州:否定されます:N.C.郡は、大きい風力発電所の計画を拒絶します | イングランド/画像 :Burnham近くの6年間の風力発電所の戦いは、EDFが訴えを下すにつれて勝ちます | スコットランド :大臣は、パトナ風力発電所の提案を拒否します // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<風車~拒否>




2016年11月16日




ノースダコタ州/画像
◇Wind farm application rejected by Billings County Commission
風力発電所の申請は、ビリングズ郡委員会によって拒絶されました

(WDAY | 2016年11月16日)
http://www.wday.com/news/4160344-wind-farm-application-rejected-billings-county-commission




By Kalsey Stults



メドラ、N.D. -


ビリングス郡委員会は火曜日に
114タービン風力発電所の申請を却下した。





オリオン・リニューアブル・エナジー・グループは、
チャールズ・クリーク風力発電所の
ゾーニング申請を、
混雑した法廷の聴衆と委員長に提示しました。




383メガワットのプロジェクトは、
フェアフィールドの北3マイルから始まり、
NDハイウェイ200の1マイル南に郡線を延長した
ノースダコタ・ハイウェイ95近くの
ビリングス郡の北東に位置するように
提案されました。




これはノースダコタ州の
オリオンの最初の風力発電所でした
‐それらは2年間働いています。




プロジェクトの土地所有者である
ジョイ・マグレガー氏は、
プロジェクトの支持を表明しました。




「土地所有者として、
私たちは土地に
これらを所有する権利があると感じている」と
彼女は語った。

「一部の人には彼らの土地に油井があります、
しかし、我々は
それらの幸運な人々の1人ではありませんでした。」





マグレガー氏は、
発電所から得られる付加的な収入は、
農業に役立ち、
長年に渡ってその土地が
家族に残ってくれたらという思いを保証しました。





カレン・オブライアン氏は
エネルギーの未来を見始める時が来たと語った。





「私たちの世界は絶え間なく変化しており、
ノースダコタと米国を強化するために
再生可能エネルギー源を検討する必要があります。





聴衆の大多数は、
風力発電の提案に懸念を表明し、
視覚的影響を観光事業の阻害要因とし、
土地価値の潜在的な低下と
ペイントキャニオン訪問者センターと
セオドア・ルーズベルト国立公園への
タワーの近接性を見ました。




「私たちは、この世代と将来の世代のために、
公園の文化的、天然資源のすべてを世話しています。」と
TRNPの管理者のウェンディ・ロス氏
(Wendy Ross)は、言いました。

「我々は米国の公有地に影響を与えている。」




TRNPの地理情報システムアナリスト、
チャド・セクストン氏(Chad Sexton)は、
公園と訪問者センターから
風力タワーが見えるだろうと語った。




「ペインテッドキャニオン地域では、
26〜50台のタービンを
どこからでも見ることができる可能性が高い」と
彼は語った。

「南部で見ることのできる
タービンの最大量は潜在的に75台であろう」





「私の意見は、
このプロジェクトは、
ペインテッドキャニオンを見ることができること、
それによって直接影響を受ける住民に、
稜線からの私たちの経済の
さまざまな利用において、
郡と市民に多大な影響を与えています。」と
地区3委員長のジム・Arthaud氏は述べました。

「私がここに座って、
コミッショナーとして、
土地所有者が彼らの土地でできることと
できないことについて話すことは難しい。

しかし私はちょうど私達の郡の
このプロジェクトの大きさ、
それが西部のノースダコタ州で
持っている視覚的な影響が
郡が耐えることができる以上のものだと
思います。」




ジョー・ケッセル委員は、
Arthaud委員とマイク・Kasian委員だけが
この郡の決定を下すという
利害の衝突のため投票から除外されました。




Arthaud氏の動きの後、Kessel氏は動きを起こした
‐申請の拒否につながります。




オリオンのプロジェクトマネージャーである
アンドリュー・Makee氏は、
それは衝撃的な決定であり、
現在主な関心事は
プロジェクトに同意した土地所有者であると
語った。




「正直言って、
最も失望しているのは土地所有者です

- 25,000エーカーの土地所有者は、
こうした機会を持てないだろう 。」と彼は語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------



<風車~拒否>



2016年11月16日



ノースカロライナ州
◇Denied: N.C. county rejects plans for massive wind farm
否定されます:N.C.郡は、大きい風力発電所の計画を拒絶します

(トライアングル・ビジネス・ジャーナル | 2016年11月16日)
http://www.bizjournals.com/charlotte/news/2016/11/16/
denied-n-c-county-rejects-plans-for-massive-wind.html



Lauren K. Ohnesorge, スタッフライター



ノースカロライナ州東部で
2番目に巨大な風力発電所の計画が
大きな打撃を受けました。





105‐タービンファームが計画されていた
2つの郡の1つである
パーキマンス(Perquimans)郡 は、
プロジェクトに条件付き使用許可を拒否しています。


近くのチョウォーン(Chowan)郡は
シャーロッツビルの
バージニア州に本拠を置く
Apex Clean Energy(ACE)のプロジェクトに
そこの委員は3-2に投票し
全会一致で承認されました。



パーキマンス郡で合計57基のタービンが提案された;
チョウォーン郡には 48基。




ACEのプロジェクトリーダーである
ドン・ジーセク氏(Don Giecek)は、
プロジェクトの将来についての質問に答えなかった。

しかし、裁判所で郡の許可の拒否を訴えたり、
計画を変更したり、
許可手続きをやり直すなどの選択肢があります。

あるいは、ACEはチョウォーン郡で承認された
48基のタービンを建設することができます。




ジーセク氏は今週、
彼のチームが決定に「失望」していたが、
依然として北東ノースカロライナ州に
風力エネルギーをもたらすことを約束したと発表した。




「郡の外部コンサルタントによると、
私たちの申請は
郡条例のすべての要件を満たしており、
私たちの計画は
条例のすべての安全衛生措置を上回っていました。」と
事前に準備していた声明に記載されています

「風力エネルギーは
最も安全な発電形態の1つであり、
この地域ではすでに、
地方自治体の支出、建設雇用、税収の面で
経済的利益をもたらしています。

私たちは、チョウォーン郡で承認された
許可証を持っており、
前進するための選択肢を評価しています。





ジーセク氏が「経済的便益」を指すとき、
彼は、パスクォタンク郡(Pasquotank)と
パーキマンス郡で建設中の
近くのAmazon(NASDAQ:AMZN)風力発電所について
話しています。

そのプロジェクトは完成に近づいており、
美的感覚と騒音の可能性について
周辺住民から批判を受けているが、
農場のために土地を借りてきた地元の農家の多くは、
その利益はすでに数多くあると言います。

収益のリースに加えて、
このプロジェクトは
いくつかの道路の建設を意味しています。

開発者がタービンにアクセスできるだけでなく、
農家に作物へのアクセスを向上させることができます。





パーキマンス郡マネージャーの
フランク・ヒース氏(Frank Heath)は、
今回の居住者の懸念の大部分は、
「不動産価値と調和」になったと述べています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------




<風車~拒否>




2015年11月25日




イングランド/画像
◇Six-year wind farm fight near Burnham is won as EDF drops appeal
Burnham近くの6年間の風力発電所の戦いは、EDFが訴えを下すにつれて勝ちます

(burnham-on-sea.com|2015年11月25日)
http://www.burnham-on-sea.com/news/2015/edf-wind-farm-plans-24-11-15.php




Burnham-On-Sea近くの
風力発電所の運動家は、
EDF Energyの長期計画との
長期的な戦いが終わったあと、
今週祝っています。





East Huntspillのコーズウェイ沖の
5つの巨大風力タービンに関するEDFの提案は、
今年5月にSedgemoor地区評議会によって
当初却下されましたが、
同社は訴えるために6ヵ月がありました

- そして、その日は今週、
控訴が提起されずに渡されたので
計画は打ち切られました。





Huntspill Wind Farm Action Groupの
喜ぶメンバーは、
EDFとEcotricityの
2つの風力発電申請に対する
6年間の戦いの終わりを告げると述べました。





The Huntspill Wind farm Action Group は
資金調達のイベントを通じて、
そしてプランニング・インスペクタの訪問中に、
リーフレット・ドロップ、
インフォメーション・ボード
およびその費用を支払うために、
寄付者から約£20,000を調達しました。





Huntspill Wind Farm Action Groupの会長
John Wakefieldは
今週Burnham-On-Sea.comに語りました。

「EDFの控訴期限が終わり、
風力発電所を止めるキャンペーンが
ついに終わったと発表することができます」





「それは、行動委員会の
驚くべき一般の支持と激務と献辞なしでは
途方に暮れた長い6年の戦いでした。」





「1つの風力発電所との戦闘を
成功させることは大きな成果だが、
同時に2つの申請を倒すことは、
我々が非常に誇りに思うことのできるものです」




ジョンは何年もの間支援をしてくれた
すべての支持者に感謝し、
グループの非常に情熱的な
コミュニケーションオフィサーであった
Julie Trott氏に特別な言及をしました。

「アクショングループを代表して、
その原因を支持してくれたすべての人に感謝し、
上で笑っていることは疑いの余地がなく、
安心して休むことができるジュリー氏に
特別な言及をしたい」と付け加えました。





EDFの計画は当初
Sedgemoor地区評議会によって却下されましたが、
同社は今年1月に予定されていた2014年1月に
さらなる計画立案申請に復帰しました。

拒否の主な理由の2つは、
セヴァン河口とサマセットレベルの間の
飛行経路にある鳥など、
「フラットランドスケープにおける容認できない侵入」と
「生物多様性への潜在的な害」でした。





Cllr Bob Filmerさんは今週付け加えました:

「これらの計画が最初に申し出された時から、
政府の法律は風力発電所で変わりました。

彼らは今、成功するためには
地域社会の支援を必要としています。

政府はよくなって、
コミュニティに意見のより多くを与えました。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------



<風車~拒否>




2016年11月22日




スコットランド
◇Ministers reject Patna wind farm proposal
大臣は、パトナ風力発電所の提案を拒否します

(Press Association | 2016年11月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/11/22/ministers-reject-patna-wind-farm-proposal/




East Ayrshireにある
17タービンの風力発電所の計画は、
スコットランド政府によって拒否されました。




大臣は、タービンの高さ、
Waterside製鉄所などの史跡への近接性、
近くの家屋への影響などの理由で、
Patna近くに提案された
Keirs Hill開発が受け入れられないと判断した。



計画は約3年前に提出され、
タービンの先端までの最大高さは
149メートルであると述べた。



開発者は、地域の電気割引制度や
建設現場の維持管理の請負業者などの
現地の利益につながったはずだと述べた。



しかし、スコットランド政府は、
Keirs Hillが
「エネルギーの発生と気候変動の緩和に関して
より広い利益をもたらす」とは信じていないと述べた。



Keith Brown経済幹部は計画の同意を拒否し、
その影響が利益を上回ったと述べた。




「スコットランド政府の風力発電に関する政策は、
スコットランドの
巨大なグリーンエネルギーの可能性を
最大限に引き出すことと、
最も景観の良い風景や野生の地帯を保護することとの間で、
慎重な釣合いを保ちます」と、ブラウン氏は言いました。



「風力発電所は適切な場所にのみ建設することができ、
スコットランドの計画政策は
風力発電所が適切かつ敏感に設置されるように
厳格な手順を定めていることが明確になっています。」



「私はこの申請書を十分に検討し、
申請者が開発の潜在的な影響を
緩和するための努力を認識しています。」



「しかし、
地域内の居住地や歴史的な場所への影響を含む
プロジェクトの風景や視覚的な影響により
私は、許可を拒否しました。 」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-16 : 風車~拒否:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR