騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1-ミシガン州:ヒューロン郡の風力問題と条例>1-ミシガン州:ポート・ホープの土地所有者はタービンの騒音をめぐってエネルギー大手と争う…資産から3000フィート(914.4 メートル)以上のタービンからの大きなハンマーで叩いているような音に似ている騒音が問題を引き起こしている…ロバート・ガフキー // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<1-ミシガン州:ヒューロン郡の風力問題と条例>



ミシガン州ヒューロン郡は、
2015年11月27日に
長年の懸案事項であった
変更された風力条例を発行しました。

その経緯については以下の
拙ブログカテゴリーにまとめています。


<発効⇒◆ミシガン州ヒューロン郡バートアックス:一時停止と条例の変更>

(おとしん:注)


----------------------------------




2016年12月13日




1-ミシガン州
◇Port Hope landowner battling big energy over turbine noise
ポート・ホープの土地所有者はタービンの騒音をめぐってエネルギー大手と争う

(ヒューロン・デイリー・トリビューン | 2016年12月13日)
http://www.michigansthumb.com/news/article/Landowner-battling-big-energy-over-turbine-10791843.php



Brenda Battel, トリビューン・スタッフライター




バッドアックス‐



ポート・ホープの男性、
郡のプランナーおよび風力エネルギー当局は、
風力タービンに関する騒音苦情の解決に取り組んでいます。




ビッグタートルIIプロジェクトの近くで
資産を所有しているロバート・ガフキー氏は
先週、ヒューストン郡計画委員会に、
トラバースシティの
『Heritage Sustainable Energy 』に申し立てた
騒音に関する苦情について述べました。






彼の資産から3000フィート以上の
タービンからの騒音が問題を引き起こしていると
彼は言った。


※ 3000フィート = 914.4 メートル




ガフキー氏によると、
人がそこで
大きなハンマーで叩いているような音に似ています。





この苦情に対処するために、
当局は、音を測定する手順を決定する必要があると
ヒューロン郡建築とゾーニングのディレクターの
ジェフ・スミス氏が『トリビューン』に語った。





ガフキー氏によると、ビッグタートルの関係者は、
ブレードに何かがかかっている可能性があると
彼に言いました。





彼は、『Heritage』社の
オペレーション担当で副社長である
リック・ウィルソン氏と複数の会話をしていると語った。




「毎回、彼は騒音の解決策として
リース申し込みに署名することについて
私に近づいてきた、と私は思う」とガフキー氏は言った。

「私はそれがちょっと奇妙だと思う。」





「彼は騒音の問題に対する解決策を
持っていないようで、
基本的に彼の防衛は
郡の条例に従っているということです。
そして、彼らはやましい点は何もない。」




ビッグタートルIIは、
郡の2010年風力条例の下で管理されていると
スミス氏は述べています。





2015年に条例が変更されました。
(※ 拙ブログカテゴリー
<発効⇒◆ミシガン州ヒューロン郡バートアックス:一時停止と条例の変更>
おとしん:注)




しかし、違反を判断する際に
音を測定する基準を設定することは、
計画委員会の責任です。






委員会は、2015年の条例の騒音規制を
使用することを決定する可能性があると
スミス氏はトリビューンに語った。





『Heritage』社のプロジェクトマネージャーの
ジオ・コルドバ氏は、
Epsilon Associates社が
必要な調査を開始するために
サイトのための音響プロトコルを確立するために
同社に従事していることを委員会に伝えました。




「1年以内にコンプライアンス報告書を
作成する必要があります。
フェーズ1ではこれを行いました。
私たちはフェーズ2でもそれをやろうとしている」




コルドバ氏は、
「あなたの意見を聞いて、
それがあなたが期待しているものに
合っていることを確認するために、
計画委員会に提出する」と述べた。




コンピュータ化されたサウンドモデリングでは、
騒音が十分に大きなものではないことが示されており、
プランニングと『Heritage』社の関係者は言いました。




コルドバ氏は、
「この地域でコンプライアンスを
完全に履行していることは非常に快適に感じます。」と述べた。

「最も近いタービンは3000フィート以上離れています。」

※ 3000フィート = 914.4 メートル




「モデリングに誤差の余地があっても、
これはその範囲内にあるはずです。
それが私たちに多くの快適さを与えてくれると
言われています。
おそらく、それは
あなた(ガフキー氏)にとってではありません。」




ガフキー氏は、
彼に賃貸借契約を結ぶことを
納得させる試みを呼びかけ
委員会に「賄賂」の定義を読みました
そして、それは
「そそのかす、あるいは誘惑する」を含みました。






「お金は人々にそれを行います」とガフキー氏は言いました。

「金は誘惑して叫び、あなたの意見を傷つけ、
あなたの判断を変えるでしょう。

それは、裁判所でジェフ・スミス氏に
申し立てがなされて以来、
私と一緒に『Heritage Energy』社が
使用してきたことです。」





コルドバ氏は
研究は早ければ早いほど良いと述べた。




「ガフキー氏は、
(私たちの)シャットダウンを
望んでいることを非常に明確に示しています
- またはタービンを降ろす、

現時点ではそれは合理的な選択肢ではない」と
コルドバは言いました。

「しかし、騒音レベルを示すことができる
コンプライアンス研究は、
実現可能であると考えています。」




クラーク・ブロック会長は、
委員会の訴状解決プロセスの一環として、
彼らが準拠していることを証明するのは
『Heritage Energy』社にかかっていると
強調しました。




「苦情が提起されると、
会社はコンプライアンスを
遵守していることを証明する義務があります。


健全なモデリングは、
彼らが準拠していることを証明しません。

彼らがコンプライアンスを遵守していると
述べている会社は、
彼らがコンプライアンスを
遵守しているということを証明しません。

彼らはコンプライアンスを
遵守しているという証拠を持っている必要があります。

彼らがコンプライアンスを
遵守していることを証明すれば、
ゾーニング以外の問題になります」




ガフキー氏は、
「それが私たちが取らなければならないルートならば」
『Heritage Energy』社に対する訴訟を求めると
述べました。






「なぜ私は何十億ドルの風力エネルギー会社と
戦わなければならないのですか?

私は仕事があります。

私はするべきことを行ってきました。

これは市民を入れる恐ろしい立場です。

私は本当に不愉快です。」




「私は、これらの騒音と影響を
すべて私の財産に放映する許可を彼らに与えなかった。

私はこれを求めなかった。

私は参加していない土地所有者です。

しかし、私はこれらの風力タービンの影響に
すでに関与しています。

そして、それは受け入れられない。」




ガフキー氏は、状況を評価する音響の専門家を
雇うことを検討していると付け加えた。





ブローク氏は
その人が委員会の認定を受け入れるなら、
委員会はその情報を喜んで考慮するであろうと
言いました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-15 : ◆ミシガン州:ヒューロン郡の風力問題と条例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<風車~拒否>ノースダコタ州/画像:風力発電所の申請は、ビリングズ郡委員会によって拒絶されました | ノースカロライナ州:否定されます:N.C.郡は、大きい風力発電所の計画を拒絶します | イングランド/画像 :Burnham近くの6年間の風力発電所の戦いは、EDFが訴えを下すにつれて勝ちます | スコットランド :大臣は、パトナ風力発電所の提案を拒否します // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <風車~破損・火災・落雷・事故>北アイルランド/画像:嵐が北アイルランドを襲って、風力タービンは崩壊する | スコットランド/画像:風力タービンのトラックの衝突事故で主要道路閉鎖 | ぜひ⇒イタリア/動画:風力タービンは、風の力で崩壊する | アルバータ州/画像:銃撃は、南アルバータの風力発電所で、『大きな』損害を与えます…変圧器への損傷は広範囲に及んでおり、損傷によるいくつかの風力タービンの停止により、財政的損失が顕著になると予想されています | バーモント州:委員会は、働いてない風車に別れを告げる…最初に考えられた以上の費用に加えて、2005年のケーブルの緩みや2007年の氷嵐によるブレードの落下など、いくつかの事件で風車の安全性が疑問視されています // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR