騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>ぜひ⇒21-コロラド州:風力発電所の懸念が郡で再浮上した…EPC(エルパソ郡)とネクステラ社の開発契約によれば、住民はシャドーフリッカー、騒音、交通量に関する苦情を申し立てることができます。具体的な苦情解決プロセスがあり、従わなければなりません / 独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州…Robert・Rand | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年4月





ぜひ!⇒
21-コロラド州
◇Wind farm concerns resurface at county
風力発電所の懸念が郡で再浮上した

(The New Falcon Herald | 2017年4月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month%3D04%26PrintDay%3D01%26Year%3D2017




By Lindsey Harrison





エルパソ郡郡委員会の委員は、
3月23日の定例会議の後、
コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウエスト風力エネルギーセンター
(Golden West Wind Energy Center)について
新しい情報を得る予定です。

風力エネルギーセンターは
ネクストエラ・エナジー・リソーシズが所有し、
シャドウフリッカー、超低周波不可聴音と
電磁界に関するデータなど、
プロジェクトに関する情報を提供しました。





2015年10月以来
完全に運用されている風力エネルギーセンターは、
145台の高さ453フィートの
産業用風力タービンで構成されており、
29マイルの架空送電線で
ファルコンの変電所に接続されています。




それ以来、風力エネルギーセンター付近の住民は、
彼らがタービンのものであると考える
身体的および心理的な悪影響を報告しています。
そして、それは体温の低下、頭痛、めまい、
吐き気および睡眠障害まで及びます。






▼業界のプレゼンテーション



マサチューセッツ州メイナードにある
環境エンジニアリングとコンサルティング会社の
イプシロン・アソシエーツInc.
(Epsilon Associates Inc.)の関連会社である
リチャード・ランピーター氏

(Richard Lampeter)は、
個々のタービンブレードが回転するときに
シャドウフリッカーが発生するのを
ネクストエラ社に代わって示しました。




ランピーター氏によると、
プロジェクトの承認プロセスでは、
特定の条件を満たす必要がありました。
最も注目すべきことに、
30時間/年のシャドウフリッカーの閾値が、
いずれかの住居が経験することができる
最高値でした。

閾値は、ドイツのガイドラインです、
ドイツの訴訟事件に基づいて、
それは業界標準になったと、彼は述べた。





「業界標準の
WindPROソフトウェアパッケージを使用して、
1年当たりの稼働時間を計算しました。


風力タービンの位置、風力タービンの寸法、
計算面積などの計算は、
風向、風速、日照の可能性を調整して
ソフトウェアに入力されます。

ランピーター氏によると、
居住者がネクステラ社と
リース契約を締結している2軒の家庭は、
参加住宅と呼ばれ、
その30時間の閾値に影響を受けているという。

居住者がネクステラ社との契約に署名していない、
非参加の住宅と呼ばれる家庭の
最大時間数は、24時間34分です;


ソフトウェアによって、と彼は言った。




「このプロジェクトは
このモデリングソフトウェアに基づいて
準拠しています。」





カナダのトロントにある
『Ollson Environmental Health Management』の
所有者でシニア環境保健科学者でもある
クリス・オルソン氏
は、
風力エネルギーセンターの
シャドウフリッカーに関する
ネクステラ社に代わって研究を発表しました。

彼は、シャドーフリッカーが
発作を引き起こす可能性があるという懸念を
聞きましたが、それは正確ではないと語った。

「シャドウフリッカーは健康上の問題ではない」と
彼は語った。

「タービンが単純に十分に速く回転しないため、
発作は誘発されません」




オルソン氏は、
彼の情報はカナダ政府の情報源であり、
ゴールデン・ウエスト(Golden West)
風力エネルギーセンターは
健康に対し少しも悪影響を与えてはならないと述べた。




ランピーター氏はまた、
イプシロン(Epsilon)の騒音レベル評価について、
風力エネルギーセンター全体の
15の異なる場所で測定した情報を示しました。


それらの場所では、タービンは聞こえました。

必要に応じて、イプシロンは、
風力タービンのみの音圧レベルを得るために、
動作音レベルから周囲音レベルを差し引いて、
それを限界値と比較します。





「最悪の場合のシナリオで
ノイズを測定しようとしました」と
ランピーター氏は言います。

目標は、運転中にタービンが潜在的に
どのように騒々しいのかを確認することでした。

郡の許可要件によれば、
タービンはA加重の50デシベルを超えてはならず、
騒音が「許容可能」とみなされる
レベルでなければならないと
ランピーター氏は述べている。


音響調査の結果は、15のすべての場所が
50 dbAの限界に達したことを示したと彼は述べた。






オルソン氏のプレゼンテーションの一環として、
2014年にカナダ保健省(Health Canada)による
「風力タービンの騒音と健康に関する研究」という
研究を引用しました、

そして、それは客観的な健康指標が観察された
最大の研究であると、彼は述べた。

1,200人以上の人々が参加し、
この研究の全体的な結論は、
産業風力タービンへの曝露と
参加者の健康状態との間に
「煩わしさ」を超えた関連性の証拠は
見出されなかったと、オルソン氏は言った。

これには、
超低周波不可聴音からの影響が含まれていたと
彼は述べた。





マーク・ウォラー(Mark Waller)委員は
超低周波不可聴音からの影響が
経時的に複合して
健康問題を引き起こす可能性があるかどうか
尋ねました

そしてオルソン氏は言いました、
「いいえ。
私たちは、人が健康への影響を
経験するであろう閾値の下にあります。」







▼市民の懸念



プレゼンテーションの後、
会議に出席した市民には
コメントする機会が与えられました。


風力エネルギーセンターの影響が及ぶ範囲内の
自宅から引っ越した
元居住者のサンディ・ウルフさんは、述べました。
オルソン氏と
ランピーター氏が提示したものが正確であれば
どういう理由で
彼女と彼女の夫が病気になったのか、
誰も答えがありません。





ウルフさんの夫、ジェフ・ウルフ氏もコメントし、
彼はタービンから病気になっているという
彼の主張を支持する身体的な証拠があると言いました。


「私の髪のサンプルは、
正常よりも5倍高いコルチゾールレベルを示しました。」と
彼は言いました。

「私が引っ越す前に
私の体温は95度(摂氏35度)の範囲で下がっていました。

私は(風力エネルギーセンターの近く)の
家から引っ越さなければなりませんでした
それらから離れるために
州の向こうで仕事を取らなければなりませんでした。」






コロラド州ボルダーの音響学者
ロバート・ランド氏(Robert Rand)は、
イプシロン(Epsilon)によって実施され、
2016年10月に
郡に提出された音響調査の専門家の
レビューのコピーをBOCC(郡委員会の委員)に提出した。


彼のレビューで、ランド氏は、
調査に誤りまたは欠落が含まれていた
12の例を引用しました。





たとえば、ランド氏のレビューでは、
「イプシロン(Epsilon)レポートは、
騒音公害 (Noise disturbance)に対する
明らかな近隣の苦情にもかかわらず、
騒音公害 を評価しません。

郡令第02-1項、第3項(e)および第4項(a)で
騒音公害は禁止されています。





「私の専門的な経験によれば、
この施設が、非参加の住居の資産の近くに
こんなに大きなタービンでは
許可されていてはならなかった。」と、
ランド氏のレポートは述べています。


「イプシロン・レポートは、
騒音レベルが必ずしも法律を遵守しているとは限らず、
騒音公害と一致していることを示しています。

法律は施行されているため、
施設の騒音レベルを下げる必要があります。」







▼さらなる音響調査



タービンの近くに住むもう1人の居住者
ジョー・カッブ氏は、
『ニュー・ファルコン・ヘラルド』との
インタビューで、
彼と2人の他のカップルはランド氏を雇い、
超低周波不可聴音の調査を行いました
そして、その結果は、
会議の前にBOCC(郡委員会の委員)と
NFH(ニュー・ファルコン・ヘラルド)に提供されました。


2016年1月29日付けのレポートでは※おとしん:注)、
ランド氏は2015年12月と2016年1月の間に
3つの家庭から収集されたデータ、
合計約3050万の音響圧力測定サンプルを分析しました。





ランド氏の調査では、
この解析は完全ではないものの、
「ゴールデン・ウェスト・ウインド・ファシリティ
(Golden West Wind Facility)」が
動作している付近では
非常に低い周波数の音圧振動による
騒音公害の状態が存在し、
より深刻な影響が
ダウンウィンドで発生していることが
示唆されています。」







▼苦情処理プロセス



EPC(エルパソ郡)とネクステラ社の開発契約によれば、
住民はシャドーフリッカー、騒音、
交通量に関する苦情を申し立てることができます。


具体的な苦情解決プロセスがあり、
従わなければなりません。






ネクステラ社のビジネスマネージャー
ジョン・ディリー氏(John Dailey)は、
2015年3月から会議の日付までに
約83件の苦情があったと述べました。

「苦情の約85%が
7ヶ月の建設期間中に受け取られた」と彼は語った。

「残りの15%の苦情は、
建設が終わってから約17ヶ月で受け取っている」





ウォラー氏(委員)は
人や動物の健康に関する苦情があったかどうか
尋ねました。


ディリー氏は、
約4〜5人がこのような苦情を申し立てていると述べ、
何人かは何度もやっていると述べた。





カッブ氏(タービンの近くで生きている居住者)は
彼と彼の妻の両方が
ネクステラ社に苦情を申し立てていますが
何も行われていないか、
苦情解決プロセスを続行するため
郡に送られていないと、述べました。

「これらの問題を解決するには、
どれくらいの時間が必要ですか?」と彼は尋ねました。

「彼らは専門家であり、
郡との協定を守る必要があります。」






EPC(エルパソ郡)開発サービス部門の
エグゼクティブ・ディレクターである
クレイグ・ドッシー氏は、
現時点で解決プロセスを処理する問題は
郡に持ち上がっていないと述べた。





ドッシー氏は、
ノイズとシャドウフリッカーの問題に関して、
「郡に上げる前に、
苦情を解決するために別の試行をしたい」と話した。




委員は、居住者に対し、
苦情解決プロセスを継続して使用するよう促し、
風力エネルギーセンターに関して
今後の会議の可能性が高いことに合意しました。






=====================================
※おとしん:注)
2016年1月29日付けのレポートでは

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月1日

ぜひ!⇒
コロラド州
◇Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO
独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州

(2017年4月1日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/
wind-turbine-infra-sound-colorado-usa-2017-robert-rand?xg_source=activity

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4612.html


pdf
■Download original document:
オリジナル文書をダウンロードする:

“Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO”

https://docs.wind-watch.org/in12-ambrose-rand-krogh-falmouth.pdf


動画
■「I can’t enjoy outside anymore」
もう外で楽しむことはできない


Friends against wind

ぜひ!⇒
◾NEW
https://www.youtube.com/watch?v=bWn00cIuwlQ

==================================================


Author:
著者: Rand, Robert
ランド、ロバート


Summary:
概要:




2015年12月と2016年1月の間に、
コロラド州エルパソ郡の
ゴールデンウエスト風力施設の
近くにある3棟の家庭で
差音圧測定値を取得し記録した。

3棟の住宅のそれぞれについて、
1週間のデータを分析し、
添付された毎日のスペクトログラムを分析した。

毎日のデータは
約430万個の差圧サンプルから構成され、
1週間に約3050万個のサンプルが含まれていました。



予備調査により、
ゴールデンウエスト風力タービンの
回転に関連する0.2〜0.85Hz
(「ブレード通過周波数」または「BPF」)における
反復音圧振動の存在が確認された。

時には、複数の発振周波数が観察され、
異なる回転速度で動作する複数のタービンと一致した。

振動は、タービンが風下側ではなく
風上側である場合に顕著であるように見える。

隣人は、自宅の場所とタービンの場所と
地域の優勢な風のため、
主に風下にあることを報告しました。



典型的なBPF総音響パワーは、
例えば差圧データセットの部分について
計算されました。

風力タービンの回転が支配的であり、
他の騒音に汚染されていないセグメントについては、
クレストファクター
(ピークレベルに対するRMSの比)も計算され、
典型的なクレストファクタは13-19dBであった。

トータルのBPF RMSレベルは、
56〜70dB(20uPA)で、
ピークレベルは71〜89dBです。

RMSとピークレベルは
騒音を止めるように訴える、
法的措置、放棄された住居などの
他のサイトで見られるレベルと類似しています。



タービン運転の前には
同様の妨害はなかったのに対して
タービンが運転を開始して以来
彼らは妨害を経験していることは
隣人からよく理解されています。

タービンが停止している
(回転していない)ときや、
彼らが身体的に施設から数マイルの距離を
離れて自分自身を移したとき
隣人が改善を報告していることがわかります。



エルパソ郡の騒音規則では、
「音」をあらゆる周波数の圧力
(または他の物理的パラメータ)の
振動として定義しています
そして、、
音響振動による騒音妨害を禁止します。



この分析は、各監視場所における
毎日の多数のセグメントを分析し、
ジャーナルエントリおよび/または
医療データに関連付けることができる点で
完全ではありません。

報告された動作している施設への接近と、
健康および生活の質の妨害との関連性は、
この予備調査のために
取得された音響データによって
裏付けられていると思われます。

これらの予備調査は、
ゴールデン・ウェスト風力施設が
動作しているときには、
非常に低い周波数の音圧振動に起因する
ノイズ妨害の状態があり、
より深刻な影響を受けていることを示唆している。


* 以上、
  『Citizens' Task Force on Wind Power - Maine』様より
  引用させていただきました。


  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


=====================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================


--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及
(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います
(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません
(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います
(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-17 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<3-ミシガン州:ヒューロン郡の風力問題と条例>3-ミシガン州:郡は、もう一つの風力モラトリアム(一時停止)を採用します…一時停止は委員会に独自の計画とゾーニング条例を作成する時間を与えるだろう…ジョン・ボディス |関連記事|  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR