騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<音と健康:スコットランド/エアシャー>ぜひ⇒スコットランド:エアシャーの年金受給者は、風力タービンが彼女の人生を「拷問室」に変えたと言います…新しい空港や高速道路を利用するなどで人が得ることができる強制的な補償制度はありません~人々は騒音とちらつきのために病気になって既に引っ越してしまった。これはTralorgで起きました、そして、一般的に運営会社がそれらを購入したと考えられています // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<音と健康:スコットランド/エアシャー>




2017年3月24日




ぜひ!⇒
スコットランド
◇Ayrshire pensioner says wind turbines have turned her life into “torture chamber”
エアシャーの年金受給者は、風力タービンが彼女の人生を「拷問室」に変えたと言います

(Daily Record | 2017年3月24日)
http://www.dailyrecord.co.uk/news/local-news/ayrshire-pensioner-says-wind-turbines-10092057



打ちのめされたパット・スペンスさんは、
彼女がかつて知っていた美しい景色が
たくさんのタービンでほとんど破壊されたと言います。





By Stephen Houston




彼女が30年前に来たとき、
その地域はそのままで
あなたがエアシャイアに来たのと同じように
荒野に近かったです。




かつてたくましい羊のための
放牧の3000エーカーを誇っていた19世紀の丘の農場は、
フルート奏者のパット・スペンスと
彼女の夫ジョンの楽園でした。




彼らは広くて開けた高地、静けさ、
平和に引き寄せられました

‐彼らはお金のために
大変な苦労を得ることができたという事実。




彼女はクラシック音楽出版社としての仕事に
完璧な一曲を見つけ出し、
広報担当者のジョンもまた
家庭で働くことができました。




Dochroyleの大きな農家の後ろに
石の納屋が集まっていて、
庭はパットさんのガーデニングの趣味にぴったりで、
35エーカーもありました。




それはBarr・ヒル(Barrhill)から3マイル離れた
荒れた道に孤立して立っています。
※ 3マイル = 4.828032 キロメートル



しかし、今日、73歳の未亡人のパットさんは、
依然としてパイパー出版を継続しています:

「それは素敵な場所でした

- これが今は私の拷問室です。」





「ここにやって来たとき、
我々は地域に何かが起きるとは
まったく思いませんでした、
発電風車は聞いたことがありませんでした。」





Mark、Arecleoch、Kilgalliochには
184の風車の内側のリングがあり、
多くのパイプラインがあります。




外側のリング
- そのうちのいくつか
  彼女はまたデイリー(Dailly)の近くの
  Hadyardを見ることができる
- 可能性があります
  Tralorg、Glenapp、Strannoch、Assel Footが
  起きたときに。




木々が倒されたときの
1年前にパットさんは、最初に病気になりました、
振動は家に明確な道を与えました。


彼女は言いました:
「私は夜中に5回も目を覚ましていたことに
気づきました。」





「私は気分が悪く感じられ、
心臓発作とパニック発作とを
足して2で割ったようなものです。」






「睡眠不足は深刻な問題になっており、
私はリズムが自分の体のリズムを
乗り越えようとしていると感じています。
聴力に関係した平衡感覚によって
わたしの気分を悪くさせます。」




「12ヶ月前まで、
私はタービンについて最悪の事は
それらの見た目だと思っていました。

しかし、現在、それは私の健康です。」





「私は安らぎのためにここに来たが、
工業団地の中に住んでいるのと同じです。





「私の家全体が揺れることを感じる時があります。

それは1898年にしっかりと建てられ、
約5年前までは石膏の亀裂はなかった。




「今、それには亀裂があり、
ドアは適切に閉じることが困難または不可能です。」





パットさんは今、彼女が大好きな土地を
逃げなければならないと考えています。


また、Hadyard・ヒルの近くに住む
デビッド・ボールドウィン氏をはじめ、
ブーンという音を立てる巨人が
健康に影響を与えていると感じる人もいます。





パットさんは、4年前、
彼の家が風下にあるときに、
「強烈な脈動する低く重々しい連続音」という苦情を
訴えた彼からの手紙を示します。






デビッド氏は次のように書いています:

「産業製造工場内の騒音のようなもので、
ストレスやうつ病、頭痛の増加など、
家族の健康に悪影響を及ぼしています。」






Dochroyleは丘の上にあります、
彼女は彼女の周りの低い地面が
「巨大な共鳴する半教室として機能する」と
信じています。






パットさんは次のように言いました:

「完全に囲まれているものはもちろんですが、
風力発電所の近くで
家を売ることはほとんど不可能です。

鑑定人は
風力発電会社のために5万ポンド下げました。




「新しい空港や高速道路を利用するなどで
人が得ることができる強制的な補償制度はありません。」





「私の唯一の道は
電力会社にここを買うよう求めることです。」





「人々は騒音とちらつきのために
病気になって、既に引っ越してしまった。」

これはTralorgで起きました、
そして、一般的に運営会社が
それらを購入したと考えられています。」





電力会社が行うダビデとゴリアテ戦争、
彼らが申請の前に
地方住民との会談を主催する
巧みなPRプレゼンテーションと
地域の現金の「殺人償金」としての約束に、
パットさんはうんざりしています。




彼女は、物事は露骨な不正工作ほど悪くはないが、
開放性が欠如していると信じています。




パットさんによると、
最近、別の風力発電所の提案との会合が行われ、
地域のメンバーの一人だけが最初に招待されたという。





情報を求めている手紙は未回答であり、
会議は地元民が
「ゲートクラッシュ(押し掛け)」しなければなりません。





パットさんは次のように言いました:

「彼らの申請には、
心地良い技術的な要約が含まれています。
だれでも、しかし
前に進むことに最も勇敢な人を倒すために十分な
機械のような訳の分からないことを
早口にしゃべることで。」





彼らが一日の終わりに望むのは、
風力からたくさんのお金を儲けることだけです。




「私は、彼らが私のような人々を
気にしていることを彼らが証明しているのを見たいと思う。




「そして、私は今、
それがここを買い取ることを
意味するのではないかと思います。
彼らの収益の数十億ポンドからの小銭で。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-10 : 音と健康:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<34-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>ぜひ⇒34-アイルランド, プレス・リリース:巨大な雪玉は、大臣のブレードから風を打ちます…健康への悪影響には、睡眠不足、過敏症、神経質な愁訴、学校での子供の集中力の欠如、自閉症児の重度の問題、てんかんに苦しんでいる人々が含まれます | ぜひ⇒添付された文献(資料) | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <①~③風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>①ロードアイランド州:嵐の被害にあったソルティ ブライン ステート ビーチ(Salty Brine State Beach)のタービン | ぜひ⇒②ロードアイランド州/動画:ソルティ ブラインの転倒タービンは、より高い風に耐えると考えられていた | ぜひ⇒③レター、ロードアイランド州/動画:ジョイス・ヒンドル:ソルティ ブライン ステート ビーチにどんな風力タービンもいらない // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR