騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①~③風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>①ロードアイランド州:嵐の被害にあったソルティ ブライン ステート ビーチ(Salty Brine State Beach)のタービン | ぜひ⇒②ロードアイランド州/動画:ソルティ ブラインの転倒タービンは、より高い風に耐えると考えられていた | ぜひ⇒③レター、ロードアイランド州/動画:ジョイス・ヒンドル:ソルティ ブライン ステート ビーチにどんな風力タービンもいらない // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<①風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月14日




①ロードアイランド州
◇Salty Brine State Beach turbine victim of storm
嵐の被害にあったソルティ ブライン ステート ビーチ(Salty Brine State Beach)のタービン

(Providence Journal | 2017年3月14日)
http://www.providencejournal.com/news/20170314/
salty-brine-state-beach-turbine-victim-of-storm--video




Mark Reynolds, Journal Staff Writer




NARRAGANSETT ナラガンセット、R.I. –




火曜日の午前、ソルティ ブライン ステート ビーチ
(Salty Brine State Beach)で風力タービンを転倒させ、
タービンの塔を曲げ、
ガリラヤのチャンネルに沿って
木製のパビリオンと
岩石の裂け目の両方に構造物を落としました。




環境管理部は午前10時頃の事件について学び、
環境警察はジョージズ・レストランに隣接した
現場に急行したと
環境警察署長のDean Hoxsie氏は言いました。




タービンを支持していた
4インチ厚の亜鉛メッキパイプタワーと
タービン自体が破壊されたとHoxsie氏は述べ、
風が約10フィートの建物を地面から圧倒して
タワーを倒したと付け加えた。

近年取り替えられていた小さな木製のパビリオンもまた
完全な損失であったと彼は言った。





このタービンは、
ソルティ ブライン ステート ビーチの
施設建物の隣に位置する
自立式タワーの上に設置されていたと同氏は述べた。

タービンとそのタワーは2010年に設置された。




10キロワットのタービンは、
バスルームとスナックバーを備えた施設ビルに
電力を供給しています。

Hoxsie氏によると、
余剰電力はナショナル・グリッドに送られたと、
そして同社は火曜日にタービンを切り離して
現場での電線の危険性を減らしたと付け加えた。




南西方向から毎時63マイルの速度で
ナラガンセットに風が吹きつけられた
- ハリケーンの風力以下の毎時11マイル
- 火曜日の嵐の間、国立気象サービスによると。




Hoxsie氏は、タービンが落ちたときに
誰も傷ついていないと語った。




Hoxsie氏は、嵐の間に
タービンを停止することに関する
特定の手順を知らないと述べた。

East Matunuck Beachの同じタービンが
暴風中に動いていて、
大風で無傷だったと彼は言いました。




Hoxsie氏は
損害のコストを見積もっていませんでした。

DEMのパーク部門は、ディレクターの
ジャネット・コイト氏と協力して、
状況を評価し、タービンの交換について決定を下す。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<②風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月15日



ぜひ!⇒
②ロードアイランド州/動画
◇Toppled turbine at Salty Brine was supposed to withstand much higher winds
ソルティ ブラインの転倒タービンは、より高い風に耐えると考えられていた

(WPRI | 2017年3月15日)
http://wpri.com/2017/03/15/toppled-turbine-at-salty-brine-was-supposed-to-withstand-much-higher-winds/



By Steve Nielsen and Ted Nesi




1日後に、より大きな突風に耐えるとされていた
州資金の風力タービンが
火曜日の嵐の中で、
なぜ転覆したのかについての答えは
まだありませんでした。





ナラガンセット(Narragansett)の
ソルティ ブライン ステート ビーチ
(Salty Brine State Beach)で
タービンを支えていた100フィートの塔は、
嵐の中で低くなり、
小さな構造の屋根を裂き、大きな被害を受けました。

現場の環境管理部の関係者は、
「ちょうど半分に折られた」4インチの
亜鉛メッキパイプを見るのは
「驚くべき光景」だと語った。




タービンはソルティ ブラインの
バスハウスの改修工事の一環として
2010年に設置され、
その年は当時の知事にとって
ヘッドライニングで祝った。

その$ 32,175の費用は、
州の再生可能エネルギー基金の助成金によって
カバーされていました。

再生可能エネルギー基金は、
電気代の割増しによる収入の大部分を得ています。




Gina Raimondo知事は、
嵐の中での記者会見で、
タービンを固定することを約束しました。

DEMの広報担当者Gail Mastrati氏は、
水道局が何をすべきかをまだ評価しているものの、
未知のコストで
それを取り除く可能性が高いとしながら、
水曜日に追加することはほとんどなかった。




ソルティ ブラインのタービンに問題があるのは
初めてのことではありません。

Mastrati氏は、
別の冬の暴風雨で被害を受けた後、
2015年2月に一時的に停止したが、
後に再開したと発表した。




Mastrati氏は
DEMがまだタービンの購入を
十分に支出されたお金とみなしているかどうかは
言いませんでした。




このタービンは、オクラホマ州ノーマンの
Bergey Windpowerによって製造された。

同社社長のMike Bergey氏は
Eyewitness Newsに、
マシンは130 mphの風速に耐えるように
設計されていると語った

‐気象学者は、風は火曜日に
60mphを決して上回らなかったと言います。




Bergey社は
ナラガンセットからのビデオを見直した後、
彼はこの問題が
タワーを約20フィートほどで
ボルトで締め付けることによると思ったが、
しかし、彼は確かでないと認めました。





ミドルタウンの会社、
Northeast Engineers and Consultantsが
タービンを組み立てました。

同社の社長Daniel Szymanski氏は
Eyewitness Newsに、
同社は2010年に建設されて以来
その会社には触れていないと述べ、
DEMがそれを維持する責任を負いました。




「私は過去7年間に何が起こったのか
推測するつもりはない」と彼は言った。




Mastrati氏によると、
DEMはタービンが最後に検査され、
作業された時期をまだ見ています。




ソルティ ブラインの改築を
全面的に監督した会社は、
Providenceに拠点を置く
Iron Construction Groupでした。

同社のスティーブン・デパスケール社長は、
建築計画を見直し、
当初計画されていなかったタービンタワーに
後で装置を取り付けたことに気付いた。

しかし、彼は、火曜日の崩壊の原因を知らず、
責任を配分しようとしていないことを強調した。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<③風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月20日




ぜひ!⇒
③レター、ロードアイランド州/動画
◇Joyce Hindle: No more wind turbines at Salty Brine State Beach
ジョイス・ヒンドル:ソルティ ブライン ステート ビーチにどんな風力タービンもいらない

(Providence Journal | 2017年3月20日)
http://www.providencejournal.com/opinion/20170320/
joyce-hindle-no-more-wind-turbines-at-salty-brine-state-beach




私は、ロードアイランド州が
ソルティ ブライン ステート ビーチの
崩壊した風力タービンを
元に戻さないないことを望んでいます
(「猛烈な風がタービンを打つ」、3月15日号)。





非常に醜くて非常に騒々しい
- それはそのエリアへの恐ろしい追加でした。





人々は休息するためにビーチに行き、
リラックスして岸で崩れる波の音や
ブロック島フェリー(Block Island Ferry)の
ホーンに耳を傾けます。

彼らは風力タービンからの
厄介な唸る音を聞くために行きません。


間違い なく、電力節約のコストは、
それを建てるための
2百万ドルの価値がありませんでした。




私はソルティ ブラインと彼の妻が
ビーチで 「彼らの」ベンチに
毎日座っているのを覚えています。

彼は 「ファン」が挨拶したとき、
いつもとても楽しそうでした。

なぜ、ビーチパビリオンのどこにも
彼の写真がないのですか?

今日ソルティ ブライン ステート ビーチを
訪れている若者たちは、
彼が誰だったか分かりません。





おそらく、短い献辞(伝記)で
彼の写真を載せるためにお金を使うのは、
納税者の​​お金を使う良い方法でしょう。

それは確かに
多くの世代のロードアイランド州民を
意味する人の思い出を称えるものです。





Joyce Hindle
ジョイス・ヒンドル

Cumberland
カンバーランド






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-09 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<音と健康:スコットランド/エアシャー>ぜひ⇒スコットランド:エアシャーの年金受給者は、風力タービンが彼女の人生を「拷問室」に変えたと言います…新しい空港や高速道路を利用するなどで人が得ることができる強制的な補償制度はありません~人々は騒音とちらつきのために病気になって既に引っ越してしまった。これはTralorgで起きました、そして、一般的に運営会社がそれらを購入したと考えられています // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <33-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>33-アイルランド:コーク州議会は、風力発電所ガイドラインを求めます…私は彼らの家にタービンが近接しているために苦しんでいる人々の数々の例を見てきました…市議ヨハネ・パウロ・オーシア / 騒音の苦情のために風力発電会社によって他の家やホテルに泊まっていた家族を知っています…市議 メリッサ・マラン |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR