騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①~④風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/作業中の落下事故>①スコットランド:男性がダンフリースとギャロウェーの境界の風力発電所で巨大なタービンに取り組んでいる間、墜落して亡くなりました | ②スコットランド:風力発電所の労働者は、タービンから落ちた後に死亡する | ③スコットランド:風力発電所の労働者はエアシャーの同様の悲劇の数週間後にグラスゴー近くのタービンから転落死しました | ④スコットランド:スコットランドで風力発電所の労働者の死亡を阻止するためにもっと多くのことをするよう求める…建設労働者のための最大の組合である『Unite』は、スコットランドで2週間に2人の労働者が亡くなった後、風力発電所の安全性を改善するための緊急行動を求めた // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<①風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/作業中の落下事故>




2017年3月16日




①スコットランド
◇Man, 37, plummets to his death while working on giant turbine at wind farm on border of Dumfries and Galloway
男性がダンフリースとギャロウェーの境界の風力発電所で巨大なタービンに取り組んでいる間、墜落して亡くなりました
(The Scottish Sun | 2017年3月16日)
https://www.thescottishsun.co.uk/news/732023/man-falls-from-wind-turbine-kilgallioch-wind-farm/



Mary McCool



画像:

男性がKilgallioch風力発電所
墜落して亡くなりました


========================================



男性がスコットランド南部の
巨大な風力タービンで作業中に
墜落して亡くなりました。



37歳は、ダンフリースとギャロウェイと
サウス・エアシャーの境界にまたがる
Kilgallioch風力発電所で墜落しました。



昨日の午後5時3分、
スコットランドの救急車は恐怖の落下に対応した。



男性がどこまで落ちていたのかは不明だが、
現場のタービンの中には
480フィートの高さのものもある。



SASの広報担当者は次のように述べています。
「私たちは、救急車1台、
マネージャー、Helimed救急ヘリ、
緊急医療回収サービスを現場に派遣しました。」



「男性患者は陸路で病院に運ばれました」



スコットランド警察は、
「水曜日の午後6時45分頃、
ニュートン・スチュワート近くの
風力発電所で働いている間に、
警察に負傷した男性の報告が求められた。」



「緊急サービスが参加し、
37歳の男性が現場で死亡したと発表された。」



「現場は現在閉鎖されており、
事件の状況を明らかにするための初期段階にある。

保健衛生担当者に通知があり、
報告書はProcurator Fiscalに提出されます。」



1月に同じ発電所の風力タービンが崩壊した。



調査はスコティッシュ・パワー・リニューアブルの
開発者と
タービンメーカーの
ガメサ(Gamesa)社によって開始されました。



96タワーのサイトは現在建設中で、
今年後半には完全にグリッドに接続される予定です。



スコティッシュ・パワー・リニューアブル社は
以前、Kilgalliochの風力発電施設が完成した後、
英国で2番目に規模が大きいと述べています。



完全にオンストリームの時には、
3億ポンドのKilgalliochの開発により
239メガワットが生成され、
最大13万世帯に電力が供給されます。



同社はコメントを求められている。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<②風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2016年8月31日




②スコットランド
◇Wind farm worker dies after falling from turbine
風力発電所の労働者は、タービンから落ちた後に死亡する

(STV | 2017年3月31日)
https://stv.tv/news/west-central/1384484-wind-farm-worker-dies-after-falling-from-360ft-turbine/



35歳が水曜日にホワイトリー(Whitelee)風力発電所
死亡が確認されました。




画像:

ホワイトリー:男性はEast Renfrewshire風力発電所で
死亡しました(写真ファイル)。

Creative Commons by Ian Dick


==========================================



労働者は、英国最大の陸上風力発電所の
East Renfrewshireのタービンから
落下して死亡しました。




25歳のスペイン人男性は、
水曜日の朝、Eaglesham近くの
ホワイトリー風力発電所で死亡したと
宣告されました。




タービンは当時メンテナンスを受けていたと
考えられています。




スコティッシュ・パワー社
(Scottish Power)の広報担当者は、
次のように述べました:

「今週、ホワイトリー風力発電所で
事故があったことを確認できています。」




「私たちの思いが
関係者のご家族に届きますように。」




風力発電所はスコティッシュ・パワー社が
所有していますが、
高さ360フィートから440フィートの間にある
215基のタービンのメンテナンスは
GE社によって行われます。





スコットランド警察のスポークスマンは
次のように言いました:

「午前10時ごろ、警察と緊急サービスは、
ホワイトリー風力発電所のタービンから落ちた
25歳の男性の報告に応じました。




「彼は現場で死亡が宣告されました。

調査は早い段階で行われており、
衛生安全担当者には情報が提供されています。」




「死亡は疑わしいとは考えられていません。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------------




<③風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2017年3月31日




③スコットランド
◇Windfarm worker plunges to his death from turbine near Glasgow just weeks after similar tragedy in Ayrshire
風力発電所の労働者はエアシャーの同様の悲劇の数週間後にグラスゴー近くのタービンから転落死しました

(Daily Record | 2017年3月31日)
http://www.dailyrecord.co.uk/news/scottish-news/windfarm-worker-plunges-death-turbine-10134003



East Renfrewshire の風力発電所で
スペイン人が死亡したのは、
ポルトガル人男性がAyrshireのタービンで
殺されてからわずか2週間後だった。




By Paul Ward




画像:

ちょうどアントニオ・リナレス氏が
転落死したほんの数日後に
もう一人の労働者が、
スコットランドの風力発電所で死亡しました


==========================================



似たような致命的な事故の数週間後に
スコットの風力発電所で
タービンから落下した後、2人目の労働者が死亡した。





英国最大の陸上風力発電所
East Renfrewshireで
水曜日にスペイン人男性が死亡したのは、
3月15日にエアシャーで
ポルトガルの労働者の死亡に続いて起きました。





25歳のスペイン人は、Eaglesham近くの
ホワイトリー風力発電所で死亡を宣告されました。





タービンは当時メンテナンスを受けていたと
考えられています。




==========================================

画像:

事件はEast Renfrewshireの
ホワイトリー風力発電所で起こった

(Photo: SWNS)


==========================================



スコッティシュ・パワー社の広報担当者は、
次のように述べました:

「我々は、事件が今週、
ホワイトリー風力発電所に
事故があったことを確認できます。」




「私たちの思いが
従業員のご家族に届きますように。」




風力発電所はスコッティシュ・パワー社が
所有していますが、
360フィートから440フィートの間にある
215台のタービンのメンテナンスは
GEによって行われます。




スコットランド警察のスポークスマンは
次のように言いました:

「午前10時ごろ、警察と緊急サービスは、
ホワイトリー風力発電所のタービンから落ちた
25歳の男性の報告に応えました。」



==========================================

画像:

ポルトガルのアントニオ・リナレス氏は、
今月初めにエアシャーの風車の事故で死亡しました


==========================================



「彼は現場で死亡を宣告されました。

調査は早い段階で行われており、
衛生安全担当者には情報が提供されています。」




月曜日、建設中の風力タービンからの
墜落で亡くなったポルトガル人労働者は
警察に名を挙げられました。




ポルトガル出身の
Antonio Joao Da Silva Linares氏は、
3月15日にサウス・エアシャーの
スコッティシュ・パワー社の
Kilgallioch 風力発電所で死亡しました。





37歳の男性は、スコットランド警察と
健康安全局と一緒に状況を調査している
契約者ガメサ(Gamesa)のために働いていました。




96-タービン建設サイトの作業は、
死亡後に中止されました。




ガメサ(Gamesa)のスポークスマンは
次のように言いました:

「ガメサ(Gamesa)は、
この致命的な事故の根本的な原因を
明らかにするために
当局とともに徹底的な調査を実施しています。」



==========================================

画像:

Eaglesham Moorのホワイトリー風力発電所


==========================================



調査中に風力発電所での作業が中止されました。




「私たちは非常に悲しんでいます、
私たちの思いが従業員のご家族に届きますように。」




風力発電所は今年後半に操業する予定です。




スコティシュパワー・リニューアブル社の
広報担当者は次のように述べています:

警察と安全衛生担当官が
全面的に調査を進めています。

スコティシュパワー・リニューアブルは、
これらの調査を完全にサポートし、協力します。




「我々の思いは、事件に巻き込まれている
技術者の家族とともにあります。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------------------------



<④風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2017年4月3日




④スコットランド
◇Call to do more to stop wind farm workers deaths in Scotland
スコットランドで風力発電所の労働者の死亡を阻止するためにもっと多くのことをするよう求める

(2017年4月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/03/
call-to-do-more-to-stop-wind-farm-workers-deaths-in-scotland/




建設労働者のための最大の組合である『Unite』は、
スコットランドで2週間に2人の労働者が亡くなった後、
風力発電所の安全性を改善するための緊急行動を求めた。





最初の悲劇は、37歳のポルトガル人労働者の
アントニオ・リナレス氏が
3月15日にスコティッシュ・パワー社の
サウス・エアシャーのKilgallioch 風力発電所で
墜落して亡くなりました。

リナレス氏は契約者ガメサ(Gamesa)のために働いていた。




最も最近の悲劇は、
East Renfrewshireの
スコティッシュ・パワー社のホワイトリー風力発電所で
タービンのメンテナンスを行っている間に
スペイン人労働者が墜落死したときで
それはこの前の水曜日(3月29日)に発生しました。




地域調整担当者Steve Dillon氏は
次のように述べています:

「この2人の死は恐ろしい悲劇であり、
私たちの思いは2人の犠牲者の家族と共にあります。」





「近年、風力発電所に係る
あまりにも多く死者や負傷がありました。

これらの施設は通常離れた場所にあり、
人口が多い地域では、
これらの悲劇に同じ焦点が当てられていないという
懸念があります。」




「これらの事故が
どのように、なぜ起こったのかを理解し、
今後同様の致命的な事故が起こらないようにするには、
迅速な対応が必要です。」




「健康安全の行政官は、
スコティッシュ・パワー社と専門業者を一緒に呼び、
レッスンを学び、このセクターの安全性を
劇的に向上させる必要があります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-08 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR