騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<34-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>ぜひ⇒34-アイルランド, プレス・リリース:巨大な雪玉は、大臣のブレードから風を打ちます…健康への悪影響には、睡眠不足、過敏症、神経質な愁訴、学校での子供の集中力の欠如、自閉症児の重度の問題、てんかんに苦しんでいる人々が含まれます | ぜひ⇒添付された文献(資料) | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<34-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>



2017年1月8日



ぜひ!⇒
34-アイルランド, プレス・リリース
◇Giant snowballs knock wind from minister’s blades
巨大な雪玉は、大臣のブレードから風を打ちます

(South Wicklow Wind Action Group |2017年1月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/01/10/giant-snowballs-knock-wind-from-ministers-blades/




これまでの比較的穏やかな
アイルランドの冬にもかかわらず、
郡議会が大量の提出を受け取った先週、
バーチャルブリザードが
東海岸のウィックローの町を襲った

信じられないほど100を超える

- シモン・コヴェネイ
(Simon Coveney)計画官の宣言された意図に、
議会が新しい郡の開発計画から
次の条項を削除するように主張する:



風力発電所は、
居住用地または他の居住施設から
少なくとも1,000m
または提案されたタービンの先端までの高さの
10倍以上でなければならず、
そのような開発が
教育機関に近接していることに関して
特別な考慮が与えられます。






2006年に発行された既存の計画ガイドラインは、
住宅用不動産との
最小距離や後退距離を特定するものではなく、
「騒音に敏感な物件までの距離が
500メートルを超えると、
騒音が重大な問題になることはまずありません」と
述べているだけです。


この声明は、科学的証拠を裏づけするものではない
- 風力発電計画の申請を検討する際、
計画当局が要求する最小の後退距離を決定しています。





それ以来、工業用風力タービンの
健康への悪影響の広範な科学的研究と研究
(以下、アペンディックス(付録)で参照されている)が行われ、
その結果、比例してずっと大きな後退距離が
以前よりも現在および将来にわたって
適用されることを勧告する
広範な医学的意見を提言する結果となりました。


健康への悪影響には、
睡眠不足、過敏症、神経質な愁訴、
学校での子供の集中力の欠如、
自閉症児の重度の問題、
てんかんに苦しんでいる人々が含まれます。






▼最高裁判所のケース




ウィックロー議会がこれらのリスクを認識し、
予防的アプローチを採用する義務があることは、
郡の開発計画で
最低1,000メートルの後退距離を設定する際に
従ったアプローチの重要な動機であると
考えられています。




このアプローチの知恵は、
風力タービンサプライヤーである
『Enercon Wind Farm Services Ireland Limited』が
家を捨てなければならなかった
7つのコークの家庭に
迷惑をかける責任を認めている
長時間にわたる高等裁判所判例の結果
によって、
このアプローチの妥当性は、
最近完全に潔白を証明されました。※おとしん:注)

原告に費用が授与され、
4月に裁判所は支払われる損害のレベルを評価します。


こちらのレポートをご覧ください:


http://www.farmersjournal.ie/wind-company-admits-nuisance-damage-to-neighbours-246465



これはアイルランドでの最初の行為であり、
他の風力発電所の開発者、供給者、企画当局は
同様の状況の他の家族からの法的挑戦を可能にします。






▼特別な反応レベル




大臣の草案の方向性への
良好な対応が期待されていたが、
『SWWAG』
(South Wicklow Wind Action Group)の広報担当者は、
このような方向性は通常、ほとんど関心を寄せず、
ほんの一握りの提出を促すものであるため、
観察の量は非常に例外的であると述べた。

「ウィックロー郡(Wicklow County)と、
そして、正に国中の
非常に多くの住民によるこのレベルの関与は、
農村地域の人々の健康に対するリスクと、
超高層ビルのサイズの工業用風力タービンに
近すぎて住むことによってもたらされた
幸福に対する意識を明確に示している
そして、「それは十分に文書化されているが、
利用可能なエビデンスは、
風力発電開発者、財政支援者、逐次的な政府閣僚、
様々な部局、国レベルの公的代表、
国家および地方の計画当局によって
系統的に無視され、放っておかれ、却下された。」と
続けて述べました。






▼申請を計画している風力発電所の保留の需要




風力タービンの計画ガイドラインを
更新するための過去4年間の政府の約束は
これまで実現しておらず、
人の健康へのリスクの証拠が載っている中で
『SWWAG』(South Wicklow Wind Action Group)は
「目的適合」ガイドラインの
問題が浮上している間に、
すべての風力発電計画申請に一時停止を
再度要求しています。





▼アペンディックス(付録)


風力タービン騒音の健康への悪影響

科学研究ドキュメンテーションとの関連

--------------------------------------------------

2011年11月
http://docs.stetzerelectric.com/Havas-Colling-wind-article.pdf

「Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become Ill」

DOI: 10.1177/0270467611417852
published online 30 September 2011
Bulletin of Science Technology & Society Magda Havas and David Colling

The online version of this article can be found at:
http://bst.sagepub.com/content/early/2011/08/24/0270467611417852


--------------------------------------------------

2012年3月
http://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2014/06/Hanning-Evans-BMJ-Wind-Turbine-Noise.pdf


こちらのほうが見つけやすいかもしれません
ただし、閲覧にはサインアップが必要です(おとしん:注)

「Wind turbine noise」

BMJ 2012; 344
doi: https://doi.org/10.1136/bmj.e1527 (Published 08 March 2012)
Cite this as: BMJ 2012;344:e1527

Christopher D Hanning, honorary consultant in sleep medicine1,
Alun Evans, professor emeritus2

http://www.bmj.com/content/344/bmj.e1527


--------------------------------------------------

2014年11月
http://docs.wind-watch.org/Cape-Bridgewater-Acoustic-Report.pdf


「Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm」

Author: Acoustic Group
A number of findings arise from the study and have been grouped as follows.

(おとしん:注)
以下の拙ブログカテゴリーもご参照ください

<*ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>


--------------------------------------------------

2015年11月
http://waubrafoundation.org.au/resources/wind-turbine-amplitude-modulation-planning-control-study-inwg/

Hanning, Wind Turbine Amplitude Modulation & Planning Control Study, INWG
(ハニング、風力タービン振幅変調及び計画制御研究、独立した騒音ワーキンググループ)

Independent Noise Working Group(独立した騒音ワーキンググループ)

「Work Package 3.2
– Excessive Amplitude Modulation, Wind Turbine Noise, Sleep and Health
(ワークパッケージ3.2‐
過度の振幅変調、風力タービンの騒音、睡眠と健康)」

Author(著者,):
Dr Christopher D Hanning BSc MRCS.MRCP MB BS.FRCA MD Honorary Consultant in Sleep Medicine,
University Hospitals of Leicester
(Dr クリストファー・ハニング)

Reviewers(査読者):
Prof Alun Evans MD Visiting Research Professor,
Centre for Public Health, The Queen’s University of Belfast
(Prof アラン・エヴァンス)
Carmen Krogh BSc Retired Health Canada executive
(カーメン・クローグ)
Dr Sarah Laurie BM, BS (Flinders) Chief Executive Officer, Waubra Foundation
(Dr サラ・ローリー)




--------------------------------------------------

以下のリンクは、
関連する要約ページの下部にリンクが表示される、
より詳細なレポートの単一ページの要約です。




2013年9月
https://www.wind-watch.org/documents/infrasound-human-health-and-adaptation/


Infrasound, human health, and adaptation:
an integrative overview of recondite hazards in a complex environment
(超低周波不可聴音、人間の健康と適合:
複雑な環境における難解な危険要因の統合的な概要)


著者:Michael A. Persinger
Behavioural Neuroscience and Biomolecular Sciences Programs,
Laurentian University, Sudbury, Ontario

Natural Hazards, September 2013, DOI 10.1007/s11069-013-0827-3



--------------------------------------------------

2015年8月
http://docs.wind-watch.org/Infrasound-wind-turbines-4-August-2015.pdf


「INFRASOUND,LOW FREQUENCY NOISE AND INDUSTRIAL WIND TURBINE」
(超低周波音、低周波騒音と産業用風力タービン)



MULTI-MUNICIPAL WIND TURBINE WORKING GROUP


MARK DAVIS, DEPUTY MAYOR, ARRAN-ELDERSLIE, CHAIR
/ STEWART HALLIDAY, DEPUTY MAYOR, GREY HIGHLANDS, CO-CHAIR
マーク・デイビス、助役、ARRAN-ELDERSLIE(オンタリオ州ブルース郡), 議長
/ スチュアート・ハリディ、助役、GREY HIGHLANDS(オンタリオ州グレー郡),共同議長

Compiled by
Keith Stelling, MA, (McMaster) MNIMH, MCPP (England)
編集:キース・ステリング

Reviewed by
William K. Palmer, P. Eng.
Carmen Krogh, BSc (Pharm), provided comments on the health component
査読者:
ウイリアム K.パルマー
カーメン・クローグ

July, 2015

--------------------------------------------------

2016年8月
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-and-human-health-a-four-decade-history-of-evidence-that-wind-turbines-pose-risks/



Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービンの騒音とヒトの健康:
風力タービンがリスクをもたらす証拠の40年の歴史


Author: Punch, Jerry; and James, Richard
著者:ジェリー・パンチ;そして リチャード・ジェームス

Jerry Punch, Professor Emeritus, Department of Communicative Sciences and Disorders, Michigan State
University, East Lansing

Richard James, E-Coustic Solutions; and Adjunct Professor, Department of Communication Disorders,
Central Michigan University, Mt. Pleasant

Published September 30, 2016, Hearing Health & Technology Matters



(おとしん:注)
以下の拙ブログのサイトもご参照ください

2016-10-13 : 論文‐超低周波不可聴音
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

<論文ー超低周波不可聴音:風力タービン騒音とヒトの健康>

2016年10月4日

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

※ 論文
■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史

http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

我々は、風力産業、その業界団体と
他の代わりによってしばしばなされる
12の特定の見解表明に取り組むことによって
これを行います。

私たちは、業界の支持者からと
業界から独立している人たちからのものを含む
論文の包括的な見直しにより
その多くは根拠のない
話の種にすぎないことが明らかにされる
これらの見解表明に対応します。


※ 詳細について、拙ブログ内は
2016-10-13 : 論文‐超低周波不可聴音
「風力タービン騒音とヒトの健康:風力タービンが危険をもたらすと」
または
「2016-10-13」で検索してください。


--------------------------------------------------


『SWWAG』(South Wicklow Wind Action Group)は、
それらが所在することになっている
環境と景観にふさわしいサイズとスケールの
持続可能な代替エネルギー・プロジェクトを
推進するコミュニティ組織です。



--------------------------------------

※おとしん:注)

このアプローチの知恵は、
風力タービンサプライヤーである
『Enercon Wind Farm Services Ireland Limited』が
家を捨てなければならなかった
7つのコークの家庭に
迷惑をかける責任を認めている
長時間にわたる高等裁判所判例の結果によって、
このアプローチの妥当性は、
最近完全に潔白を証明されました。

---------------------------

以下の拙ブログカテゴリーをご参照ください

<〼住民勝訴⇒アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>


---------------------------------------





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------
  関連記事
----------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



≪1-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇Doctors call for reduction in turbine noise
医師はタービンノイズの低減を求める

(Irish Examiner | March 12, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
doctors-call-for-reductionin-turbine-noise-317947.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

By Conall Ó Fátharta, Irish Examiner Reporter

優れた医師は、風力タービンの
騒音レベルを低減することを政府に求めている

- 世界保健機関(WHO)のガイドラインが
推奨する4倍であると、彼らは主張した。


アイルランドの医師環境協会もまた、
500メートルのセットバック距離は十分ではない、
それは少なくとも
1500メートルに増加させる必要があると述べました
[1.5kmは、ほぼ1mi]。


クイーンズ大学のアラン·エバンス客員研究教授と
ウォーターフォード地域病院教授で
リード臨床コンサルタントのグラハム·ロバーツ氏は
現在の騒音レベルと、
家から風力タービンまでの距離の両方に
懸念を表明しました。


環境大臣アラン·ケリーは現在、
風力エネルギー計画のガイドラインを見直していて、
公衆衛生の利益のために
綿密に検査されるべきその両方の問題を
グループに要求しています。


その関連付けは、
WHOによって推奨されているように
30デシベルの最大騒音レベルの導入と
そして、暮らしている家からのセットバックの距離を
現在の500メートルから
少なくとも1500メートルに呼びかけています。


エヴァンス教授は、
アイルランドの風力タービンの建設は
「人間の居住地に
あまりにも近くで認可されている」と述べました。


「その、衝動的な侵入的で、侵入的で、
時には絶え間ない性質のため
風力タービンによって発生する騒音が
特に睡眠を妨げそうである。」と彼は言いました。

「若者と高齢者は特に危険にさらされています。
睡眠不足である子供たちは肥満になりそうです。
そして、それは成人期に
彼らの糖尿病と心臓病の素因になります。
記憶は、睡眠中に補強されるので
彼らはまた、学習障害も示します。」

エヴァンス教授は、睡眠不足の成人は
特に、心臓発作、心不全と脳卒中、
そして、認知機能障害および精神的な問題の
疾病の範囲の危険にさらされていると、言いました。


クイーンズの公衆衛生のためのセンターに所属する
エヴァンス教授は、
政府は、国民に向けて注意義務を行使し、
リスボン条約に謳われている
「予防原則」を行使すべきであると述べました。


「発達する国際的なコンセンサスに基づき、
それは、少なくとも1500mまで
タービンのセットバックを上げることによって、
これを達成することができます。」と、
エヴァンス教授は言いました。

2013年12月に、環境省は、声明において、
2006年の風力エネルギー開発ガイドラインの
騒音、セットバックの距離と
シャドウフリッカーの側面について
草案の改訂を発表したと言いました。

これらの案の改訂を提案:

•今後の風力エネルギー開発のための
より厳格な40デシベルの昼夜騒音リミットの設定。

•アメニティの考慮のために、
風力タービンと最寄りの住居の間に500メートルの必須の最小後退距離。

•風力タービンと近隣の住居の間のシャドーフリッカーの完全な排除。

公開協議プロセスは、
ガイドラインの改正案について開始され
2014年2月21日まで実行されました。
部門は、この期間中に
市民団体やメンバーから7500の提出物を受けました。

この事に関して、アカウントは
「最終的なガイドラインを作る際に
公開協議への広範囲な応答をする必要があります。」と
部門は、声明の中で述べました。

「しかしながら、
2006年風力エネルギー開発ガイドラインの改訂は、
近い将来に完成され、
その法案に提起された
多くの問題に対処することは部門の意図するものです。」

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-----------------------

ぜひ!⇒
2-アイルランド/画像
◇War on power stations: Stop blight of pylons and turbines from ruining the countryside
発電所との戦い: 鉄塔とタービンの荒廃から田園地方を滅ぼすのを止めてください

(アイリッシュ・ミラー | 19 March 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/
war-power-stations-stop-blight-5360788

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

今日、『アイリッシュ・ミラー』は、
巨大な高圧線用鉄塔と
風力タービンの荒廃から
私たちの田園地帯を保存するための
キャンペーンを開始します。

-----------------

3-アイルランド
◇Moratorium on new wind farms passed
新しい風力発電所の一時停止は、通過しました

(Waterford News & Star | May 20, 2015)
http://www.waterford-news.ie/2015/05/20/147152/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html
-------------------------

4-アイルランド
◇Proposal to keep wind turbines 700m from homes
家から700mで風力タービンを維持するという提案

(Irish Examiner | May 25, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/
proposal-to-keep-wind-turbines-700m-from-homes-332644.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3205.html

---------------------------

ぜひ!⇒
5-オピニオン、アイルランド/画像
◇There’s a definite change in the air when it comes to the location of wind farms
風力発電所の場所に関しては、空中の明確な変化があります

(Irish Independent | 28/05/2015)
http://www.independent.ie/opinion/comment/theres-a-definite-change-
in-the-air-when-it-comes-to-the-location-of-wind-farms-31258754.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3206.html

---------------------

6-アイルランド/画像
◇Put giant turbines further from homes – TDs
家からより遠くに巨大なタービンを置く – TDs

(Irish Independent | 29/05/2015 )
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
put-giant-turbines-further-from-homes-tds-31262612.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3215.html

--------------------------

7-アイルランド
◇Windfarm guidelines ‘blocked’ claim Laois awareness group
風力発電所のガイドラインは、ラオイズの啓発グループの要求を「ブロックしました」

(Express | 14 July 2015 )
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/
windfarm-guidelines-blocked-claim-laois-awareness-group-1-6848577

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3236.html

--------------------------

8-アイルランド
◇‘Compelling public issues’ over turbine」
タービンに関する「強制的な公共の問題」

(Irish Examiner | July 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/compelling-public-issues-over-turbine-344012.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

-----------------------

9-アイルランド
◇More wind turbines would be ‘madness’, says energy expert
より多くの風力タービンは、『狂気』であると、エネルギーの専門家は言います

(The Irish Times | Jul 22, 2015)
http://www.irishtimes.com/news/politics/
more-wind-turbines-would-be-madness-says-energy-expert-1.2294038

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3295.html

Elaine Edwards

アンソニー・ホワイト博士は、
アイルランドが間違った方法で
再生可能エネルギーの目標を
達成しようとしていると言います

2020年までに
アイルランドの電気の40パーセントを
更新可能エネルギー源から生み出す目標を
達成することは、
国中で、あと200の風力発電所を必要とすると、
エネルギー・スペシャリストの
アンソニー・ホワイト博士は言いました。

コンサルティングBWエネルギーの責任者、
ホワイト博士は、
アイルランドのまわりで、
より多くの風力タービンを造ることは
「狂気」であると、
MacGillサマースクールで話しました。

------------------------

10-アイルランド
◇‘I won’t let my dream of life in the unspoilt Irish countryside be destroyed’: Dad’s pledge against pylons
「私は自然のままのアイルランドの田舎での生活の私の夢を破壊させません':鉄塔に対するお父さんの誓約

(Irish Mirror | 29 June 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/i-wont-dream-life-unspoilt-5965651

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3536.html

------------------------
≪11-①アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年8月4日

ぜひ!⇒
11-①アイルランド/画像
◇Jockey Paul Carberry: Wind farms will put our lives in danger
ジョッキー・ポール・カーベリー: 風力発電所は、我々の命を危険な状態にします

(アイリッシュ・ミラー | 4 August 2015 )
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/jockey-paul-carberry-wind-farms-6186522

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3537.html

チャンピオン・ジョッキーの
ポールCarberryは、
彼の厩舎のそばの
巨大な風力発電所の計画が
ライダーにとって
危険を意味する方法だと警告しました。

「馬は危険のための自然なレーダーを持っており、
捕食者に常に目を光らせています。

彼らのビジョンへの突然の影は、
彼らを警戒させます、」

エレメントパワーという会社は、
彼がトレーニング中の
120頭以上の素晴らしい馬を持っている
ノエルの厩舎の近くに
3つのクラスタの€€2億4000万の開発で
46台の巨大なタービンを構築したいと考えています。

--------------------------

≪11-②アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年7月18日

11-②アイルランド/画像
◇Top horse racing trainer Noel Meade warns wind turbines will kill a horse or a jockey
最高の競馬トレーナー・ノエル・ミードは、風力タービンが馬またはジョッキーを殺すと警告します

(アイリッシュミラー | 18 July 2015)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/top-horse-racing-trainer-noel-6088762

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3539.html

アイルランドの最高のホース・トレーナーの1人は、
風力発電所と発電鉄塔から田園地方を救うための
『アイリッシュ・デーリー・ミラー』の
キャンペーンに加わりました。

彼は警告しました:

「ジョッキーは、これらの巨大なタービンで
殺される可能性があります。
169メートル - それらの高さを見てください。
これらのいまわしいもの大きさ。」

「馬は簡単に怖がります、
ジョッキーとともに飛び出せば、
どんなに優れた騎手であっても、
全能の神は彼を停止させられません。」

------------------------

12-プレスリリース、アイルランド
◇Raheenlea windfarm: local residents slam zero communication
Raheenlea風力発電所: 地元の居住者は、コミュニケーション・ゼロをたたきつける

(Ballycoog Area Residents Group)
https://www.wind-watch.org/news/2015/08/26/
raheenlea-windfarm-local-residents-slam-zero-communication/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

地域住民チャーリーカバナーは
インフラサウンドと地面振動が
世界中の風力タービン開発の
有名な結果であると知られていて、
そして自閉症またはてんかんの問題が
悪影響を受ける個人について、
多くの十分に実証例があることを
指摘しました。

計画プロセスの一部として
コミュニティの個人の健康の状態の
ベースライン調査が行われたかどうか、
または、生徒に、
そのような問題があったかどうか確認するために
地元の学校とともに
コンタクトがなされたかどうか尋ねられたとき、
ギャラガーさんは
どちらの仕事も引き受けられなかったと言いました。

彼はまだそのような研究を行うために、
プロジェクトの運用段階の開始までの
時間があることを認めました、
そして、それを行うことができるかどうかを
確認すると約束しました。

------------------------
ぜひ!⇒
13-アイルランド
◇Wind protest at ploughing
耕作で風力の抗議

(Leinster Express | 18 September 2015)
http://www.leinsterexpress.ie/news/local-news/wind-protest-at-ploughing-1-6957728

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3540.html

「最も長い協議期間は、
これまでにできるだけ多くの
風力の申請が通じるのを
許可するようになっていました(現在27ヵ月)」と
『ピ-プル・オーバー・ウィンド』は主張します。

グループは、1年前、
アラン・ケリー環境担当大臣に、
彼らの懸念を置きました。

「彼は、この4月に
再びガイドラインは
数週間以内に公開されることを約束しました。
企業の議会工作の後に、
彼らが失速したことについて確実な情報があります。」と、
フィングルトンさんは言いました。

------------------------

14-アイルランド
◇New wind farm guidelines ‘imminent’
「差し迫った」新しい風力発電ガイドライン

(RTÉ News | 20 September 2015)
http://www.rte.ie/news/2015/0920/729100-windfarms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3542.html

------------------------
ぜひ!⇒
15-アイルランド/画像
◇No wind turbines within 600 metres of homes as Cabinet clash over proposals
内閣は提案と衝突して住居から600メートル以内に風力タービンはありません

(アイリッシュインディペンデント | 22/09/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/
no-wind-turbines-within-600-metres-of-homes-as-cabinet-clash-over-proposals-31547415.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3544.html

新しい規則は、どんな個人の住居からでも
タービンのために600メートルの
いわゆる『セットバック距離』を強います

– そしてそれは
現在のガイドラインで述べられている
500mから増加です。

ケリー氏とコフィー氏は、
地方自治体に
後退距離に対して責任を与えることを
受け入れると思われます。

------------------------

16-アイルランド/画像
◇Locals facing eviction after losing windfarm appeal
風力発電所の訴えを失った後に立ち退きに直面している地方住民

(Irish Examiner | September 23, 2015)
http://www.irishexaminer.com/ireland/locals-facing-eviction-after-losing-windfarm-appeal-355324.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3545.html

------------------------
ぜひ!⇒
17-オピニオン、アイルランド/画像
◇Families forced to move out of homes due to industrial monster wind turbines
一家は、産業用モンスター風力タービンのために家から出て行くことを強制されます

(アイリッシュ・ミラー | 2015年10月9日)
http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/health-news/families-forced-move-out-homes-6598685

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3546.html

巨大なタービンは、それらの近くに住む人々が
眠ることができないほど大きな音を立てます。

この低い周波数ノイズへの長引く曝露は、
不眠症、頭痛、鼻血、不安といった
正常に機能するための
一般的なことができないことを引き起こします。


子供たちは、特に弱いです。

自分の家から1.6キロ
タービンが建設された直後に、
1つのCo コルクの一家は、
朝食時に眠りに落ちる自分の子供に気づきました。


これはすぐに深刻な頭痛と鼻血で
病院に殺到することになりました。

この一家は、彼らの家から
引っ越しすることを余儀なくされました。


ありがたいことに、一度安全な距離を離れて、
彼らは最終的に完全に健康に戻りました。

風力の開発者は責任を否定して、
法的措置に直面しています。

アラン・ケリーは環境大臣です、
そして、適当なガイドラインが
我々を保護するために実施されていることを
確認することは彼の部門の職務です。

しかし、風力発電産業は残酷なビジネスであり、
問題を無視するように政府を強制しています。

労働相アレックス・ホワイトは、
確かに助けていません。

国中の家族が家を出なければならないほど
病気になっている
この恐ろしい状況を防ぐのを助ける
どんな案でも、
彼らが効果的に妨害したように、
彼はガイドラインを発表しないために
風力産業によってかなり働きかけられました。


しかし、反対派は、現実的代案として
石炭からバイオエネルギーへ、
Coクレアの
『Moneypoint発電所』を改造するという
完全にコストを見積もられて評価された計画を指さします。

これが行われた場合は、
風力発電所からの電力を運ぶために
田園地方を田園地方を通って
曲がりくねってそびえる鉄塔に
アップグレードする
大規模な送電網の必要はないでしょう。

あなたの次のESB法案を見て、
PSOの賦課金を参照してください
- それのほとんどが風力の開発者のためのものです。

Moneypointを変換することは、
すべてのタービンや鉄塔のための
政府の計画原価の10分の1で行うことができます。

信じられないことに
ホワイト氏は、
彼らもこの代替を見たことがないと認めています。


彼らの家から引っ越さなければならない
家族の悲劇の他に、
我々全員は、
莫大な電気価格を払わなければなりません。


「自然で、きれいな」イメージはその程度
– それは広報指導者によって大量生産される
マーケティング・スローガンであることがわかります。

何のために?

経済に無利益、環境に無利益、
普通の働く人々に無利益なのは間違いないです。



この政府が、これらの風力発電所と鉄塔を
国の隅々にもたらしている
行進の恐怖に、停止を命じる時が来ました。

私たちの風景に繰り広げられている戦争を
停止するときです。

それが起こるまで、どこにも安全はありません。

------------------------

≪18-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月17日

18-アイルランド
◇Government to call in expert as ministers row over turbines
政府は、タービンを巡る閣僚の騒動で専門家を呼び出します

(Irish Independent | 17/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
government-to-call-in-expert-as-ministers-row-over-turbines-34116905.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3547.html

------------------------

≪19-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2015年10月28日

19-アイルランド
◇Turbines whipping up a storm as TDs begin to feel force of ‘rural power’
下院議員が『地方のパワー』の力を感じ始めて、嵐をかき立てているタービン

(Irish Independent | 28/10/2015)
http://www.independent.ie/irish-news/news/
turbines-whipping-up-a-storm-as-tds-begin-to-feel-force-of-rural-power-34147996.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3549.html


多くのデータがありました、
しかし、その部屋の注意を
本当にひいたのは
ドロシーとマイケル・キーンの話でした。

彼らは、2004年に理想の家へ引っ越しました。

「それは美しい丘に面していました、
私たちの横には古代のリング砦がありました。」と
ドロシーは言いました。

彼らは、タービンを建設する計画の
許可があったことは知っていました、
「しかし、最悪なのは、
我々が一生の残りの間
それらを見なければならないということが
起きるだろうと、その程度に思っていました。」

しかし、タービンが2011年に造られたあと、
「それらが回転を始めるとすぐに、
我々は騒音の大きい問題を抱えていると
理解しました」。

キーン家は、彼らが眠ること、
集中と低いエネルギー準位に関する問題が
生じたことに気がつきました、
そして、両方とも「耳と胸の圧力」を
経験しました。



最終的に2013年1月に、
彼らは、医療の助けを求めました。

「医師が我々に与えることができた
唯一のアドバイスは
我々の家を出て、
自分でその問題から距離を取ることでした。

彼はメイヨー出身でした、
そして、風力発電所の
騒音に起因する問題を知っていたと
言いました。

「我々は打ちのめされました。」


その年の残りを最後まで頑張って
更なる医師の診断を求めた後に、
彼らは2013年12月に引っ越して行きました。


------------------------

20-アイルランド
◇1,000m wind farm distance sought
1,000mの風力発電所の距離が求められます

(Bray People | 07/11/2015)
http://www.independent.ie/regionals/braypeople/news/1000m-wind-farm-distance-sought-34166490.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3550.html

------------------------

21-アイルランド
◇Environment Minister admits ‘tension’ within government over wind turbine plans
環境大臣は風力タービン計画について政府内での「緊張」を認めている

(アイリッシュ・インディペンデント | 2015年12月3日)
http://www.independent.ie/irish-news/politics/
environment-minister-admits-tension-within-government-over-wind-turbine-plans-34257133.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

------------------------

22-アイルランド/画像
◇Kelly’s plans will end wind farms, warns Labour colleague White
ケリーの計画は風力発電所を終了させると、ホワイトは労働党の同僚に警告

(アイリッシュ・インディペンデント | 2016年2月2日)
http://www.independent.ie/irish-news/election-2016/rightcol/
kellys-plans-will-end-wind-farms-warns-labour-colleague-white-34415608.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

内閣と党の同僚の
アレックス・ホワイトによると、
アラン・ケリー氏の
風力タービンと町と村間の距離を伸ばす計画は、
「陸上風力の終了」をもたらすだろう。

------------------------

23-アイルランド
◇White bids to end row with Kelly on turbines
タービンに関するケリーとの口論を終えるためのホワイト氏の試み

(businesspost.ie|2016年2月7日)
https://www.businesspost.ie/politics/white-bids-to-end-row-with-kelly-on-turbines-302649

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4334.html

------------------------

24-アイルランド
◇Council on collision course with government over wind farm guidelines
風力発電のガイドラインについての政府との衝突過程に関する議会

(ウェストミーズ・エグザミナー | 2016年5月24日)
http://www.westmeathexaminer.ie/news/roundup/articles/2016/05/24/4120272-/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html


環境大臣、サイモン・カブニーは
今週、風力発電のガイドラインに関する
郡の開発計画の改正について
ウェストミーズ議会に厳しい警告を出しました。

このバリエーションでは、
風力エネルギー開発の外で
30dbの夜間騒音制限が必要です。

これは、夜間の騒音制限が43dbの
現在の2006年のガイドラインに反するものです。

------------------------

25-アイルランド
◇Westmeath council set to challenge Coveney directive on wind turbines
風力タービンのカブニーの指令に挑戦する準備をするウェストミーズ議会

(アイリッシュタイムズ|2016年6月14日)
https://www.irishtimes.com/news/social-affairs/
westmeath-council-set-to-challenge-coveney-directive-on-wind-turbines-1.2683492

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

≪26-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年6月18日

ぜひ!⇒
26-手紙、アイルランド
◇Wind turbines need to be a minimum of 2km from houses
風力タービンは家から最低2km必要です

(サザン・スター|2016年6月18日)
http://www.southernstar.ie/news/roundup/articles/2016/06/18/
4121742-letter-wind-turbines-need--to-be-a-minimum-of--2km-from-houses/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

------------------------

27-アイルランド
◇Wind turbine setback distance up for review
風力タービンの後退距離の検討が議題になる

(Indo Farming | 2016年7月12日)
http://www.independent.ie/business/farming/
wind-turbine-setback-distance-up-for-review-34873989.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html


住宅からの
風力タービンの後退距離に関する
継続的な紛争は、
仲裁へ行くことになっていると、
今週確認されました。

訴訟は、全国的に後退距離を標準化する
最後の政府による試みに対して、
無所属のドニゴール議員
ジョン・キャンベルによってとられました。

ドニゴール郡議会が
風力タービンを住宅の1km以内に
建てることはできないと規定した。
郡の開発計画のガイドラインを導入する努力を
環境省が却下した後、
キャンベル氏は法廷訴訟を起こしました。

この判決は、6月21日に高等裁判所で審理されたが、
聴聞会が始まる前に和解しました。
両者は独立検査官の判決を待つことに同意した。

カブニー大臣の代わりに出された声明では、
風力タービンの後退距離に関する
国家計画ガイドラインが
依然として適用されていると主張している。


無所属のTD
ロスコモンのマイケル・フィッツモーリス氏は
この事件は
「議員のために読む価値がある」と述べ、
それぞれの地方自治体や議会で
後退距離を規制する権限を持つことができると
述べました。

「私は、政府が住宅から1キロ離れた距離に
同意することができると確信している」と
彼は言いました。

しかし、アイリッシュ風力エネルギー協会
(IWEA)のブレンダン・Heneghanは、
風力タービンの後退距離に関する
現在のガイドラインが引き続き有効であり、
最良の国際慣行を満たしていると主張した。

------------------------

28-アイルランド
◇Sinn Fein TD introduces Bill to regulate wind turbines
シンフェイン党 TD、風力タービンを規制する法案を発表

(ラインスター・エクスプレス | 2016年7月20日)
http://www.leinsterexpress.ie/news/home/211589/
sinn-fein-td-introduces-bill-to-regulate-wind-turbines.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html

地域社会の共同所有に関する規定


通信、エネルギー、天然資源の
シンフェイン党スポークスマン、
ブライアンスタンレーTDは
今日(7月20日)
風力タービンを規制する法案を発表しました。
風力タービン規制法案2016。


------------------------

≪29-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月3日

29-アイルランド/画像
◇750m wind turbine setback mooted
750mの風力タービンのセットバックが議題にのぼる

(ラインスター・リーダー | 2016年11月3日)
http://www.leinsterleader.ie/news/home/222359/750m-wind-turbine-setback-mooted.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4338.html


キルデアのアンチ風力発電所の運動家は、
政府が
新しい風力エネルギーガイドラインで
現在の距離よりわずか250mほど多い
家から750mのタービンの後退距離を
明らかにすると考えています。

「これは法外で、
地方のアイルランドの居住者に対する侮辱です」と、
KEAGのスポークスマン
シーラ・オブライエンは断言しました。

「我々は環境大臣に
開発者と一緒に走るのではなく、
アイルランドの農民の立場に立って、
ポーランドと南部ドイツのバイエルンを含む
他の国々で行われたように、
はるかに大きなセットバックを与えるように
頼んでいます。」

------------------------

≪30-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月17日

30-アイルランド
◇‘We don’t want wind turbines in our back yard’
『我々は、裏庭に風力タービンが欲しくありません』

(オファリー・インディペンデント | 2016年11月17日)
http://www.offalyindependent.ie/news/roundup/articles/2016/11/17/
4130288-we-dont-want-wind-turbines-in-our-back-yard/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4339.html

------------------------

≪31-アイルランド/風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫

2016年11月27日

31-アイルランド/画像
◇Communities set to win power battle over wind turbines
コミュニティは、風力タービンのパワーバトルに勝つために立ち向かう

(サンデー・タイムズ | 2016年11月27日)
http://www.thetimes.co.uk/edition/ireland/communities-set-to-win-power-battle-over-wind-turbines-q97vh9b98

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4339.html

地元のコミュニティと協議していない
風力発電所の開発者は、
エネルギー大臣のデニス・ナッテンによって
考案された新しい計画の下で、
家から最大1kmにタービンを建設することを
余儀なくされる可能性があります。

有意義な方法で関与する企業は
同意を得て、住宅へ500m近いところに
タービンを配置することができます、
しかし、適切な協議を怠ると
後退距離が倍になる可能性があります。

---------------------------------------------

<32-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2016年12月12日

32-アイルランド
◇Wind farm guidelines delayed due to European ruling
風力発電所ガイドラインは、ヨーロッパの判決のために遅れます

(The Irish Times | 2016年12月12日)
https://www.irishtimes.com/news/politics/wind-farm-guidelines-delayed-due-to-european-ruling-1.2902008

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4600.html

画像:
政府は、欧州裁判所の判決に従い、
風力発電所の新しいガイドラインを
発行する決定を延期した。

ファイル写真:nny Lawson/PA Wire

==================================================
※ ワロン事件における欧州司法裁判所判決
==================================================

<風車と裁判/EC司法裁判所~EC指令2001/42/EC>

2016年10月27日

ぜひ!⇒
ベルギー, ヨーロッパ, プレス・リリース
◇Important ruling from the European Court of Justice
EC司法裁判所からの重要な判決

(Friends against wind|2016年10月27日)
http://en.friends-against-wind.org/justice/important-ecj-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4286.html

Patrice d’Oultremont, Vent de Raison (ワロン、ベルギー)


欧州指令2001/48/CEによって
適切に一般市民に知らせて
問題についての意見を求めずに
ワロン政府(ワロン、ベルギー)は
ワロン地域における風力発電所の配備を
かなり容易にすることを目的とする
『norme sectorielle(業界標準)』をつくって、
それを不当に行ったという判決を
2016年10月27日に
EC司法裁判所(ECJ)は出しました。


欧州議会の指令2001/42/ECの、
そして、特定の計画と
プログラムの環境に対する影響の評価に関する
2001年6月27日の会議の
第2(a)条および第3条(2)(a)は
このような問題になっている議事のように
行政の同意が
そのような設備の設置と運用のために
付与されたときに
遵守しなければならない
風力タービンの設置上のさまざまな規定を含む
主要な手続きにおいて
その指令の意味の範囲内で
調整命令が『計画とプログラム』の概念の範囲内に
入ることを意味する
監督上の命令の意味として
解釈されなければなりません。


ECJの判決は、加盟国全土で
すべての同様の法規にすぐに適用可能で
これは、
陸上風力発電所に反対する人のための大成功です。



追加情報については、
ECJのウェブサイトにアクセスしてください
そして、『case C-290/15』を探します
(d’Oultremont et al. vs Walloon Government):

http://curia.europa.eu/juris/liste.jsf?num=C-290/15


ECJの判決の重要性を考慮すると、
皆さん一人一人が自分の国に
できるだけ広く情報を伝えることが
適切かもしれません。
(フランスとオランダ政府と欧州委員会は、
市民の原告に対して
ワロン政府に加わっていたことに注意してください)

よろしく

Patrice d’Oultremont
Vent de Raison (Wallonia, Belgium)

http://www.ventderaison.com/

------------------------------------------------------

<33-アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し>

2017年1月7日

33-アイルランド
◇Cork County Council seeks windfarm guidelines
コーク郡議会は、風力発電所ガイドラインを求めます

(Irish Examiner | | 2017年1月18日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cork-county-council-seeks-windfarm-guidelines-439590.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4601.html

コーク郡議会は、現在の法律では、
プロジェクト内のすべてのタービンが
完全に完成していない限り、
騒音監視を実施することができないため、
緊急に風力発電の開発に関して
約束されたガイドラインを
政府に要請することになっています。


------------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-10 : 〼アイルランド:風力エネルギー計画ガイドラインの見直し≫ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法 «  ホーム  » <音と健康:スコットランド/エアシャー>ぜひ⇒スコットランド:エアシャーの年金受給者は、風力タービンが彼女の人生を「拷問室」に変えたと言います…新しい空港や高速道路を利用するなどで人が得ることができる強制的な補償制度はありません~人々は騒音とちらつきのために病気になって既に引っ越してしまった。これはTralorgで起きました、そして、一般的に運営会社がそれらを購入したと考えられています // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR