騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<2、3-ウィスコンシン州ケワニー郡風力発電所の健康問題>2-ウィスコンシン州:ケワニー郡委員会議長は、計画的な風プロジェクトに反対します | 3-ウィスコンシン州:郡は、風力(健康)の州の研究を求めます |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<2-ウィスコンシン州ケワニー郡風力発電所の健康問題> 




2015年11月1日




2-ウィスコンシン州
◇Kewaunee County Board Chairman opposes planned wind project
ケワニー郡委員会議長は、計画的な風プロジェクトに反対します

(ド・カウンティ・デーリー・ニューズ | |2015年11月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/11/02/kewaunee-county-board-chairman-opposes-planned-wind-project/



By Tim Kowols




ケワニー郡委員会議長のロン・ホイヤー氏を
南ケワニー郡の
提案された風力発電所の反対者として数えます。


昨年の冬、
エレメント・パワー U.S.社を買収した後、
カナダの所有するキャピタル・パワー社が
ティッシュ・ミルズ・ウィンド・プロジェクトを
管理しました。

提案された風力発電所は、
地域のために150~200メガワットの
再生可能エネルギーを
潜在的に発生することができました。

ホイヤー氏は、
高さ500フィートプラスの風力タービンは、
観光、健康、および不動産価値を含む
さまざまな理由で
ケワニー郡にとって
悪いニュースであると考えています。






ケワニー郡は、州の司法長官に、
資本力のあるタービンの近くにある家屋の
不動産価値保証の確立に関する
法的意見を求める書簡を提出しました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------



<3-ウィスコンシン州ケワニー郡風力発電所の健康問題>




※ 拙ブログカテゴリー
<⑰ウィスコンシン州ブラウン郡:
風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>と
重複しています


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3747.html




2016年1月20日




3-ウィスコンシン州
◇Counties seek state study of wind power, health
郡は、風力(健康)の州の研究を求めます

(グリーンベイプレスガゼット| 2016年1月20日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/01/20/
counties-seek-state-study-wind-power-health/79081362/




Doug Schneider, USA TODAY NETWORK-Wisconsin





ブラウンとケワニー郡は、
知事の主導を継続して※1)
産業用風力タービンの潜在的な
ヒトの健康への影響の研究に
資金を供給することを州議会を求めています。






ブラウン郡エグゼクティブ、
トロイ・ストレケンバッチと
ケワニー郡委員会会長ロン・ホイヤーは
彼らのそれぞれの委員会に
政府が研究に資金を供給するか、
風力タービン立地規制の制御を
郡に譲るという要請を支持して署名するよう
依頼する予定です


―これは、その後、おそらく、
風力タービンと住宅の間に
現在必要とされるよりも大きな距離が
必要となります。






委員会による承認の後、
セッションの終わりの前に行う要請で、
要請は議会に送信されます。





彼の隔年予算では、
知事スコット・ウォーカーは、
タービンと健康の関係の研究のために
$250,000の支出を提案していました。



しかし、州の議員はそれを削除しました
ブラウン郡は、その2016年の予算で、
研究に資金を供給するための
予算を組みませんでした。





水曜日にストレケンバッチ
(ブラウン郡エグゼクティブ)は、
研究がかかるとどのくらいわからないと
述べました。



彼は、彼とホイヤーが
フォンデュラック郡に尋ねると言いました

―大規模な風力発電所の本拠地

―そして、その他の国は、
研究に資金を提供するためのコールに参加します。





南部ブラウン郡は、
2010年にオンライン化した
8台のタービン開発の
シャーリー風力発電所の本拠地です。



何人かの地域居住者は、
彼らはタービンで発される低周波騒音に
関連があると思っている病気を報告しました。



風力タービンは、ケワニー郡にもあります。


2014年にブラウン郡保健委員会は
シャーリー風力発電所のタービンからの
低周波ノイズが
グレンモアとモリソンで
健康を危険にさらすことができると
宣言しました。



それは、保健局がそのような判決を出した
最初であると思われています。



しかし、保健ディレクターの
チュア・シオーンは、
風力タービンと
それらの近くで生きる人々が受ける病気を
関連づけるために
不十分な証拠が存在すると先月決定しました






風力発電所の反対派は、
間接的に、タービンが、
人々、家畜と、農作物を害することができると
長らく主張しました。



これらの苦情は、
風車は、睡眠障害、低周波騒音、浮遊電圧、
そして、乗り物酔いとの関連がある
「シャドーフリッカ」と呼ばれている現象を
生成することができるという
一部の科学者の主張に同調しています。






一部の家畜のオーナーは、
タービンが動き始めたあと、
彼らの動物が繁殖するのを止めたと言いました。



そしてタービンは、
いくつかの鳥の回遊ルートに
影響を与えると言われています、
これは、昆虫を捕食する鳥が少なくなるので
近くの農場に有害な影響を与える可能性があります。






※1) 主導を継続して

PDF
■Re: Wind Turbine Health Study Funding

https://www.wind-watch.org/news/2016/01/21/counties-seek-state-study-of-wind-power-health/



Troy Streckenbach
Brown County Executive


Ron Heuer
Kewaunee County Chair


※ 提出文書は、上記サイトで
「asking the state Legislature to follow
through on an initiative」 から
リンクしています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






==================================
≪もっと詳しく知る≫
==================================



■Wind turbine page from the Brown County Board of Health:
ブラウン郡保健委員会の風力タービンのページ


http://bit.ly/1CtatJH





■Brown County Citizens for Responsible Wind Energy:
『責任ある風力エネルギーのためのブラウンカウンティ市民』


http://www.bccrwe.com




■Duke Energy Renewables:
米国再生エネルギー開発大手
『デュークエナジー再生可能エネルギー社』


http://www.duke-energy.com/commercial-renewables




ブラウン郡保健ディレクターのチュア・シオーン
■Chua Xiongさんのプロフィール
https://www.linkedin.com/in/chua-xiong-rn-msn-28b07539


8台のタービンの風力発電所
■Shirley Windpower (シェリー・ウィンドパワー)
(Duke Energy Corporation)
https://www.duke-energy.com/commercial-renewables/shirley-windpower.asp


科学的証拠が欠いていたと、裁定しました
■County: Can't tie Shirley Wind Farm to health
郡:健康とシャーリー風力発電所を結ぶことができません
(December 16, 2015)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/local/2015/12/15/
county-cant-tie-shirley-wind-farm-health/77324070/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3725.html


風力タービン症候群
■What is Wind Turbine Syndrome?
(ニーナ・ピアポイント)
http://www.windturbinesyndrome.com/wind-turbine-syndrome/what-is-wind-turbine-syndrome/



 保留中の裁定は「業界に衝撃」を送ることができると
9月に述べています

ぜひ!⇒
⑩(前)ウィスコンシン州/画像
◇Wisconsin ‘health hazard’ ruling could shock wind industry
ウィスコンシン州の『健康被害』の裁定は、風力業界に衝撃を与えるかもしれない

( E&E Publishing, LLC |September 16, 2015)
http://www.eenews.net/stories/1060024771

■おとしん機械翻訳 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3407.html

ぜひ!⇒
⑩(後)ウィスコンシン州/画像
◇Wisconsin ‘health hazard’ ruling could shock wind industry
ウィスコンシン州の『健康被害』の裁定は、風力業界に衝撃を与えるかもしれない

( E&E Publishing, LLC |September 16, 2015)
http://www.eenews.net/stories/1060024771

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3408.html


※ デューディリジェンス(Due diligence)とは、
■ある行為者の行為結果責任を
その行為者が法的に負うべきか
負うべきでないかを決定する際に、
その行為者が
その行為に先んじて払ってしかるべき
正当な注意義務及び努力のこと。






----------------------------------
関連記事
----------------------------------




<1-ウィスコンシン州ケワニー郡風力発電所の健康問題> 

2013年5月16日

ぜひ!⇒
1-手紙、ウィスコンシン州
◇Wind turbines are not welcomed
風力タービンは、歓迎されません

(htrnews.com|2013年5月16日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/05/16/wind-turbines-are-not-welcomed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4594.html


5月9日の編集者宛ての
バーナード・スタークスキー氏の手紙は、
憲法に書かれているように
「We the People(我ら人民)」ではなく
「We the Government(我ら政府)」を信じている人の
明白な表明です。


この手紙のどこにも、
原子力発電所があるケワニー郡
カールトンの町の居住者が
廃止後に何が起こるべきかについての
発言権を持つべきであるとは言いません。


代わりにスタークスキー氏は、
彼の宣言を裏付ける事実なしに、
風力推進派のプロパガンダをプッシュします。






彼は、風力タービンは
数十年間競争力のあるエネルギーで、
雇用、収益を生み出すことができると主張している。

彼はまた、他の用途のために
多くの反対や競争を起こす可能性は低いと
主張している。

実際には、風力エネルギーは
原子力の1メガワットにつき25セントと比較して
1メガワット(MW)あたり約23ドルに収められます。

収入と雇用所得は、税負担に過ぎず、
電力料金は費用を増加させます。


今年、誰もこの議論を
守ることができなかったため、
風力推進派に支えられている地球温暖化の問題は
言及されませんでした。





スタークスキー氏は
カールトン地区の街をドライブすると、
風力タービン開発に反対する看板が見られるでしょう。


彼が破壊するであろう900エーカーの大部分は、
作物の目的で地元の農家に賃貸されてきました。


農業は私たちの国家経済の根幹です。

さまざまな方向を横切る高圧電送線があるため、
ブレードから投じられた破片に関する技術基準を
無視しない限り、
タービンを設置できる場所は非常に限られています。







スタークスキー氏は、
風力エネルギーに関する人生経験がなく、
マニトウォックの自己宣言的な専門家として
人々を教育することができる
シャーリーウィンドプロジェクトの
グレンモアの町での会議に出席する必要があります。

彼が群衆を教育した後、私は彼をカールトンに歓迎します。





ジェローム・Hlinak


ティッシュ・ミルズ






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-04-06 : ★ウィスコンシン州ケワニー郡風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<23-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>23-メイン州:風力は、衰えることを約束します…驚くことではありませんが、バルダッチ前知事は現在、Central Maine Power社の親会社である米国で2番目に大きい風力発電会社であるAvangrid社の副会長です |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <21、22-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>21-メイン州、メイン環境保護省プレスリリース:風光明媚なキャラクター、シャドーフリッカー、公共の安全、具体的な利益、廃止措置のための風力エネルギー法基準に関する公式ワークショップ…9月21日水曜日、環境保護省は風力エネルギー法の特定の基準に対応する規則の事前制定草案に関するワークショップとプレゼンテーションを開催する予定です |22-メイン州:何十もの地方のメインの郡区は、迅速な風力ゾーンから身を引きます…メイン州の中の何十もの人口のまばらな地域は、州の最も風が強い地域のいくつかに風力タービンを建設しようとする企業に障害をもたらす可能性のある特別な保護を獲得しました |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR