騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~拒否>レター、イングランド:貪欲なエネルギーは1、コシュート郡は0 |アイルランド/画像:キルデアの運動家は、風力発電所の決定を歓迎します |北アイルランド/画像:停止するティローンのSperrins地域の主要な風力発電所計画 |イングランド /画像:政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画 | フランス:歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<風車~拒否>



2016年9月22日




レター、イングランド
◇Greed energy 1, Kossuth County 0
貪欲なエネルギーは1、コシュート郡は0

(Algona Upper Des Moines | 2016年9月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/09/23/greed-energy-1-kossuth-county-0/



スティーヴ・シュルツ




9月14日水曜日の風力の会合で、
私は住宅を愛する土地の所有者からの
説得的なメッセージを聞いた。


彼女は永遠の騒音と
彼女が耐えようとしている視覚的虐待を
懸念しています。



これは、会社の代表者からの返答なしで
心のこもったメッセージを響かせました。





私は、彼女が「NO」と繰り返し言った
契約にサインすることに
定期的に悩まされる
初老の女性地主として話します。





弱い者いじめ:

強烈な強さを使って影響を与えたり、
脅迫して、
誰かが自分が望まないことをさせること





コシュート・モットー:

私たちはいじめや虐待をする大企業を
満足させます





コシュート郡が得なければならないもの:

地域社会を含む
風力発電所周辺の住民の財産価値を低下させる。

風力発電所の影響を受ける地域が
最終的に人々がいない不毛地域になるため、
収入が失われます。

電力会社は
ほとんど財産税を支払っていないため、
税が高くなります。


壊れた橋、道路、排水路が、
313,000ポンドのタービンや
その他の重機から発生します。





消防署はタービンの火炎と戦いや
タワーの犠牲者を救助するための
十分な資源を持っていますか?

高給の仕事は来ません。

『MidAmerican』の
社長兼最高経営責任者(CEO)の
ウィリアム・ファーマン
(William Fehrman)は、
タービンの下に住んでいません。


我々は、時代遅れの記念碑
20年間の騙されやすさに対する賛辞を
受け継ぎます。





土地所有者の反省:

風車の契約をする人々が
口外禁止令に署名する理由があります。


彼らは微々たる金額に署名しています。

風車の経過年数が上がるにつれて、
土地価値は、
受け取った報酬よりも引き続き減少します。






2016年に開始された場合、
政府の補助金のおかげで、
各360万ドルの風車は無料です。





これは、自然エネルギーか
貪欲なエネルギーなのか?





あなたのスーパーバイザーに教えてください
優勝者は1人だけで、
それはコシュート郡ではありません。






Steve Schultz
スティーヴ・シュルツ

Whittemore
ウイットモア






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------------------------------




<風車~拒否>




2016年10月14日




アイルランド/画像
◇Kildare campaigners welcome wind farm decision
キルデアの運動家は、風力発電所の決定を歓迎します

(ラインスター・リーダー | 2016年10月14日)
http://www.leinsterleader.ie/news/news/219811/
kildare-campaigners-welcome-wind-farm-decision.html




ニーアム・オダナヒュー



画像:

風力エネルギーに抗議するKildareの運動家


======================




キルデアで初めての
風力発電所の計画に反対する運動家たちは、
マーズー開発の許可を拒否する
評議会の決定を歓迎した。





「今日の決定には喜んでいる。

『Kildare Environmental Awareness Group』
(KEAG)は絶対に興奮しています。

私たちの後ろに座っているコミュニティの
すべての人々に感謝したいと思います。

広報担当者のShelia O'Brienは、
私たちを支えてくれた政治家にも
感謝したいと思います。」と述べました。





「これは公正で正しい判断だと思う。

しかし、開発者が
ノース・ミースで起こった
別の計画を備えるならば、
我々は十二分に彼らの準備ができています。」




O'Brienさんは来週、市民集会が組織され、
コミュニティのメンバーとの議論について
話し合うと述べた。


・・・・・・・



「私は以前、
Maighne風力発電所と
風力発電所のための
国内のガイドラインや規制の欠如について
議論するために
『コミュニケーション、気候変動とエネルギー』の
担当大臣
デニス・ノートンに会いました。


これらのガイドラインを策定中の間は、
どのプロジェクトでも
進めるのは時期尚早だっただろう」と
彼は語った。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------------------------------




<風車~拒否>




2016年10月14日




北アイルランド/画像
◇Major wind farm plans in Sperrins area of Tyrone halted
停止するティローンのSperrins地域の主要な風力発電所計画

(アルスター・ヘラルド | 2016年10月14日)
http://ulsterherald.com/2016/10/14/major-wind-farm-plans-in-sperrins-area-of-tyrone-halted/




アラン・ロジャーズ




Omagh郊外のSlieveard Mountainにある
3,000万ポンドの風力発電所の計画を
撤回するという決定は、
開発に反対するキャンペーングループの
大きな勝利として賞賛されました。





そして、スペンリンズの
別の主要な提案された風力発電所の拒否されたという、
運動家にとってより良いニュースがありました
- グリーンキャッスルとシックスタウンの間
- 計画審理委員会によって支持されました。




風力タービンに対する西ティローンは、
Slieveardでの8つのタービンの提案に対する
4年間の戦いが、
将来の世代のために
風光明媚な景観を確実にすると言います。




申請者である
Slieveard Wind Farm Ltdを代表して
Derryに拠点を置くCanavan Associates Ltdは、
最近、「補助金制度」の変更により
提案を取り下げる意思を発表する手紙を
計画審理委員会に書いた。




キャンペーングループのオーエン・マクマランは、
他の地元の風力発電所との
同様のキャンペーンに対する彼らの支援は
継続すると誓った。




マクマラン氏は、
これらは
リスナハニー近くの14基の風力タービンと
Broughderg付近のDoravilleの
36基を含むことになると付け加えました。





「我々は、小さなコミュニティが
巨大な風力産業を捉え、
勝つことができることを示しました。

私たちの希望は、
他の農村地域が
すぐに達成した成功を楽しむことです。」と、
彼は言いました。




「この決断は、
常識のための大きな勝利でもあります。

人々は、私たちが4年前に
これらの計画に反対して怒っていたこと
そして今達成されたことを見ています」と
マクマラン氏は言います。


・・・・・・


マクマラン氏と異議申立人の一人である
ジェフリー・シンプソン氏は、
市民集会に出席したり、
異議申立書を提出したりして
キャンペーンをサポートしてくれた
すべての人に感謝しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------------------------------




<風車~拒否>




2016年10月31日




イングランド /画像
◇Wind turbine plan for Addingham rejected by government planning inspector
政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画

(Craven Herald|2016年10月31日)
http://www.cravenherald.co.uk/news/
14833458.Wind_turbine_plan_for_Addingham_rejected_by_government_planning_inspector/




レズリー・テート、上級リポーター



画像:

農場の単一の風力タービン


================================



Addinghamの農場に提案された
風力タービンの反対派は、
政府計画検査官が拒絶した後、祝っています。





Chelkerハウス農場向けに計画された
2つの121ft(37m)の高性能タービンは、
昨年8月、ブラッドフォード会議によって
計画の許可を拒否されました。




この決定は、グリーンベルトへの害と
ボルトン修道院での歴史的資産の設定のために、
計画検査官への控訴を支持した。





政府検査官のフィリップ・メジャー
(Philip Major)は、
ボルトン大修道院の
全国的に重要な遺産の資産から
タービンが見えないことを示す
「不十分な証拠」があったという
『Historic England 』に同意しました。





ボルトン大修道院の遺跡で
提案された遺跡を見たメジャー氏は、

「すべてを考慮すると、
私はそれが目に見えて、
資産の文化的意義に関連した景観への侵入のために、
これが環境に有害であると思う」と述べた。




彼は、しかし、
タービンがグレード2にリストされた
コテージ2のSanfittの『全景』であると
付け加えました。




「建物の重要性は、
小さな田舎の住居としての風景との
歴史的関係にあります。

この関係は、伝統的には重要ではないが、
損なわれるだろう」





結論として、メジャー氏は、
グリーンベルトに大きな害を及ぼし、
景観に重大な害を及ぼし、
遺産資産の設定に大きな害を及ぼし、
そのすべてが制度の利益を上回ると述べた。





Low Sanfittの
Holly Flatherは次のように述べています:

「私は、これらのタービンが
田舎の家の環境に侵入しただけでなく、
多くの人々に愛されている
私たちの美しい景観に被害を及ぼすだろうという
検査官の見解に全面的に同意します。




正しい判断が下されたことを嬉しく思います。

これらの2つの風力タービンが
この場所に建てられるのは完全に不適切でした
私はコミュニティに興奮しています
Addingham、Draughton、そしてその先で

- 私たちは美しい田舎を楽しむことができます。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------




<風車~拒否>




2016年11月5日




フランス
◇歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス

(日テレNEWS24時|2016年11月5日)
http://www.news24.jp/articles/2016/11/05/10345639.html




世界の話題のニュースをお伝えする
グローブナウ。

歴史的な文化遺産が瀕死(ひんし)の危機に。

 

3日付の新聞ル・フィガロによると、
フランスが誇る歴史的建造物の数々がピンチ。

ある大聖堂では、
背後に発電用の風車が建設され、
景観が台無しだと問題になっている。





また、ある教会では、
法が定める断熱材の設置を行ったところ、
風情のないのっぺらぼうな建物に。

 


関連団体などは提言をまとめ、
改善を求めている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A




アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html







2017-04-02 : 風車~拒否:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR