騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~破損・火災・落雷・事故>北アイルランド/作業中の落下事故:落下はKilleter風力タービンでレスキューレスポンスを引き起こす…Co Tyroneの63メートルの風力タービンの中に落ちた後、30代の男性が病院で回復しています | イリノイ州/落雷:風力タワーの事故は、停電の原因となります | フランス/画像/ブレード損壊:風力タービンのブレードが裂けて、Nurluの地面で壊れます | スコットランド/タービン崩壊:キルガリオックタービンが崩壊する;スコティシュパワーがガメサの事件を確認 |①ペンシルバニア州/ブレード損壊:エルク・リックタービンはブレードを落とす | ②ペンシルバニア州:リンガーヒルのタービンはブレードを紛失した後に停止する // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<風車~破損・火災・落雷・事故/北アイルランド/作業中の落下事故>



2017年1月25日



北アイルランド
◇Fall sparks rescue response at Killeter wind turbine
落下はKilleter風力タービンでレスキューレスポンスを引き起こす

(Strabane Chronicle | 2017年1月25日)
http://strabanechronicle.com/2017/01/fall-sparks-rescue-incident-killeter-wind-turbine/



Co Tyroneの63メートルの
風力タービンの中に落ちた後、
30代の男性が病院で回復しています。




エンジニアであると理解されていた男性は、
キャスルディング近くの
キルターの構造物の頂上近くに落ちた後、
怪我を負った。



事件は、警察、救急車、
消防救助隊のクルーを含む
大規模な救助活動を引き寄せた。



Omaghの火災救助隊の指揮官である
David Doherty氏は、
このレスポンスには、
Derryのライン救助チームである
Omaghのレスキューアプライアンスである
Castledergの2つの機器と、
ベルファストの専門救助隊が含まれていると
述べました。



彼は、負傷した男性と同僚は、
ほとんどの道を下に下るために
リフトを利用することができたと言いました。

しかし、救助チームは負傷した男性を
10-15フィートから待機中の救急車に
連れていかなければならないことが確認された。



男性が負った怪我は生命を脅かすものではなく、
彼は背中の負傷で
エニスキレンの南西急病病院に搬送されました。



地区司令官は、彼のクルーは
既にそのようなシナリオに備えて
数多くの訓練を実施して
タービンの内部に精通していると言いました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/イリノイ州/落雷>




2017年1月18日




イリノイ州
◇Wind tower accident causes power outage
風力タワーの事故は、停電の原因となります

(クリントン・デイリー・ジャーナル | 2017年1月18日)
http://www.clintondailyjournal.com/v2_news_articles.php?story_id=6302&page=72




ミッドランドシティ/ベイソン -



火曜日の朝、ミッドランド市とビーソンの間で
風力タワーの一部を牽引しているトラックが、
10に沿って電柱に接触したと伝えられています。
いくつかの地域の村落に電源喪失を引き起こしました。


「ジャーナル」は
事故の正確な性質を確認していないが、
イリノイ州警察の隊員が交通を指示したため、
Ameren Illinois のクルーは
火曜日の午後に事故の現場で働いていました。





AmerenのWebサイトには、
Weldonと同じく東部地域の
停電の影響を受ける地域が示されています。

ビーソン、ミッドランドシティ、ケニー
すべての報告された居住者は停電です。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/フランス/ブレード損壊>



2017年1月18日



フランス/画像
◇A blade of a wind turbine tears and breaks on the ground in Nurlu
風力タービンのブレードが裂けて、Nurluの地面で壊れます

(Courrier picard | 2017年1月18日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/01/19/
une-pale-dune-eolienne-sarrache-et-se-brise-au-sol-a-nurlu/



VINCENT FOUQUET



ハンターによると、大きな事件は、
Nurluの風力パークで、
水曜日の朝に起こりました:
ブレードローターが破れ
そして、小片に細断されました。


・・・・・・・

負傷者は報告されていないが、
ダメージが印象的でした。

・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/タービン崩壊>



2017年1月20日



スコットランド
◇Kilgallioch turbine collapses; ScottishPower confirms Gamesa incident
キルガリオックタービンが崩壊する;スコティシュパワーがガメサの事件を確認

(reNEWS | 2017年1月20日)
http://renews.biz/105629/kilgallioch-turbine-collapses/



スコットランド南西部の
スコティシュパワー社の
建設中の239MWのKilgallioch風力発電所で
タービンが崩壊した。




1月13日金曜日、
ガメサのマシンのタワーが冬の嵐に襲われた。




1つのプロジェクトソースによると、
タービンは構造の途中で破損した。



スコティシュパワー・リニューアブルの
広報担当者は次のように述べている:

「現在、1月13日金曜日の早朝に、
Kilgallioch風力発電所に設置された
タービンに関する事件を調査中です。



彼女は付け加えた:

「タービンはまだ運転されておらず、
当時は誰も近くにいなかった」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/ペンシルバニア州/ブレード損壊>




2017年1月11日




①ペンシルバニア州
◇Elk Lick turbine drops a blade
エルク・リックタービンはブレードを落とす

(デーリー・アメリカン | 2017年1月11日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/elk-lick-turbine-drops-a-blade/
article_e7f99753-ae28-530b-9767-0e69504b60ad.html



ディラン・ジョンソン


画像:

エルクリック郡区の壊れたタービン


========================================

画像:

「ニュージャージー資源
クリーンエネルギー・ベンチャー」が所有する
リンガーヒル風力発電所の壊れたタービン


=========================================



エル・クリック郡区にある
リンガーヒル風力発電所の風力タービンは、
水曜日の朝、そのブレードの1つを失った。


誰も負傷しなかった。



320フィートの高さのタービンは、
Davis Mountの
「ニュージャージー・リソース・
クリーンエネルギー・ベンチャー」が所有する
14台のタービンの1つです。

それは12月20日に1ヶ月足らずで完了した。



スポークスマンのマイク・キニー氏は、
タービンは午前12時08分まで運転しており、
それは177フィートの長さのブレードが
それ以後に落ちたことを意味する。



「現時点では原因を知ることはできません。」

「メーカーは、タービンを検査するだけでなく、
原因を評価する途中です。」




評価が完了するまで、
全14台のタービンが停止されています。



キニー氏は金曜日までに
事故の詳細を聞くことを期待していると語った。



彼はブレードが風力発電所のために
賃貸されている資産に
タービンがすぐ下に落ちたと言いました。



キニー氏は、「評価が完了した後は、
コストの見通しと保証の有無を確認する」と述べた。



エルクリック郡区の書記官Ardith Dealは、
事故やその原因については何も聞いていないと述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------------


<風車~破損・火災・落雷・事故/ペンシルバニア州/ブレード損壊>



2017年1月26日



②ペンシルバニア州
◇Ringer Hill turbine still shut down after losing blade
リンガーヒルのタービンはブレードを紛失した後に停止する

(デーリー・アメリカン | 2017年1月26日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/
ringer-hill-turbine-still-shut-down-after-losing-blade/
article_4141f751-062b-59b0-8dec-5b75041048f0.html



By Dylan Johnson



エルクリック(Elk Lick )郡区にある
リンガー・ヒル風力発電所の
14基のタービンのうち3基は、
2週間前に1台のタービンが
ブレードを失った後で停止しています。




『ニュージャージー・リソース
・クリーンエネルギー・ベンチャー』が所有する
320フィートの高さのタービンは、
設置後1月11日に
177フィートの長さのブレードの1つを落とした。



スポークスマンのマイク・キニー氏は、
故障後にすべてのタービンが停止したとし、
11人が製造業者によって評価された後に
サービスに戻されている。



「ブレードが壊れているものを含め、
他の3つのタービンの評価はまだ進行中です。

「製造業者は現場で評価を実施しているため、
ブレードの内側と外側を検査する必要があります。」



「このためには、
安全を確保するための条件が
正しいことが必要です。
現時点では、原因を明らかにしていない」




同氏は前回のインタビューで、
製造業者が検査を完了した後に、
より正確な被害の評価が可能になると述べた。

ブレードが落ちたときに誰も負傷しなかった。

キニー氏は、
ブレードがタービンの足元に着陸したと語った。




リンガー・ヒル風力発電所は
毎年約40メガワットの電力を発生させ、
9,800戸の発電に十分です。




バトラー郡の放棄した鉱山に
大量の貯蔵施設を持つアイアンマウンテンは、
15年間の契約の一環として、
発電所から
約26.6メガワットの電力を購入している






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-04-01 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<16、17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>16-メイン州:議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します | 17-メイン州/法案828:議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR