騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<16、17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>16-メイン州:議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します | 17-メイン州/法案828:議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<16-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2015年6月22日




16-メイン州
◇Lawmakers pass bill to let some Maine residents pull out of wind permitting areas
議員は、一部のメインの住民が風力を許している地域から引き抜くために、法案を可決します

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年6月22日)
http://www.pressherald.com/2015/06/22/
lawmakers-pass-bill-to-let-some-maine-residents-ask-out-of-wind-permiting-areas/



By Steve Mistler, Staff Writer



メイン州議会は、月曜日
州の巨大な非自治的領域の住人に
チャンスを与えるだろう法案を可決した
- 1チャンス
- 大規模な風力発電プロジェクトのために
指定されたメイン州からコミュニティを除外する。





下院と上院はそれぞれ、
メイン州の2007年の風力エネルギー法で
指定されている地域である
迅速風力許可地区と呼ばれるものを撤去するよう、
メイン州土地利用計画委員会に
申請する権利を住民に与えるという提案を
全会一致で制定した。





大規模なロビーの法案は、
非自治的領域の土地所有者に対する
風力発電の主張者を襲った。

土地所有者は、
2007年の法律が施行されて以来、
大規模プロジェクトの立地には
声が出せなかったと主張した。

この法案の反対派は、
この提案は、土地所有者の一握りに
プロジェクトに対する拒否権を与えると反論した。




非自治的領域(Unorganized Territory)は、
地方自治体の自治体がないメイン州の一部です


州のウェブサイトによると、
それは400以上の町と市町村内にない
多くの沿岸の島で構成されています。

その土地面積は
州全体の面積の半分をわずかに上回っています。




法案の相違にもかかわらず、
利害関係者は、登録された有権者が
どの町にいても許可する妥協案に同意し、
プランテーションまたは地方自治体は、
許可地域から取り除かれるように
州に申請することを許可します。


このような請願書は、
2016年6月30日までに提出されなければならず、
土地利用計画委員会による審査と
公聴会のプロセスが含まれます。





この法案によれば、
委員会は許可区域からの除去が
「風力エネルギー開発の目標を達成する
州の能力に不当な悪影響を及ぼすことはない」と
判断しなければならない。




2007年の法律では、組織された市町村は
風力発電事業を規制する条例を
可決することができますが、
法律は組織されていない市町村の住民には
同じ声を与えません。





その提案は現在ポール・ルパージュ知事へ行きます。
そして、今週の日曜日を除く10日間があります。
法案に署名するか、それを拒否するか、
それが彼のサインのない法律になるのを許します。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------------




<17-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2015年7月1日




17-メイン州/法案828
◇Legislature and LePage agree: rural residents given right to question wind turbines
議会とルパージュ(州知事)は同意します:地方住民に風力タービンに関する発問権が与えられる

(Pine Tree Watchdog | 2015年7月1日)
http://pinetreewatchdog.org/
legislature-and-lepage-agree-rural-residents-given-right-to-question-wind-turbines/



By Naomi Schalit



AUGUSTA オーガスタ –



数年の努力を経て、
州の農村部『Unorganized Territories(UT)』
(非自治的領域)の市民団体が、
コミュニティの大規模な工業用風力タービンの
設置場所を拡大する法律を制定するための戦いに
勝利しました。





月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。





その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。





ここ数年、法案を可決しようと努力してきた
ハイランドプランテーション居住者の
アラン・ミシュカ(Alan Michka)氏は、
「われわれは声をすこし取り戻しました」と語った。





ミシュカ氏と他の指導者は、
立法改革を支持するグループの中に
風力発電の多くの反対派がいたが、
風力発電に反対していないと述べた。

むしろ、彼らは地域社会の開発に
踏み込む権利を回復したかっただけです。





「メイン州の市民は、
彼らが住んでいる地域の未来を
デザインするにあたって発言権を持つ能力が必要だ」と
レキシントン郡区の
カレン・ベッシー・ピース氏は公聴会で証言した。




風力産業と同盟関係の環境団体は、
州の野心的な
風力発電開発の目標を損なうだろうと言って、
過去の立法上のセッションの変化に対して
うまくロビー活動を行った。

しかし、
市民の立場に立っての立法支援が増えたため、
風力産業は妥協案に合意した。





風力発電業界のチーフロビイスト、
ジェレミー・ペイン氏(Jeremy Payne)は
次のように述べています。

「最終的には、
最善の道は私たちが一緒になることです。」




この法律は、
州の2008年の風力エネルギー法の一部を
事実上取り消し、
世代の州の土地利用法の
最も重要な変更の1つを構成しています。


この法律(2008年メイン州風力エネルギー法)は、
メイン州のUnorganized Territories
(非自治的領域)の大部分を
Expedited Wind Zone(風力促進ゾーン)に置き、
風力タービンに必要な区域再編成への
市民の声を排除しました。





どのUTコミュニティがゾーン内にあり、
どのゾーンに属していないかを明らかにした
法律の部分は、
当時のジョン・バルダッチ政権によって指名された
風力開発特別委員会によって秘密裏に交渉された。
それには、UTの住民からの意見はなく、審議の記録もない。
この法律は満場一致で可決されました。




これらの決定から居住者を除外することは、
彼らの多く、および法律の他の批評家が、
住民が農村地域の産業発展のために
発言権を行使することを拒否する
非民主的な動きと見なされるようになった。




この法に先立ち、UTに風車を建てたい開発者は
大きな障害に直面していました:ゾーニングの取得。


再ゾーニングは、時間のかかる、
市民からの正式な情報が含まれていた
困難で不確かなプロセスでした。





この法律は、産業風力タービンを
風力促進ゾーンでの許可された用途として指定しています。

それはゾーニングすることを意味しませんでした、
そして、正式な情報は地域居住者から求められません。




「2008年に施行された法律により、
工業用風力発電所の開発における声を
効果的に抑制する法律が廃止された」と、
(R-エムデン)議員、
4月に法案を提出した
ラリー・ダンフィ(Larry Dunphy)議員は証言した。




そしてこの法律は、
風力タービンが迅速な風力発電地帯から
自分自身を取り除きたくない地域社会のための
仕組みを持っていませんでした。




「これは、風力エネルギー法における
現実的かつ目立たない省略であった」と、
ルパージュ知事のエネルギー・アドバイザーの
パトリック・ウッドコック氏は述べた。




月曜日にルパージュ知事によって
署名された法案は、
そのゾーンの住民が州の土地利用計画委員会に
郡区とプランテーションをゾーンから
撤去するよう嘆願することを許可する。


それらが除去されていれば、
再ゾーニング要件が有効に戻ります。

この法案は、風力促進ゾーンの
風力タービンプロジェクトのための
リゾーニング要件を直接的には回復しないであろう。




ミシュカ氏は、
3年間の法案通過を試みた結果、
風力タービンの立地時に
直接的な発言を得るためには、
2段階のプロセスを経なければならないため、
最終的な法案は必要以上に少ないと認めています。




「我々は多くを追い払いたいと望んでいた車ではないが、
それは4つの車輪を持ちました
そして、我々はそれが走行できるかどうかを
見なければならない。」と、ミシュカ氏は言いました。




ペイン氏は法案の様々な版の長年にわたる反対者ですが、
通った法案について妥協していた。




「最終的には、開発者に確実性を提供し、
聞きたい人には機会を提供します」とペイン氏は言います。




ペイン氏は、彼の業界がその通過を阻止するために
懸命に働いていたことを認めた
– だが、彼らの位置を変えました。





「1ヵ月前まではかなり離れていたと思う」とペイン氏は語った。

「ここ数週間で物事が始まりました。」




協力すること、とペイン氏は言った、
風力産業とその味方が気づくにつれて
それが起きました、」
変更を求めている住民はあきらめないため
「今から1年後に同じ場所に戻ってくる可能性がある」




ミシュカ氏は、彼と彼の味方が
法律家に地域社会への影響を教える作業を含む、
今回の成功の理由を挙げています。

もうひとつの大きな理由:「今回はロビイストがいた」






======================================

おとしん:注)

月曜日、ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
議会によって彼に送られた
ほとんどすべての法案を拒否する中で、
彼の政権が今年初めに導入されて以来
支えているL.D.828に署名しました。

その法案は、
特定のUTプランテーションや郡区の市民が、
州の他の地域よりも、速く、合理化された
タービンの許可を得ている州の
『風力促進ゾーン』からの撤去申請を認めています。




■L.D. 828(法案828)

□127th Maine Legislature, First Regular Session
An Act To Improve Regulatory Consistency
within the Jurisdiction of the Maine Land Use Planning Commission

http://legislature.maine.gov/legis/bills/display_ps.asp?paper=HP0562&snum=127&PID=1456





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

--------------------------------------------

<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月4日

ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

---------------------------------------------- 

<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年4月28日

14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4579.html

----------------------------------------------

<15-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年6月18日

ぜひ!⇒
15-メイン州
◇Maine’s contentious wind energy act
メイン州の論争の多い風力エネルギー法

(The Maine Woods – Spring 2015 - Forest Ecology Network )
PDF
www.forestecologynetwork.org/.../TMW_spring_2015_lores....

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4580.html


by Don and Paula Moore


ベトナム戦争の障害を受けた海軍の退役軍人で、
マーズヒル風力プロジェクトから
1と2/3マイル離れた場所に住む
マイク・ゴスラン氏(Mike Gosselin)は、
風力タービンの音から逃れるために
ガレージ内に遮音された小屋を作りました。

彼は、その音は離陸しようとしていて
決して離陸しない飛行機のようで、
航空母艦または離着陸場での
タッチ・アンド・ゴー演習のような飛行機に
似ていると言います。

彼は夜に目を覚まし続け、彼に頭痛を与えます
(2013年10月10日、個人インタビュー)。

風力発電所からの騒音は、
風力プロジェクト地域の
市民を悩ます問題の1つにすぎません。

※ 1と2/3マイル = 2.68224 キロメートル


この記事では、
メイン州の論争を巻き起こす風力エネルギー法
(WEA)の背景と、
WEAの一部をアピールするための過去の試み、
メイン州における風力エネルギー開発の現状報告、
風力発電に関する
継続的な論争の問題について概説します。




▼風力エネルギー法の背景

2007年には、
アメリカはイラクとの戦争に巻き込まれ、
気候変動に関する警告が爆発的に高まった。

家庭での高い石油とガソリンの価格に直面して、
ジョン・バルダッチ知事は
メイン州のエネルギーの未来を懸念していました。

ここ数年、
メインのサイト位置許可プロセスの下で
3つのグリッドスケール風力発電プロジェクトが
提案されました。

2つのプロジェクト(マーズヒルとキビー)
(Mars Hill and Kibby) が承認されました。

3番目は問題があり、それは拒否されました。

3つのケースすべてにおいて、
メイン州の伝統的な許可手続きは成功したが、
潜在的な風力開発者は、
却下されたケースについて不満を抱いていた。


風力の開発者と
善意の保全グループがチャンスを見ました。

彼らは共に、バルダッチ氏に、
世界の政治経済的な石油危機によって
緊急化された風力エネルギーの申請者の
許可を容易にする
特別専門委員会を組み立てるよう促した。


特別専門委員会は、
風力産業との強い結びつきを持つ人々によって
支配されていました。

(これについての詳細は、
Public Interest Reportingのためのメインセンター、
2010年8月
http://www.pinetreewatchdog.org/
wind-power-bandwagon-hits-bumps- in-the-road-3 /

参照してください)。

タスクフォースは、
風力産業との強い結びつきを持つ人々によって
支配されていました。

石油危機/風力に反対する「問題」に対する
彼らの「解決策」は、
風力エネルギープロジェクトのための
特別なゾーニングとプロセスを提供することでした:

メイン州風力エネルギー法。


エネルギー専門家は、メイン州がすでに
発電目的で「石油から去った」ことを指摘し、
一般的な見解にもかかわらず、
風力エネルギーは実際には低い利益と
環境への影響は
高いインパクトを持っていたと指摘しました。


それにもかかわらず、
WEA(風力エネルギー法)は、
下院と上院での一致した投票によって、
議論なしで通りました。

2008年のバルダッチ氏のペンの運びで、
レッドカーペットは、
メイン州の歴史の中で前例のない
農村の産業開発レベルのために展開されました。



▼WEA(風力エネルギー法)の背後にある前提の欠陥


メイン州の多くの地域で
風力プロジェクトの
迅速な許可を立法化する
WEA(風力エネルギー法)
エネルギーの独立性と安全性を高め、
CO2生産を削減すると言いました。

しかし、その前提で何かが間違っていた。

第一に、電気は決して
メイン州のエネルギー不安の源ではなかった。

米国エネルギー情報局(EIA)によると、
メイン州の住民1人当たり電力使用量は
全国平均を下回っています。



20世帯のうち1世帯のみが
家庭の暖房や冷房に電力を使用しています。


専門家は、メイン州の住宅を
電気の熱に変換することは費用がかかり、
実用的ではないことを示唆している。

さらに、
ヒートポンプはすばらしい効率的な技術ですが、
温度が氷点下になると熱の制限が大きくなります。



第2に、州の人口の大部分が農村部に住んでいるため、
輸送のアカウントは
メイン州のCO2の50%以上を占めています。

必然的に、
メイン州の人々は車で多くの時間を費やして、
長い道のりで必需品を運ぶ。


EIAによると、「家庭の暖房と輸送の消費が、
ニューイングランドで一人当たりの消費が最も高い、
米国の最も石油に依存する州の中でメイン州になります」


http://www.eia.gov/state/analysis.cfm?sid=ME


最後に、EIAによると、
メイン州の純発電の大部分は、
すでに水力発電ダムと木質バイオマスを中心とした
再生可能エネルギー源からのものである。


実際には、メイン州は
風力発電を伴わない再生可能エネルギー生産で
他のすべての東部の州をトップに上げ、
メイン州はずっと前に
再生可能ポートフォリオ基準に達しました。




▼市民が恩恵を受けるように風力法を変えようとする試み


メイン州エネルギー局(Maine Office of Energy)と
メイン州環境保護省
(Maine Department of Environmental Protection)が
法改正を勧告していることから、
メイン州の甚大な風力エネルギー法
(Wind Energy Act:WEA)は
風力発電会社に有利に傾いています。


20以上の試みの中で、州機関と失望した市民は、
市民権をより良く保護するために
法律を改正するための法案を提出している。


風力プロジェクトに関する意見を
表明するために
非自治的領域で市民の権利を確実にした
市民起案の法案だけは、議会に間に合いました;


しかしそれは、通りませんでした。


メイン州環境保護省(DEP)は、
風力プロジェクトのプロセスを
少し変更していくことに成功しています。


第127回メイン州議会
(2015年3月3日:

https://www.youtube.com/ watch?v = 7VE1TV3I3I0)の
新しいエネルギー、公益事業、技術委員会(EUT)の前の
プレゼンテーションでは、
DEP長官アホ(Aho)氏は、時間の経過とともに
DEPが風力プロジェクトが
プロセスが許可するように変更したと報告した:


•風力プロジェクトに関する
パブリックコメントのための2ステップのプロセス
- 分析の開始時と終了時;



•廃棄に関する風力プロジェクト計画、
風光明媚なキャラクターに対する視覚的影響、
火災安全に関する詳細情報;



•財務データは、財務能力を確保するための
許可プロセス中に最新の状態に保たれること。
風力の開発者が名前の異なる
新しい企業エンティティ(LLC)をスピンオフしたり、
合併したり、財政的挫折や買収を経験したりするなど、
企業界の絶え間ない変化は、
開発者の財政の安定性を変える可能性があります;



•風力発電事業の騒音監視
(但し、DEPは開発者の報告をチェックしない);



•コウモリや鳥にとって重要な時期に
タービンの運転を停止する
(ただし、誰が減速を確認しているのか?)。




▼開発者向けにWEA(風力エネルギー法)を強化しようとする試み


DEP長官アホ氏によると、
風力を許可するプロセスは非常に長く複雑であり、
DEP、風力開発者、
および風力プロジェクトに反対する市民団体に
多大な時間と費用を要する。

風力の許可は、
DEPが風力プロジェクトのためにか否かにかかわらず、
すべての単一の許可の決定がメイン州環境保護委員会
(Board of Environmental Protection、BEP)に
上訴されたという事実によってさらに困難になっています。

そして、ほとんどのBEP(環境保護委員会)の判決は、
その後、法廷に上訴されました。



風力発電だけではなく、
関係するすべての人々にとって
風力発電プロジェクトは論争を招き、
コストがかかることは明らかです。

しかし、風力産業界と協力して
議員は、メイン州の市民を犠牲にして
WEAを強化して
風力開発者がより簡単にできるようにするための
法案を作成し続けている。


2013年に上院の民主党議長を務めた
Alfond上院議員は、
DEPからの視覚的影響分析の要件を満たす
新しい風力を覆す法案を後援した。

メイン州の公共財政報告センターは、
風力産業の弁護士とロビイストが
法案の主要構成要素を作成したことを明らかにした。

(pinetreewatchdog.org)


別の法案、LD 791は、
FreeportのSarah Gideon(D)によって
127回目の議会で後援されています。

合格すれば、
メイン州の土地利用計画委員会は
土地所有者からの書面による要請
または許可を得て、
風力を利用して土地を追加
または削除することができるように
ゾーニングを変更する。


メイン州の大部分の土地所有者
(アービング、プラムクリーク、
ワグナーなど)の
ほとんどは林産物産業に属しています。

メイン州の製紙工場の閉鎖に伴い、
森林の所有者は新しい収入を探しています。

この法律は、
風力発電事業を建設することを望んでいるか、
または風力発電事業者に
土地を賃貸す​​ることを望んでいる
土地所有者にとって有益なようです。


ゾーニング法は、潜在的な悪影響から、
開発者の隣人、環境、および地域の特性を
保護するために正確に作成されました。


ゾーニングは、開発者の利益を高めるために
作成されたものではありません。

再び、風力プロジェクトのゾーニング保護は、
市民ではなく企業のエンティティにとって
犠牲になるでしょう。

立法者は、木材ペレットを作る
森林製品産業に対して
インセンティブを提供するべきであり、
風力プロジェクトを立てるものではない。

ペレットは
冬のエネルギー安全保障と
暖かさを確保するために
風力よりもっと多くのことを行うでしょう。




▼メイン州の風力開発の現状


風の複雑さと争いにもかかわらず、
風力開発者は26の風力発電プロジェクトに
成功しました。
(図2:メイン州の風力プロジェクトを参照)。

12の風力発電プロジェクトが完了し、
14の発電所がある段階にあり、
27番目の発電所が
ムーズヘッド発電所にあると予想され、
風力テストタワー段階にあります。


メイン州の風力プロジェクトは、
アルーストック郡(Aroostook)の新しく許可された
ナンバー・ナイン・マウンテン・
ウィンド・プロジェクトのための119のタービンから、
フリー・ビーバー・リッジの3つのタービンの
小さなコミュニティ・プロジェクト、
バイナルヘブン(Vinalhaven)の
フォックス・アイランド・ウィンド・プロジェクトまで及ぶ。

メイン州で建設された最初のタービンは
200フィートの高さでしたが、
現在は400、600さらには700フィートで提案されています。

(図3:送電タワー、松林、人と比較した
現代風力タービンの高さを参照)。

風速が極端でない小さな内陸のメイン州の山々に
風を取り込むには、より高いタービンが必要です。




開発で考慮された1つのプロジェクトである
バウアーズ・マウンテン・ウィンド・プロジェクト
(Bowers Mountain Wind Project)は、
依然として最高裁判所に置かれています。

2012年に土地利用規制委員会
(現土地利用計画委員会)によって拒否され、
2013年にDEPによって再度拒否された。
BEPは、
ファーストウィンド社(First Wind)が訴えた
2014年にDEPの否定を支持した。
それでも、
ファーストウィンド社はBEP判決を裁判所に訴えました。

訴えについてのヒアリングは
2015年4月8日に予定されています。


DEP委員長は、2015年3月現在、
DEPは今後12ヵ月間に風力発電プロジェクトが
3件追加される予定であると報告しています。

さらに、ファーストウィンド社の子会社である
サマセット・ウィンド(Somerset Wind )LLCは、
Plum Creek Maine Timberlands LLC
(プラムクリーク・メイン・ティンバーランズ)が所有する
Moosehead Forest Conservation Easement
(ムースヘッド山林保全地役権)のエリア内に
風力試験塔を建設する許可を求めています。

プラムクリークムースヘッド開発が許可されたとき、
プラムクリークは保全地域における
「風速の研究」を実施する権利を保持した。

メイン州の風光明媚なノースウッズへの
風力プロジェクトの行進は続きます。



▼メイン州の風力発電プロジェクトに関する継続的な問題


メイン州の風力プロジェクト開発は、
市民とDEPの両方にとって悩まされ続けています。

これは主要なものの簡単な要約です。

いくつかの問題は、
多くの要因を徹底的に検討する前に、
議会を席巻した風力法の結果である。


アスタリスクの問題は、
アホ氏がEUTへの最近のプレゼンテーションで
述べたものである(2015年3月3日)。



1.ウィンドプロジェクトイルミネーション*。

FAAは、風車に警告して衝突を回避するために、
赤色のライトを装備する必要があります。

FAAは、航空機が近くにいる場合にのみ
照明が点灯する新しいシステムが承認されることを
約束し続けています。

それは何年も経っており、
新しい照明システムにはまだルールがありません。


2.コウモリ*。

DEPは、白い鼻症候群によるメイン州のコウモリの
コロニーの荒廃を考慮すると、
タービンのコウモリに対する影響について
引き続き懸念している。



3.鳥。

メイン州の鳥類に対する
風力タービンの影響の検証可能な分析はない。

夜間の捕食者が死体を清掃すると想定されており、
風力の開発者が鳥(またはコウモリ)を殺すことを
監視する必要はありません。


4.ノイズ*。

騒音とタービンの振動は、
風力プロジェクトに近接して住む人々に蔓延しています。



5.資産価値。

風力プロジェクトの近くに財産や家を持つ人々は、
しばしば売ることができません
(例えば、マーズヒル - 12ページの写真を参照)。
これは資産価値に重大な影響を与えます。



6.迅速なエリアを抜けることはできません*。

WEA(風力エネルギー法)には、
迅速な風力を許可する領域に
領域を追加するための規定があるが、
領域を削除するための規定はない。

これは、地方自治体の市民とは異なり、
風力プロジェクトに投票することができないため、
住民や不動産所有者を未整備の地域に残してしまいます。



7.計算、普及、具体的な便益の決定*。

地方自治体に建設された風力発電事業は、
WEA(風力エネルギー法)の下で
具体的な便益を受ける必要があります。

これらの便益は引き続き議論の的となり、
自治体によって大きく異なります。



8.視覚的影響*。

景観地域に650フィートの高さのタービンがある
産業規模の風力発電プロジェクトの視覚的影響は、
WEA(風力エネルギー法)では
8マイルに制限されていましたが、
DEPでもその距離を増やすことを推奨しています。

さらに、視覚的影響分析には主観的要素が含まれ、
視覚的分析は風力の開発者や
風力のプロジェクトの反対派にも疑問を呈されました。



9.風光明媚な資源の決定*。

許可基準では、WEA(風力エネルギー法)は
「州や国の重要な景観資源」を
保護する必要性を認識していますが、
その資源を特定する調査は25年です。



10.許可が完了した後、
プロジェクトの規模を拡大するよう要求する*。


許可された風力プロジェクトの一部は、
その後、タービンサイズの拡大やタービンの追加など、
追加の開発段階に適用されました。

DEPは、決定を下す前に
プロジェクトの全範囲を把握していないと懸念しています。

たとえば、より多くのタービンを備えた
プロジェクトのフットプリントを変更すると、
その後、野生生物の生息地や風光明媚な資源に
影響を与える可能性があります。



11. 小規模プロジェクトを拡げる*。

WEA(風力エネルギー法)は、
3つのタービン以下の風力発電プロジェクトは
DEPによって許可される必要はありません。

関心のある領域は、
DEPがタービンを増設したいと望む
小規模のプロジェクトをより監視し、
その後DEPの管轄区域に
設置面積を拡大する必要があるかどうかです。



12.送電からの電力供給の分離。

メイン州の法律では、
電力供給をトランスミッションから
切り離すことが求められており、
メイン州の電気ユーザーにとって
おそらくより良い利益をもたらす
供給のための競争の激しい市況を作り出しています。

しかし、Emera Maineと
Central Maine Powerはどちらも、
州の風力発電プロジェクトを所有する
大企業に所有されています。

したがって、これは、メイン州の法律に違反して、
電力伝送と電力供給の潜在的な独占を作り出す。



13.風力施設のエネルギー消費。

大型風力タービンは、大量の電力を必要とします。

ブレードを風に対して垂直に保つためのヨー機構、
ブレードピッチを制御して
ロータを一定の速度で回転させ、
ブレードを加熱してアイシングを防止し、
ブレードを強風で制動するなど。

しかし、メイン州の風力プロジェクトの電力使用量は、
発電量に対して計算されることはありません。



14.風力設備による低エネルギー生産。

メイン州の陸地の風速はわずかです。

完成した風力プロジェクトのどれも、
定格風力発電量を達成したことはありません。

ほとんどが定格容量のわずか25%しか生産していません。

また、風力発電が必ずしも電力需要に
対応しているわけではありません。

たとえば、エアコンがクランクを回しているとき、
しばしば暖かく、蒸し暑く、暑い夏の日には
風は無視できます。


15.再生可能エネルギークレジット。

メイン州はすでに
再生可能エネルギーの要件を満たしています。

したがって、
メイン州の風力プロジェクトのほとんどは、
ニューイングランドの他の州と契約して、
再生可能エネルギークレジットを
売却することを求めています。

再生可能エネルギークレジットは、
発電所で石炭と石油を燃やし続ける一方、
州が再生可能エネルギーに関する連邦基準を
満たすことができる法律です。

そして、これは、風力発電が
CO2を削減するうえでの
不思議な役割の1つの側面にすぎません。

(この記事の結論のさらに多くの例を参照してください)。



16.生産税額控除。

再生可能エネルギー開発を奨励することを
意図した法律の奇妙な歪みで、
風力発電事業者は電気を生産するのではなく、
風力プロジェクトを建設するために
生産税額控除を受け取ります。
唯一の利益は、
このクレジットの名前にかかわらず、
生産ではなく、建築にあります。


17.投資税額控除。

風力発電や太陽光発電プロジェクトの所有者は、
生産税額控除の代わりに
投資税額控除を受けることができます。

これは、開発者が申請する年の
プロジェクトに対して、
事前に与えられた10年間の税額控除です。

この税額控除が明日削除された場合、
メイン州民はまだ将来に残高のために
10年動けないでしょう。



▼結論


市民のイニシアチブは、
風力発電の幻想的な約束のために、
環境と風化資源の絶滅を阻止する
最後のチャンスであるかもしれません。

この主題の森では、
2008年のWEA(風力エネルギー法)を
修正するための
現在の市民イニシアチブについて読むことができます。

これは、風力エネルギー法の撤廃ではありません。
それは単に競争の場を平準化し、
市民の権利を回復するだけです。



グリーン幻想(Green Illusions)
(2012年、ネブラスカ・プレス大学)の著者である
オージー・ツェナー氏(Ozzie Zehner)は、
風力を含む再生可能エネルギーの多くの神話を
概説しました。


ツェナー氏は、環境に優しい環境主義者が握った
風力発電の最大の神話は、
風力発電が世界をCO2から救うことであると提案した。

真実からはそれ以上のものはありません。



第1に、風力プロジェクトは
人口中心から離れた遠隔地に位置しています。


したがって、荒野のような地域で
アクセス道路や新しい送電線を作成する際に、
そして山頂から電線を貼るためには、
巨大な森林破壊が必要です。

樹木は、新成長で炭素を封鎖することによって
大気中の炭素を減少させます。
この隔離は、
風力プロジェクトの明確な計算では計算されません。



第2に、タービンはCO2を排出しないかもしれないが、
鉱業、建造、輸送、設置、土地の清掃、維持、
および廃炉活動によって生み出される
総炭素排出量はCO2を生み出す。


化石燃料は
これらすべての活動の背後にある電力を提供する。

さらに、メイン州の風力プロジェクトで
使用されているような大型タービンは、
巨大な炭素集約的な
コンクリート敷地の上に置かれており、
荒れ果てた塔が風に倒れないようにしています。

多くの科学者は現在、
人類の炭素排出量の少なくとも5%は
コンクリートの主成分の1つである
セメントの生産からのエネルギー使用と
二酸化炭素副産物の両方から
コンクリート業界に由来すると考えている

(2009、science daily.com)。


最後に、風力は断続的であり、予測不能である。

そして、風力タービンを生産するよりも
風力タービンを維持するために
より多くの電力を必要とするかもしれない。


したがって、スラックを拾い、
停電やタービンの誤動作を避けるためには、
従来の予測可能な発電所からの
バックアップ電力が常に必要となります。

風力発電は、
せいぜい米国のエネルギー需要の5%以上を
提供することは決してできないと
専門家は見積もっています。



化石燃料の燃焼を続けながら、
再生可能エネルギークレジットのために
風力を購入することができ、
風力発電プロジェクトの建設に必要な
すべての化石燃料の使用を考慮すると、
風力発電は実際にはハイブリッド化石燃料です。


風力発電が世界をCO2から救うためにはそうです。

メイン州のWEA(風力エネルギー法)は、
メイン州の税金納税者、環境、野生生物、
観光誘致の景色を犠牲にして、
税金控除で富裕層を作る計画のようです。


『Citizen's Initiative』に参加することに
興味がある人は、
Dan Remian(――)――――
または――@――――に連絡してください。


メイン州の風力発電と
風力発電の取り組みの詳細については、
SavingMaine.org
メイン州の風力発電に関する市民タスクフォースを
参照してください。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


----------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■




New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-04-01 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<風車~拒否>レター、イングランド:貪欲なエネルギーは1、コシュート郡は0 |アイルランド/画像:キルデアの運動家は、風力発電所の決定を歓迎します |北アイルランド/画像:停止するティローンのSperrins地域の主要な風力発電所計画 |イングランド /画像:政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画 | フランス:歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <風車~破損・火災・落雷・事故>北アイルランド/作業中の落下事故:落下はKilleter風力タービンでレスキューレスポンスを引き起こす…Co Tyroneの63メートルの風力タービンの中に落ちた後、30代の男性が病院で回復しています | イリノイ州/落雷:風力タワーの事故は、停電の原因となります | フランス/画像/ブレード損壊:風力タービンのブレードが裂けて、Nurluの地面で壊れます | スコットランド/タービン崩壊:キルガリオックタービンが崩壊する;スコティシュパワーがガメサの事件を確認 |①ペンシルバニア州/ブレード損壊:エルク・リックタービンはブレードを落とす | ②ペンシルバニア州:リンガーヒルのタービンはブレードを紛失した後に停止する // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR