騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<13、14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒13-メイン州:メイン州知事:風力は、あまりに高価です | 14-手紙、メイン州:メイン州民の権利…LD 828は市民権法案です、1つの強力な業界に有利に働くために何人かの一部の農村住民から処理する権利を取り除いた法律を修正するでしょう |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<13-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2015年4月4日




ぜひ!⇒
13-メイン州
◇Maine governor: Wind power is too expensive
メイン州知事:風力は、あまりに高価です

(seacoastonline.com|2015年4月4日)
http://www.seacoastonline.com/article/20150404/NEWS/150409587/




By ALANNA DURKIN




AUGUSTA, Maine (AP) —




メイン州は、
民主党のジョン・バルダッチ
(John Baldacci)知事の下で
地域の風力発電のリーダーになったが、
ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事は、
前任者の再生可能エネルギー政策から
積極的に遠ざけるように変化している。





風力発電が高すぎると主張する共和党議員は、
カナダと天然ガスからの水力発電を見て、
同国で最高の電気価格を引き下げようとしている。





ルパージュ氏の
過去のエネルギーの取り組みの多くは、
今春、彼が最後に残っている民主党の任命者を
州の公益事業を規制する機関に置き換えたとき
彼の影響力を強める機会を得るでしょう




しかし、今日の最も安いエネルギーだけを
支持するルパージュ氏の傾向は、
長期的には高価になる可能性があると信じている
州の強力な環境ロビーからの抵抗に直面している。





「彼のエネルギー政策は、
決して、化石燃料から
明確な移行をしなければならない真実を
反映したものではありません
- 天然ガスを含む
- 100パーセントクリーンエネルギー経済に向けて」と、
『シエラクラブ・メイン』のディレクター
グレン・ブランド氏は語った。




バルダッチ氏は
積極的な風力エネルギー目標を作成し、
建設雇用を創出し、
化石燃料から国を離脱させる
プロジェクトの許可プロセスを合理化しました。

しかし、ルパージュ氏や他の批評家は、
こうした努力が投資誘致に苦しんでいる州を
助けていないと言います。




州は現在、
風力から約500メガワットの電力を発電している
- 約175,500世帯に電力を供給するのに十分な
- 今では2,000メガワットを達成するという
バルダッチ氏の目標にはまったく足りない。




業界関係者は、
ここで風力エネルギーに対する支持を示す
世論調査を高く評価している。


しかし、その開発はルパージュ氏によって
遅れていると、彼の批評家は言う
構造物を心配している
風力発電所の近くの住人からの反対は、
うるさくて見苦しい。





知事は、代わりにメイン州を
水力発電に大きく依存させたいと考えており、
カナダの大規模プロジェクトからの
電力購入を促進するための
州の政策を改訂することを再び求めています。


彼の政権はまた、
国の再生可能な目標を改革して、
納税者へのコストを下げるという目標を含む
別の試みを開始している。






「これらの(風力)プロジェクトが
起こることになるなら、
その影響を最も受ける人々のためになって欲しいです」と
知事のエネルギー局の責任者
パトリック・ウッドコック氏
(Patrick Woodcock)は言いました。





再建された公益事業委員会は、
ルパージュ氏が第2期のエネルギー取り組みを
達成するのを助けることができます。

バルダッチ氏に任命されたデイビッド・リテル氏
(David Littell)が今後数週間以内に交代すると、
3人の規制当局は全てルパージュ氏が任命者となります。




批評家は、風力プロジェクトを脱線しようとして、
委員会の問題に干渉していると
ルパージュ氏を非難しています。




規制当局は、2月に、
ルパージュ氏が既存の資源からの提案を
検討するようパネルに促した後、
2つの風力発電プロジェクトに
契約を付与するという以前の決定を
再検討することで議決した
- 原子力と水力のように
- 風力の取引を承認する前に。

委員会への州民の任命者は、
ルパージュ氏が彼らの決定に
影響を与えようとしなかったと主張します。





この動きはルパージュ氏が
ノルウェー企業スタトイル社(Statoil)と
既に契約を結んだ後、
2013年に海上風力プロジェクトの入札プロセスを
再開するためのPUCの成功に続くものです。


それは、スタトイル社がメインの海岸沖で
その1億2000万ドルの提案されたプロジェクトを
撤回する原因になりました。





業界関係者は、
ルパージュ氏の風力に対する反対が
結局地方税納付者を
犠牲にすることにすることができたと言います。

規制当局は、
これらの2つのオンショアプロジェクトが、
20年と25年契約の間に
7百万ドルもの納税者を救うことができると
推定しています。




ルパージュ氏が委員会に任命する人は誰でも、
ニューイングランドで
天然ガスパイプライン能力を拡大するために
償還者に年間7500万ドルを請求する提案を検討します。




マーセラスシェール(Marcellus Shale)地域では
天然ガスが豊富ですが、
ニューイングランドの
パイプライン能力が限られているため、
ここで消費者の価格が上昇します。





支持者は、民主党議員が2013年に
天然ガスの拡大を検討する法案を承認したとき、
ガス火力発電所へのボトルネックを
緩和することによって
住民のエネルギーコストを
年間2億ドル削減する可能性があると述べた。

しかし、PUC関係者は、
彼らが考えているパイプライン提案の利点は
コストを上回らないと述べている。




ウッドコック氏によると、
LePageはニュー・イングランド州が、
昨年、マサチューセッツ州元州知事選の
前に行っていた
パイプラインの補助金や建設計画を
共同で進めることに取り組んで欲しいと言いましたが
それは、
彼らは去年民主党のマサチューセッツ州知事、
デーヴァー・パトリック
(Deval Patrick)元大統領が
計画を停滞させる前にやっていました。





バルダッチ氏の下で
PUCに務めたジャック・キャッシュマン氏
(Jack Cashman)は、
より天然ガスのインフラが必要であることに同意する。

しかし、再生可能な開発を促進せずに
メイン州を化石燃料に頼ってしまうと、
消費者は将来的に
高額の費用を負担する可能性があると彼は述べた。




「この国に埋蔵量を持っているため、
天然ガスは
永遠に安くなるだろうという考えは誤りだ」と
キャシュマン氏は語った。

「なぜあなたは
一つのことにすべてを賭けるのですか?」




ルパージュ氏やここの数多くの大企業にとって、
答えは簡単です:


メイン州はそうしないわけにはいきません。




「エネルギーはビジネスにとって
大きな要因であり、
企業がニューイングランド外で行うことが
安価であれば、それは契約を破る可能性がある」と
州の工場やその他の工業施設を代表する
産業エネルギー消費者グループの社長、
ボブ・ドルコ氏(Bob Dorko)は述べます。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------------- 





<14-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




2015年4月28日




14-手紙、メイン州
◇Mainers’ rights
メイン州民の権利

(Bangor Daily News|2015年4月28日)
https://bangordailynews.com/2015/04/28/opinion/letters/
wednesday-april-29-2015-lepages-earth-day-letter-tsarnaevs-punishment-wind-power-act/




2008年の風力エネルギー法の一部として
緊急許可区域が作成されたとき、
メイン州の住民の1%未満が
ゾーニングの質問に
意味のある提案を持つことに対して突然道を失った。

その「緊急法」は、
その変化を支持しているかどうかにかかわらず、
風力産業に、
コミュニティの未来を変えるための
迅速な道筋を要約しました。





緊急許可区域は
閉鎖されたドアの後ろで作られました。


これらの会議の議事録は取られなかった。

緊急許可区域を作成した当事者は、
ジョン・バルダッチの風力特別委員会
(Wind Task Force)、
いくつかの環境NGOおよび風力開発者で
構成されています。


これらの少数の主体は、
メイン州の大部分の再編成の主要な推進者
および設計者であった。






私たちは
- ここに住み、働き、遊ぶ人々
これらの秘密会議には含まれていませんでした。


私たちは見解を求められなかった。

私たちは、速やかな許可区の作成についての
通知を送っていませんでした。

私たちの提案や知識がなければ、
私たちの故郷は単に「静かに」
直ちに「産業」として再編成されました。
- ただし、1つの業界のみ。

しかし、組織化されていない地域のすべての住民が
このように扱われました、
- 風力の開発者が欲しい地域に住む私たちだけが。




LD 828は悪質な法律を修正するでしょう。

1つの強力な業界に有利に働くために、
何人かの一部の農村住民から
処理する権利を取り除いた法律から。




LD 828は市民権法案です。

市民の権利を復活させる投票は、倫理的なことです。

第127回議会は、
メイン州の人々に公平を回復する機会を与えています。





Karen Bessey Pease
カレン・ベッシー・ピーズ


Lexington Township
レキシントン郡区






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

--------------------------------------------

<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年3月27日

11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html

---------------------------------------------

<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2015年1月19日

12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4578.html


2007年、アメリカはイラクとの戦争に巻き込まれました。

家庭での高い石油とガソリンの価格に直面して、
ジョン・バルダッチ知事は
メイン州のエネルギーの未来を懸念していました。

ここ数年、
メインのサイト位置許可プロセスの下で
3つのグリッドスケール風力発電プロジェクトが
提案されました。

2つのプロジェクト(マーズヒルとキビー)
(Mars Hill and Kibby) が承認されました。


3番目は問題があり、それは拒否されました。

3つのケースすべてにおいて、
メイン州の伝統的な許可手続きは成功したが、
潜在的な風力開発者は、
却下されたケースについて不満を抱いていた。



風力の開発者と
善意の保全グループがチャンスを見ました。

彼らは共に、バルダッチ氏に、
世界の政治経済的な石油危機によって
緊急化された風力エネルギーの申請者の
許可を容易にする
特別専門委員会を組み立てるよう促した。

エネルギー専門家は、メイン州がすでに
発電目的で「石油から去った」ことを指摘し、
一般的な見解にもかかわらず、
風力エネルギーは実際には低い利益と
高いインパクトを持っていたと指摘しました。


特別専門員会は、
風力産業との強い結びつきを持つ人々によって
支配されていました。

石油危機/風力に反対する「問題」に対する
彼らの「解決策」は、
風力エネルギープロジェクトのための
特別なゾーニングとプロセスを提供することでした:

メイン州の風法。

下院と上院で全会一致で採決され、議論の余地はない。



メイン州公共財報告センターの
先週のアイランダーの記事で述べたように、
風力発電法は風力開発者に非常に傾斜しており、
メイン州エネルギー庁とメイン州環境保護省は、
法律が改正されることを勧告した。


20回以上の試みで、
失望した市民と保護団体は
オーガスタに法案を提出するための法案を提出しました
ー しかし議会はそれらを考慮することも拒否している。



そういうわけで、
我々は市民のイニシアティブを始めました!



これは、風力エネルギー法の撤廃ではありません。

この取り組みは、単に競争の場を平準化し、
市民の権利を回復させるだけです。



市民のイニシアチブは、
市民の援助支援に依存しています。

十分な署名が得られれば、
嘆願書は議会に提出され検討されます。


州議会は、投票法案として投票者を制定するか、
投票者に送付するかを選択することができます。

最初のステップは、
国務長官に請願書の文言の承認を得ることでした。

そのステップは完了し、
メイン州民は
今回覧されている申請書に署名することができます。


私たちは50,000人の署名を集める必要があります。

我々を助けてください。



あなたが手助けする準備ができていれば、
私はあなたが知る必要があるすべてを
提供することができます。


私たちは11月の投票でイニシアチブを望んでいます。
必要な署名をすべて集める期限は1月22日です。
もしあなたが手伝っていただけるのなら、
――――――
または―――@―――まで

私に連絡してください。


ダン・リトル

クッシング


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-30 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR