騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<11、12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>11-メイン州/動画:メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します |12-レター、メイン州:疾風 |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<11-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2014年3月27日



11-メイン州/動画
◇Maine Legislature rejects wind energy bills
メイン議会は、風力エネルギー議案を拒絶します

(wabi.tv |2014年3月27日)
http://wabi.tv/2014/03/27/maine-legislature-rejects-wind-energy-bills/




By Shawn McVicar




メイン州議会は、
プロジェクトが州に経済的利益をもたらし、
州の天然資源の美しさを妨げないようにするための、
州の風力エネルギー法を変更する
2つの法案を却下しました。





民主党の上院議員は21日、
Paul LePage氏(ポール・ルパージュ)
共和党州知事の提案を
21-14で拒否することを可決し、
メイン州は電力価格を引き下げ、
風力発電を通じた経済的機会を
現在のメガワット目標まで拡大したいと考えている。





政府は、この提案が
住民に風力発電の恩恵を受けることを
確実にすると語ったが、
環境保護主義者は、それがメイン州の
風力発電を妨害しようとしていると語った。




上院はまた、
風力発電プロジェクトの視覚的影響分析を
実施する必要がある場合の要件を
変更した法案を却下しました。





両方の措置は、水曜日の夜の下院でも失敗しました。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------



<12-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




2015年1月19日




12-レター、メイン州
◇A fresh breeze
疾風

(Mount Desert Islander | 2015年1月19日)
http://www.mdislander.com/opinions/letters-to-the-editor/fresh-breeze





2007年、アメリカはイラクとの戦争に巻き込まれました。

家庭での高い石油とガソリンの価格に直面して、
ジョン・バルダッチ知事は
メイン州のエネルギーの未来を懸念していました。

ここ数年、
メインのサイト位置許可プロセスの下で
3つのグリッドスケール風力発電プロジェクトが
提案されました。

2つのプロジェクト(マーズヒルとキビー)
(Mars Hill and Kibby) が承認されました。


3番目は問題があり、それは拒否されました。

3つのケースすべてにおいて、
メイン州の伝統的な許可手続きは成功したが、
潜在的な風力開発者は、
却下されたケースについて不満を抱いていた。






風力の開発者と
善意の保全グループがチャンスを見ました。

彼らは共に、バルダッチ氏に、
世界の政治経済的な石油危機によって
緊急化された風力エネルギーの申請者の
許可を容易にする
特別専門委員会を組み立てるよう促した。

エネルギー専門家は、メイン州がすでに
発電目的で「石油から去った」ことを指摘し、
一般的な見解にもかかわらず、
風力エネルギーは実際には低い利益と
高いインパクトを持っていたと指摘しました。





特別専門員会は、
風力産業との強い結びつきを持つ人々によって
支配されていました。

石油危機/風力に反対する「問題」に対する
彼らの「解決策」は、
風力エネルギープロジェクトのための
特別なゾーニングとプロセスを提供することでした:

メイン州の風法。

下院と上院で全会一致で採決され、議論の余地はない。






メイン州公共財報告センターの
先週のアイランダーの記事で述べたように、
風力発電法は風力開発者に非常に傾斜しており、
メイン州エネルギー庁とメイン州環境保護省は、
法律が改正されることを勧告した。


20回以上の試みで、
失望した市民と保護団体は
オーガスタに法案を提出するための法案を提出しました
ー しかし議会はそれらを考慮することも拒否している。







そういうわけで、
我々は市民のイニシアティブを始めました!





これは、風力エネルギー法の撤廃ではありません。

この取り組みは、単に競争の場を平準化し、
市民の権利を回復させるだけです。






市民のイニシアチブは、
市民の援助支援に依存しています。

十分な署名が得られれば、
嘆願書は議会に提出され検討されます。


州議会は、投票法案として投票者を制定するか、
投票者に送付するかを選択することができます。

最初のステップは、
国務長官に請願書の文言の承認を得ることでした。

そのステップは完了し、
メイン州民は
今回覧されている申請書に署名することができます。






私たちは50,000人の署名を集める必要があります。

我々を助けてください。





あなたが手助けする準備ができていれば、
私はあなたが知る必要があるすべてを
提供することができます。




私たちは11月の投票でイニシアチブを望んでいます。

必要な署名をすべて集める期限は1月22日です。

もしあなたが手伝っていただけるのなら、
――――――
または―――@―――まで

私に連絡してください。




ダン・リトル

クッシング






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

----------------------------------------------------

<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2013年3月28日

ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

---------------------------------------------

<10-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2014年1月13日

ぜひ!⇒
10-ブログ、メイン州
◇LD 1147 testimony: “An Act To Protect Maine’s Scenic Character”
LD 1147の証言:「メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法」

(Citizens' Task Force on Wind Power - Maine | 2014年1月13日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/ld-1147-testimony-an-act-to-protect-maine-s-scenic-character

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4577.html

Brad Blake

この写真は、First Wind社が
Molunkus、Medway、およびT1 R5で
巨大な風力発電プロジェクトを提案している
尾根の1つの断崖から撮影されたものです。
これにはまだメイン州で使用されている
最大のタービンVestas V117 3.3MWが含まれ、
ベースからブレードの頂点までの高さは
500フィート以上です。
このサイトは、
バクスター州立公園の境界から
約15エールの距離にあり、
高価なサーモンストリームの池と
モルカンの湖から約5マイル未満です。

写真の下は、被験者委員会に対する私の証言です。



▼LD 1147(メイン州の風光明媚なキャラクターを守る法)に有利な証言

Bradbury Blake、2014年1月13日
ブラッドベリー・ブレイク


私の名前はブラッドベリー・ブレイクで、
私はメインのスカーバラ(Scarborough)にある
3ハーン通り(Hearn Road)に住んでいます。
私は第9世代のメイン州民であり、
私はずっとメインに住んでいます。

私はLD 1147の可決を支持しています。

PL 661、いわゆる「風法」
廃止されなければならない
特別な利益のために考案された凶悪な法律です。
経済的、信頼性の低い電源の生産性の低下、
騒音と健康への影響、
不動産価値の負の影響などを含むが、
これに限定されるものではないが、
この法律による州の風力発電の促進に反対する
多数の問題がある 。



最も重要な影響の1つは、
特に風法における最も厳しい条件で扱われている
視覚的かつ風刺的な影響です。

この法律の背後にある勢力は、
ボストンの超高層ビルが
メイン州の荒れ果てた高台に浮かぶような
高さの機械を配置することに関して
論争があることを知っていたため、
景観上の影響は
法律によって厳しく制限されていました。

予測によれば、
メイン州の既存の風力発電所と
提案されている風力発電所の
風光明媚な影響に関する大きな抗議がありました。

風力タービンの累積的影響の大きさを
人々が認識し始めていることや、
最近提案されたプロジェクトでは
高さが500フィート以上のタービンを
建造する必要があることから、
LD 1147は景観の影響に関する風法に、
より多くのバランスをもたらそうとします。

(First Wind社はMolunkusで
Vestas V117の使用を提案しています)。


LD 1147には重要な原則があります。
つまり、メイン州は
工業用風力発電所の敷地を犠牲にしたり、
少なくとも州の美しい宝物への影響を
合理的に管理するためのさらなる対策を講じていますか?

2006年には、非常に尊重された
ブルッキングズ研究所(Brookings Institute)が、
「メインの将来、持続可能な繁栄と
品質を促進するための行動計画」と題した
広範な研究を発表しました。


この調査では、どこにも
メイン州の工業用風力発電所のサイトための
メインの高地を畑を破壊することを推奨していません。

その焦点は、代わりに
「経済的な車輪が
現在メイン州の方向を向いているかもしれない」などの
概念に反映されている。

質の高い場所の探索がますます広がり、
重要性が増しているが
メイン州は住みやすい地域社会のイメージ、
美しい景色、素晴らしいレクリエーションの
機会に基づいて
世界的に知られている「ブランド」を
所有しています。

LD 1147は、産業風力発電所の浸食による
視覚傷害の蓄積された影響から
メイン州の「ブランド」を保護することです。



ブルッキングズ研究所の報告書によれば、
「世界的に有名なブランドが宣言しているように、
メイン州はまさに場所を分けることのできる
真正性と質の高さを持っています。

メイン州は忘れがたい特徴があり、それは重要です」

実際には、州はおそらく
米国東部で最も美しい地域と考えられ、
長い間、「Vacationland」
ニックネームとして使用しています。


年間100億ドル以上の観光産業が
州にとって不可欠であり、
多くの努力がメイン州内陸部の山々や湖沼や
広大な森林にもたらされています。

なぜ何百万人もの訪問者がメイン州で
とても多くの時間とお金を費やそうとするのか?

なぜ、多くの訪問者が、特に退職時に、
ここにで落ち着くのでしょうか?

「調査結果によると、
メイン州の旅行・観光業界で報告されているように、
13の最も評価の高いメイン州の属性は、
豊富な風光明媚な景色、
高いレクリエーション・チャンス、
魅力的な小さな町の周りを回っていました。

私たちは既に電気の純輸出国であるため、
メイン州で必要としない
産業風力発電の特別利益を促進するために、
なぜこの非常に重要な経済主体を
危険にさらしたいのですか?



産業用風力発電地帯の拡散が見られず、
「クオリティ・オブ・プレイス」や
天然記念物への影響がない場合は、
メイン州は、2020年までに
3000 MWの風力発電設備の任意の目標を
PL 661に含んだと考えてください。

メイン州にある
既存の大規模な風力発電所の影響を予測すると、
その目標を完全に築き上げると、
メイン州の鉱床は
350マイル以上離れて平準化され、平滑化され、
数千万立方ヤードの尾根が削られて埋められます。


それは、
野生生物の生息地の巨大な断片化、
湿地の喪失、
および鹿の冬のヤードを伴う
5万エーカーのクリアカットを意味する。

それは
何万という鳥が殺されたことを意味します。

特に、ハクトウワシとイヌワシのような猛禽類。


それは遠方の風力発電所を
送電網に接続するために
蜘蛛の巣のような状態を
十字架に交差させた数千マイルの
新しい電力線を意味する。

これは、風力タービンが
設計された出力を得るのに十分なほど
風が吹き抜けている数日の間に、
伝送能力を満たすために、
 さらに大きくて高価な345kvのラインが
いくつかあることを意味します。


それは破壊された高台から500フィートで
突き当たる1500以上の風力タービンを意味し、
州を「Vacationland(バケーションランド)」から
「Turbineland(タービンランド)」に変えます。



このシナリオはさらに悪化するか?
はい、そうです。

コネチカット、マサチューセッツ、
ロードアイランドなどの州では、
自らの恣意的な再生可能エネルギーの
義務を果たすための
電力購入契約を探し始めています。

既に、これらの州は、
メインウインドをこれらの要求事項を満たす
巨大な風力タービンプランテーションとして
検討しています。

コネチカット州は
メイン州の3倍の電力を消費しており、
2020年には20%のRPSを保有しています。

コネチカットの義務を満たすことは、
前項で述べた
メイン州への影響を倍増させることができる。


メイン州のすべての天然記念物を
巨大な風力タービンで囲うと、
どのような「場所の質」が得られるでしょうか?



玄関前のKatahdin山、裏庭のDowneastグランド湖
そして素晴らしいNorth Woodsの広大な遊び場
私は、メインにとどまって、
国の北東の一部で育ったので幸運でした。

何年もの間、
私はメイン州西部の山々に住んでいました。

私は、メイン州の有名なアパラチア山脈の各地を
ハイキングしました。

私はケネーベックとペノブスコットを
ラフティングし、アラーガシを狩り、
20以上の機会に
巨大なカタリナサミットにハイキングしました。

もっと重要なことに
私はメイン州の壮大な光景の特別な風景を味わい、
その経験が私の魂に報われていることを発見しました。

私はLD 1147が保護したい分野を知っています。

それらは壮大な景色であり、
確かにユニークな天然資源です。



私たちの財産を保護せずに
産業風力発電の普及を許可すれば、
私たちはメイン州の魂を犠牲にするでしょう。

既に、スプルースマウント・ウィンド、
Record Hill・ウィンド、
Kibby・ウィンドプロジェクトは
アパラチアン・トレイルlの景色を襲います。

ハイカーは最終的に
有名なトレイル沿いの各眺望で
風力タービンを見ますか?

既に、マーズヒル・ウィンド、
Stetson I&IIウィンド、
Rollins・ウィンドは、
Katahdinマウンテンの上の
森林限界から見ることができます。


これらの3つのサイトには、
最小のタービン
(GE 1.5 MW @ 389フィート)があり、
少し離れています。

Katahdinに近く、
より大きな478フィートの高さのタービンを
使用するのはOakfieldです。

高さ500フィート以上のタービンを備えた
Molunkusの提案されたプロジェクトは、
バクスター州立公園の境界から
ちょうど15マイル離れたところにあります。

アカディア国立公園の眺望ポイントから
北への景色は、
現在拡張されているブル・ヒルウィンドの
479フィートの高さの風力タービンを
取り囲んでいます。

これは私たちが
メイン州の訪問者に見て欲しいものですか?


LD 1147は、私たちが特別だと考える
私たちの場所を守るために不可欠です。


RoxburyのRecord Hill風力プロジェクトが
その一例です。

これはアパラチア山脈の景観にも
影響を与えますが、
メインフォースの土地基金からの民間寄付金と
納税者の金銭の組み合わせであった
ラムフォード・ホワイトケットの
サミットにも影響します。

レコードヒルのタービンは、
(Tumbledown)タンブルダウン・マウンテンと
FLMF債券でも保存されている公的土地区画
ジャクソンマウンテンに直接影響を与えます。

別の例:スプルースマウンテン・ウィンドは
アパラチア・トレイル、
Mahoosuc公共保留地、
グラフトンノッチ州立公園、
マウント・ブルーブルー州立公園
ランフォード・ホワイトキャップから
見ることができます。

そして最悪の場合、風力タービンは、
リトル・コンコード・ポンド /
ボールドマウンテン公有地とSpeckled Mt.から
3マイル未満で建設されました。


メイン州の納税者は、
『Fund for Land for Maine’s Future』に
2億ドル以上を拠出しています。

この考えは、
私たちの壮大な自然の宝物を保存し、
保存するために、公的所有権を買うか、
開発の権利または地域を購入し、
将来有益な地方資源を得ることでした。

実質的な購入には
Mahoosuc Rangeの稜線全体、
Tumbledown Mt. とビッグ&リトル・ジャクソン、
マウント・ブルー州立公園、
カトラーのボールド・コースト、
Downeast Grand Lakesでの広大な海岸線と面積、
Mattawamkeag Lake,
Salmon Stream Lake,
Donnel Pond/Tunk Lake Public Reserved Land,
Schoodic Mt.,
Nicatous & West Lakes,
Mt. Abraham summit,
Chain of Ponds Public Reserved Landsが含まれます。


これらの壮大な場所はすべて、
産業風力発電の景観への影響によって脅かされています。

場所を維持することは理にかなっていますが、
工業用風力タービンに囲まれることは可能ですか?



私は上記のすべての場所で
屋外レクリエーションを楽しんだ。

メイン州は本当に非常に美しい場所です。

多くの人々は、「遠くから」うらやましそうです。

被験者委員会のメンバーが
これらの非常に特殊な天然資源を認識できなかった場合、
私は悲しいです。

あなたの人生とあなたの魂は、
風力産業がメイン州を
とても特別なものにしてもらえるようにすることよりも、
メイン州の「場所の質」を維持することによって、
はるかに豊かになります。

それは保護し、保存する価値があります。

ここ5年間、メイン州で自由な方法を持っていた
強力な特別利益に立つことは価値があり、
州の自然と景観の資源を支配していると言います。
それらはメイン州の市民に属し、
風力産業には属していません。

LD 1147を可決することにより、
より公平な景観の影響基準を設定してください。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-29 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法 «  ホーム  » <3、4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡風力発電所の健康問題>3-ウィスコンシン州:保健所の当局者は、州が風力タービンと関連した健康リスクを調査しないと言います |4-ウィスコンシン州:セントクロイ郡の風力タービン論争は、グルグル回り続ける…DHSは、放棄されたシャーリー・ウィンドの一軒の住宅でスタッフが一日を過ごすだけで研究を開始することができます。風力タービンへの実際の暴露は間違いなくDHSの意見をすぐに逆転させるだろう…ブレンダ・サルセグ(フォレスト居住者) |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR