騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<8、9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました | 9-メイン州:風力の批評家は法律を変えたい…現行法の支持者は、提案された変更は新しい風力発電所の位置を見つけることをはるかに困難にするであろうと言います |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<8-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




2013年3月28日




ぜひ!⇒
8-メイン州
◇Rural Mainers turn out in force to back bills that would change wind energy law
地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました

(Bangor Daily News | 2013年3月28日)
http://bangordailynews.com/2013/03/28/news/state/
rural-mainers-turn-out-in-force-to-back-bills-that-would-change-wind-energy-law/




AUGUSTA, Maine オーガスタ、メイン州 –





風力発電所の近くに住む人々や
風力エネルギープロジェクトのための
迅速な許可についての反対派は、
木曜日に、2008年の風力エネルギー法※おとしん:注1)
一部を変更することを目指す
3つの法案を支持して証言する立法聴聞会室に
詰めかけました。





当時の政府、ジョン・バルダッチ
(John Baldacci)政権からの積極的な支持の下で
第123回議会からの全会一致の支持を得た法律は
開発者がメイン州の農村部、
特にUnorganized Territory
(非自治的領域 )の山々にタービンを設置した
風力発電プロジェクトを急速に開発させる
※おとしん:注2)
のに役立ちました。

しかし、2008年以来、
タービンの近くに所有物を所有する人々、
風力エネルギーの経済的利益に疑問を抱く人々は、
彼らが「特別な権利」として特徴付ける、
風力産業に授与された2008年の法律が
風力の開発者やメイン州民に
不利な利益をもたらし、
環境上の危害となると信じている人たちは
押し返そうとしました。





支持者たちは、
立法府のエネルギー・公益技術委員会に対し、
プレーフィールドを平準化すると主張し、
風力エネルギーをメイン州から
追い出さないことを支持するよう提案したため、
3つの法案の公聴会はほぼ4時間延長した。





Maine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブ・ディレクター
ジェレミー・ペイン
(Jeremy Payne)を含む反対派は、
2008年の法律は、
公益事業委員会の管轄下にある
他の大規模エネルギープロジェクトと同様に
風力エネルギー開発者に
同じ許可および控訴のプロセスを提供する仕組みを
単純に作り出したと主張した。





ペイン氏は、
2008年の風力エネルギー法は、
州の既存の規制枠組みが
風力エネルギー開発のために
機能していないことを認識して
作成されたと証言した。

また、同委員会では、
この法律を論理的に拡張することは、
メイン州の代替エネルギーとして
風力を開発することを
はるかに難しくすることになると語った。




「これにより、
元の規制の枠組みに戻っていくことになり、
費用がかさみ、面倒であることが証明されました。




一つ目の法案であるLD 274※おとしん:注3)を後援した
リンダ・バレンチノ(Linda Valentino)上院議員は、
風力エネルギープロジェクトに反対する人々に
「平等な権利を返す」ことを証言した。


この法案は、
環境保護庁による最終訴訟の控訴
またはメイン州の法律裁判所からの
メイン州環境保護局のコミッショナーに対する
独占的管轄権を排除し、
訴訟を起こした当事者が
上訴裁判所に異議を申し立てることを提案している。





バレンティーノ氏の法案に賛成して
証言した人々の中には、
メイン州環境保護局と
ポール・ルパージュ政権を代表する
マーク・ベルジェロン氏がいました。





ロバータ・ビーバー
(Roberta Beavers)議員(D-South Berwick)が
主催する第2の法案LD 385※おとしん:注4)は、
公聴会の機会を拡大し、
野生生物やその他の資源に影響を与える
風力エネルギー許可には
「風光明媚な自然環境への影響を減らすための
最善の実践的緩和」を要求することを提案している。




ラリー・ダンフィー議員(R-Embden)が
スポンサーとなった第3の法案LD 616※おとしん:注5)は、
風力エネルギー開発のための
迅速な許可区域から
キャリー・プレイス郡区、コンコード郡区、
ハイランドプランテーション、レキシントン郡区、
プレザントリッジプランテーションを取り除きます。

これらの農園や村の住民は、
ダンフィー氏の法案を支持して
1時間以上の熱心な証言を送った。





彼の母親、レキシントンタウンシップの
ビクトリアバーバンクを代表して語った
ジョンバーバンク氏は
LD616が、住民に
「このコミュニティの将来の発展の声」を返すと
述べたが、
ビクトリアバーバンクのルーツは
そこで4世代にわたって広がっています。




メイン州商工会議所のペイン氏(Payne)と
ベン・ギルマン氏(Ben Gilman)は、
既存の規制の枠組みが
メイン州の風力エネルギープロジェクトを
検討している開発者に
一貫性と安定性を提供すると主張した。




しかし、『Maine Mountainsの友人』の
クリス・オニール氏(Chris O'Neil)は、
開発者の安定に対する期待と
住民の安定に対する期待とのバランスを取るよう
委員会メンバーに要請して、証言を締めくくった。




LD 616の賛成も反対もしていないことを知った
知事のエネルギー局の責任者
パトリック・ウッドコック氏は、
2008年の風力エネルギー法の改善を
躊躇しないよう議員に要請した。

同氏は、
メイン州でプロセスを許可する
ある産業を別の産業に優先させない方法で
エネルギーを合理化するための
ルパージュ(LePage)氏の意向を繰り返し述べましたが、
それは、現在の法律がそうだと彼は言った。




ウッドコック氏は、2008年から
「我々はたくさんのことを学んだ」と言い、
風力エネルギー法は「完璧ではない」と、
ウッドコック氏は将来の作業セッションで
提案書を共有すると述べた。




3つの法案の作業日はまだ発表されていない。







================================================


文中のリンク先:


※おとしん:注1)
■Wind Energy Act of 2008
2008年風力エネルギー法


□Title 35-A: PUBLIC UTILITIES
Part 3: ELECTRIC POWER
Chapter 34: THE MAINE WIND ENERGY ACT
http://www.mainelegislature.org/legis/statutes/35-a/title35-Asec3403.html



※おとしん:注2)
■風力発電プロジェクトを急速に開発させる


□Some who created wind-power fast track now questioning the goals they set
(bangordailynews|2010年8月9日)
http://bangordailynews.com/2010/08/09/news/
some-who-created-windpower-fast-track-now-questioning-the-goals-they-set/?ref=inline




※おとしん:注3)
■LD 274


□An Act To Amend the Law Governing Appeals of Final Agency Action
on Applications Concerning Wind Energy Development
http://www.mainelegislature.org/legis/bills/bills_126th/billtexts/SP008301.asp




※おとしん:注4)
■LD 385


□State of Maine Legislature
Summary of LD 385
http://www.mainelegislature.org/LawMakerWeb/summary.asp?ID=280046872




※おとしん:注5)
■LD 616


□State of Maine Legislature
Summary of LD 616
http://www.mainelegislature.org/LawMakerWeb/summary.asp?ID=280047148






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------

  

<9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>



2014年1月13日



9-メイン州
◇Wind power critics want law changed
風力の批評家は法律を変えたい

(ニュース・センター | 2014年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2014/01/14/wind-power-critics-want-law-changed/




Don Carrigan




州に大規模な商業用風力発電所の数が増えているため、
大規模な風力タービンを
より多くの山の尾根に設置することへの反対も
また増加しています。





風力発電所は、気候変動に寄与する
化石燃料による汚染を減らすために
国が何らかの対策を講じる必要があると
主張していることから、
メイン州の大規模な環境団体のほとんどが
支援してきました。

しかし、いくつかの風力発電所周辺に
住む人々は、
タービンがメイン州の荒野や山の景観を破壊し、
州の風力発電法は変更する必要があると
苦情を言います。




双方が、今日オーガスタの立法上の審理で現れました、
そこで、議員は新しい風力発電所が
風光明媚な眺望から遠くにあることを要求して、
そのうえ、特定地域の複数の風力発電所の
「累積的な衝撃」を考慮することを監査機関に要求する
2008年の法律に改正を検討しています。

支持者たちは、継続的な開発が
「メイン州のブランド」の一部である
風光明媚な景観を脅かすと言い、
それゆえ観光に関連するビジネスを脅かすと言います。





現行法の支持者は、提案された変更は、
新しい風力発電所の位置を見つけることを
はるかに困難にするであろうと言います。


これらのグループは、気候変動の要求は、
特定の景観に対する懸念と同じか
それ以上の重要性を持っていると述べている。




議会のエネルギー・公益事業委員会は、
今週末に法案の議論を開始する予定です。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

----------------------------------------------------

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年9月15日

7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4564.html

By Kevin Miller, BDN Staff

ELLSWORTH、メイン –

割れた決定で、メイン州環境保護委員会は、
木曜日に家庭や企業の近くで運転されている
商業用風力タービンに、
より厳しい騒音規制を課すことを賛成票にした。



しかし、新しいルール
- 施行する前に議員との間で合意に達する必要がある

メイン州の急速に成長する風力エネルギー産業が
この州にとって
肯定的であるか否定的であるかについての
議論の両面で
当事者を満足させる可能性は低いと思われる。


「すべてのレベルで、
我々は満足していませんでした」と、
嘆願書がタービン騒音を規制する
新しい規則を検討するよう市民に指示した
市民を代表する弁護士の
ルーファス・ブラウン氏は述べています。
「しかし、それはまだ問題を進めており、
将来のための枠組みを与えてくれます。
それは私たちが以前持っていたものよりも
多くを与えてくれました。」



タービンから1マイル以内にある家屋や
その他の「保護された場所」から測定した
午後7時から午前7時までの
風力発電所からの最大許容騒音は、
45デシベルから42デシベルに低下するという
新しいルールを承認するために
BEPのメンバーは、5-4に評決しました。

※ 1マイル = 1.609344 キロメートル


さらに、提案された規則は、
風力エネルギー施設に現在適用されている
20年以上の騒音基準に欠けていた、
健全な読み取り値を収集し、
騒音の苦情を集めるための詳細なプロセスを
提示している。



タービンの騒音は、
アルーストック郡マーズヒルの風力発電所で、
フリーダムで、
最近ではヴァイナルヘブン(Vinalhaven)島の
3タービン施設で問題となっています。
後者の場合、 何人かの居住者が、
環境保護省に対して、
その部門が既存の45デシベルの騒音法令を
執行しなかったと主張している。


しかし、メイン州の商業風力エネルギー施設への
声高で組織的な反対が増えているにもかかわらず、
世論調査によれば、
電力のために風を利用するよう促すことは、
ほとんどのマナーの強い支持を得ているようです。


400フィートの高さのタービンからの騒音、振動、
および「影のちらつき」を主張する請願者が
求めている35デシベルをはるかに下回る42デシベルは、
周辺住民の健康状態や不動産価値に
影響を及ぼす可能性があります。
しかし、風力エネルギー業界の代表者は、
提案されたルールは不要であり、
近年、メイン州に約10億ドルを投資している
業界で規制の不確実性を生み出す可能性があると
主張していた。



「特定の点で、産業は言わなければなりません。
『メインは、風力エネルギー産業を受け入れますか?』」と、
産業貿易団体のMaine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は述べています。


規則で前進することを表明することによって、
5人の支配的な理事会メンバーは、
メイン州環境保護局の推薦を得て、
委員会がその問題に関する公聴会を
もう1回開催することに同意した。


審議会に対する係争中の変更は、
その決定に重要な役割を果たしているようです。
木曜日のBEP会合は
10人の理事会メンバーの約半分の最終メンバーであり、
今年初めに議会が可決した規制審査法案の一部として
委員会の規模と範囲が再構成される前の
最後の集会であった。


4人の委員会のメンバーが
公聴会に問題を送付することを支持していたが、
大半の人は過去10ヶ月間問題に取り組んでいる
委員会が決定を下すべきだと感じた。


「公聴会を主宰する委員会は、
この問題を扱った委員会ではない」と同部の広報担当者、
Samantha DePoy-Warren氏は語った。


DePoy-Warren氏によると、
何人かの委員会のメンバーは、
問題の論点を踏まえて新たな公聴会が
新たな情報をもたらすかどうかについても疑問を呈した。
部局の職員はパブリックコメントを
さらに1回要請したいと考えていたが、
スタッフは提案された規則が
騒音問題に取り組むのに役立つとも信じていると
彼女は述べた。


「42デシベルは、
他の人が望んでいたほどに厳格ではなく、
ゆるやかではないが、
正しい方向への良いステップである...
そして、提出される[聴力プロセスの間に]
データは、それが騒音の縮小に終わることを示します」と、
彼女は言いました。


州議会で承認された場合、
異なる基準で承認されているため、
メインですでに運営されている風力エネルギー設備には、
42デシベルの制限は適用されません。
また、ルールが有効になる前に
承認されたプロジェクトには適用されません。


風力発電所で厳しい騒音規制を求めている
請願者の弁護士であるブラウン氏は、
公聴会を開催することは、
最初の聴聞会に向けてかなりの金額を費やした
住宅所有者や草の根のグループにとって不公平だと述べた。
同氏はまた、業界が新しい取締役会の間で
より多くの支持を得ることを望んでいることを示唆した。


ブラウン氏によると、
「これは、これが、より風化した人々を
委員会に呼び込むための遅延戦術に過ぎないと
非常に懸念していた」と述べた。


しかしペイン氏は、申立人の原案と
木曜日に委員会が承認したルールとの間に
実質的な差異があることを踏まえ、
別のヒアリングが功を奏したと述べた。


提案されたルールは、公聴会を開くだけでなく、
提案を変更する権限を持つ議員へ行きます。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


----------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-27 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
更新日:2017年3月22日 | 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法 «  ホーム  » <14-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>14-オピニオン、ウィスコンシン州:風力のダブルスタンダード…風力発電所が2、3日の間電源を切ったとき彼らはきわだった違いに気がつきました。彼らが経験したと言っていることを科学がバックアップするかどうかを調べるためにもう少し研究をしてください |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR