騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<14-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>14-オピニオン、ウィスコンシン州:風力のダブルスタンダード…風力発電所が2、3日の間電源を切ったとき彼らはきわだった違いに気がつきました。彼らが経験したと言っていることを科学がバックアップするかどうかを調べるためにもう少し研究をしてください |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<14-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>




2016年10月21日




14-オピニオン、ウィスコンシン州
◇Wind’s double standard
風力のダブルスタンダード

(Independent Women's Forum|2016年10月21日)
http://iwf.org/news/2801844/Wind




ジリアン・ケイ・メルキオル




9月には、シャーリー風力発電所の
近くに住む11人のウィスコンシン州の住民が
近くの風力発電施設が
いかに健康に悪影響を与えているかを説明する
公正証書を提出しました。


風力発電所が2、3日の間電源を切ったとき、
彼らはきわだった違いに気がつきました。






グリーンベイ・プレス・ガゼットによると
「私はついに自分のベッドで寝ることができた」と
ある居住者は言いました。
「私は寝心地が悪く、
より早く目を覚ましていました。
それはわたしにとって
大いに肩の荷が下りたようでした。」





風力発電所の隣人は、
ブラウン郡保健委員会に対して
簡単な要求があります:


彼らが経験したと言っていることを
科学がバックアップするかどうかを
調べるために、
もう少し研究をしてください。


残念ながら、彼らは険しい戦いに直面しています。




衝撃的なダブルスタンダードを受け入れてきた
再生可能エネルギーの世界へようこそ。





連邦政府、州および学界は、
伝統的なエネルギー抽出
および発電から起こりうる
すべての健康リスクを徹底的に精査しているという
主張において
環境への取り残しは絶え間なく続いています。


しかし、自然エネルギーに関しては、
彼らは科学的調査の同じ基準を望んでいません。






「風力エネルギーは
かなりの公的支援を受けていますが、
風力エネルギーの嫌悪者は、
風力タービンから放射される音が
健康に悪影響を及ぼしているという懸念を
公表しています」と、
補助金を支給された産業を代表する業界団体である
米国風力エネルギー協会(AWEA)は言います。

「健康関連の影響に関するこれらの主張は、
科学によって支持されていません。」




その風力のロビーの主張は正直ではありません。

風力エネルギーと公衆衛生を調べている科学は
まだ発展途上であり、
それ以上に偏見のない質問が混在する
曖昧な証拠をもたらします。

しかし、風力産業とそのグリーンの盟友は、
科学が解決されたと主張して会話を止め、
研究を停滞させようとしています。






例えば、AWEA(米国風力エネルギー協会)は、
オーストラリア国立保健医療研究委員会
(NHMRC)の報告書を引用し、
風力タービンの健康影響の主張を
「論破する」と主張しています。




しかし、これは報告書の正確な特徴付けではなく、
実際に悪影響の「一貫した証拠がない」ことを発見した

———そして、「既存の証拠の限界を考えると
NHMRC(国立保健医療研究委員会)は、
風力発電所の健康への影響について
さらに質の良い調査をする必要があると
考えています。






AWEA(米国風力エネルギー協会)はまた、
オンタリオ州の健康担当最高医療責任者による
2010年の同様の報告を指摘している。

しかし、この研究では、
風力タービンの騒音と健康への悪影響とは
直接的因果関係が確立されていないと述べているが、
「風力タービンの近くに住む人々の何人かは、
めまい、頭痛、睡眠障害などの症状を報告します。




カナダの家族医師協会の公式刊行物に
掲載されたオンタリオ州の研究では、
風力タービン近くの住民の中には、
生活の質の低下、不快感、ストレス、
睡眠障害、頭痛、不安、うつ病、
認知機能障害などの症状を経験した人が
どれくらいいるかが記載されています。




同様に、セントルイスの
ワシントン大学の研究者は、
風力タービンによって生成された
低周波音と超低周波不可聴音の
内耳の影響のいくつかを調べました。




これらは、潜在的な健康リスクについて
疑問を投げかけ、
さらなる研究の必要性を強調している
信頼できる科学的報告のほんの一部に過ぎません。





しかし、AWEA(米国風力エネルギー協会)は、
2010年の報告書で述べたように、
新興の証拠は全く逸話であり、
「少数の敏感な人々」の話であると
国民に信じさせるでしょう。

同様の症状を報告している
世界中の何百人もの人々の経験を
最小限に抑えます。




また、環境保護団体は
(シェールガスの)水圧破砕地域で暮らす住民からの
より少ないクレームを
真剣に検討し公表したいと考えています。




コロラド州や他の地域では、
左派が禁止運動や一時停止を追求しているが、
環境活動家たちは、
荒れ果てた敷地周辺に住む住民の話を広め、
彼らの物語に大規模な信憑性を与えています。

風力の圧力団体は
タービンについて苦情を言っている居住者を
解説したように、
それらの人々も「敏感で」「ストレスを受けた」
「少数」の報告者であると数えるのですか?




そして再び、再生可能エネルギーは、
化石燃料産業に厳格に適用されている
同じ基準に合格するために使用されます。

例えば、5月に、オバマ政権は、
風力エネルギー企業が
年間4,200頭のハクトウワシを
殺すか、または重傷を負わせる規制を提案しました。

一方、一羽のワシの死体は、
野外の炭鉱の操業を停止するのに十分です。





公衆衛生上の懸念から、
規制当局は再生可能エネルギーを
伝統的エネルギーと同じ厳しい基準に保つ必要があります。

ウィスコンシン州シャーリーの住民や一般市民は、
疑わしい政治的好みではなく
健全な科学に根ざした意思決定を受けるべきです。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------
関連記事
--------------------------------



※ ウィスコンシン州ブラウン郡に関するブログカテゴリは
  2016年2月16日付け記事から『パート2』になります。

<Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>


  それ以前の記事は、次のブログカテゴリになります。
<ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>
  
=======================

<1-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年2月16日

※ これまでの経緯も含めて

ぜひ!⇒
1-ウィスコンシン州/ニュース動画
◇Special report: an ill wind
特別レポート:病気の風

(WeAreGreenBay.com|2016年2月16日)
http://www.wearegreenbay.com/news/local-news/special-report-an-ill-wind

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3849.html


ブラウン郡保健委員会のディレクターは、
最初は、人々の健康に有害であったと述べました

...しかし、その後すぐにそれを撤回しました。


「私は、それを証明することをいとわないで
取り組んでくれる医師を必要としています。」

「私はあなたがこれを経験していることを理解します、
しかしそれは、科学的な証拠だと言いません。」と
チュア・シオーンは述べています。


しかし、風力発電所の近くに住んでいる人は、
意見が異なります。

そして、問題はブラウン郡だけではありません。



-----------------

<2-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年2月17日

2-ウィスコンシン州
◇Brown County considers wind farm task force
ブラウン郡は、風力発電所の特別チームを考慮します

(グリーンベイ・プレス・ガゼット | 2016年2月17日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/02/17/
brown-county-considers-wind-farm-task-force/80516510/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3850.html

人は、問題の取り扱いで
郡を「不正行為」と非難しました、
水曜日、保健局は、臭いや
他の迷惑行為についての苦情に対処するための
正式な、専門の方法があるが、
しかし、風に関連する健康上の問題を
主張する人々のためのバーを
不当に高く設定したと言いました。



----------------------

<3-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年2月24日

3-ウィスコンシン州
◇Brown Co. wind farm task force idea withdrawn
ブラウン郡風力発電所の特別チームのアイデアは撤回される

(グリーンベイ・プレス・ガゼット | 2016年2月24日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/local/2016/02/24/
brown-co-wind-farm-task-force-idea-withdrawn/80869926/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3851.html

-------------------

<4-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年3月16日

ぜひ!⇒
4-ウィスコンシン州
◇Xiong resigns as Brown Co. health director
シオーンは、ブラウン郡保健衛生官を辞任します

(グリーンベイプレスガゼット | 2016年3月16日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/03/16/
xiong-resigns-brown-co-health-director/81886436/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3854.html

シャーリー風力発電に関する
彼女の物議を醸す決定の三ヶ月後、
ブラウン郡保健衛生官チュア・シオーンが辞任しました。

------------------------

<5-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年3月20日

ぜひ!⇒
5-プレス・リリース, ウィスコンシン州
◇County Health Officer admits feeling ill when near Duke’s Shirley wind turbines
郡保健担当官は、デュークのシャーリー風力タービンに近づくと体調が悪いことを認める

(Brown County Citizens for Responsible Wind Energy|2016年3月20日)
http://bccrwe.com/index.php/8-news/24

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3856.html

ブラウン郡は、デューク・エナジー社の
シャーリー風力発電を取り巻く多くの事実が
明るみに出てきて
深い墓穴を掘っているように見えます。

住民の情報公開請求を満たすことに関して
異常に長いほぼ3カ月の遅延の後、
最終的に提供された記録は、
前ブラウン郡保健衛生官のチュア・シオーンが
シャーリーウィンドの施設を訪問すると
体調が悪いことを暴露します。


彼女のインターン、
キャロリン・ハーヴェイへの電子メールで、
彼女は述べています:

「キャロリン
私は、風力タービンのところにいると
そのような偏頭痛がします。

私はあそこに向かう前に、
若干の予防のタイレノール(鎮痛剤)を
飲むほうがいいと思います」(2015年11月21日)


---------------------------

<6-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年3月20日

ぜひ!⇒
6-ウィスコンシン州
◇Health chief got ‘such migraines’ at wind farm
保健局チーフは、風力発電所で『そのような片頭痛』を得ました

(グリーンベイプレスガゼット | 2016年3月20日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/03/20/
health-chief-got-such-migraines-wind-farm/82059968/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3857.html

Doug Schneider, USA TODAY NETWORK-Wisconsin

彼らがシャーリー風力発電所の近くで
時間を過ごすとき、
健康への影響を報告する人々のリストに
別の名前を追加します。

元ブラウン郡保健衛生官チュア・シオーン※。

「私は、風力タービンのところにいると
そのような偏頭痛がします。」と、
シオーンは11月21日に
健康管理部インターン・
キャロリン・ハービーに書きました。

「私はあそこに向かう前に、
若干の予防のタイレノール(鎮痛剤)を
飲むほうがいいと思います」


そのステートメントは、
『責任風力エネルギーのためのブラウン郡市民』※による
情報公開請求の後、
郡によってリリースされた電子メールで来ました。


タービンからの低周波音が
一部の地域居住者を睡眠障害と
めまいにかからせたと主張するグループは、
シオーンの電子メールが風力問題に関して
「深い墓穴を掘っている」郡の証拠であると言います。

その声明で、グループは、
潜在的な風力発電関連の
健康問題についての懸念を
別の中西部の都市での鉛中毒の懸念※に例えました。

「ブラウン郡は、
そのミシガン州フリント※になるために、
シャーリー風力を必要としません」と、
スポークスマン、
スティーヴデスロリーウズは
日曜日の夕方に言いました。

シオーンは別の仕事を引き受けるために、
今月部門から辞任したと、
郡の行政官、
ストレケンバッチは述べています。

彼女の仕事の最終日は、金曜日でした。

日曜日の夜に、
彼女からのコメントは得られませんでした。

「偏頭痛は決定を下すストレスが原因だと
彼女は考えていると
シオーンは金曜日に彼に言った。」と
ストレケンバッチは言いました。


「彼女は、仕事に多くの時間と労力をかけました、
それを真剣に受け止めながら。」と彼は言いました。

シオーンは、タービンと病気をリンクする
不十分な証拠があると
12月に裁定を下しました。

それ以来、彼女は音とその影響を
研究する専門家から批判を受けました。

風力発電所の反対派、
保健委員会議長の
ジェイ・ティベッツ博士は、
郡委員会は、シオーンの判決に反対する
数人の音響技師により連絡されていると述べました。


ティベッツは、
シオーンが過去に
偏頭痛に苦しむことが知られていたこと、
そして、その複数の外部要因が
頭痛を引き起こすことができることを認めました。

しかし 、彼は言いました、
シオーンのコメントは、
タービンが
彼らを病気にすると信じている人々の
正当性を裏付けると思われます。


「あのメールは、」彼は言いました、

「私たちがこの時点で得ることができるのと同じくらい、
決定的証拠に近いです。」


ロバート・ランド※、
シャーリーを研究している
コロラド州の音響コンサルタントは、
騒音制御ソリューションを促進する非営利団体、
騒音制御工学会※と共に
「専門家の戒め」に関する声明を提出しました。

彼は、「シャーリーを訪れたとき、
彼は個人的に健康への影響を経験したことを
シオーンに通知しました、
しかし、彼女は、
彼女の部門に与えられている
執行力を無視することに決めた。」と、言いました。


「私は、委員会に警告しなければなりません、
不作為の選択は
シャーリー風力施設の近くで報告される
健康への影響を軽減させずに、
必ず悪化させると思われると。」
と、
彼は『USAトゥデイネットワークウィスコンシン』から
得られた手紙に書いています。


「私の職業では、
隣人を傷つける言い訳は通用しません;

より高い行動規範を持つべき保健衛生官には
間違いなく使える言い訳はありません。」


サイトを運営する
デュークエナジー再生可能エネルギー社は、
タービンが作る音は、
健康上の問題にリンクすることはありませんと
繰り返し述べています。

全国で1,000台以上のタービンを動かす
ノースカロライナ州ベースのデューク社は、
2011年にシャーリー風力を購入しました。

======================
※ チュア・シオーンさんのプロフィール

■『Linked in』 Chua Xiongさん
https://www.linkedin.com/in/chua-xiong-rn-msn-28b07539

---------------

ぜひ!⇒
※ 『責任風力エネルギーのためのブラウン郡市民』

■Brown County Citizens for Responsible Wind Energy
http://www.bccrwe.com/

---------------
※ ロバート・ランド 

■『Linked in』 ロバート・ランド,プロフィール
https://www.linkedin.com/in/robertwrand

---------------------

※ 騒音制御工学会

■The Institute of Noise Control Engineering of the USA
http://www.inceusa.org/

------------------

※ 中西部の都市での鉛中毒の懸念
※ ミシガン州フリント


◇飲み水に鉛混入、子供の血中から高濃度 米ミシガン州、
大統領が非常事態 「飲めない水」に請求書で怒り心頭

(産経ニュース|2016年1月22日)
http://www.sankei.com/world/news/160122/wor1601220035-n1.html

【ニューヨーク=黒沢潤】

財政難にあえぐ米中西部ミシガン州フリントで
飲料水に鉛が混入していることが判明し、
オバマ大統領が非常事態宣言を発令した。

子供の血液中からは高濃度の鉛が相次いで検出され、
住民が激しく抗議している。

 フリント(人口10万人弱)は
これまで五大湖の一つヒューロン湖から
水を引いていたが、
2014年4月、地元フリント川から
取水するシステムに切り替えてコスト削減を図った。


 その約1カ月後、住民からは
「水から異臭がする」などの苦情が殺到。

川の汚染が予想以上にひどく、
市内に敷設された水道管から鉛が溶け出す事態に
なっていたが、
当局は昨年10月まで川の水を使用し続けた。


 現在、市内ではヒューロン湖の水が使われているが、
鉛濃度はそれほど改善されていないという。

鉛中毒は脳障害など深刻な健康被害を引き起こすため、
子供約9千人の健康を懸念する親たちが当局を激しく批判。

州議会議事堂を取り囲んでデモを繰り広げているほか、
訴訟も起きている。

 また、多くの世帯には飲めない水の請求書が
いまなお届いており、住民の怒りを増幅させている。

 スナイダー知事(共和党)は19日、
状況改善のため2800万ドル(約33億円)を
供出する方針を表明した。

州兵部隊も市内に緊急配置されている。

 16日に非常事態宣言を発令した
オバマ大統領は20日、
米CBSテレビに対し
「私がそこの地域の親だったら、
子供の健康が危険にさらされていることに
逆上するだろう」と述べ、徹底的な改善を求めた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

---------------------------

<7-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年5月10日

ぜひ!⇒
7-ウィスコンシン州
◇Shirley Wind Farm concerns not going away
去っていないシャーリー風力発電所の懸念
(グリーンベイ・プレス‐ガゼット| 2016年5月10日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/05/10/shirley-wind-farm-concerns-not-going-away/84192080/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3857.html


グリーンベイ –

火曜日、市民グループは、
ブラウン郡保健会に
何人かのグレンモア地域の住民によって
報告された健康問題は、
近くの風力発電所にリンクできないという知見を
拒否するよう要求しました。


シオーンは
「デューデリジェンスのテストに落第した」と
BCCRWE(『責任ある風力エネルギーのための
ブラウンカウンティ市民』)の代表
ジェームズ・ヴァンデン・ブガートは述べています。


「彼女の結論は
提出された証拠が、選択的に概説されて、
相反して考察された
非常に欠陥のあるプロセスに基づいていました

… 彼女の結論は却下されなければなりません。」


-----------------------------

<8-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年5月15日

8-ウィスコンシン州
◇Brown County quietly paid $61K to ex-attorney
ブラウン郡は粛々と元弁護士に61.000ドルを支払う
(Green Bay Press Gazette.com | 2016年5月15日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/05/14/brown-county-quietly-paid-61k-ex-attorney/83951132/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4019.html


グリーンベイ –

郡委員会に通知することなく、
ブラウン郡の役員は、
明らかに1ヵ月で郡の作業をしなかった
部署の長に
ほぼ61,000ドルの決済を払うことに、
3月に粛々と同意しました。


-----------------------------

<9-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年5月25日

ぜひ!⇒
9-ウィスコンシン州
◇Zima: Board “stacked against” Shirley Wind critics
ジーマ:委員会はシャーリー風力の批判家に対して「不利な条件に達した」

(グリーンベイプレスガゼット|2016年5月25日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/local/2016/05/25/
zima-board-stacked-against-shirley-wind-critics/84872652/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4020.html


ガイ・ジーマ:
シャーリー風力発電所の批判家は、
ブラウン郡管理委員会に
新しい援助者を持っています。

ジーマは、水曜日にインタビューにおいて、
彼が近くの風力発電所が
健康問題を引き起こしているという
一部のグレンモア-エリアの
居住者の主張を信じていると言いました。

-----------------------------

<11-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年7月19日

11-ウィスコンシン州
◇Shirley Wind Farm ruling health stays in place
シャーリー風力発電所の保健所の裁定は留まっている

(グリーンベイプレス-ガゼット | 2016年7月19日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/07/19/
shirley-wind-farm-ruling-health-stays-place/87266818/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4234.html

-----------------------------

<12-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年9月13日

ぜひ!⇒
12-ウィスコンシン州 / 風車の健康への悪影響報告
◇Shirley Wind case crossover testimonies
シャーリー風力事件のクロスオーバー証言

(BCCRWE|2016年9月13日)
https://www.wind-watch.org/documents/shirley-wind-case-crossover-testimonies/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4236.html


著者: Brown County Citizens for Responsible Wind Energy
責任ある風力エネルギーのためのブラウン郡市民


http://bccrwe.com/index.php


BCCRWE
(責任ある風力エネルギーのためのブラウン郡市民)の
副代表バーバラ・ヴァンデン・ブーガートによって、
以下の1ページの声明と
添付した12事件クロスオーバー証言が
2016年9月13日に
ブラウン郡(ウィスコンシン州)保健委員会に
付託されました。



ダウンロード原本:「シャーリー・ウィンド事件クロスオーバー証言」

※ 上記PDFは、以下のサイトでリンクしています。 

https://www.wind-watch.org/documents/shirley-wind-case-crossover-testimonies/


-----------------------------------------------------------

<13-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>

2016年9月16日

13-ウィスコンシン州
◇Critics: Wind farm shutdown eased health issues
批判的な人々:風力発電所のシャットダウンは、健康問題を緩和しました

(グリーンベイ-ガゼット | 2016年9月16日)
http://www.greenbaypressgazette.com/story/news/2016/09/16/critics-wind-farm-shutdown-eased-health-issues/90490322/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4237.html

Doug Schneider, USA TODAY NETWORK-Wisconsin

シャーリー –

シャーリー風力発電所の近くに住んでいる
11人の人々は
タービンがこの夏数日間オフだったとき
彼らの健康がよくなったと言います。



南ブラウン郡のサイトの近くに住む人々は
7月下旬のほぼ4日の間
睡眠問題、頭痛、吐き気と
他の症状がおさまったか
あるいは消えたと記載された
公証書類を作成しています。
彼らは、風車で出される低周波音から
症状が生じると主張します。


「以前私は眠れませんでした
そしてより多くのエネルギーで
朝早く目が覚めました...
私の肩から重荷が取れたかのようでした。」


問題は、現在、
タービンが地域で人々の潜在的健康に
有害なものをもたらすかどうかについての
長時間にわたる議論において
7月の観察が
どれくらいの重要性を持っているかということです。

市民のグループのリーダーは、
隣人からの声明が
タービンと病気の関係の証拠であると言います。
風力発電所の事業者
ノースカロライナの
デュークエナジー再生可能エネルギー社と
郡の前保健ディレクターは
2つを結ぶための科学的証拠がないと述べたと
記録にあります。


「これらの悪影響を受けるブラウン郡の
住民を保護するために行動が必要です。」
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代長
バーバラ・ヴァンデン・ブーガート。
彼女のグループは
7つの番地に住んでいる
地域の11人の住民からの声をまとめました。


グループは
郡は、風力発電所に対する
地域住民によって報告された
健康問題をリンクする科学的証拠がないことが
わかったという
当時の保健ディレクターのチュア・シオーンによる
12月の裁定を覆すべきであると述べています。
シオーンは、その後辞任しました。


バンデン・ブーガートのグループは
8台のタービンの
1台以上の近くに住んでいる人々に
風力発電所の影響を判断するための
独立したテストを手配するために
ブラウン郡に長い間、要求しました。
彼らは、タービンが動いているときと
動いていない時間に対しての
影響を比較するテストを望んでいます。
しかし、郡は、
このような研究に協力することを強制できない
またはタービンをオフにすることを
会社に強制することはできないと言います。


他の人は、
テストが時間を浪費するだけであると言いました。
7月の保健委員会のメンバー
ジム・クロフォードは、
委員会にタービンの低周波騒音が
健康を危険にさらすことができるという
2014年の委員会の裁定を覆させようとしましたが
その試みは失敗しました。



金曜日に面談した2人の委員会のメンバーは
11人の隣人から証明書の見解が異なっていました。

郡委員会のグループの代表者
ハワードのリチャードSchadewaldは
その情報は問題を解決する郡の努力において
「パズルの別の部分を構成する」と言いました。


「私はそれをそれよりも高く
ランク付けしたいとは思いません」と
彼は言いました。


しかし、保健委員会の議長をつとめる
ジェイ・ティベッツは
その声明が
タービンと健康の関係の指標であると
思っていると言いました。


「私は全委員会を代弁することができませんが
物事の成り立ちから見れば
これは本当に重要であると考えます。」と
引退した医師のティベッツは語りました。
「それが、今まさに我々が明確にするつもりの
因果関係に近いと、私は思います。」



委員会の過半数は
研究が必要なことに同意しました。
しかし、彼らも資金提供なしで
物事が生じないことに同意します。
郡はそのような研究に
資金を供給することに
ここまで同意しませんでしたし、
研究がいくらがかかるかについて
正確に決定することができませんでした。
一部の当局者は、コストの問題と
適切なテストを行うための
業者や代理店を見つけることの
潜在的な難しさを挙げています。


保健委員会は、11月中旬に次に会合します。
その時まで、隣人は答えを待ちます。



「7月の末頃に風力タービンを止めてくれたのは
確かによかったです」と
風力発電所の近くの郡に住んでいる
リタ・ガニオンは書きました。

「タービンの電源が再度入ったので、
それ以来
私は満足できて
十分に休息できる夜がありませんでした。」


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html







2017-03-27 : ★Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<8、9-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>ぜひ⇒地方のメイン州の住人は、風力エネルギー法を改める法案を支援するために大挙して繰り出しました | 9-メイン州:風力の批評家は法律を変えたい…現行法の支持者は、提案された変更は新しい風力発電所の位置を見つけることをはるかに困難にするであろうと言います |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>7-メイン州:メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している…タービンから1マイル以内にある家屋やその他の「保護された場所」から測定した午後7時から午前7時までの風力発電所からの最大許容騒音は45デシベルから42デシベルに低下するという新しいルールを承認するためにBEPのメンバーは、5-4に評決しました |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR