騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~破損・火災・落雷・事故/①、②ドイツ飛行機衝突事故>ドイツ/動画:致命的な事故:BFUが風力タービンとの小さな飛行機衝突を調査 |ドイツ、ウェールズ:ドイツの風力タービン・サイトの致命的な飛行機墜落後のスウォンジー風力発電所に対する航空安全の懸念 | <風車~破損・火災・落雷・事故/デンマーク/ブレード損壊>デンマーク:ヴェスタスがデンマークのブレード損失を調査;24MWのBindesbøl1風力発電所で調査が進行中 |<風車~破損・火災・落雷・事故/フィンランド/火災>フィンランド:火災、住宅用建物、風力タービン |<風車~破損・火災・落雷・事故/イングランド/火災>イングランド:消防隊員は、風力タービン火炎に取り組みます// 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<風車~破損・火災・落雷・事故/①ドイツ飛行機衝突事故>



2017年2月3日




ドイツ/動画
◇Tödlicher Unfall: BFU untersucht Leichtflugzeug
致命的な事故:BFUが風力タービンとの小さな飛行機衝突を調査

(ndr.de|2017年2月3日)
https://www.ndr.de/nachrichten/niedersachsen/osnabrueck_emsland/
Toedlicher-Unfall-BFU-untersucht-Leichtflugzeug%2Cmelle306.html




メレ地区オスナブリュックの
小型飛行機の墜落後原因はまだ不明です。

警察は技術的な故障と
パイロットエラーの両方を保持しています。

ブラウンシュヴァイクの
航空機事故調査(BFU)の連邦局の専門家の調査は
2〜3日持続することが予想されます。

電動式軽飛行機のパイロットは、
彼の航空機が風力タービンの格子マストに対して
高さ約20メートルに墜落し、
炎上して死亡しました。
それは木曜日に起きました。


・・・・・・・




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/②ドイツ、ウェールズ飛行機衝突事故>



2017年2月16日




ドイツ、ウェールズ
◇Air safety concerns over Swansea wind farm after fatal plane crash at German wind turbine site
ドイツの風力タービン・サイトの
致命的な飛行機墜落後のスウォンジー風力発電所に対する航空安全の懸念

(サウスウェールズ・イブニングポスト | 2017年2月16日)
http://www.southwales-eveningpost.co.uk/
air-safety-concerns-about-swansea-wind-farm-after-fatal-plane-crash-at-german-wind-turbine-site/
story-30141902-detail/story.html



By Chris Peregrine




画像:

Felindre(スウォンジー)の
Mynydd y Gwair風力発電所計画についての
航空安全への懸念は、
開発者によって退けられました。

==========================================




ドイツの最近の致命的な飛行機の墜落事故に続いて、
スウォンジの初めての風力発電所について、
新たな安全懸念が高まっています。




Felindreに近い
5200万ポンドのMynydd y Gwairの計画では、
16基のタービンを提供するために作業を開始しており、
来年末の終わり近くまで続く予定です。




ウェールズ救急輸送機を含む、
航空安全に関する新鮮な懸念が、
ドイツの事件を踏まえて提起されました。




この計画の背後にあるInnogy Renewables UKは、
航空の懸案事項はないと語った。




ドイツ北西部のMelle市外の事件で、
伝えられるところによれば、
航空機は比較的透明な大気中で
40メートルの高さで風力タービンに衝突し、
パイロットを殺害したという。




引退した教師で
パイロットのゲーリー・ウォーターズ氏
(Craigcefnparc)は、
風力タービン計画の反対派ですが、
航空機の安全性について懸念しています。





彼はスウォンジ空港からRV7軽飛行機を操縦し、
悪天候に起因する低い可視性が
問題になる可能性があると述べた。




「常に懸念がある」と述べた。

「風力タービンのこれらのパイロンは、
最近非常に大きくなっています。

彼らは高い位置にある。

彼らはどこにでもあります。

より多くの事故が起こるだろう。

それは疑問ではない」




スワンシー諮問委員会(Swansea Council)の
Mawr Ward会員であるヨアン・リチャード氏は、
Mynydd y Gwair Commonの
Mynydd y Gwair風力タービンは、高さ約485フィートで、
スウォンジの最も高い地点の
Penlle'rcastell近くに位置しています。

それ自体は海抜1,200フィートで離れており、
非常に頻繁に霧に覆われています。




「可能性のある航空墜落に関するすべての懸念は、
すべての適切な当局によって退けられました。
- 開発者『Innogy』を含む。

その地域の定期便の1つは、
患者をMorriston病院に搬送する救急輸送機です。




リチャード氏は、
ドイツの墜落事故で彼の恐怖が再燃したと語った。




「私たちはずっと心配していた」と彼は語った。

「別の表現が必要なのかもしれない。」




『Innogy』の広報担当者は、
すべての問題は計画の過程で検討されたと述べた。




「低空飛行機に関連して、
私はMynydd y Gwair風力発電所に関して
航空問題がないことを確認できます」と
彼女は言いました。




Wales Air Ambulanceの
誰のコメントも入手できませんでした。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/デンマーク/ブレード損壊>



2017年1月4日



デンマーク
◇Vestas probes Danish blade loss; Investigation underway at 24MW Bindesbøl 1 wind farm
ヴェスタスがデンマークのブレード損失を調査;24MWのBindesbøl1風力発電所で調査が進行中

(renews.biz|2017年1月4日 )
http://renews.biz/105423/vestas-probes-danish-blade-loss/



ヴェスタス社は
デンマーク西部のTarm地区にある
24MWのBindesbøl1風力発電所で、
そのタービンからのブレード損失を調査しました。



タービンメーカーは、嵐の中、
12月26日にブレードがV90 3MWマシンから
壊れたと語った。



スポークスマンによると、
「根本原因」の調査が進行中だという。



「怪我は発生せず、その場所は確保された。
現時点では、
個別のタービン故障のように見える」と述べた。




風力発電所は
V90 3MWタービン8基を搭載しています。

残りの7台のマシンはすべて正常に動作しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/フィンランド/火災>




2017年1月6日



フィンランド
◇Fires strike residential buildings, wind turbine
火災、住宅用建物、風力タービン
(Yle | 2017年1月6日)
http://yle.fi/uutiset/osasto/news/fires_strike_residential_buildings_wind_turbine/9391170




画像:

消防士がどうしようもなく見ていたので、
風力タービンはハミナで何時間も燃えました。

Image: Mikko-Pekka Purho

============================================



消防士は、金曜日の朝、ひどく冷えた状況で、
南フィンランド周辺で
少なくとも3つの火災で忙しかった。

1件の火災は人を死亡させ、
もう1件は風力タービンを破壊させた。



金曜日の午前8時過ぎに、
金曜日にトゥルクで1人が死亡した。

被害者は70歳前後の男性でした。



火災は、ルノスマキ郊外の
パロランポルクの台所で明らかに始まった。



午前中、小さなアパートに火事があったため、
コウヴォラ南東部の町で20人以上が避難した。



いくつかの住民が煙の吸入に苦しんでいたが、
それ以上の重大な傷害は報告されなかった。

消防士は、正午頃にチッティランメンカトで
炭焼きの住居ユニットを監視していました。

彼らは、早朝の火事は上層階で始まったと言います。

激しく寒い天候の中で、13の火災救助隊が現場にいました。





▼消防士が風車を見ている



南方約50キロのハミナでは、
金曜日の早い時期に風力発電機が破壊された。

火災が約100メートルの高さで発生したため、
消防士はそれと戦うことができませんでした。



当局は、落下した部品のために
地域に非常線を張ったが、
ナセルとして知られている燃焼セクションには
到達できなかった。

Paksuniemiの火事の原因は明らかにされていない。



救助隊員は爆発が午前1時35分に通知された。

火事はほとんどが燃えていた6.30、
Kymenlaakso義務の消防長Jukka RuuskanenはYleに語る。




タービンは、地方自治体の電力会社
Haminan Energiaが所有しています。

Operations ManagerのHeikki Lappalainenは、
財務上の損失を見積もるのは時期尚早だと述べています。



彼は、水銀が摂氏約-20度で、
地域が冷たいスナップのグリップにとどまっているため、
事件は電力の供給に影響を与えないと付け加えている。

同社は6つの風力タービンを所有しています。



フィンランドで以前に公表された
唯一の風力タービン火災は2004年に発生した。

それは南西のウーシシカプンピの近くの島の
風車を破壊した。

その場合、消防士はヘリコプターから
20,000リットルの水を
70メートルの高さにある火の上に落とした。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/イングランド/火災>



2017年1月7日



イングランド
◇Fire crews tackle wind turbine blaze
消防隊員は、風力タービン火炎に取り組みます

(ヨーク・プレス | 2017年1月7日)
http://www.yorkpress.co.uk/NEWS/15008092.Fire_crews_tackle_wind_turbine_blaze/



アレックス・ロス



999のクルーが
風力タービンの火災と戦っている。



この構造物は、
ハロゲート付近のA59近くで
金曜日午後5時頃に火がつき、
ノースヨークシャーの消防救助隊が現在現場にいる。



彼らは、住宅や企業に吹き込む煙霧を止めるために、
窓やドアを閉めたままにしておくよう人々に促している。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-26 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>7-メイン州:メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している…タービンから1マイル以内にある家屋やその他の「保護された場所」から測定した午後7時から午前7時までの風力発電所からの最大許容騒音は45デシベルから42デシベルに低下するという新しいルールを承認するためにBEPのメンバーは、5-4に評決しました |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年3月22日 | 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR