騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>7-メイン州:メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している…タービンから1マイル以内にある家屋やその他の「保護された場所」から測定した午後7時から午前7時までの風力発電所からの最大許容騒音は45デシベルから42デシベルに低下するという新しいルールを承認するためにBEPのメンバーは、5-4に評決しました |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<7-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>




2011年9月15日




7-メイン州
◇Maine Board of Environmental Protection endorses stricter noise rules for wind farms
メイン州の環境保護委員会は、風力発電所のためのより厳しい騒音規則を支持している

(Bangor Daily News|2011年9月15日)
http://bangordailynews.com/2011/09/15/environment/
maine-board-of-environmental-protection-endorses-stricter-noise-rules-for-wind-farms/



By Kevin Miller, BDN Staff



ELLSWORTH、メイン –



割れた決定で、メイン州環境保護委員会は、
木曜日に家庭や企業の近くで運転されている
商業用風力タービンに、
より厳しい騒音規制を課すことを賛成票にした。





しかし、新しいルール

- 施行する前に議員との間で合意に達する必要がある

メイン州の急速に成長する風力エネルギー産業が
この州にとって
肯定的であるか否定的であるかについての
議論の両面で
当事者を満足させる可能性は低いと思われる。




「すべてのレベルで、
我々は満足していませんでした」と、
嘆願書がタービン騒音を規制する
新しい規則を検討するよう市民に指示した
市民を代表する弁護士の
ルーファス・ブラウン氏は述べています。

「しかし、それはまだ問題を進めており、
将来のための枠組みを与えてくれます。

それは私たちが以前持っていたものよりも
多くを与えてくれました。」






タービンから1マイル以内にある家屋や
その他の「保護された場所」から測定した
午後7時から午前7時までの
風力発電所からの最大許容騒音は、
45デシベルから42デシベルに低下するという
新しいルールを承認するために
BEPのメンバーは、5-4に評決しました。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル




さらに、提案された規則は、
風力エネルギー施設に現在適用されている
20年以上の騒音基準に欠けていた、
健全な読み取り値を収集し、
騒音の苦情を集めるための詳細なプロセスを
提示している。






タービンの騒音は、
アルーストック郡マーズヒルの風力発電所で、
フリーダムで、
最近ではヴァイナルヘブン(Vinalhaven)島の
3タービン施設で問題となっています。

後者の場合、 何人かの居住者が、
環境保護省に対して、
その部門が既存の45デシベルの騒音法令を
執行しなかったと主張している。




しかし、メイン州の商業風力エネルギー施設への
声高で組織的な反対が増えているにもかかわらず、
世論調査によれば、
電力のために風を利用するよう促すことは、
ほとんどのマナーの強い支持を得ているようです。




400フィートの高さのタービンからの騒音、振動、
および「影のちらつき」を主張する請願者が
求めている35デシベルをはるかに下回る42デシベルは、
周辺住民の健康状態や不動産価値に
影響を及ぼす可能性があります。

しかし、風力エネルギー業界の代表者は、
提案されたルールは不要であり、
近年、メイン州に約10億ドルを投資している
業界で規制の不確実性を生み出す可能性があると
主張していた。







「特定の点で、産業は言わなければなりません。
『メインは、風力エネルギー産業を受け入れますか?』」と、
産業貿易団体のMaine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は述べています。




規則で前進することを表明することによって、
5人の支配的な理事会メンバーは、
メイン州環境保護局の推薦を得て、
委員会がその問題に関する公聴会を
もう1回開催することに同意した。




審議会に対する係争中の変更は、
その決定に重要な役割を果たしているようです。

木曜日のBEP会合は
10人の理事会メンバーの約半分の最終メンバーであり、
今年初めに議会が可決した規制審査法案の一部として
委員会の規模と範囲が再構成される前の
最後の集会であった。




4人の委員会のメンバーが
公聴会に問題を送付することを支持していたが、
大半の人は過去10ヶ月間問題に取り組んでいる
委員会が決定を下すべきだと感じた。





「公聴会を主宰する委員会は、
この問題を扱った委員会ではない」と同部の広報担当者、
Samantha DePoy-Warren氏は語った。




DePoy-Warren氏によると、
何人かの委員会のメンバーは、
問題の論点を踏まえて新たな公聴会が
新たな情報をもたらすかどうかについても疑問を呈した。

部局の職員はパブリックコメントを
さらに1回要請したいと考えていたが、
スタッフは提案された規則が
騒音問題に取り組むのに役立つとも信じていると
彼女は述べた。




「42デシベルは、
他の人が望んでいたほどに厳格ではなく、
ゆるやかではないが、
正しい方向への良いステップである...
そして、提出される[聴力プロセスの間に]
データは、それが騒音の縮小に終わることを示します」と、
彼女は言いました。




州議会で承認された場合、
異なる基準で承認されているため、
メインですでに運営されている風力エネルギー設備には、
42デシベルの制限は適用されません。

また、ルールが有効になる前に
承認されたプロジェクトには適用されません。





風力発電所で厳しい騒音規制を求めている
請願者の弁護士であるブラウン氏は、
公聴会を開催することは、
最初の聴聞会に向けてかなりの金額を費やした
住宅所有者や草の根のグループにとって不公平だと述べた。

同氏はまた、業界が新しい取締役会の間で
より多くの支持を得ることを望んでいることを示唆した。




ブラウン氏によると、
「これは、これが、より風化した人々を
委員会に呼び込むための遅延戦術に過ぎないと
非常に懸念していた」と述べた。




しかしペイン氏は、申立人の原案と
木曜日に委員会が承認したルールとの間に
実質的な差異があることを踏まえ、
別のヒアリングが功を奏したと述べた。




提案されたルールは、公聴会を開くだけでなく、
提案を変更する権限を持つ議員へ行きます。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------

<1-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年2月9日

ぜひ!⇒
1-メイン州
◇Plan: 1,000 turbines by 2020
計画:2020年までに1,000基のタービン

(Portland Press Herald|2008年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/02/09/plan-1000-turbines-by-2020/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------

<2-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2008年4月14日

2-メイン州
◇Maine governor is expected to sign fast-track wind siting bill
メイン州知事は早急に風力を設置する法案に署名する予定

(Platts.com|2008年4月14日)
http://www.platts.com/Electric%20Power/News/6859778.xml?src=Electric%20Powerrssheadlines1
https://www.wind-watch.org/news/2008/04/15/maine-governor-is-expected-to-sign-fast-track-wind-siting-bill/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html

----------------------------------------------------

<3-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月11日

ぜひ!⇒
3-メイン州
◇Wind power law hasn’t resolved development conflicts
風力法は、開発紛争を解決しませんでした

(Bangor Daily News|2010年8月11日)
http://bangordailynews.com/2010/08/11/politics/wind-power-law-hasnrsquot-prevented-development-conflicts/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4561.html

風力発電プロジェクトの審査を
スピードアップする
州法の大きな変更を提案した後、
ジョン・バルダッチ知事は
風力発電所のメンバーをさらに一歩進化させ、
マップを作成しました。



州知事の風力発電特別専門委員会に参加した
3つのグループを含むいくつかの環境団体は、
プロジェクトの一部に対して証言しました。
野生生物へのダメージから
景観上貴重な高山地帯の劣化にいたるまで、
異論はあった。
コミッショナーの多くは同様に、
プロジェクトがサイトに与える可能性のある
潜在的危害について懸念を表明した。


----------------------------------------------------

<4-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2010年8月30日

4-メイン州
◇Maine wind farm not soothing to all ears; Turbines’ sounds have town divided
すべての耳にとって心休まらないメイン風力発電所;タービンの音は、町を分ける

(The Boston Globe|2010年8月30日)
http://archive.boston.com/lifestyle/green/articles/2010/08/30/maine_wind_farm_not_soothing_to_all_ears/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4557.html

----------------------------------------------------

<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年1月5日に
ジョン・バルダッチ(John Baldacci)氏に代わり
ポール・ルパージュ(Paul LePage)氏が州知事に就任しました。


2011年1月13日

5-メイン州
◇Wind power opponents advance legislation
風力発電の反対派は立法を進める

(Sun Journal|2011年1月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/01/13/wind-power-opponents-advance-legislation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

----------------------------------------------------

<6-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>

2011年5月11日

ぜひ!⇒
6-メイン州
◇Report: Turbine noise a complex issue
レポート:タービン騒音 複雑な問題

(Morning Sentinel|2011年5月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/05/01/report-turbine-noise-a-complex-issue/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4565.html

By Tux Turkel, Staff Writer

住民への騒音の影響を制限するために、
メイン州の住宅と商用風力タービンの間の
最小距離を約2倍にして
1000フィートにする必要があるという、
待望の州の報告書は推奨しています。
※ 1000フィート = 304.8 メートル


騒音は、グリッド規模の
風力発電プロジェクトに近い人々からの
苦情の主な原因です。
不要な音の影響は、
世界中の進行中の科学的、政策的議論の対象です。



この報告書は、風力タービンの騒音は
本質的な問題であると認識していますが、
それはより多くの研究が必要な複雑なものです。
また、住民に建設前のプロジェクトの
詳細を知る機会を与えることも推奨されています。



総合すると、この報告書は、
メイン州が風力発電で正しい方向に進んでいるが、
過去の経験から教訓を学んだことを示している。


この報告書は、メイン州、その他の州
および外国での風車騒音規制と研究を調査しました。

この作業は、昨年、
メイン州の元エネルギー担当ディレクター、
ジョン・ケリー氏(John Kerry)が
議会の要請により行ったものです。
今週、新エネルギー担当ディレクター、
ケン・フレッチャー氏
(Ken Fletcher)の審査を経て、
ポール・ルパージュ(Paul LePage)知事の
承認を得て公開されました。


しかし、162ページの報告書は、
メイン州の風力発電に関する激しい感情を
静かにすることはほとんどありません。


提案されている最小のセットバックは
フットボールフィールドの3つ分よりも長いですが、
風力の反対派は、
タービンと
300フィートの塔の上で回転するそのブレードが
さまざまな風の条件下で作ることができる
騒音、低周波音圧と振動によって
妨げられないようにするためには、
それでもまだ短かすぎると言います。



「これは市民を守るにはあまりにも少ないものだ」と
『Friends of the Highland Mountains」の広報担当者、
カレン・ベッセイ・ピース氏は語った。


このグループは、
1マイルの挫折を示唆する研究を支援していると
ピース氏は述べている。

※ 1マイル = 1.609344 キロメートル


メイン州の現在の最小限のセットバックは、
安全に関するタービン製造業者のガイドラインに基づいている

- ノイズではない
タワーの高さの1.5倍です。
現在のプロジェクトでは582〜615フィートです。

※ 582~615フィート = 177.3936~187.45200 メートル


Maine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブ・ディレクター、
ジェレミー・ペイン氏(Jeremy Payne)によると、
これで十分です。
風力産業は新しい細部を考慮するが、
距離を1000フィート以上に拡大しようとする試みに
反対するかもしれない、
というのは、それが恣意的で、
地形や現場条件を無視しているからだ。
※ 1000フィート = 304.8 メートル


「既存のセットバックが
公衆の安全と健康を守っているということで
我々はそれで快適です。」と彼は述べた。


全体として、この報告書は、
2015年までに2,000メガワットの容量を
建設するために、
2007年の風力エネルギー開発法に具体化された
メイン州の政策目標を支持している。
メイン州は現在、総容量265メガワット
(目標の13%)の6つの大きなプロジェクトを
持っています。
1つは建設中、3つは許可を得て、7つは開発中です。


このレポートはまた、風力の騒音に関する
複雑な調査の初歩としても役立っています。
それは、空気をスライスする
ブレードからの圧力に関連する
「シュッという唸り」低周波ノイズ
さらには人間の知覚の共通限界を下回る
「超低周波不可聴音」などの
音の種類をまとめたものです。
また、速度が高さとともに
どのように増加するかの尺度である
ウインドシア(風力せん断)、
および風がタービンハブで地面よりも
強く吹いているときの一般的な苦情の原因が
探求されています。



また、他の州や国のさまざまな騒音に関する
ガイドラインもレビューしています。

日中の55 dBAと夜の45 dBAの制限を設定する
メイン州の基準は、
風力だけでなく、
すべての大規模開発プロジェクトに適用されます。

音響の評価と距離は、音響エンジニアによる
コンピュータモデリングに基づいています。


しかし、このプロセスは議論の余地があります。
この訴訟は昨年、
メイン州最高裁判所で争われたが、支持されました。
この報告書は、風力発電のために
別々の騒音規制が必要であることを示唆している。



1,000フィート以上離れたところに住む
一部のメイン州の住民は、
国のメディアの注目を集めている問題を
抱えていることを示しました。
※ 1000フィート = 304.8 メートル


最も注目すべき例は、
メイン州環境保護局が
音量レベルの差異を認めたマーズヒル(Mars Hill)です;

フリーダム(Freedom)。
州の風力法が発効する前に
小さなプロジェクトが町によって承認された。
そしてヴァイナルヘブン(Vinalhaven)では、
3-タービン・コミュニティプロジェクトの
騒音に苦しんでいる隣人がいます。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


----------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-26 : ♯メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<14-Part2:ウィスコンシン州ブラウン郡:風力タービンは「人間の健康に有害」2014年10月>14-オピニオン、ウィスコンシン州:風力のダブルスタンダード…風力発電所が2、3日の間電源を切ったとき彼らはきわだった違いに気がつきました。彼らが経験したと言っていることを科学がバックアップするかどうかを調べるためにもう少し研究をしてください |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <風車~破損・火災・落雷・事故/①、②ドイツ飛行機衝突事故>ドイツ/動画:致命的な事故:BFUが風力タービンとの小さな飛行機衝突を調査 |ドイツ、ウェールズ:ドイツの風力タービン・サイトの致命的な飛行機墜落後のスウォンジー風力発電所に対する航空安全の懸念 | <風車~破損・火災・落雷・事故/デンマーク/ブレード損壊>デンマーク:ヴェスタスがデンマークのブレード損失を調査;24MWのBindesbøl1風力発電所で調査が進行中 |<風車~破損・火災・落雷・事故/フィンランド/火災>フィンランド:火災、住宅用建物、風力タービン |<風車~破損・火災・落雷・事故/イングランド/火災>イングランド:消防隊員は、風力タービン火炎に取り組みます// 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR