騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~破損・火災・落雷・事故/倒壊>①ドイツ:風力タワーが倒壊 | ②ドイツ:風力タワーはマッチ棒のようにポッキリ折れました |③ドイツ/画像:風力タービンは廃棄されます |④ドイツ:疑われる発電風力タービンの安全…過去4週でドイツの4台の巨大な発電風力タービンは倒れたか、あるいは回転ブレードの崩壊を経験しました // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<風車~破損・火災・落雷・事故/倒壊>



2016年12月12日



①ドイツ
◇Windrad bricht durch und stürzt auf ein Feld
(Wind tower breaks) 風力タワーが倒壊

(bild.de|2016年12月12日)
http://www.bild.de/news/aktuelles/news-aktuell/windrad-bricht-durch-und-stuerzt-auf-ein-49278184.bild.html



Süderholz(AP) -

メクレンブルク=フォアポンメルン州で
風車は、タワーの途中で壊れて
フィールドに突き刺さっています
- 今、原因検索を実行します。

SüderholzアレキサンダーBenkert(CDU)の
市長は、
風力パークの検査を要求しました。



日曜日にロータとタワーが
現場で発見されたままにした後、
「専門家は正確な原因を
明確にしなければならないが、
他の風力タービンのための
視覚的なチェックが必要である。」と
Benkertが明らかにしました。




25メートルの高さの塔は、止まりました。

誰も負傷しませんでした。

風力パークの全部が
現在スイッチを切る必要があるかどうかにかかわらず、
行政区の建設管理はチェックしなければならないと、
Benkert氏は言いました。

特に強風は、週末にありませんでした。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/倒壊>



2016年12月28日



②ドイツ
◇Windrad wie Streichholz umgeknickt
(Wind tower folded like a matchstick)
風力タワーはマッチ棒のようにポッキリ折れました

(sz-online|2016年12月28日)
http://www.sz-online.de/sachsen/windrad-wie-streichholz-umgeknickt-3574431.html


Von Heike Heisig und André Braun



画像:

風力発電所Sittenで倒れた風車。
高さ65メートルのタワーが座屈しました。
6月に法律に基づいてシステムが
チェックされていたが、
その後何の欠陥も見つかりませんでした。

Mängel festgestellt. © André Braun

========================================

・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/倒壊>


2016年12月30日


③ドイツ/画像
◇Windrad wird nun verschrottet
風力タービンは廃棄されます

(sz-online.de|2016年12月30日)
http://www.sz-online.de/sachsen/windrad-wird-nun-verschrottet-3576270.html


画像:

倒壊したシステムは1月初めに
運び出さなければなりません

© André Braun

======================================


Leisnig。

3 日後にザクセン州の Leisnig 近くの
タービンの倒壊事故の原因として
技術的な欠陥として見出されています。

・・・・・・・


一方、回復を準備しています。
月曜日と火曜日、
以前ほとんど
高さ100メートルの風力タービンは
重機で分解して除去されます。

1月3日には何もありませんと
ケルナーは言ったです。

小さい部品など、
ローター ブレードの
シャープなエッジのガラス繊維部分は
すでにきれいにされています。

ギアボックスの検査は
オイル漏れが無いことを明らかにした。


・・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/倒壊>



2017年1月5日



④ドイツ
◇Safety of power-generating wind turbines questioned
疑われる発電風力タービンの安全

(Deutsche Welle | 2017年1月5日)
http://www.dw.com/en/safety-of-power-generating-wind-turbines-questioned/a-37023782



過去4週で、
ドイツの4台の巨大な発電風力タービンは、
倒れたか、あるいは
回転ブレードの崩壊を経験しました。


現在、問題は以下の通りです:
風力タービンは、本当にどれくらい安全ですか?





今週初め、ドイツ北部のハンブルグで
100メートルほどの高さ(328フィート)の
風力タービンが崩壊した。

さらに、
長さ40mの風力タービンブレードが、
ドイツ北部のZichowで裂けました。

新年に至る数週間で、
95メートルの高さの風力タービンが
ザクセンブルクで崩壊しました。

また、メクレンブルク=西ポメラニアの
シュデダーホルツでは、
70メートルの高さのタービンタワーが
12月中旬に落下しました。




それにもかかわらず、
ドイツの風力エネルギー協会(BWE)は、
依然としてドイツの風力発電のインフラが
安全であると考えていました。

広報担当者は、
これは孤立したケースだと語った。


全国に約26,500台の風力タービンがあり、
年間平均6〜7件の事故
- 落雷や壊れたローターブレード後の火災など。


この協会によれば、
4週間以内に影響を受けた4基のタービンは
珍しいものでした。





BWEのスポークスマンによると、
専門家はそれぞれのケースを個別に調べた。

少なくともザクセンと
メクレンブルク=西ポメラニアの2つのケースでは、
メンテナンスの隙間がないことは
すでに明らかでした。

「今問題は、
どのコンポーネントが問題であったか、
将来のメンテナンスで
より詳細に検討する必要があるかどうかが
重要になっている。」




▼『特別な状況』




最新の知見によると、
不良なロータブレードが
ザクセンで連鎖反応を起こした。

風力タービンのオペレータを代表するBWEは、
すべての風力タービンは、
ドイツ工作拠点の指針に従って
定期的に検査されていた。

2〜4年ごとに、構造全体の安定性が精査され、
電気部品は6ヶ月ごとに検査されます。




「誰もが何の崩壊もせずに
エネルギーを生産したいと思っているので、
運営者もこれに従う」と広報担当者は語った。




原則として、風力タービンは
ドイツ工学連合(VDMA)によると
20年間続くように設計されています。


必要に応じて、
定期的な摩耗や裂傷を受けた部品が交換されます。




VDMAの風力エネルギーの専門家、
ヨハネス・シエル氏(Johannes Schiel)は
次のように述べています。

「タワー全体が
最近のように落ちたのは非常にまれです。」

「これは非常に例外的な状況です。」






問題の塔のうち2つは16年と18年でした
- タービンの高齢。

しかし、基盤と塔は
長く続くように作られていた、
とSchielは言いました。





今、この世代のタービンが
問題を経験する可能性が高いかどうかを
注意深く監視する必要があります


オペレーターは、
塔がしっかりと地面にしっかり立っていることを
確認する必要があります。




現在のケースでは
ロータブレードが損害を受けていた場合、
Schiel氏は、
製造元は、この世代のブレードに
何らかの欠陥があるかどうかを
確認する必要があると考えています。




VDMAによると、ドイツに設置されている
26,500台の風力タービンは、
陸上では約42,000メガワットの出力を、
海では約4,000メガワットの出力を
生成しています。





tr,bea/hb(dpa、スピーゲル)






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-25 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR