騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<2-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>ぜひ⇒2-アイルランド:『私の3才の娘はこわがります… 我々は、あなたに助けてもらいたい』 |関連記事|// 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<2-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>




2017年3月8日




ぜひ!⇒
2-アイルランド
◇‘My three-year-old daughter is scared… We need you to help’
『私の3才の娘はこわがります… 我々は、あなたに助けてもらいたい』

(Wicklow People | 2017年3月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/08/my-three-year-old-daughter-is-scared-we-need-you-to-help/




コリーン・クルーンさん
(Colleen Clune)の一生で普通だったすべては
Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所が
ごう音を立てて動き始めてから
消えてしまっています。




ユージン氏と結婚している
ウェクスフォード(Wexford)出身者は
先週の月曜日選出されたメンバーに、
彼女が『バリンバレー・アッパー
(Ballinvalley Upper)と恋に落ちた』こと
そして、彼らの人生はタービンによって
逆さまになったことを伝えました。




5月に3歳と2歳の子供がいる働く母親は、
彼女が週に5日働いている間、
彼女は、日中は
風力発電所に影響を受けないと言いました。




しかし、家に帰る途中、
キルカバン・ギャップ(Kilcavan Gap)に着くと、
私の目の前に風車が見えます。

車線を曲がると、私はT5のすぐ前にいる」と
彼女は言った。




「それらは私たちの生活を破壊しました」




彼女は、
タービンによって作られた騒音障害は、
家族の肉体的精神的苦痛を引き起こすと
言いました。





「私は神に祈り、夜は寝る」と彼女は言って
風力発電所が9月に動き出した時から、
一晩中休みだった10月の1週間を除いて、
家族が適切な夜の睡眠を取らなかったと説明した。

「それまで私たちは皆健全に眠っていました」と
彼女は言った。





彼女の娘は特に夜間に影響を受け、
彼女の部屋に何が入っているのか
あるいは
「トラクターに乗ったおじいちゃんが、
なぜいるの?」と尋ねます。




「彼女は怖がっている」とクルーン夫人は言った。




彼女は騒音は
「滑走路上の飛行機」
または
常に岩にぶつかる海のようなものだと言いました。





家族はまた明るいちらつきの影響を受け、
彼女は、それを
「一度に20〜30分点滅する溶接機のようだ」と
記述していました。




かつて彼らが素敵な眺めを見たところでと、
クルーン夫人は言った
今は、外の「鉄の5つの柱」を見ています。




タービン1と5で作られた景観については、
後者はクルーン家にとって大きな懸念事項です。

「T5の景観は
私たちの農場から真っ直ぐに見えています。

私たちは、私たちを知らない人たちの
視点に立っている」とクルーン夫人は言った。




「私たちはあなた方の助けが必要です。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------

<1-アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題>

2017年3月8日

ぜひ!⇒
1-アイルランド
◇South Wicklow residents ask county council for help;
Wind farm ‘destroying lives’ of local families
South Wicklow(サウス・ウィックロー)居住者は、州議会に援助を求めます;
地元の家族の『命を奪っている』風力発電所

(Wicklow People | 2017年3月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/08/
south-wicklow-residents-ask-county-council-for-help-wind-farm-destroying-lives-of-local-families/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4555.html


By Emma Stafford



Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の影に住む
South Wicklow(サウス・ウィックロー)の住民は
今週、ウィックロー州議会の
選出されたメンバーのための
簡単なメッセージを持っていました。

私たちを助けてください。


ウィックロー州議会の月曜日の会議で、
ラヒンリー / バリンバレー(Ballinvalley)
ウィンドアクショングループの3人のメンバーは、
風力発電所が去年稼働して以来、
人生がどのように最悪の事態に変化したかについて、
時として感情的な説明を与えました。



バリンバレー・アッパー(Ballinvalley Upper)で
生活している農夫の
ユージン・クルーン氏(Eugene Clune)は、
風力発電所からの騒音は
「迷惑ではなく、人命を破壊する」とメンバーに語った。
彼は、近くに住む多くの人々が
彼らの幸福と正気に対して
巨大な恐怖があると言いました。



住民はESBとCoillte
(風力発電所を共同所有している)を
「非常に不信感」を抱くと
クルーン氏は説明します。
それは、彼らがプロジェクトを通して
両組織から来たコミュニケーションが
完全に不足していると思ったからです。
居住者は
「無視される」「忘れられた」と感じたと
彼は述べた。



「我々は、2015年8月に
連絡担当者との会談をようやく入れました
- 建設が始まって2ヵ月後」とクルーン氏は話す。

「連絡担当者が市民に会うには
6月から8月まで必要でした。
しかし、彼らが市民に会ったと言うために
議会に書くことができます。」


「これらの手紙は真実との完全な相違がある」と
彼は言った。



サウス・ウィックローの農家は、
試験段階が風力発電所で行われたとき、
不意打ちであっただけでなく、
騒音が「怖がらせて」
「小屋の屋根を鳴らした」と述べた。
農民の中には、
彼らの苦しむ動物を落ち着かせようとして
彼らの小屋で時間を過ごすことを強制されたと、
議員は聞きました。


「ESB(風力発電所の共同所有者)は、
試験段階が行われると言いませんでした」と
クルーン氏は述べました。



彼は、2010年の最初の計画申請の一部として
準備された風力発電所と
環境影響評価報告(EIS)に関する住民の懸念を
概説しました。
彼らは、より小さなタービンを、
場合によっては家庭に近づけるように導いた
「マイナーな調整」のさらなる適用が、
新しいEISを保証するはずであったと考えている。


「私たちは、ノイズとシャドウフリッカーが
大幅に過小評価されていると信じています。」と
クルーン氏は言いました。



居住者はタービン1と5の
景観の設定にも悩まされている。

クルーン氏は、これらの計画の許可が
求められていないと考えていること以外にも、
その景観は、人々の家や
子供が遊ぶ場所を見過ごしていると説明しています。


「景観でのビノキュラーズが
次の追加になるのだろうか?」と彼は尋ねた。
「その景観は、
すぐに解体されなければなりません。」


タービンを見に行く何人かの人々は、
彼らの犬を一緒に連れて来て
自由に周りを歩き回らせると、クルーン氏は言います。


「私たちのほとんどは羊の農家です」と彼は説明した。
「しかし、新しいフェンスは設置されていない。」


風力グループのメンバーは、
風力発電所は、
作業開始前に全国送電網に接続する
計画の許可を求める義務を負っていたが、
施工は行われていないと指摘した。

「Raheenleagh(ラヒンリー)は2015年以来
不法に操作されていますか?」と
クルーン氏は尋ねました。



地元住民が抱える最も深刻な苦情の1つは、
風力発電所から来る過度の騒音に関することです。



クルーン氏は、
住民は、作られた騒音が
ガイドラインを上回っていると信じて、
議会が騒音レベルの調査を設定するように頼んだと
言いました。


風力発電所の影響は、
その隣に住む人々の生活に影響を与えていたと、
クルーン氏はと述べた。
吐き気や睡眠不足に苦しんでいる人々と共に。



グループに
「壊れた人々の5つの家族」がいたことに注目して、
クルーネ氏は議会に対していくつかの要請をした:


タービン1と5の景観が直ちに閉じられ、
解体されること;

風力発電所にナショナルグリッドへの接続に関する
警告書を送付すること;

子供の保護と公衆衛生上の問題のために、
問題が解決するまで風力発電所を閉鎖すること;

企画執行部の長とオフィシャルが集まり、
提起された事項について話し合うこと。


「あなたは決定をすることができます。
私たちは無力です」とクルーネ氏は語った。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-21 : 〼アイルランド:Raheenleagh(ラヒンリー)風力発電所の健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR