騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<住民勝訴⇒⑤、⑥アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>⑤アイルランド:風力会社は、迷惑損害を隣人に入れます |⑥アイルランド:家族によって訴えられている風力発電所は、その責任の余地があります









<住民勝訴⇒⑤アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2017年1月5日




⑤アイルランド
◇Wind company admits nuisance damage to neighbours
風力会社は、迷惑損害を隣人に入れます

(farmersjournal|2017年1月5日)
http://www.farmersjournal.ie/wind-company-admits-nuisance-damage-to-neighbours-246465



By Paul Mooney



4月の聴聞会で
7家族の補償を決定する高等裁判所。





Coコークを拠点とする風力エネルギー会社は、
高等裁判所で、
その風力発電所が近隣の7家族に
有害なダメージを与えたと認めている。


高等裁判所は現在、2017年4月に、
会社が家族に何らかの損害賠償を
支払うべきかどうかを決定するために
今、10日を残しました。





ファーマーズ・ジャーナル
(Farmers Journal)は、
家族が行った事件で、
風力発電所が過度の騒音の結果として
迷惑をもたらしたと主張していることを
理解しています。

風力会社は
Enercon Wind Farm Services Ireland Ltdであり、
正式に裁判所に責任を認めています。





7件の損害賠償は、
損害賠償が関連しているという根拠に基づいて
高等裁判所によって統合されています。


それは4月25日火曜日に始まります。




圧力団体の『Wind Aware Ireland』は、
今週、このケースの結果は、
既存の風力発電所と
計画された風力発電所と投資家の信頼につながる
分岐点の可能性があると主張した。


スポークスマンのパウロ・バーン氏は
声明のなかで、
「今後多くのケースが続くことが予想される」と述べた。




多くの家族が
風力発電所からの騒音のひどさのために
家を放棄しなければならなかったと申し立てた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------




<住民勝訴⇒⑥アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2017年2月6日




⑥アイルランド
◇Wind farm being sued by families admits its liability
家族によって訴えられている風力発電所は、その責任の余地があります

(Irish Examiner|2017年2月6日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/wind-farm-being-sued-by-families-admits-its-liability-442172.html



クレア・オサリヴァン, Irish Examiner Reporter




風力発電事業者が
騒音公害に対する高等裁判所の訴訟で責任を認めた後
7つのコークの家族は、損害賠償を受領するために
正しく進んでいる可能性があります。





この事件は、4月25日の聴聞会のために次に列挙され、
風力発電所に近接して住む多くの家庭と、
家庭とタービンの間の距離が
より大きくなるべきであると主張している
多くの家庭によって詳細に観察される。





エネルコン(Enercon)風力発電所サービス・アイルランド社と
Carrigcannon風力発電所社
(Enercon Windfarm Services Ireland Ltdと
Carrigcannon Wind Farm Ltd)に対する訴訟は、
Shivnen家と
Banteerのカップル、家族と一人の居住者を含む
別の6世帯によって行われました。




家主は、2011年11月に操業を開始して以来、
タービンから発生する騒音の影響を受けていると
主張していました。






風力タービン周辺の計画規制は、
企業が500mの私有住宅内に
タービンを建設することを可能にする
2006年のガイドラインに依拠している。





風力タービンが住宅から
どのくらい遠ざかるべきかを規定している
ガイドラインが更新されてから3年が過ぎました。



これらのガイドラインは、
旋回ブレードからのノイズと
「シャドウフリッカー」も処理します。



Jan O'Sullivan住宅省長官の指針案を
発行した後の公的協議プロセスでは、
最大7,000件の提出がなされた。

これは「アメニティの考慮事項」のために
500mの強制的な最小のセットバックを設定した。






ガイドラインの草案では、
将来の風力エネルギー開発のための
最大の昼夜騒音限界を40デシベルに設定しました
これは、風力タービンに最も近い家の
屋外で測定します。




このガイドラインはまた
タービンのロータの直径10インチ以内で
自宅でシャドーフリッカーが
発生しないようにすることも規定しています。




Shivnen事件は、
12月6日にGilligan判事の前に現れ、
裁判所は、被告が債務を認めたと記録した。


Enerconのスポークスマンはコメントできませんでした。





住宅、計画コミュニティと地方自治省の
スポークスマンは、
政府のためのプログラム、
進行中の政策、法律の進展により
様々な問題を可能な限り早期に結論づけるために、
「通信、気候行動及び環境省と連携して
ガイドライン及び関連事項の作業を進めることを」
部は継続しています。




同スポークスマンは、
「今後数週間、この問題に関する声明が発表され、
さまざまな要素の実施のためのタイムラインを
概説することが期待される」と述べた。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------
関連記事
--------------------------

<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月19日

ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年3月31日

②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4547.html

----------------------------------

<住民勝訴⇒③アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2013年6月4日

③アイルランド
◇Wind turbine experts differ on health fears
風力タービンの専門家は、健康への懸念に関して意見が異なります

(Irish Independent | 2013年6月4日)
http://www.independent.ie/business/farming/wind-turbine-experts-differ-on-health-fears-29317309.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html


Ronnie Bellew


風力エネルギーの議論で
最も論争の的になっている問題は、
風力タービンの超低周波騒音
人の健康に影響を与えるかどうかである。



風力発電所の反対派は、
工業規模の風力タービンに近すぎる生活は
「風力タービン症候群」と呼ばれる状態に
つながる可能性があると主張している
‐症状には、睡眠不足、不安、吐き気、
およびめまいなどの身体状態が含まれる。



風力エネルギー業界は
「風力タービン症候群」は神話であり、
人々が問題の示唆や期待から
純粋に健康問題を発達させる
「ノセボ効果」の結果であることを示唆すると主張します。


アイリッシュ風力エネルギー協会
(Irish Wind Energy Association)は
数十件の国際研究を引用して、
「風力タービンの音が
人間の健康に悪影響を及ぼさないことを
科学的証拠と
人間の経験とのバランスで明確に結論づけている」と
述べている。


▼経験


それに対して、
風力タービンのあまりに近くに住んでいるという経験が
良質ではないという何千人もの人々が世界中にいる。



例えば、アイルランドでは、
Banteer、Co Cork、
風力エネルギー企業Enercon社からの
7つの家族が関与している裁判例が係属中である。

風力発電所の近くの住人が生活の質を破壊したと
Banteerの家族が主張しています。


裁判所の訴訟は秋に聞かれる予定で、
ロスコモンとウェックスフォードの人々の
健康や生活の質が
風力発電所によって
損なわれていると主張している人々の
同様の行為につながる可能性がある。



科学的な証拠の大部分は
風力エネルギー業界の地位を支えているようだが、
ウルトラソニック
(普通の人には聞こえない騒音)の影響と
風力タービンの低周波の放射の影響について
十分な研究が行われていないと主張する
反対の科学的見解がある。



クイーンズ大学ベルファストの
公衆衛生センターのアラン・エヴァンス教授は、
著名な反論家です。


昨年、「風力タービンが睡眠を妨げ、
ほとんどの管轄区域で許可されている
距離と外部騒音レベルで健康を損なうことを
示唆する大きな証拠が存在する」と主張している
ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル
(British Medical Journal、BMJ)の論説を
彼は共同執筆しました。



エヴァンス教授の主張に応えて、
サイモン・チャップマン教授
- オーストラリアの公衆衛生専門家は
独立調査の17件のレビューを引用して、
風力タービン自体が問題を引き起こすという証拠は
貧弱だと主張した。



▼症状


「私は、人類、動物、さらにはミミズまでも、
タービンによって引き起こされたとされている
死亡、病気、症状の絶えず増加するリスト
(現在105件)をまとめている。



「これらの主張の多くの拡散し、奇妙な性質...
この現象(「風車症候群」)が
現代の心因性疾患の主要な例であることを示唆している」と
教授エヴァンズ博士は述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------

<住民勝訴⇒④アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>

2016年12月11日

ぜひ!⇒
④アイルランド
◇Families forced from homes due to wind farm noise win court case
風力発電所の騒音の結果、家から追われた家族は訴訟に勝利する
(breakingnews.ie|2016年12月11日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/12/11/
families-forced-from-homes-due-to-wind-farm-noise-win-court-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html

Bryan Smyth



近くの風力発電所からの騒音のために
家を出ることを余儀なくされた
Co Corkの多数の家族は、
今週の高等裁判所で重大な判決を下されました。



家族は2011年に風力発電所が稼働し始めて以来、
騒音の影響を強く受けていると主張しています。



これはアイルランドで最初の行為であり、
多くの風力発電開発者が
同様の状況にある家族からの
法的な異議申し立ての展望を開く可能性があります。



この訴訟は、風力発電所から最大1km離れた
7つの家族に迷惑をかける責任を
全面的に受け入れている
風力タービン製造業者の
エネルコン社(Enercon)に対して行われた。


この判決は、
懲罰的損害賠償について議論するため、
2017年に高等裁判所に戻ります



過去4年間に政府の風力発電に関する
計画規制を導入する約束は実現していない。


時代遅れのガイドラインによると、
タービンは家から500mで建設することができます。
多くの場合、これを含んで
風力タービンは500mより近くに建設されています。


Wind Aware Ireland社の広報担当者は
次のように述べている:

「現在、全国の風力発電所に対する
複数の法的措置の可能性がある。」


「風力産業にとっての法的な意味合いは重要です。

不十分で時代遅れの計画ガイドラインを使用することで、
業界、計画当局、
『通信・気候変動・環境省』(DCCAE)に
出くわす可能性があります。



選挙で、ナッテン大臣は、
新政権の成立から3〜6か月以内に
新たな計画ガイドラインが策定されると約束しました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html










□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-17 : 〼住民勝訴⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR