騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<住民勝訴⇒①、②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>ぜひ⇒①アイルランド/画像:家族は風力発電事業者を訴えると述べる…そのようなケースの1つが、近くの発電所からの健康への悪影響に基づいて訴えた住宅所有者ジェーン・デイビス氏(Jane Davis)に関して英国で記録されています。このケースは示談になって解決され秘密保持条項が含まれていました |②アイルランド:アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している…私たちは不可解なドイツ人のオーナーを追跡しようとしました、もしあなたが苦情を言いたいのであればどこにも行くことはできません。元のプランナーはすぐにそれを販売し、誰も責任を負いません…アストリッド・アードラー // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<住民勝訴⇒①アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2013年3月19日




ぜひ!⇒
①アイルランド/画像
◇Families bid to sue wind farm operator
家族は風力発電事業者を訴えると述べる

( Irish Examiner | 2013年3月19日)
http://www.irishexaminer.com/ireland/cwcwojidgbql/



By Michael Clifford




北コーク村の家族のグループは、
巨大なタービンが
彼らの健康に悪影響を及ぼしていると主張して、
画期的なケースで風力発電事業者を訴えている。





Banteerの7つの家族は、
特に2011年11月にタービンが稼動して以来、
騒音公害に深刻な影響を受けていると主張しています。





行動が成功すれば、
同様の理由で多くの人々につながることが期待されます。
既に、ウェックスフォード(Wexford)
とロスコモン(Roscommon)の家主が
訴訟を準備しています。





Banteerのアクションは、
「Shivnenの家族と他の人々」によって行われており、
子供がいる家族、カップル、
1つのケースで、単身者の世帯が含まれます。




この判例は高等裁判所にリストされており、
すでにケビン・フィーニー
(Kevin Feeney)判事の前に来ています。

現在、開示手続き段階にあり、
秋には聴聞会が予定されています。




タービンはドイツの会社であるEnercon Services
(運営会社、Tralee、Co Kerryに拠点を有する)によって
製造され、運営されています。

同社は1998年以来この国にタービンを設置している。





法的措置の主要な要素は、
風力発電施設が設置されている規制
および健康に悪影響を及ぼすとされる証拠を
計画することである。





これまでのところ、
風力タービンに関する法律は成立していない。


計画は主に2006年のガイドラインに
基づいていますが、
1998年の技術力に基づいています。





このガイドラインは、
今後数ヶ月以内に報告される予定の
環境省の見直しを受けている。




Banteerのアクションは、
この国では初めてのことであり、
風力エネルギーの開発が
公共政策の最前線に浮上している時期に来ています。




そのようなケースの1つが、
近くの発電所からの
彼女の健康への悪影響に基づいて訴えた
住宅所有者ジェーン・デイビス氏
(Jane Davis)に関して
英国で記録されています。


このケースは示談になって解決され、
秘密保持条項が含まれていました。





化石燃料ではなく
再生可能エネルギーのEU目標の設定は、
風力エネルギーへの動きを促進しており、
ほとんどの新しい開発は、
コストのために洋上ではなく陸上で行われています。




イギリスに輸出される電力を発電するために
2,000台のタービンが設置される
ミッドランドの主要な開発が進められています。

2つのエネルギー会社が実施したこの計画は、
一部の地域で騒動を引き起こしたが、
数十人の農家が、
彼らの土地をレンタルして
タービンを収容できるように署名したと考えられる。




多くの公開会議が、
住民や提案に関する関心のある利害関係者によって
ミッドランド全体で呼び出されている。





最近のブルームフィールドハウスでの会合では、
近くのタービンが健康に影響しているため、
ロスコモンの町の近くに住む夫婦が
自宅を離れなければならないことが明らかになった。





開発者の一人であるElement Power社のCEO、
ティム・Cowhig氏は、
風力タービンを悪い健康状態に関連付ける
科学的証拠はないと述べました。


「私の見解では、人々が適切な情報と
適切な国家議論を必要としているということです。

私たちはそれまでのことを
持っていませんでした」と彼は言いました。




昨年、Noise and Health journalは、
風力発電所の1マイル内に住むグループと
その距離を超えたグループの間の
睡眠パターンを比較した
米国調査の結果を発表しました。


※ 1マイル = 1.609344 キロメートル
 



この研究は、前者のグループの睡眠は、
タービンの運転によって
直接影響を受けることを示唆しました。


これは、風力発電所と
ジャーナルが
「睡眠の質、昼間の眠気、精神的健康などの
健康に関する重要な臨床指標」と呼ぶものとの
関係を示す
最初の研究であると考えられています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------




<住民勝訴⇒②アイルランド:エネルコン(Enercon)風力発電所他vs.家から追われた家族>




2013年3月31日




②アイルランド
◇Residents across Ireland up in arms over turbines
アイルランド中の居住者は、タービンに憤慨している

(Sunday World | |2013年3月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/04/04/residents-across-ireland-up-in-arms-over-turbines/



By JIM GALLAGHER




多くの人にとって、
彼らは21世紀アイルランドの災いになりました。




全国の家族は、
風力発電所の騒音と混乱によって
家から追い出されています。





タービンの近くに住む人々は、
巨大な機械からの騒音、振動、
軽いちらつきによって
彼らの生活が壊れてしまったと主張する。




抗議者は、風力発電所が地元の協議なしで
長期的な健康への討論なしに建設されたと
主張している。





それでも何千もの塔をアイルランドの
あらゆる場所に持ち込む計画があります。




▼電力




開発者は、それらが国のために十億ユーロを作り、
数万人の雇用を創出することを自慢しています。


しかし、反対派は、
タービンがすべて海外で作られ、
かつてはドイツとデンマークのような場所から
遠隔制御されているので、
この大量雇用がどこから来るのかを詰問します。





最も懸念される計画は、
イギリスのために5つの中部の郡と
オフショアの場所に
驚異的な2,000のタービンを持ってくることです

- ウェールズはそれらを持っていないので。




Mainstream Renewable Powerと
Element Powerの2社は、
1月にアイルランドとイギリス政府の間に
「了解覚書」が締結されたことに伴い、
Offaly、Tipperary、Laois、Kildare、Meathの
土地所有者と契約している。




一度起動して実行すると、
つくられたすべての電力が英国に直接送電されます。


このニュースは、地域社会の権利を守るための
抗議グループの立ち上がりを呼び起こした。




ほとんどの人は風力発電施設に
反対しているわけではないが、
適切な協議をして
家から離してタービンを作りたいと考えている。






コーク州では、7世帯が、
地元の開発者であるEnercon Servicesを
自宅から追放するために訴える
独自のステップを踏み出しました。


Banteerの住人にとって、
生活は非常に厳しくなり、
18ヶ月前に彼らの資産を放棄して
決して戻ってこなかった。




画期的なケースは、将来、
複数のアクションの先例を設定する可能性があります。





彼らの60代のカップルは、
睡眠不足によって外傷を与えられた後に、
一時的にロスコモン近くの自宅から追い出されました。


マイケルとドロシー・キーン夫妻は
現在賃貸宿泊施設に移転する予定です。




ドロシーさんは、彼らが平和的な引退のために
地方の家へ引っ越したと言いました、
しかし、彼らの家の中の絶え間ない
一定の唸り音が、彼らをおかしくさせました。





「私たちの医者は、私たちに睡眠薬を出しましたが、
私たちに家から出るように言った」と彼女は言った。

「私たちの寝室に入ることは、
拷問室に入るようなものです。

その執拗なピッチはあなたを狂わせます。」






▼激怒する




マイケル氏は言った:
「ゴールウェイの友人が私たちと一緒に
来てくれと言ったから、私たちは家を出ました」




キーンズ氏は、
Bord Pleanalaが騒音レベルの条件なしで
スクライン・ヒル(Skrine Hill)の風車に
許可を与えたことを怒っている。




「それは法外です。

他の誰かが騒ぎを起こすと
警察に電話することができますが
風力発電会社には好きなことをするための
自由裁量権があります」とドロシーは言います。





クリストのキルラッシュで、
アストリッド・アードラー氏は、
彼女の健康は750メートル離れた
モンモア風力発電所で苦しんでいたと話し、
現在は定期的に呼吸困難を訴えている。




「7つのタービンがありますが、
45台のタービンを増設したいと考えています。

私たちは去るだろうが、
誰も私たちの家を買う人はいません。」と彼女は言った。





「私たちは不可解なドイツ人のオーナーを
追跡しようとしました
しかし、もしあなたが苦情を言いたいのであれば
どこにも行くことはできません。

元のプランナーはすぐにそれを販売し、
誰も責任を負いません。」






フィリップ・ヒッキー氏(Philip Hickey)(51)は、
家から500m以上離れていなければならないと
規定している計画ルールに違反している
Co.WexfordのBallyluskに建設された
6基のタービンのうちの1つから
370m離れた所に住んでいます。






「一日中それを聞かなければなりません
これは私たちの夢の家でしたが、
それらはそれを台無しにしました」と
フィリップ氏は語った。





「引っ越すことができるならば、
我々はそうするでしょう、
しかし、誰も現在我々の家を買いません。

かつては€300,000の価値があったが、
今はゼロに値します。」




ゴールウェイのMoycullenの運動家の
イボンヌ・クローニン氏(Yvonne Cronin)は、
103台のタービンが彼女の家の8kmの圏内の中で
建築許可を与えられ
現在17台が建設中であると述べた。

彼女は、議会が風力発電所のために
調達した土地の60%が人口密集地域にあると述べた。





「私たちは2年の間市民集会をしましたが、
開発者は決して来ません。

彼らは自分のやることを守ることに
興味がないように思える」




イヴォンヌ氏は、彼女のグループは、
計画の許可を排除すべきであった
計画ルール違反14件を発見したと語った。





彼女は、議会はお金だけに興味があったと述べた

- プランニング手数料は
タービンあたり8,000ユーロ、
次の15〜20年間は18,000ユーロ。




一方、『Lakelands Windfarm Information Group』
(LWIG)は
ミッドランドの開発と戦うために設立されました。





▼最大




スポークスマンのアンドリュー・ダンカン氏は、
欧州最大の風力発電機で、
最も高いタービンを備え、
地元の不動産価格を損なうだろうと語った。

そして、すべて英国の利益のために。




新しいタービンは、
オリンピックスイミングプールのサイズである
1,000トンのコンクリートベースを必要とする
75トンのブレードを備えた、
巨大な185m(610フィート)です。





土地所有者には手数料1,000ユーロ、
プランに許可が承認された場合は10,000ユーロ、
タービン発電開始後は
年間18,000ユーロ〜24,000ユーロの賃料が
交付されました。





『LWIG』(市民グループ)は、土地所有者が現金を得るため、
風力発電所がコミュニティを分割すると
主張しているが、
地元住民はその結果に耐えなければなりません。

それは、40,000の雇用が創出されると言う、
そして
何十億もの茶番劇を作るだろうと主張しました。




「すべてがナンセンスです。

同社にとって巨額の資金調達ベンチャーであり、
その電力は輸出のためのものだ。」と
ダンカン氏は語った。


「それはもともと
ウェールズを目的にしましたが、
彼らはそれらを容認しないだろう。」




『LWIG』は、計画の許可が得られれば
企業は開発を売却し、
建設には関与しないと考えている。




「風力発電は、地域社会を保護するための
適切な計画を立てて
適切な場所に配置する必要があります」と
Andrew氏は述べています。





アクショングループは、
政府が1998年の旧式のガイドラインを
見直す間
風力発電所の一時停止を求めた。


報告書は年末に予定されています。




メインストリーム社(Mainstream)のスポークスマンは、
英国への5,000MWのエネルギーの売却が
25億ユーロに相当すると昨日語った。

そして、彼は、外国メーカーが
ここに工場を開くよう説得することによって、
アイルランドに
巨大なタービンを建設することを目指すと語った。




「風力発電所を建設したい場所が分かれば、
環境影響評価を開始し、
情報を収集するためにあらゆる地域に出かけます。」と
広報担当者は述べた。



「我々はいつも規制内で行動する。

我々は風力発電所を建設して逃げ出す開発者ではない。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-03-15 : 〼住民勝訴⇒アイルランド:エネルコン風力発電所他vs.家から追われた家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<可決⇒④-1~3ネブラスカ州ゲージ郡:より厳しい風力規則>④-1ネブラスカ州:ベアトリスの風力タービンは、抗議を促します |④-2ネブラスカ州:BPW(ベアトリス公共事業委員会)は風力タービン合意を破棄する | ④-3ネブラスカ州:『ブルーステム社』、風力タービンの申請を取り下げる | 関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年1月12日 | New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR