騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<④サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>④サウスダコタ州:デューエル郡委員会は、風塔に関して必要なより多くの議論を決定します |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<④サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>




2017年3月1日




④サウスダコタ州
◇Deuel County Commission decides more discussion needed regarding wind towers
デューエル郡委員会は、風塔に関して必要なより多くの議論を決定します

(The Public Opinion|2017年3月1日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-commission-decides-more-discussion-needed-regarding-wind-towers/
article_24681c10-fe92-11e6-b219-63abb1862a6b.html



By Dan Crisler, Public Opinion Staff Writer



CLEAR LAKE(クリア・レイク) –



デューエル郡委員会とオブザーバーによる
約3時間の議論にもかかわらず、
風力発電所に関する条例の改正案を
採択することについての決定はまだなされていない。





クリアレイクコミュニティセンターの
少なくとも200人の聴衆の前で会議を行い、
1月にデューエル郡の計画とゾーニング委員会が
勧告した条例改正案を
承認するか否定する時期が来たとき、
郡政委員はそれほど進んでいませんでした。





太陽の角度に関連して
風車のブレードからのちらつき効果の
年間時間を制限するとともに、
参加していない土地所有者の権利を認めて
風車塔から最大デシベルレベルを引き下げ
後退距離を増加するという条例案で
委員会は
非参加の土地からの好ましい後退距離を
決定することが即座の障害となりました。





シカゴに拠点を置くInvenergy社が、
今年後半に完成予定の
風力発電用送電線CapX2020と接続するために、
デューエル郡北東部に
風力発電塔を設置することに目を向けたことで
この提案された条例は、もたらされました。





計画とゾーニング委員会は、
風力タワーのサイズの増加とタワーの騒音が
参加していない住民に与える有害な影響に対応して
風力タービンの後退距離を
1,500フィートに増やすことを推奨したが、
前の90分の間されるいくらかの証言は
郡の行政責任者ゲイリー・ディヤング氏に
不参加の所有地の境界線から、
それは後で住居に変わりましたが
後退距離を2,640フィート、または1/2マイルに
増やすという条例案を改正するように促しました。


※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 2640フィート = 804.67200 メートル
※ 1/2マイル = 804,67200 メートル




ディヤング氏の提案は、
妥協として機能することを意味した。





「風力の人々は
1,500フィートで生きることができると言います。」と
ディヤング氏は言いました。

「参加していないグループの人々は、
より大きな後退距離を望んでいます。

彼らは3,280フィートを求めました。
私は妥協が好きです。
私は1/2マイルの後退を見たい。」

※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 3280フィート = 999.74400 メートル
※ 1/2マイル = 804,67200 メートル





ディヤング氏の提案は、
分割を橋渡しする彼の努力にもかかわらず、
風力タワーの支持者と
参加している土地所有者とうまく行きませんでした。




すでに発表されている会議の
パブリックコメントの部分では、
他の提案された条例と一緒に
1,500フィートへの後退距離を変更する提案は、
既に進行中のゲームのルールを
変更することになっていたと、
そして、2,640フィートのセットバックは
風力発電所の設置を実行不能にすると
プロジェクト開発のシニアマネージャー
Dan Litchfield氏は、 言いました。

※ 1500フィート = 457.2 メートル
※ 2640フィート = 804.67200 メートル





「(以前の)ユンカー氏の提案は、思い出すと
1000フィートの不動産ラインの後退のためのものでした。

これは妥協ではありません。

これは彼らが求めていたものの260%です」と、
リッチフィールド氏は述べています。

「これをあなたがやることを選んだものなら、
風力タービンはないでしょう。」

※ 1000フィート = 304.8 メートル




参加土地所有者のデニス・エバンソン氏は
リッチフィールド氏の懸念と同じことを言いました。




「デューエル郡で
風力発達の可能性を殺したかもしれない」と
エバンソン氏は話す。




ディヤング氏の提案した妥協案は、
Invenergy社が提案した
風力タービン開発の反対派から
いかなるフィードバックも引き出さなかった。




しかし、ゲイリー・イエガー委員会議長が、
将来の会議まで
議定書案を投票することを承認したことで、
最終決定は行われず、
デューエル郡北部の風力タービンの未来は
宙に浮いたままです。




イエガー氏は、会議が始まってから
約2時間45分後の午後4時15分ごろに、
彼の要求をした。

当初、午後4時までに
会議が終了することを希望していたイエガー氏は、
いくつかの条例改正案の最初のものについて
広範な議論が行われていた会議に、
差し迫った終わりは見られませんでした。



「午後4時にこれをカットするつもりだと
言いました。
さて、私たちはそれを過ぎています」と
イエガー氏は言いました。

「時間のおかげで、
私たちは妥協するつもりはないことを知っています。

ここではマラソン会議を持たないので、
この議論を続けなければならない」




提案された条例を
修正することに関する議論に入る前に、
コミッショナーと群衆は、
Invenergy社のタービン建設プロジェクトの支持者と
反対派の両方を代表する約20人からの証言を聞いた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------
関連記事
--------------------

<①サウスダコタ州:デュエル郡風力タービン条例の改正>

2016年10月18日

①サウスダコタ州/画像
◇Deuel County says no to Bitter Root project
デュエル郡はビター・ルートプロジェクトにNOという

(The Public Opinion.com|2016年10月18日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-says-no-to-bitter-root-project/
article_2edea780-9543-11e6-9830-e3ee39de68e3.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4542.html

----------------------------------------------

<②サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>

2017年1月13日

②サウスダコタ州
◇Wind tower ordinances could change
風力タワー条例は変わる可能性がある

(The Public Opinion|2017年1月13日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
wind-tower-ordinances-could-change/
article_28dba3f0-d9a5-11e6-bc64-e7f403ef2404.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4544.html

----------------------------------------------

<③サウスダコタ州:デューエル郡風力タービン条例の改正>

2017年2月9日

③サウスダコタ州
◇Deuel County struggles with wind ordinance
デューエル郡は、風条例と戦います

(Watertown Public Opinion | 2017年2月9日)
http://www.thepublicopinion.com/news/local_news/
deuel-county-struggles-with-wind-ordinance/
article_9ecc3730-eee7-11e6-890f-53ea900a8011.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4545.html


By Dan Crisler, Public Opinion Staff Writer




CLEAR LAKE(クリア・レイク) –





デューエル郡委員会が
風力タービン条例の改正を決定すると、
クリア・レイクでの委員会の前に、
風力発電開発の支持者と反対派が現れ、議論が行われた。




火曜日の会議は、
郡の計画とゾーニング委員会が、
3-2の投票で
参加していない土地の
1,000フィートから1,500フィートまで
風力発電所のセットバックを増加させる
一連の条例改正を行い、
個々のタワーの最大デシベルレベルを
非参加者の場合の45デシベルに引き下げ、
フリッカー効果に要求します
- 太陽の眩しさが風力タービンから跳ね返って
断続的な影を投げかけたときに起こる
- 年間30時間を超えないこと。


※ 1000フィート = 304.8 メートル
※ 1500フィート = 457.2 メートル





提案された条例修正は、
Flying Cow Wind、LLCによって
昨年秋に失敗した提案から一部生まれました。
- 再生可能エネルギーシステムの子会社
- デューエル郡東部のCochrane湖近くに
14台の風車を設置する。

その提案は、多くのレイクと郡の住民から
大きな反対を引いたもので、
昨年10月の委員会で
3-2の投票によって最終的に拒否されました。





クリアレイクコミュニティセンターに参加した
参加者と非参加者の間の分裂的な雰囲気を背景に、
委員会の委員長のゲイリー・イェーガー氏は、
水曜日の公開討論で、
プレゼンテーションと一緒の会議は
秩序ある方法で進められたと述べた。




「礼儀正しく、敬意を表していると思った。
それは手に負えなかったり
そんなことはありませんでした」とイェーガー氏は言いました。




前の計画とゾーニング委員会のメンバーと
ゲーリー・エリアの住人
ジョージ・ホルボーン氏を含む
風力タービンの4人の反対派は、
風力タービンが引き起こすと思われる
健康への悪影響について証言した。


ホルボーン氏は、
何十年にもわたって実施された
物理学者ニール・ケリー(Neal Kelley)の研究を引用し、
他の生理学的影響の中でも、
吐き気や失見当を引き起こす
タービンの振動やちらつきの影響など、
風力タービンの負の影響について懸念を表明した。






ホルボーン氏によると、
風力発電機の近くに住む非参加の住民が
安心を得るために
窓から離れて地下室に入る必要性を
感じた例があるという。

ホルボーン氏自身は、
タービンの近くで1日運転している間に
方向転換を経験したために、
高速道路の側に逃げなければならなかった例を引用した。





ホルボーン氏は、
「引っ越しする余裕がないため、
誰かが地下に住まわなければならないというのは
(間違っている)様な印象を受けます。」と語った。





ホルボーン氏の研究と経験は、
風力エネルギー開発者にとって
あまりにも友好的であると考えられていた
条例の改正案に対して、
先月彼のNoの投票に貢献しました。

彼の仲間の委員会のメンバーとの違いのため、
ホルボーン氏はその後、1月31日に辞任した。




「間違っています。
私は、その位置で何かを支持して
投票をする気になることができません」と、
ホルボーン氏は言いました。




一方、シカゴに本拠を置く風力エネルギー会社
Invenergy社は、条例改正案が厳格すぎると考えている。






火曜日の会議で証言する
唯一の風力エネルギー支持者であった
『Project Development Dan Litchfield』の
プロジェクトマネージャーによると、
同社は主に、非参加住民から離れた
Deuel County北東部で
風力タービンを建設することを検討している。




リッチフィールド氏は、
提案されたプロジェクトが
提案された1,500フィートのセットバック
- 彼は特定の距離を提供しなかったが
- 現在の条例で規定されている
50デシベル限度を満たすこと。

リッチフィールド氏によれば、
同社はフリッカー効果の
年間30時間制限を満たすこともできるが、
それは厳しいかもしれない。

※ 1500フィート = 457.2 メートル




全体として、リッチフィールド氏は、
条例改正案が会社にとって
挑戦的である可能性があると主張した。





「他の提案された変更は、
ルールブックからと
我々が進めてきた場所から大きくずれている」と
リッチフィールド氏は述べている。

「規制を増やして
お役所仕事を増やして足元をすくうのは問題です。」

全体的に、提案された規則は、
プロジェクトの生存能力に
本当に疑問を呈することができました...

私たちの地主
(彼らの土地にタービンを設置することに同意した人)は、
私たちに、こう言っています
「これはひどい先例です。
私たちは本当にこれを心配している」




しかし、今年後半に完成予定の
CapX2020風力発電ラインに加え、
デュエル郡のハイ・エレベーションと
強く頻繁な風力により、
Invenergy社は今後も計画を進めていきます。




このテーマに関する別の会合は、
クリアレイクコミュニティセンターで、
2月21日1:30p.m.
デューラ郡委員会会合で予定されています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-19 : ▽サウスダコタ州:デュエル郡風力タービン条例の改正 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR