騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<4、5-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>4-メイン州:当局は、大規模なオフショア風力タービンに関するパブリックコメントを求める…ロン・ヒューバー氏はプロジェクトの期間についての質問を提起し、20年というのはテストとみなすには長い時間であると言います |5-メイン州:モンヒガンの浮体式風力タービン試験場に関する漁民の懸念…このプロジェクトはメイン州の海岸から20マイル = 32.18688 キロメートル以上離れた別の場所で開発されるはるかに大きなタービンプラントの先駆けとなる予定です |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<4-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>



2017年2月28日




4-メイン州
◇Feds seek public comment on massive offshore wind turbines
当局は、大規模なオフショア風力タービンに関するパブリックコメントを求める

(knox.villagesoup.com|2017年2月28日)
http://knox.villagesoup.com/p/feds-seek-public-comment-on-massive-offshore-wind-turbines/1628920




By Daniel Dunkle





セントジョージズ(St. George) –



漁師、活動家、住民、および記者が
20年のテストのために
モンヒガンの沖合に位置するかもしれない
提案された高さ600フィート
浮体式風力タービンについてより多くを学ぶために集まったので、
2月28日にセントジョージタウンオフィスの
駐車場は満杯になりました。

※ 600フィート = 182.88 メートル
 




メイン州立大学と米国エネルギー省の関係者は、
提案されたプロジェクトの情報と
アーティストの図面を掲示するポスターを設定し、
一般人と報道陣のメンバーは、サインインしてから、
展示物を取り入れている部屋の周りを歩いて行きました。

UMaineの革新と経済開発担当副社長
ジェイク・ワード氏を含む関係者は、
質問にうまく答えました。





「目的は、海上浮体式風車の
新しい技術を実証することです。
海上風力はメイン州で利用可能な
最大の再生可能エネルギー資源の1つである」と語った。



この提案は、モンヒガン島(Monhegan Island)の
2.5マイル南にある高さ600フィートの
2基の風力タービンを実証することです。

タービンは、
フローティングコンクリートベースによって
支持された直径495フィートのロータを有する。

University of Maineチームは、
6メガワットの風力タービンを含む
『Aqua Ventus』というプロジェクトを計画しました。

※ 2.5マイル = 4.02336 キロメートル




ウォード氏は、「われわれの特定の技術は、
タワーとタービンのサポートを可能にする
浮体式のコンクリートベースを備えている点で独特です。




オフショア風力プロジェクトの以前の設計では、
タービン塔は海底に直接撃ち込まれていました。

このプロジェクトの浮体式ベースは、
アンカーによって適所に保持されます。




このプロジェクトには、
各タービンを海底のハブに接続する海底ケーブルと、
セント・ジョージの町が所有する土地にある
ポートクライドのCMP流通ラインも含まれています。




2つの浮き基礎は、
船員が水路の下で作業できるようにする
水密のエンクロージャを使用して、
ハンプデンの工業施設で建設される予定です。

そこから、基礎はPenobscot川を流れて
SearsportのMack Pointに浮かぶでしょう。

そこで、タービンが追加され、
構造全体がモンヒガン試験場に牽引されます。




タービンはまた白く塗装され
連邦航空法の要件を満たすために
点滅する赤色のライトが含まれています。





このプロジェクトは、米国エネルギー省から
何百万ドルの資金援助を受けており、
環境アセスメントの結果、
3990万ドルを追加で受け取ることができました。




何人かは懐疑的であり、
プロジェクトについての懸念を表明している。





『Friends of Penobscot Bay 』の
ロン・ヒューバー(Ron Huber)氏は、
プロジェクトが魚や漁業に与える影響について
懸念していると語った。

同氏は、このようなタービンは
本土から少なくとも25マイル離れた場所に
設置されるべきだと述べた。


※ 25マイル = 40.2336 キロメートル




彼はまた、
プロジェクトの期間についての質問を提起し、
20年というのは
テストとみなすには長い時間であると言います。





しかし、ヒューバー氏は、
風力エネルギーは、
化石燃料と原子力発電所を使用して
エネルギーを発生させるよりも好ましいことを
認めています。




「挑戦は、彼らが最小の害で
もっとも良いことをする場所を決めている。」と
彼は言った。




エネルギー部門は現在、
プロジェクトに関する懸念を聞くために
一般に手を差し伸べる過程にある。

このプロジェクトにコメントしたい人は、
3月22日までこれを行う必要があります。

ダイアナ・ヘイダー氏、NEPA部、
米国エネルギー省、ゴールデンフィールドオフィス、
15013デンバー・ウェストパークウェイ、
ゴールデン、コロラド州80401

または電子メール―――――――。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------



<5-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>



2017年3月1日




5-メイン州
◇Fishermen air concerns about floating wind turbine test site off Monhegan
モンヒガンの浮体式風力タービン試験場に関する漁民の懸念

(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2017年3月1日)
https://bangordailynews.com/2017/03/01/news/midcoast/
fishermen-air-concerns-about-floating-wind-turbine-test-site-off-monhegan/



ニック・マクリア(BDNスタッフ)



画像:

UMaineの先進的な構造物および複合材料部門の
ディレクターであるHabib Dagherは、
2014年にMaineの浮体式風力タービン
VolturnUSの初年度を祝う旅行の際に、
群衆に語っています。


Ashley L. Conti | BDN


======================================




セントジョージ、メイン –




浮体式風力タービンがどのように漁場に影響を及ぼし、
町の雰囲気に影響を与えるのか
疑問に思っている地元の人々や漁師たちは、
今週のプロジェクトの背後にいる人々に
疑問や苦情を呼び起こす機会を得ました。





リチャード・ネルソン氏は、
「魚を釣るには資源が必要だが、
我々はまた、資源にアクセスできるようにする
必要があります」と語った。

「バランスのとれた行為です。
再生可能エネルギーは自己目的にポジティブですが、
漁師としては魚に着くことができなければなりません。




漁師たちは、限られたスペースに入らずに
どれくらいタービンに近づくことができるか
心配しています。


また、水中の電線や係留に
トラップがかからないようにしたいと考えています。

これらの境界は、計画プロセスの後半で、
米国沿岸警備隊によって設定される可能性があります。




『University of Maine』の浮体式タービンで作られた
オフショア・エネルギー・ファームのビジョンは、
2019年までに送電を開始する予定である。




米国エネルギー省、
メイン州立大学先端構造コンポジットセンターと
そのパートナーは、
火曜日にセントジョージタウンホールで
数十人の地元住民を招いて情報セミナーを開催した。

同グループは、3月1日(水)、
モンガン島で同様のセッションを開催する予定で、
そこでは、一部の住民が、
タービンの選択された場所に不安や反対を表明している。






プロジェクトである『Aqua Ventus I』は、
モンヒガン島の南海岸から約2.5マイル沖に
6メガワットの浮遊式タービンを設置します。

タワーは水面から約328フィート上がります。

このプロジェクトは、
メイン州の海岸から20マイル以上離れた
別の場所で開発される
はるかに大きなタービンプラントの先駆けとなる予定です。


※ 2.5マイル = 4.02336 キロメートル
※ 328フィート = 99.9744 メートル
※ 20マイル = 32.18688 キロメートル






州と大学は、風と波の条件、
および鳥や海の生命活動の移動経路を
何年にもわたって調査して、この場所を選んだ。

同グループはまた、漁業者を対象に、
彼らがその地域で
どのような理由で使うのが良いかを調べました。




別の地元の漁師のクリス・チャドウィック氏
(Chris Chadwick)は、タービンの操業が
どのようにセントジョージの小さな漁村を
変える可能性があるか心配していると語った。

最終的にタービンを設置し維持する会社は、
本土に拠点を置く従業員と設備を持つことが
予想されており、
チャドウィック氏は
セント・ジョージの交通量と駐車不足に懸念を抱いている。





『Aqua Ventus I』は、
省庁の国家環境政策法の見直しプロセスの一環として、
環境アセスメントの開発の初期段階にあります。





タービン自体の建設は2018年に始まる予定です。

浮体式コンクリート基礎は、ハンプデンで造られ、
シアーズポートに浮かび、タービン塔を頂き海に運ばれる。




ネルソン氏によると、この地域の人々は、
UMaine社がモンヒガン周辺のタービン運転を拡大すること、
もっと遠くの沖合で、
より大きな操業をするよりもむしろ
多くのタービンをそこで追加することに懸念があると語った。


大学はこれは起こらないと主張します。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------
関連記事
---------------------------------


<1-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>

2016年11月1日

1-メイン州
◇Small group of Monhegan residents renews fight against offshore turbines
モンヒガン(Monhegan)居住者の小さなグループは、オフショア・タービンとの戦いを再開します

(Portland Press Herald |2016年11月1日)
http://www.pressherald.com/2016/11/01/monhegan-residents-renew-fight-against-off-shore-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4507.html

------------------------------------------------

<2-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>

2017年2月7日

2-メイン州
◇Senator Dow Submits Legislation to ‘Protect Monhegan Island’
ダウ上院議員は、「モンヒガン島を保護する」法案を提出
(WordPress.com.|2017年2月7日)
https://mesenategop.com/2017/02/07/senator-dow-submits-legislation-to-protect-monhegan-island/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4511.html

----------------------------------------

<3-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>

2017年2月20日

3-メイン州
◇Bill to protect Monhegan’s iconic scenery would effectively ‘kill’ offshore wind pilot project
モンヒガンの象徴的な風景を保護する法案は、海上風力のパイロットプロジェクトを効果的に「つぶす」だろう

(Mainebiz | 2017年2月20日)
http://www.mainebiz.biz/article/20170220/CURRENTEDITION/302169997

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4523.html

By James McCarthy

「The New England Aqua Ventus 1」プロジェクトが
モンヒガン島から2.5km離れた場所に
2基の6メガワット風力タービンを
建設することを禁止するために、
(R-Waldoboro)メイン州上院議員
デーナ・ダウ(Dana Dow)氏が提案した法案は
メイン州大学主導の努力をつぶす可能性がある。


今のところ、それは現在、
エネルギー省の資金調達のために実行中の
2つのプロジェクトのうちの1つに過ぎません。


ダウ氏の法案、
LR 1613「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法」は、
風力エネルギー試験区域の設置を禁止する
- 約585フィートの高さのタービン付き
- モンヒガン・ロブスター保護地域から10マイル以内。


ダウ氏は、2月7日の記者会見で、
象徴的な島の景観を保護するとともに、
北大西洋の渡り鳥の経路に沿って
島を重要な上陸地として使用する
渡り鳥の個体群を保護することが重要だと述べた。


「メイン州の住人は、
大規模な風力タービン実験が、
カタディン山頂またはアカディア国立公園の
岸辺から近い距離に配置されることを
決して許さないだろう。
なぜなら、これらは特別な場所であり、
モンヒガン(Monhegan)島もそうであるからです。」と、
彼は言いました。


しかし、Aquain Ventusプロジェクトに
参加しているUMaine主導型コンソーシアムの
プロジェクトリーダーであるHabib Dagher氏は、
2月7日の50分のブリーフィングで
議員のエネルギー・ユーティリティ・技術委員会メンバーに、
モンヒガンを超えて3マイル試験場を動かすことは、
それを連邦海域に置くことになると話しました。

そして、それは現段階で開発作業の問題です。
「連邦許可プロセスの下で、
このサイトを連邦水域に移動させると、
プロジェクトが5年近く遅れることになるだろう」と
彼は語った。


「基本的に、
それはプロジェクトをつぶします。」



Dagher氏は、DOEの資金調達のために
まだ実行中の他の唯一のプロジェクトは、
エリー湖で約21メガワットの発電能力を持つ
6つの風力タービンを建設する
オハイオのプロジェクトであると
委員会メンバーに語った。
DOEは、ニュージャージー州の
アトランティックシティから
約3マイルの州の水域に6基の4MWタービンを設置する
ニュージャージー州の会社の計画を
プロジェクトが12月31日締め切りまでに
電力協定に達しなかったことを挙げて
今年初めにプラグを引っ張った。


ダガー博士は、2014年に
メイン州公共事業委員会によって承認された
電力購入契約と、
メイン州保全省によって2009年に指定された
モンヒガン試験場が承認されたことを受け、
委員会のメンバーに
Aqua Ventusプロジェクトは、
DOEによって他のプロジェクトが中止されるような
トリップアップを回避していると話しました。


Aqua VentusとOhioプロジェクトの両方は、
特定のマイルストーンに到達することを条件とし、
継続的な議会予算を条件として
4,000万ドルの資金調達を行っています。
DOEは、2月28日にテナント港でプロジェクトを公開し、
3月1日にモンヒガンで公開セッションを2回開催します。


UMaine社の
技術革新と経済開発担当副社長のJake Ward氏は、
2019年秋までにモンヒガン試験場に
浮遊式船体を設置することを目標としていると
述べました。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-14 : ♯メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR