騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車と裁判:イングランド>イングランド:ラスク・エッジ風力タービンは、長い法廷闘争の後、降ろされます |関連記事|イングランド/画像:論争の的のラスクエッジタービンは新しい訴えの方向へ向かった // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<風車と裁判:イングランド>





2017年2月20日




イングランド
◇Lask Edge wind turbine taken down following long legal battle
ラスク・エッジ風力タービンは、長い法廷闘争の後、降ろされます

(Leek Post & Times | 2017年2月20日)
http://www.leek-news.co.uk/
lask-edge-wind-turbine-taken-down-following-long-legal-battle/
story-30134666-detail/story.html






画像:

ラスク・エッジでタービンを取り外す作業が行われます。


================================================





計画検査官が施行控訴を却下した後、
風力タービンが解体された。





2014年2月、Leek近くのLask Edge Farmの
5kW風力タービンの計画許可が拒否されました。




しかし、その決定はうまく上訴され、
風力タービンは建設されました。





しかし、その上訴決定は
いくつかの根拠について疑問を呈されました。


国務長官は、検査官が
グリーンベルトへの害が
スキームを正当化するために
他の考慮事項よりも重要であるとの結論に
十分な理由を与えなかったことを
根拠として認めました。




その後、訴えは再決定され、
1月27日の決定により却下された。





Staffordshire Moorlands地区評議会は、
土地からタービンを解体し、取り外し、
完全に取り除くことを要求した施行通知を発行した。






しかし、ロバートとヘイゼル・スコット氏らは
強制告知に対してさらに訴えを提起した。

今、計画検査官はこの訴えを却下しました。




アンドリュー・ハモンド
Andrew Hammond)計画検査官は、
彼らが求めていたのは、
景観への影響とグリーンベルトの開放性が低下し、
グリーンベルトのバランスに影響を与えるような、
高さの低いマスト上のタービンに対する
許可であったということを
上訴人が立証したと、言いました。







彼の決定書で、ハモンド氏は述べました:

グリーンベルトに土地を含める
5つの目的の1つは、
侵略から田舎を守る助けとなることです。


タービンのフットプリントは小さく、
浸食の程度は限られているが、
タービンは、特に回転するブレードを用いた
オープンフィールドの顕著な設計構造である。





これは、田舎への浸食が、
静的な構造の場合よりも大きく見える結果となる。





「したがって、タービンの衝突は、
マイナーな程度ではあるが、
土地をグリーンベルトに含めることの
重要な目的のひとつとなっています。




「温室効果ガス排出量の削減と
再生可能エネルギーの最大化という
スキームのメリットは、
Lask Edge Farmの総需要を満たすことが
重要な役割を果たしていることです。」




それにもかかわらず、
土地をグリーンベルトに含める
重要な目的の1つに関連する開放性と
害の喪失に関して、
グリーンベルトの害が限定されていることに加え、
不適切な開発による害は相当に大きい。




「この害には、開発計画の方針と
矛盾している景観の性格に
特定された害が加えられなければならない。」





「『非常に特別な状況』に基づいて、
私は、存在しているか、
約3メートル高さで減らされるかどうかにかかわらず、
計画を正当化するように、
彼らの全体で考慮されるスキームの利点が
グリーンベルトと他の危害に対する害を
明らかに上回らないと結論します。」








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







-----------------------
関連記事
-----------------------


<風車と裁判:イングランド>



2016年5月11日




イングランド/画像
◇New appeal made for controversial Lask Edge turbine
論争の的のラスクエッジタービンは新しい訴えの方向へ向かった

(Leek Post & Times | 2016年5月11日)
http://www.leek-news.co.uk/new-appeal-controversial-lask-edge-turbine/story-29252293-detail/story.html




By Leslie Jackson




Staffordshire Moorlandsの田舎にある
論争の的になる風力タービンに
執行措置が取られていることに対して
新たな訴えがなされた





ポスト&タイムズは、
先週、ブッシュ近くのラスエッジ・ファーム、
ラスエッジ・ロード、ラスク・エッジで
風力タービンを取り外す措置がとられたと報じた。




15メートルのタワーにある
5KWのシングルタービンの計画申請が
2013年10月に適用されて以来、
論争が激しさを増しています。





計画は議論を計画することにつながり、
政府計画検査官と高等裁判所の両方に関与している。





最初の申請は、
計画担当者による拒否を推奨され、
2014年2月に
審議会の計画申請委員会によって却下されました。




申請者はその後、計画監督官に控訴し、
控訴は2014年11月に支持された。




しかし、判決の司法審査は、
高等裁判所の一般市民によって開始された。




これは成功し、
マンチェスターの高等裁判所は、
計画監督官が控訴の決定において
間違いを犯したと受け入れた後、
決定を破棄しました。




この判決は、検査官は、グリーンベルトや
他の害に対する害を上回る特別な状況があった
という結論に十分な理由を与えられなかったと
述べた。




その後、申請書は
Planning Inspectorateに送付されましたが、
今回は2016年1月27日に審査官によって却下されました。




しかし、現在、
クリストファー・スコット氏は、
両親のために
タービンの執行措置に対する控訴を提出している。




スコット氏は、上訴裁判所の声明で
次のように述べています:

控訴人は、風力タービンの高さを
現在の高さから12メートルの桁の高さまで低減させ
ハブの高さを減少させたいという点で、
強制告知の条件に従うことを意図していることを
強調することが重要である。
ハブの高さは12.3メートル、
ブレードの先端は15メートルです。




計画検査官は、これらの意図された改訂に基づいて
上訴を決定するよう求められます。




これは、評議会および関心のある第三者が、
改訂された計画を十分に検討し、
望むようにコメントする機会を得るため、
これはいかなる当事者にとっても有害ではない。





「2016年2月に、上訴人は、
風力タービンを既存の15メートルの塔から
12メートルの低い塔に降下させる
新鮮な計画申請を提出するために
地区議会に志願しました。」




「上訴人は、2015年の風力タービン感度試験で、
国内の規模のタービン
(ブレード先端まで15メートル以下)は
考慮していないと議員に通知した。」




そのため、風力タービンを下げると
グリーンベルトと地元の景観への影響が
小さくなるという明らかな意味合いがあります。




3月には、計画部からのフィードバックが
絶え間なく不足しているため、
上訴人はタービン用の新しい申請書を
12メートル下のタワーで提出した。




2時間以内に審議会の運営責任者は、
審議会が申請を辞退することを通知することを
上訴人に連絡した。




上訴人は、提出された申請書の正当性を
確認しないよう、
Staffordshire Moorlands地区議会の選択に
強く反対している弁護士に依頼した。




法律顧問は、申請者がオープン性と
グリーンベルトの目標に対する
唯一の方法での影響を軽減することを
真に求めてきたと述べた。




「結果として、
害と便益のバランスは大きく異なるでしょう。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-05 : 風車と裁判:2015年1月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR