騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒④ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>④ネブラスカ州/動画:ランカスター郡の商業的な風力エネルギーのためのより厳しい規制 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<可決⇒④ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>




2015年11月10日




④ネブラスカ州/動画
◇Stricter restrictions for commercial wind energy in Lancaster County
ランカスター郡の商業的な風力エネルギーのためのより厳しい規制

(1011now.com | 2015年11月10日)
http://www.1011now.com/home/headlines/
Stricter-Restrictions-for-Commercial-Wind-Energy-in-Lancaster-County-345362752.html




ニコル・グリフィン




ランカスター郡では、
現在、風力発電施設や
潜在的な風力エネルギープロジェクトに関する
新しい制限があります。

ランカスター郡委員会は、
火曜日に3-2で
より制限的な規則を可決しました。





ドイツの独立系発電会社Volkswind社は、
ランカスター南東部とゲージ郡に
50以上の風力タービンを建設しようとしています。




ランカスター郡コミッショナーの
Deb・Shorr氏は、数ヶ月の議論の後、
新しい規制が発効すると述べている。




大きな変化は、
風力タービンの騒音と関係があります。


委員会は、
午前7時から午後10時に40デシベルを要求し、
タービンが夜間により静かなことを要求する
午後10時から午前7時に
37デシベルに落ちるよう投票しました。





「ランカスター郡でプロジェクトを進めるには、
これらの要件によって
非常に制限が厳しいとの証言が
Volkswind社からありました。」と、
Shorr氏は言いました。





Volkswind社はこの声明を1011Newsに発表した:

「我々は失望しています。
私たちはネブラスカ州に来て、
クリーンエネルギーの未来に投資しました。

シェルドン駅近くに
クリーンな電力を注入する絶好の機会があります。

十分な伝送力、野生動物への影響が少ない場所、
支援的な土地所有者は、
簡単に見つけることができません
(移転するのは簡単なことではありません)。

私たちはランカスター、ゲージ、
ジェファーソン郡の両方のプロジェクトの
市民のリーダーと
誠意を持って取り組んできました。」





ランカスター郡の委員は
2つのリンカーン・ランカスター・エージェンシーと
協力し、
計画部はセットバックと
ゾーニングの問題に取り組みました。

保健省は保健問題に取り組んだが、
特に高齢者や特別なニーズを持つ人々に
対処していました。





2015年8月の計画委員会からの
リンカーン/ランカスター郡計画報告書記載:



大規模な商業風力タービンプロジェクトは、
ネブラスカの他の郡に首尾よく位置しています。

しかし、ランカスター郡の土地利用特性は、
ネブラスカの他のほとんどの郡と同じではありません。

ランカスター郡に散らばる小規模な敷地には、
住宅開発の重要な要素があります。

さらに、他の郡では
一般的に高さが275フィート未満の風力タービンは、
高さが400〜500フィート以上になる可能性があります。

したがって、
風力エネルギーは価値ある目標ですが、
隣接する特性への影響は
相当なものになる可能性があります。


※ 275フィート = 83.82 メートル 
※ 400~500フィート = 121.92~152.4 メートル




リンカーン/ランカスター郡計画局と
ランカスター郡保健局のワーキンググループとの
一連の会合で、
職員は商業風力エネルギープロジェクトに関する
現行の規制を修正する作業を行った。

そのグループには、
さまざまな背景と興味を持つ12人の人がいました。

また、ゲージ郡から8人が参加しました。

風力エネルギー文書改正作業部会によると:

「ワーキンググループのプロセスの目標は、
隣接する不動産所有者と住民の適切な保護があれば、
商用風力発電プロジェクトを許可する
テキスト修正案を作成することでした」





ランカスター郡保健局は、
以下のような騒音の制限を提案しました:



(I)騒音:CWECSタービンまたは
CWECSタービンの組み合わせは、
当該物件に位置する住居の最も近い外壁
測定された以下の超過を引き起こさないように
配置されなければならない。

タービンが承認された後に
建設された住居ユニットで
タービンが騒音基準に違反すると、
タービンは非適合用途になります。



参加している資産と参加していない資産の両方とも:


(1)午前7時から午後10時まで:
* 40(40)dBA最大10分Leqまたは;
* 3 dBA最大10分

(2)午後10時から午前7時まで:
* 37 dBAの最大値10分Leq




Volkswind社は次のように答えました。
保健省の提案された制限値は、
リンカーン市の騒音管理条例と一致していません。
(風力エネルギーは、
他の商業活動から特別に扱われるべきではなく、
風力タービンの騒音による健康への悪影響は
証明されていません。



Volkswind社は、続けて言います
「例えば、『自然な』波動が
1,000フィートの風力タービンの騒音を
はるかに上回る音圧を発生させる
最も重要な資産の中で、
海洋フロントの住宅を考えてみましょう。

プレーリーの環境で、
家の構造そのものの風の音は、
一般的に1000フィート離れた風車から
検出された音をはるかに上回っています。」


※ 1000フィート = 304.8 メートル





Volkswind社:

ネブラスカ州とリンカーン市の
独自の騒音管理条例で認められている
その他の州の最も極端な制限は、次のとおりです。

午前6時〜午後10時 - 75 dBA
午後10時〜午前6時 - 50 dBA





ランカスター郡のコートランド近郊に住んでいる
シンディ・チャップマン氏は、
新しい規制への投票で、彼女は安心していると語った。

「我々はこの郡で
安全な風力エネルギー規制を取得するために今、
1年以上にわたって戦ってきました。

チャップマン氏によると、彼女は主に、
自宅にあまりにも密接に配置されたタービンで、
彼女の資産の価値を心配していたという。





「タービンの近くに住んでいた人々から
さらに研究を行った結果、
主に夜間のレベルで健康への影響が懸念されました。

チャップマン氏は、
数百の風力タービンの近くに住むミネソタ州の
家族と一緒にいる間、
風力発電所の騒音が彼女を悩ませたと語った。

「それを比較することはできません。
この地域の住民がどのように感じたかを知るには、
人々は、それを体験する必要があります。」






チャップマン氏は
『ストップ・ハラム・ウィンド』のグループの一員です。
グループのウェブサイトで、
現在、彼らは
ゲージ郡でのゾーニングを更新するところです。

『ストップ・ハラム・ウィンド』は、
数百人の南部ランカスターと北西部のゲージ郡の
納税者、有権者、家族を代表する草の根の組織です。

「風力発電施設は人口が少ない地域に
安全に設置できると考えています」と
『ハラム・ウィンド』は言います。





ランカスター郡コミッショナーのDeb Shorr氏は、
「ネブラスカ州の南東部には
依然として可能性があると私は考えています。

ランカスター郡のこの特定の地域が
最適かどうかはわかりません」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<可決⇒①ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>

2015年3月6日

①ネブラスカ州
◇Cortland area residents concerned about wind turbines
コートランド・エリア居住者は、風力タービンを心配します
( The Banner Press|2015年3月6日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
cortland-area-residents-concerned-about-wind-turbines/
article_e37ecdc1-4d18-567a-8613-18408ad38049.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4508.html

----------------------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>

2015年8月21日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇War over wind energy far from over
終わりの見えない風力エネルギーの戦い

(リンカン・ジャーナル・スター | 2015年8月21日)
http://journalstar.com/news/war-over-wind-energy-far-from-over/
article_e71fa8bb-ef38-5f55-ae2b-46eb992c7000.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4509.html

----------------------------------------------

<可決⇒③ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>

2015年11月1日

ぜひ!⇒
③ネブラスカ州
◇Citing health concerns, Lancaster County readies new rules on wind turbines
健康懸念をあげて、ランカスター郡は、風力タービンに関する新しい規則を準備します

(オマハワールド・ヘラルド | 2015年11月1日)
http://www.omaha.com/
news/nebraska/citing-health-concerns-lancaster-county-readies-new-rules-on-wind/
article_e3b10616-c528-5e34-a004-1d748fbf2fa3.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4513.html

----------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-08 : ■可決⇒ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<31、32-☆Part 2:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>31-手紙、マサチューセッツ州:権利は侵害されました…人権は戦う価値があり、永続性が求められ、犠牲は耐えられる |32-マサチューセッツ州:追加の金額は、タービン訴訟のために承認されます |関連記事、これまでの経緯| ドラミー ほか 対 ファルマスの町 ほか、 – 上訴裁判所命令 | 裁判官クリストファーミューズの2013年11月の命令 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <ミステリアス・ハム/ニューヨーク州アストリア>ぜひ⇒ニューヨーク州:ノイズの苦情:大きい、低周波のハム…近所を歩いた後、私は発生源を見つけたと信じています:約300フィート先にオープンした豪華な賃貸ビル。私は冷戦の拷問実験の一部であるように感じます。私は騒音について何かをするためにどこに助けを求めればいいですか? | ぜひ⇒コメント欄より | // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR