騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<オクラホマ州~風車と法律/③上院法案808/風力発電所の立地規制など>ぜひ⇒⑤オクラホマ州/動画:フランク・キーティング:私は風産業租税優遇措置に署名しました、そして、私は間違っていました…費用は引き続き増加し、教育の機会が失われ、今行動しなければ納税者は何十億ドルもの窮地に陥ることになります。現在行われている決定は今後14年間に州政府財政に影響を及ぼし、おそらく破壊されます。2017年7月1日までにすべての人が協力してこの補助金を終了させるよう奨励します…Frank Keating(前オクラホマ州知事) |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<オクラホマ州~風車と法律/⑤上院法案808/風力発電所の立地規制など>



2017年2月24日




ぜひ!⇒
⑤オクラホマ州/動画
◇Frank Keating: I signed wind industry tax breaks, and I was wrong
フランク・キーティング:私は風産業租税優遇措置に署名しました、そして、私は間違っていました

(Tulsa World | 2017年2月24日)
http://www.tulsaworld.com/opinion/readersforum/
frank-keating-i-signed-wind-industry-tax-breaks-and-i/article_3d48e13b-a64e-53e6-a53a-b12c932dea80.html




By Frank Keating





2001年にオクラホマ州知事を務めたとき、
私は工業用風力エネルギーの
ゼロエミッション税額控除を作成する法律に署名しました。


税額控除は、
当時のオクラホマ州の風力産業の揺籃期に
急進的な動きをもたらすように設計されました。

すでに堅調なエネルギーと
経済開発プログラムを拡大するための
低コストの方法として私たちに販売されました。

雇用を創出し、
オクラホマのより豊かな未来を築くことになっていました。





この法律への署名は単純に間違いでした。

私が事務所にいたときの
年間200万ドル未満の州の費用を約束したものは、
2014年課税年度には1億1,200万ドルに急上昇し、
将来は数十億ドルの費用がかかると見込まれています。

風力発電所は平均約10%の常勤雇用を約束しています。






税額控除は制限されていないため、
ゼロエミッショナル税額控除は、
納税者に何百万ドルもの費用を掛けて
公的資金を提供する
他のサービスを損なう詐欺に発展しました。


2014年にクレジットは直接払い戻し可能となり、
州は風力会社が各クレジットの価値の85%を
チェックすることを意味します。

これは基本的には、納税者が資金を出している、
オクラホマ州以外の大部分の外国に拠点を置く
数十億ドル規模の企業に支払われる白地小切手です。

それは企業の配布する資料の最悪の種類です。




私はショックを受け、
納税者のお金が無駄なく費やされており、
オクラホマ州の教育制度の資金を犠牲にして、
私たちが引き続き危険にさらされていることを
知っています。


他の州との電力購入協定のため、
オクラホマ州以外の国民は、
私たちが助成する補助金のおかげで、
この割引電力の大部分を享受します。

はい、これは現実に起きています!







あなたがまだ動揺していないなら、
それが悪化するので、ちょっと待ってください。

風力発電業界は、現在の法律が2021年に
これらのクレジットを吹き飛ばすため、
すでにコントロールが導入されていると伝えます。

しかし、オクラホマは10億ドルの風力会社に対し、
各タービンが10年間発電した電力を支払っています。

今年稼動するタービンは2027年まで税額控除を受ける。

現在の法律では、
2021年1月1日より前に運転されているタービンについては、
2031年1月1日まで支払いが継続される。





風力産業は、建設のペースを
加速する計画についても教えていないので、
2014年に請求された1億1300万ドルの
4倍以上のタービンで
これらの補助金の恩恵を受けることができます。

この大幅な増加は、
最後の請求書が支払われるまでに
52億ドルまでの費用をかける可能性があります。






費用は引き続き増加し、教育の機会が失われ、
今行動しなければ
納税者は何十億ドルもの窮地に陥ることになります。

現在行われている決定は、
今後14年間に州政府財政に影響を及ぼし、
おそらく破壊されます。




あなたの前知事とオクラホマ市民として、
私たちは、計画された成長が
私たちの未来を脅かす前に、
2017年7月1日までにすべての人が協力して
この補助金を終了させるよう奨励します。


私たちは一緒に、オクラホマを守ることができます。




著者
Frank Keatingはオクラホマ州の1995〜2003年の知事であった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





===============
関連記事
===============

<オクラホマ州~風車と法律/①上院法案808/風力発電所の立地規制など>
2015年4月1日

①オクラホマ州
◇Oklahoma bill puts siting restrictions and reporting requirements on wind farms
オクラホマ州の法案は、風力発電所の立地規制と報告要件を置きます

(The Oklahoman | 2015年4月1日)
http://newsok.com/
oklahoma-bill-puts-siting-restrictions-and-reporting-requirements-on-wind-farms/
article/5406313

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3825.html


By Paul Monies


より多くの報告要件と
オクラホマ州の風力発電所の立地制限を置く法案が
火曜日に下院委員会から渡されました。



上院法案808は、
空港、公立学校または病院から1.5海里に
建築されるどんな風力タービンでも停止します。


それはまた、風力発電所の建設を
開始する予定の場合に
6ヶ月以内に情報を
オクラホマ州コーポレーション委員会に
提出することを開発者に要求します。



「それはすべての当事者によって
交渉されています。」と
下院エネルギー・天然資源委員会で
法案を提示した
バートルズビル共和党の
議員アール・シアーズは言いました。


「私はこれらの規制案で
我々を手伝うことへの彼らの参加に関して、
風力産業にとっても満足しています。

私はそれが
誰にとってもWin-Winのだと信じています。」


法案は12-8で通過しました。

今は投票のため正式な下院に行きます。


現行法で廃止言語の周りのルールを置く
真ん中にあるコーポレーション委員会は、
廃棄のための費用の
少なくとも125パーセントの保証の証拠を
検証するためにSB808の下で要求されます。



石油・ガス開発者が操作するための要件として
標準保証債を送る必要がありますが、
委員会の公益事業部門は、
風力開発者のための保証債の収集や
分析の経験を持っていません。

・・・・・・・

▼セットバック条件

(法案を提示した)シアーズは、
法案の下で後退要件は妥当だったと評価しているが、
彼らは住宅からの最小セットバックが
含まれていなかったということに
彼は失望を表明しました。



「私はその戦いに
勝つことができませんでした。」と
シアーズは言いました。



「私は、個人的に
推し進めて行く人ではありませんでした。」



その法案は、
セットバック要件を超えるいかなる紛争も
コーポレーション委員会ではなく、
地方裁判所に行くだろうと言います。


風力産業に続くベスト・プラクティスは、
占有された家の1400フィートよりも
近くにタービンを置かないようにしようとします。


その他の譲歩は
通常、民間リース土地所有者との
風力開発者のサインで交渉されています。


※ 1400フィート = 426.72 メートル

SB 808の学校、病院と空港から
1.5海里のセットバックは、
およそ9,100フィートと等しいです。


※ 1.5海里 = 2.77800 キロメートル


大部分の学校と病院は都市と町にあるので、
セットバックが将来の風力開発に
影響を及ぼすことはありそうもありません。



1,800以上の公立学校が、州にあります。


米連邦航空局(FAA)は、空港近くに
風車の配置のための既存の規則を持っています。



オクラホマ航空委員会によると、
290以上の公共および民間空港が州にあります。


ジェフ・クラーク、
風力連合のエグゼクティブディレクターは、
彼のグループは、その導入以来、
言語を改善するために、
法案の著者によってなされた仕事に感謝すると
述べました。


「私は、SB 808
オクラホマ・コーポレーション委員会で開催される
問合せ審理の通知の間、
持ち出される問題の合理的な解決を代表すると
思っています」と、
クラークは声明で述べていました。



「風力連合のメンバーは、
風力発電産業がオクラホマ州に
大きな経済的貢献者として
継続することを可能にする政策を策定するために
オクラホマ議会で働き続けることを楽しみにします。」


▼風力エネルギーのための税制上の誘導措置

規制の外で、いくつかの法案は、
今年、5年の従価資産税額控除と
ゼロエミッション税額控除を含む
風力エネルギーのために、
税制上の誘導措置を目標としました。


シアーズは、風力産業と議員が
税額控除議案の上で交渉していて、
決議の近くにいることができたと言いました。


・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------

<②オクラホマ州~風車と法律/上院法案808可決/風力発電所の立地規制など>


2015年4月28日

②オクラホマ州
◇Oklahoma bill limits wind turbines’ encroachment
オクラホマの法案は、風力タービンの侵略を制限します
(航空機のオーナーとパイロット協会 | 2015年4月28日)
https://www.aopa.org/news-and-media/all-news/2015/april/28/oklahoma-bill-limits-wind-turbine-encroachment

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4193.html

新しい風力エネルギータービンの
建設のために
空港から最低限1,5マイルの距離を
設定することにより、
飛行安全性を高めるべきであるという法律は
オクラホマ州知事
メアリーフォーリンによって
法案に署名し法律として成立させました。

※ 1,5マイル = 2,414016 キロメートル

フォーリン(州知事)は
4月17日に上院法案808に署名しました。

■Oklahoma Senate Bill808 (オクラホマ州上院法案808)
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=SB808&Session=1500

-----------------------

<③オクラホマ州~風車と法律/上院法案808可決/風力発電所の立地規制など>

2015年5月29日

③オピニオン、オクラホマ州
◇Robson: Good winds blowing
ロブソン:吹いている良い風

(ジャーナルレコード | 2015年5月29日)
http://journalrecord.com/2015/05/29/robson-good-winds-blowing-opinion/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4195.html


フランク・ロブソン(ゲストのコラムニスト)


私は、過剰な補助金や
不動産所有者の保護のための規制の欠如の
両方に対処する
風力発電業界の待望の改革を実現することで
オクラホマ州議会と
知事メアリーフォーリンに拍手を送ります。

今年なされる進展は
規制の枠組みを確立する上で重要です。

やるべきことはまだあります。


州のブライアンBingman上院議員(R-Sapulpa)と
議員アール・シアーズ(R-Bartlesville)による
上院法案808※注:1)は、
4月17日にフォーリン(知事)によって署名され
学校、空港、病院から風力タービンまで
1.5海里のセットバックを設立し、
自分の人生の最後にタービンを降ろす役割を果たす
財政責任から土地所有者と納税者を保護する
強力な廃止措置の制定法を提供します。

法案はまた、
建設が始まる少なくとも6ヶ月前に
土地所有者への通知を義務づけます。


新しい法律は、
家庭、地域、公共の公園や
妨げられるかもしれない自然の生息地の
他の土地を
風力タービンからの保護を考慮していません。


議会は
公共の安全性の問題の他の領域の近くに
風車の配置に関する合理的な制限に対処し、
さらに要件の必要性を検討することを
私たちは望んでいます。



フランク・ロブソンは、オクラホマ財産権協会のメンバーです。


※ 注;1)上院法案808
■Bill Information for SB 808
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb808&Session=1500


※ 注;2)上院法案498
■SB 498 by Mazzei and Sears
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb498&Session=1500


※ 注;3)上院法案502
■SB 502 by Quinn and Sears
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb502&Session=1500


-----------------------

<オクラホマ州~風車と法律/④上院法案808/風力発電所の立地規制など>

2015年11月5日

ぜひ!⇒
④オクラホマ州
◇Most Oklahoma wind turbines are already outside of new siting limits, study finds
調査によると、大部分のオクラホマ風力タービンは、すでに新たな立地限界の外にあります
(The Oklahoman | 2015年11月5日)
http://newsok.com/most-oklahoma-wind-turbines-are-already-outside-of-new-siting-limits-study-finds/article/5458281

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3826.html

----------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-25 : 〇オクラホマ州:風車と法律/上院法案808、498、124 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR