騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒②ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>ぜひ⇒②ネブラスカ州:終わりの見えない風力エネルギーの戦い |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<可決⇒②ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>



2015年8月21日




ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇War over wind energy far from over
終わりの見えない風力エネルギーの戦い

(リンカン・ジャーナル・スター | 2015年8月21日)
http://journalstar.com/news/war-over-wind-energy-far-from-over/
article_e71fa8bb-ef38-5f55-ae2b-46eb992c7000.html




ニコラス・バージン



ランカスター郡の風力発電所の開発を
管理するための論争のある規則案が戻され、
タービン規則についての戦いは当分終わりません。




風力エネルギーの開発者と
隣人としてタービンを望まない人々は
今ランカスターとゲージ郡の委員会へ
注意を向けています。





ランカスター郡委員会は
来月問題に取り組むことになっています、
そして、それには
規則上に最終的な決定権があります。


ゲージ郡委員会は
議論がある規則を改正するが、
正式な提案を起草するまでには至っていません。





音の限界を引き下げて、
近隣家屋の上を通過する
タービンブレードによる
ちらつく影の時間量に対して毎日の制限を廃止する後、
水曜日の夜、
リンカーン/ランカスター郡計画委員会の9人メンバーは、
5月4日投票の規則案の承認を推奨しました。




同じ5-4の得票差の事前投票では、
委員会は、住居で測定された
日中は50デシベル、
夜間は42デシベルにすることを提案し、
騒音の制限を変更しました。




この動きは、
オレゴン州ベースのVolkswind USAによる
風力発電所の開発を停止しようとしている
ハラムとコートランドエリアの
不動産所有者を失望させました。

彼らは日中は40デシベル、
夜間は37デシベルのままの騒音制限を
望んでいました、
これは、
リンカーン/ランカスター郡保健局によって
推奨された数字です。





「私は、彼らが保健局のスコット・ホームズが
彼らが何が安全であると思うかについて
通じていたという報告書を
無視するように見えたことにとても失望しました」と、
シャーロット・ビースは言いました。
そして、その人は
およそ1マイルの南プリンストンで暮らしています。




ビースは、ランカスター郡委員会が
計画委員会の推薦に反対して投票をするならば、
驚くだろうと言いました。




しかし、シンディ・チャップマンは
まだ希望を持っており、
地元選出議員に働きかけることを計画します。

彼女と彼女の夫は
コートランドの近くに作付面積を所有し、
彼女は草の根グループの
『ストップ・ハラムウィンド』の広報担当者です。

その組織は、風力発電プロジェクトによって
影響を受ける130人を代表しています。





「私たちは、これらの事に、
私たちの財産、私たちの運用と享受に
侵入されたくないと思っています、
そして、敷地境界で
これらの制限を設定することで、
私たちに少しより多くの保護を与えます。」と
彼女は言いました。




シャドウフリッカーの制限について、
チャップマンは
一日-30分の制限が
復活されるべきであると述べました。

今、規制は、ブレードからの影が
年間最大30時間の
ウィンドファームに参加していない人の家に
入ることができるようになって、
それが限界内にとどまることを示すために、
コンピュータモデリングを行うことが
開発者に必要となります。





「それは、問題の時間中に
タービンをオフにするのと
同じくらい簡単である場合、
非参加者に
そのストロボ効果を課す理由はありません。」と
彼女は言いました。




Volkswind USAは、
オリジナルが騒音規則を提案した、
そして、30分の影の制限が
風力発電所の開発を不可能ではなくとも
困難にすると言い続けています。




同社は、
バックグラウンドノイズより
最大5デシベルの余裕をもって、
彼らとの契約に署名する
土地所有者のための
55デシベルの騒音制限と、
そうでない土地所有者のための
50デシベルを提唱しました。




42デシベルの夜間制限を
Volkswind USAが
そのプロジェクトとともに
前進するのを許すかどうかは、不明です。

同社は、50台以上のタービンを造りたいと
考えているおよそ13,000エーカーの
60人の地主とのリースにすでにサインしました。




「我々は、プロジェクトがどのようになるのか
または、それがまだ可能かどうかを決定するために
他の新しいセットバックの前後関係の
これらの変化を見る必要があります」と、
Volkswindプロジェクト・マネージャの
ジョー・ウッドは言いました。




規則は、どんな家からでも1,000フィートの
最小限のセットバックを必要とします。

不参加の所有地のために、
セットバックは、
その最も高い点のブレード先端から測られる
タービンの高さの3倍でなければなりません。

※ 1000フィート = 304.8 メートル




計画委員会の委員長Jeanelleラストは
風を収穫する農業活動の水曜日の会議中に、
ランカスター郡は、
州で最も制限の厳しい規制を渡すことで、
今後のプロジェクトを妨げるべきではないと
言いました。




それは、電話インタビューで、
所有地にタービンが欲しいと言った
ランカスター郡の農民
グレゴリーSchwaningerの耳には快い調べです。

風力発電所からの収入は、
地主が彼らの税を払って、
低いトウモロコシと大豆価格を相殺するのを手伝います。




「ここは農業の土地であり、
私たちは風を収穫することができるはずだと思う」と
彼は郡の委員に話す予定です。




改正された騒音規制を提案した
計画委員マイケル・コーネリアスは、
次のように述べました、
それは、
マサチューセッツ州環境保護省によって
行われた2012年の
タービンの健康への影響の研究で
提案されている数字であり、
他の郡と同等であるため
夜間は42デシベル、
日中は50デシベルを選んだと
言いました。





オリジナルの規制案は、
12人プラス、ゲージ郡からの8人の
風力エネルギーテキスト改正
ワーキンググループの
インプットから生じました。

グループは、
一般に公開されていた6回の会議を開きました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<可決⇒①ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則>

2015年3月6日

①ネブラスカ州
◇Cortland area residents concerned about wind turbines
コートランド・エリア居住者は、風力タービンを心配します
( The Banner Press|2015年3月6日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
cortland-area-residents-concerned-about-wind-turbines/
article_e37ecdc1-4d18-567a-8613-18408ad38049.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4508.html

----------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-06 : ■可決⇒ネブラスカ州ランカスター郡:より厳しい郡の風力規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR