騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>1-メイン州:モンヒガン(Monhegan)居住者の小さなグループは、オフショア・タービンとの戦いを再開します // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<1-メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」)>



2016年11月1日




1-メイン州
◇Small group of Monhegan residents renews fight against offshore turbines
モンヒガン(Monhegan)居住者の小さなグループは、オフショア・タービンとの戦いを再開します

(Portland Press Herald |2016年11月1日)
http://www.pressherald.com/2016/11/01/monhegan-residents-renew-fight-against-off-shore-turbines/




批評家は40,000ドルを集めて、
塔がより遠くに動かされることを望みます、
しかし、島の他の人々は
本格的なテスト・プロジェクトを受け入れました。





By Tux Turkel, Staff Writer





モンヒガン(Monhegan)の住民と
その支持者の少数のグループが、
島から2,5マイル離れた
2本の本格浮遊式風力タービンをテストする計画を
阻止しようとして組織化しました。

※ 2,5マイル = 4,02336 キロメートル



その形成は、主にその遠隔感性と
芸術的インスピレーションのために
島を重視する人々と、
エネルギー研究と
経済的利益の余地を見いだす人々の間で
新たな分裂を示すかもしれない。




『Protect Monhegan』と呼ばれるこのグループは、
火曜日のニュースリリースで、
このプロジェクトはメイン州の海岸から
10マイル離れた彼らのコミュニティに
「回復不能な害」をもたらすだろうと語った。

それは、サイトを遠くに移動させるプロジェクトを
開発しているメイン州主導のコンソーシアムに
依頼しています。

※ 10マイル = 16.09344 キロメートル




「簡単に言えば、モンヒガン(Monhegan)は、
これらの巨大なタービンを
アカディア国立公園やKatahdin山の近くに
設置することがないのと同様に
風力タービンを実験したり、
商業用の風力発電所を建設する場所ではありません。」と
一年を通しての居住者で
このプロジェクトの率直な評論家である
トラビス・ダウ氏(Travis Dow)は書きました。




「きっと、モンヒガン(Monhegan)の
比類なき360度の海の景色や
信じられないほどの夜の空を永遠に傷つけることなく
あなたの目的を果たすことができる
広大なメイン湾に
別の場所があるに違いありません。」





影響についての懸念事項は、
オフショアの風力発電能力の州の評価後に
サイトが選定された2009年にさかのぼります。


しかし、今注目されているのは、
ダウ氏によると、
『Protect Monhegan』は
プロジェクトと戦うために
すでに4万ドルを調達しており、
その一部は訪問者と夏の住民からのものです。

それは、テストサイトの作成に役立つ
法律を改正することを目的として、
ベテランのポートランドの
公共問題コンサルタント、
テッド・オマーラ氏(Ted O'Meara)と
元司法次官補の
ジョン・ドイル氏( Jon Doyle)を雇いました。





しかし、『Protect Monhegan』は
60人以上の多くの住民
あるいは年間を通しての多くの住民を
代表しています。

プランテーションで承認された
モンヒガン・エネルギー特別専門委員会の
議長を務める
ウィニー・マードック氏(Winnie Murdock)は、
調査によれば、
ほとんどの住民がタービンを受け入れ、
彼らが地域社会にとって最善の取り決めを
交渉したいと思っています。




「それは、必要以上に
プロセスを競合させます」と彼女は言いました。

「私は、彼らがそんなに多くの注意に
値するために
島で幅広い十分な支持を持っているとは思えない。」




これらの交渉は、
学校のイノベーションと
経済発展担当副社長である
ジェイク・ワード氏(Jake Ward)を通じて
大学と継続して行われています。

ウォード氏によると、
水深、風力資源、ロブスター漁業などの
他の活動との衝突が少ないため、
その場所が選ばれたという。

この選択は2010年の訴訟でも生き延びました。






ウォード氏は、「現在の状況下では、
プロジェクトを進める道はない」と述べた。




このプロジェクトは、
大学、Emera Inc.、Cianbro Corp.を含む
New England Aqua Ventusによって開発されています。

すでにカスティン(Castine)で1/8規模のタービンを
テストしています。


これはもともとモンヒガン(Monhegan)の水域で
提案されたものですが、開発の遅れにより、
小規模のテストサイトを
カスティン(Castine)に移行させることができました。





フローティングコンクリートプラットフォームの
設計を成功させることで、
Aqua Ventusは、
2018年にモンヒガン(Monhegan)をテストするための
2つのフルサイズプラットフォームを
構築する上で重要な連邦政府の助成金の
4,000万ドルを獲得しました。

これらのプラットフォームは
6メガワットのタービンを保有し、
それぞれ平均3,000の家庭に
電力を供給することができます。






タービンは水面から395フィート浮きます。

Aqua Ventusは
島内のいくつかの場所から
どのように見えるかを示す写真シミュレーションを
作成しました。

オンラインでは、
彼らは地平線の黄色いベースを持つ
小さなピンホイールのようです。

※ 395フィート = 120.39600 メートル



しかしダウ氏はその描写を信頼していません。




「私はそれが公正な表現だとは思わない」と
彼は言った。

「彼らは非常に誤解を招く。

彼らは角に彼らを示します。それは曇りの日です。

スケールを比較するものは何もない」




2つのタービンは、
海底ケーブルを通して本土に電力を送る。




このケーブルは、
現在ディーゼル発電に依存している
モンヒガン(Monhegan)に
電気を供給するのにも役立ちます。


その結果、住民は、
ほとんどのメイン州民より
4倍高い電力料金を支払う。






昨年の夏、住民はコミュニティの利益のために
Aqua Ventusと交渉する委員会を構成することに
賛成しました。

メイン・パブリック・ユーティリティ・コミッティの
プロジェクトの料金承認で示された1つの選択肢は、
島が無償でケーブルから
電力と光ファイバー通信を得ることでした。

より最近の考え方は、ケーブルの代わりに、
おそらくプロジェクトの20年間の
年間20万ドルの支払いを受けることです。

お金は、例えば、島で発生する可能性のある
よりクリーンで安価な電力を開発することに
つながる可能性があります。




マードック氏
(モンヒガン・エネルギー特別専門委員会の議長)は、
住民はどちらの選択肢が良いか
分かれているようだが、
ほとんどがタービンを受け入れており、
進んでいきたいと述べた。




「誰も低電力法案に
本当に気を付けるとは思わない」と彼女は語った。

「私たちはそれで生きることを学んだ。

問題は、たとえ我々が異なった意見を持っていても、
モンヒガン(Monhegan)にとって
何が最善のことなのでしょうか?」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-03-02 : ♯メイン州:LR 1613(「モンヒガン(Monhegan)島を保護する法令」) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR