騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<再生可能エネルギー/デンマーク>ぜひ⇒ブログ、デンマーク:デンマークの温室効果ガス排出量を増加させる「クリーンエネルギー」を搭載したFacebookサーバファーム |<再生可能エネルギー/風車に代わる蓄電設備>ぜひ⇒ペンシルバニア州/画像:風車にとって代わっているバッテリー // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<再生可能エネルギー/デンマーク>




2017年2月3日




ぜひ!⇒
ブログ、デンマーク
◇Facebook server farm powered by “clean energy” will increase Denmark’s greenhouse footprint
デンマークの温室効果ガス排出量を増加させる「クリーンエネルギー」を搭載したFacebookサーバファーム

(Green Social Thought | 2017年2月3日)
http://greensocialthought.org/content/
facebook-server-farm-powered-clean-energy-will-increase-denmarks-greenhouse-footprint



スタン・コックスとポール・コックス




先月、ソーシャルメディアの大手Facebookは、
デンマークのオーデンセ(Odense)近くに
新しいデータセンターを建設する計画を発表した。


ライブストリーミングや
バーチャルリアリティなどの
「豊かなコンテンツ」をサポートするためには、
サーバ容量の拡張が必要だと同社は述べています。





この決定を公表したFacebookのエグゼクティブ
(もちろんライブストリーミングしました)は、
新しい施設は「可能な限り小さな面積」を持ち、
「100%クリーンで再生可能なエネルギーで動く」と
指摘しました。

まあ、ちょっと違いますね。




Rasmus・スヴァネボリ氏による
デンマークの新聞情報の最近の報告は、
別の話をしています。


少なくともシリコンバレーの見地からすれば、
グリーンの共同責任の課題は、
デンマークの温室効果ガスの温暖化への貢献が
大きく増加することを意味します。






データセンターは、サーバに電力を供給し、
サーバを冷却するために莫大な電力を消費します。


デンマーク政府は、
サーバーファームが現在計画中
または建設中であると推定しています

- 主にFacebookと
  ヴィボルグ(Viborg)の町にAppleによって建てられたもの

- 400万メガワット時を追加する、

つまり、現在の年間電力消費量の約13%を占めています。

現在と2040年の間に、
デンマークの電力需要の予想される増加の3分の1を
サーバー・ファームが占めます。






FacebookとAppleは、
デンマークの強力な風力エネルギー取り組みを取り巻く
明るいグリーンのオーラを、
新しいデータセンターが共有することを熱望しています。

しかし、国の電力の約半分しか
再生可能エネルギー源から供給されていないため、
シリコンバレーのニーズをカバーするための
余剰グリーンエネルギーはありません。

新しい施設によって促進される
全国的な電力消費の増加は、
再生不能な供給源から生み出されなければならない。






だから、2つの企業はデンマークの土地で
「可能な限りの最小限の設置面積」を
持つことはできません。


彼らは実際には
実質的に国の炭素排出量を大幅に増やすでしょう。


欧州連合(EU)の炭素排出量割当制度では、
デンマークの排出量のサーバ電力供給の増加は、
他の国の排出量の削減によって
バランスがとられていると考えられる。

しかし、それは起こりません。

スヴァネボリ氏は、
「EUシステムではまだ余裕がある。
デンマークからの排出が増加しても、
他のEU諸国からの排出量は減少しない」と説明した
デンマーク政府の気候評議会の議長である
ピーター・バーチ・ソレンセン氏
(Peter BirchSørensen)を引用します。





グリーン・フェイス・リフトを得るという見通しは、
2社がデンマークで店を開設するのを
誘惑するのに十分ではなかっただろう。

スヴァネボリ氏によると、
公共サービス義務(PSO)と呼ばれる
電気税の継続的なロールバックが重要な誘因でした。


PSOの廃止は、典型的なデンマークの世帯を
毎月の請求書で
わずか数ドル節約することになります。

しかし、それはまた、
政府がより多くの電力を消費して
排出量を増やすように促して、
「生産コストを下回る価格で、
再生可能な電力を新しいデータセンターを含めて
企業に供給する」ことを意味していると
スヴァネボリ氏は書いています。





デンマークの
化石燃料への依存を減らす努力が
税の廃止によって妨げられる可能性のある
さらなる方法が、あります。


PSO(公共サービス義務)からの収入は、
再生可能エネルギー開発のためだけに
計上されました。

今や、新しい風力発電施設を
育成するための資金は、
納税者が支援する一般予算から出なければならず、
毎年の政府予算と歳出予算で政治的に脆弱になるだろう。





PSO(公共サービス義務)は、
1990年代の電力セクターの自由化の間に、
このような状況を回避するために導入された。


デンマークがハイテク企業に
今日のような風力エネルギーを提供できる
重要な理由です。


同国の再生可能エネルギー容量は、
デンマークの電力需要家からの補助金により
長年にわたって慎重に深められました。


今、Facebookとアップルは
収穫のためだけに到着しました。






膨大な現金準備と
グリーンエネルギーへのコミットメントを考えれば、
デンマークの再生可能エネルギーの取り組みに
乗り出すのではなく、
新しいサーバーファームに電力を供給するための
風力発電所を建設することができました。

しかしそれでさえ、
より深刻な問題を解決することはできませんでした。

風力や太陽光発電は、誰でもそれをやっていますが、
追いつきの永遠のゲームです。


デンマークのように
クリーンエネルギー開発が活発な国や
米国のような緩やかな国を問わず、
電力に依存しない新たな財やサービスを投入する
資本主義の驚異的な能力は、
再生可能エネルギー容量の拡大を
容易に凌駕することができます。





大気汚染(電気自動車など)を抑制し、
温室効果ガスの
温暖化(空調など)の影響を緩和し
(ストリーミングビデオなど)
世界に快適さを提供できる
エンターテイメントを供給する技術の成長は
化石燃料を使った電力から
社会を離脱させるための
最善の努力を脅かす恐れがあります。





温室効果ガスの排出を抑制する
世界的な取り組みは、
昨年、アメリカの有権者から奪われました。

そして、アメリカのイメージを意識している企業は、
「100%再生可能エネルギーで動く」
いんちき賭博をするとき、、
何かを元に戻すことは何もしていません。




著者
スタン・コックス(@――――)と
ポール・コックス(@――――)は、

「How the World Breaks: Life in Catastrophe’s Path,
from the Caribbean to Siberia.」

「世界の仕組み:
カリブ海からシベリアへの大惨事の道」の著者です。

cox {at} ―――――――comで
彼らに書き込みできます。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------------





<再生可能エネルギー/風車に代わる蓄電設備>




2016年11月15日




ぜひ!⇒
ペンシルバニア州/画像
◇Batteries replacing windmills
風車にとって代わっているバッテリー

(dailyamerican.com|2016年11月15日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/batteries-replacing-windmills/
article_04e06044-3454-52be-b363-8d07193f4ad7.html



By VICKI ROCK



ギャレットの近くの
グリーン・マウンテン風力エネルギー・センターの
風車は倒されていますが、
ペンシルバニアの最初の蓄電設備の1つが
その場所に建設されています。





ネクステラ・エナジー・ リソーシズの
スポークスマン、ブライアン・ガーナー氏は、
8基のタービンが発電した10.4メガワットの電力が、
6月に開設された
グリーン・マウンテン・エネルギー蓄電設備によって
電力網に供給されていると語った。





「私たちのグリーンマウンテン蓄電設備は、
風が吹いていないときに
地域のエネルギー需要を満たすのに役立つ
グリッドへの電力供給を支援します

既存の風力発電所の電圧を変調し、
顧客にさらに高い信頼性を提供する」と語った。

これは、電力が顧客に提供される方法を
変えている刺激的な新技術です。

風力エネルギーは引き続き
ペンシルベニア州の貴重な資源であり、
蓄電技術はこれを補完します。





サイトには、グリッドから電力を受け取り、
保管する約1,500個のバッテリーがあります。

それらはそれが必要なときに
グリッドに電力を返します。




「バッテリーはピーク時と
低い需要時の変動を相殺することができる」と
同氏は述べた。

「風力や太陽光発電のような
断続的な資源のために、
エネルギーの貯蔵が隙間を埋めます。」





ネクステラ社のウェブサイトに基づくと
バッテリ管理システムは、
個々のセルを監視し、
電圧、温度、電流を制御して、
安全で信頼性の高いエネルギー転送を実現します。

電力網または再生可能エネルギー源からの
エネルギーは、
双方向インバータを介して供給され、
このインバータは
エネルギーを交流から直流に変換する。

今日のバッテリーは
直流電流のみを蓄えることができます。




このエネルギーは、
電池容器または建物構造内に収容された
電池アレイに入る。

エネルギーが必要なときは、
インバータを再び使用しますが、
今回はバッテリからの直流電流を交流に変換します。

その後、電圧を上げて現場の変電所に送るか、
配電線や送電線に直接送る。




ガーナー氏は、
タービンが維持されていないのは
事実ではないと言いました。

風力発電所が廃止された理由は、
もはや電気の顧客がいなくなったためです。

エネルギー協同組合との契約は2012年に失効した





「この技術は古くなっています。

「コスト効率の良い方法で
エネルギーを生産しています。

バッテリー貯蔵施設は新しいもので、
引き続き稼動します。」





グリーンマウンテン風力エネルギーセンターは、
ペンシルバニア州で最初の風力発電所でした。

それは2000年に開設され、
ネクステラ・エナジー・リソーシズは
2003年にそれを購入しました。

それは12月に廃止された。

風力タービンは除去され、
土地は元の状態に復元されます。


12月中旬は完了の目標日ですが、
それは天候に依存します。

いくつかの風力発電所は20年続いており、
他の風力発電所は
30年も前から利用されているという。





ネクステラ・エナジー・リソーシズ
(NextEra Energy Resources)は、
主に卸売り電力発電機であり、
風力や太陽からの再生可能エネルギーの
世界最大の発電機です。

ネクストエラ・エネルギー社の子会社で、
フロリダ州ジュノ・ビーチに
本社を置いています。



この地域では、グリーンマウンテンのほか、
サマセット郡のマイヤーズデールと
サマセット風力発電所、
フェイエット郡のミルランンド、
ウェイン郡のウェイマートを所有しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-01 : 再生可能エネルギー(補助金を含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<1人を除き和解⇒27-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒27-メイン州:風力の反対派は殴り合いになる |和解に反対する『Saving Maine』、『Partnership for the Preservation of the Downeast Lakes』 |和解を勧めた『Friends of Maine’s Mountains 』|関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <1人を除き和解⇒24、25、26-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>24-メイン州:マーズヒルの住民は風力発電所の騒音による補償を求めている…彼の資産からわずか1マイル以上離れた風力発電所によって引き起こされた騒音は公害であると言います。今、彼は町に助けを求めている |25-レター、メイン州:エネルギーの展望 |26-オピニオン、メイン州:セットバックの要求…マーズヒルの多くの訴訟で、おそらく、規制を再考し、より多くのセットバックを求める時が来ています…マイク・ディセンソ |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR