騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<再生可能エネルギー/スウェーデン>ぜひ⇒衰えかけたスウェーデンの風力発電の拡大  |スウェーデン:Google、イケアのノルディック・ウィンド・クラッシュはスウェーデンにとって早すぎる // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<再生可能エネルギー/スウェーデン>




2017年2月5日




ぜひ!⇒
スウェーデン/画像
◇Swedish wind power expansion on the wane
衰えかけたスウェーデンの風力発電の拡大

(TT/Theローカル | 2017年2月5日)
http://www.thelocal.se/20170205/swedish-wind-power-production-on-the-wane




画像:

File photo: Fredrik Sandberg/TT


===========================================




スウェーデンの風力発電の拡大は、
2016年の風力発電施設の建設が
6年ぶりの低水準にとどまったことで
一息ついたようです。

昨年建設された
新型タービンの総発電量は605MWで、
これまでの700~900MWの発電量に比べて
大幅に削減されました。





スウェーデンのエネルギー庁
(Energimyndigheten)によれば、
拡大の減速は止まらず
- ここ数年、風力を含む
再生可能な電力の生産が需要を上回っています。





「我々は数年間記録を作っています。

私たちはまた、
以前よりも低い電気代を持っています。

これは供給業者間の競争が
さらに増えていることを意味しています」と
スウェーデンのエネルギー局
(Energimyndigheten)の
再生可能エネルギー部門責任者、
ラーシュ・アンダースソーン氏
(Lars Andersson)は『TT』に報じました。





アンダースソーン氏はまた、
技術の開発により、
より高くて、より大きな風力発電所を建設し、
それによって
より多くのエネルギーを生産することが
可能になったと述べた。




その結果、全体的に収益性が低下しました。




スウェーデンの議会は、2020年までに
再生可能エネルギー源により生産される
30テラワット-時間(tWh)のエネルギーを
年間目標とし、
2030年にこれに18テラワット-時間(tWh)を
追加する予定です。




現在の風力発電所の生産量は
年間16テラワット-時間(tWh)です。

これを達成するためには、
さらに1,600台のユニットの建設が求められます。





スウェーデン風力エネルギーの
シャーロット・ウンガー・ラーソン氏は、
「2020年の目標を達成する予定だが、
2030年については不確実だ」と語った。






ラーソン氏は、
拡大の縮小は
ノルウェーなどの国々への投資を選択している
多くの企業に関連しており、
スウェーデンの目標への近さは
関心の低下を招いていると指摘した。




再生可能エネルギーが
どのように支払われるかについては、
業界内にも不確実性が存在する。

ラーソン氏は、現在のシステムが
業界に早期に投資した企業に
損失をもたらしたと『TT』に語った。





「市場は危機に瀕しており、
報酬は非常に低い。


その考え方は、支払いシステムが
新しい再生可能エネルギーの投資コストに
貢献するということでした、
しかし、
それはこのようには判明していません。」と
ラーソン氏は語った。





風力発電の役員は、
スウェーデン政府が
すぐに新しい提案を行うことを望んでいる。




「機能的なシステムは、
業界が2030年目標を達成することを確実にします。

早期投資家が大損することはなく、
報酬が有望であるために
市場関係者は、
システムが技術的進歩に対処できるという
自信を持つ必要があります。」




「我々は気候危機に直面しており、
石炭は欧州を支配している

- 我々はより多くの再生可能エネルギーを
生産しなければならない。

われわれは国境のことを考えるだけで
気候変動の問題を解決することはできない」と
ラーソン氏は語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







------------------------------------------




<再生可能エネルギー/スウェーデン>




2017年2月9日




スウェーデン
◇Google, Ikea’s Nordic wind crush comes too soon for Sweden
Google、イケアのノルディック・ウィンド・クラッシュはスウェーデンにとって早すぎる

(ブルームバーグ | 2017年2月9日)
http://washpost.bloomberg.com/Story?docId=1376-OL0AJ2SYF01S01-6TRO5E68LKI6PEJCH5F1HPBCUQ



イェスパー・スターン



データサーバーホール、保険会社、
グリーン電力を備えた大型家具店まで、
あらゆるものを供給するための探求は、
北欧地域を風力であふれさせて、
1億ドルの再生可能証明証市場を壊滅させた。





これは環境や
Google Inc.からIkea Groupまでの
企業のイメージにとっては良いことですが、
再生可能エネルギーの伸びは、
スウェーデンとノルウェーの予想よりも速いです。

これは今年45%の証明書価格の下落をもたらし、
新しい風力発電プロジェクトに
投資する誘因を徐々にむしばみました。






これは、あまりにも早すぎる、
スロー・エナジー・エージェンシー、
市場規制担当者にとっては
あまりにも早すぎるケースです。

典型的な風力タービンの
約20年の寿命を考慮すると、
国営企業のVattenfall ABが
1980年代の6基の原子炉を閉鎖する直前に、
次の10年の終わりには
常に優先的にビルドアウトされました。




オスロの業界コンサルタントである
Nena ASによれば、
2020年の目標を達成するために
必要な再生可能容量により、
追加投資は余分に追加されます。




スウェーデンのマルメで
エネルギー市場顧問を務める
Bodecker Partners ABの
フレドリック・ボデッカー会長は、
「それはパイソンが、
消化するには大きすぎる豚を食べた後に
餓死して死んでいくのを見ているようなものだ」と
言いました。




▼動力供給過剰




スウェーデンとノルウェーは、
2020年までに28.4テラワット時の
再生可能発電量を追加する予定です。

再生可能証書市場では、
グリーンエネルギーの生産者は、
サプライヤーが顧客の需要に合わせて
購入しなければならない有価証券を受け取る。

能力の急上昇は
消費の増加によって満たされておらず、
余剰で急落している。





フィンランドの
データサーバーホールを運営するGoogleは、
スウェーデンとノルウェーの風力発電所から
直接固定価格で電力を購入するために
過去2年間に少なくとも6件の取引を締結している。


同社はコメントの要請に応じなかった。




「本当に建設されるべきではない
風力発電プロジェクトのような奇妙な量があります」と
Nenaのシニアアナリスト、
Joachim Jernas氏は述べています。


「2016年に、ノルウェーとスウェーデンで
7.1テラワット時間の
風力発電を行う決定が下されました。」





▼グリーン・イケア




イケアは、2011年から2015年の間に
スウェーデンの46の風力発電所で
未公開の合計額を費やした後、
20のデパートに
グリーン電力を供給するのに十分な電力を
生み出しています。


小売業者の持続可能性管理者である
Jonas Carlehedによると、
北欧地域のさらなる拡大計画はない。




ノルウェーは2020年までに
認証制度への関与を段階的に廃止することを
決定したが、
スウェーデンは10年間の参加を延長し、
2030年までに18テラワット時の
再生可能発電量を追加する予定である。

Nenaによれば、
投資家がノルウェーに少なくとも3つの
新しい風力発電所を建設し、
年間3テラワット時を稼ぐことができると
約束しているため、
追加容量はさらに広がります。


1テラワット時は
年間20万軒の家庭を供給することができます。





スウェーデンエネルギー公社は、
2020年以降に
風力発電の開発を遅らせるため、
規制のアナリスト、
ロジャー・オスターバーグ氏は、
システムの需要調整により、
今後10年間で
補助金水準を引き下げることを提案していると
述べた。


OX2の風力発電開発担当
マネージングディレクターである
Paul・ストーモエン氏によれば、
このような計画は投資家に
安定した長期的なリターンを求めるのを
妨げる可能性がある。




ストーモエン氏は、
「これはあなたが
つけたり消したりできることではありません、
あらゆる投資の背後に長いプロセスがある」と
述べた。

(第2のパラグラフの最新版価格下落)




©2017 Bloomberg L.P.





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-13 : 再生可能エネルギー(補助金を含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR