騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1-スコットランド:フェアリーの試験用タービンサイトからの騒音問題>1-スコットランド:騒々しいタービンはフェアリーの住民を苦しめる |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<1-スコットランド:フェアリーの試験用タービンサイトからの騒音問題> 




2017年2月18日




1-スコットランド
◇Noisy turbine annoy Fairlie residents
騒々しいタービンはフェアリーの住民を苦しめる

(Largs and Millport Weekly News | 2017年2月18日)
http://www.largsandmillportnews.com/news/15099633.Noisy_turbine_annoy_Fairlie_residents/



画像:

騒々しいタービンはフェアリー住民を苦しめる


==============================================




夜間の騒音問題は、
試験用タービンサイトから
フェアリーの住民を悩まし続けています。




この問題は、2月1日水曜日11.32pmに
フェアリー(Fairlie)のfacebookページで
持ち上がりました。


誰か「低音のマシンや
大きなエンジンのような騒音を聞くことができますか?」





Facebookサイトの住人は、
ハンターストンの三菱風力タービンから
騒音が出ていると言っていました。




SSEは、現在、
ハンターストンのテストタービンサイトへの
2年間の延長を申請中です




コミュニティの議員
デイビッド・テルフォード氏は言った:

「エネルギーと気候変動省から、
風力タービンが住民に近すぎて造られると
風力タービンが危険であるという
ますます多くの証拠が出ています、
そして、その経験をした人々がこの部屋にいます。」






議長リタ・ホームズさん(Rita Holmes)は言いました;

「私がそうなるなんて、思いもしませんでした。」





デイビッド・テルフォード氏
(David Telford)は言った:

「ハンターストンでの実験の可能性もありますが、
それは私たちの実験ではないはずです」




リンジー(Lindsay)と呼ばれる居住者が会議で語った:

「水曜日の夕方(2月1日)に本当に気づき、
それを感じることができた。


その後、Facebookをチェックしました
他の人々は
彼らが聞くことができたと言っていました。」





SSEエネルギーの広報担当者は次のように述べている;

「再生可能エネルギーの責任ある開発者と
事業者であるSSEは、
プロジェクトの近くの
コミュニティのメンバーからの
懸念や苦情を真剣に受け止めています。」




SSEは、昨年提起された少数の苦情に続いて、
三菱のタービンからの騒音を測定するための
独立した騒音評価を実施しました。





「テストは合意され、
ノース・エアシャー評議会
(North Ayrshire Council)と協力して実施され、
その結果、
有意な低周波ノイズはないことが判明しました.。







「タービンが全出力(7MW)を
一貫して達成すると、
さらなる騒音試験を実施する計画義務がありますが、
これは当然のことです。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<1人を除き和解⇒21、22、23-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>21-レター、メイン州:タービン・モンスター |ぜひ⇒22-メイン州:騒音公害に関するファーストウィンド社に対する訴訟は却下された…ファースト・ウインド社は昨年18人の近隣の土地所有者と同様の紛争を和解で解決しました。今回メイン州最高裁判所に却下されたゴスラン氏は、昨年の和解の時にタービンから遠すぎると判断されたため、その和解から除外されていました |ぜひ⇒23-メイン州:EDP Renewablesにはナンバーナイン風力発電所プランを再導入するためのオープンハウスがあります |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <1人を除き和解⇒20-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒20-メイン州:産業風力タービンは睡眠消失を引き起こす可能性がある、研究は主張する…健康への悪影響はないと結論づけた業界のホワイトペーパーと文献レビューがあります。彼ら(風力エネルギー主張者)は仲間のレビューからフェティッシュ(盲目的崇拝物)を作りました。今では影響があると査読したいくつかの論文があります…マイケル・ニッセンバウム博士 |論文:「Effects of Industrial Wind Turbine Noise on Sleep and Health」 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR