騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<洋上風力発電所:8、9-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>8‐ニューヨーク州:モントークの漁民は提案された風力発電所からの影響について心配している |9-ロードアイランド州:EMFs(電磁界)は、どんな魚を引きつけますか?…ブロック島風力発電所よりもはるかに多くのタービンを備えた風力発電所では、より強力なEMFを放出するDCケーブルが必要である…Dave Beutel |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<洋上風力発電所:8-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>




2017年2月1日




8‐ニューヨーク州
◇Montauk Fishermen worry about impacts from proposed wind farm
モントークの漁民は提案された風力発電所からの影響について心配している

(イースト・ハンプトン・プレス | 2017年2月1日)
http://www.27east.com/news/article.cfm/Montauk/508783/
Montauk-Fishermen-Worry-About-Impacts-From-Proposed-Wind-Farm



マイカル・ライト




モントークとナンタケットの間の水域で
建設される前に、
12〜15台の風力発電所は、
依然として長くて厄介な
規制当局の承認プロセスを辿る必要があります。



明らかにしなければならないハードルの1つは、
風力発電所が生息する地域の海洋生物に
悪影響を及ぼすことはないと
監督当局に説得することであり、
あるいは、それを取り巻く海から
生計を引き出す漁師にも適用されます。




米国におけるオフショア風力発電の
未だ勢いのある世界では、
商業漁業者が、
再生可能エネルギーを創出する
この特定の方法の全体的な利益の
主要な疑念として浮上しています。




昨年の秋、
商業漁業権のコンソーシアムは、
ニューヨーク湾岸の
数百平方キロメートルの海底の
連邦リースを停止するよう訴えた。


法的措置は、
この地域の何百もの風力タービンの建設が
商業漁業者へのアクセスを制限し、
重要な魚の移動パターンを
妨げる可能性があると主張した。

訴訟は係属中ですが、
リースオークションは計画通り進められました。





モントークの漁師の中には、
自宅の港から約30マイル離れたところに建設される
タービンの影響を心配している人もいます。

※ 30マイル = 48.28032 キロメートル



モントーク海のホタテガイ収穫者、
クリス・スコーラ氏は、
「その場所は確かに懸念されている。」と
言いました。
ダガー(船)はそこで多くのことをしている。
彼らはそこにたくさんの
黄色い尾を持つアメリカ産のカレイを獲っています。
それはスポーツフィッシング業者にとっても
非常に重要な場所です。
そこはタラが一貫している唯一の場所です」




スコラ氏らは、
特に、建設プロジェクトが
その地域の魚に与える影響と、
風力タービンとサウスフォークを結ぶ
50マイルの海底ケーブルからの電磁気放射が
長期的に魚を地域から追い払うかどうかにかかわらず
懸念を表明している。






懸念される点の1つは、
ブロック島の沖に
既に建設された5つのタービンがあるため、
タービンが海底に数百フィート動かされた
スチールの杭で底に固定されるかどうかです。


杭の中を運転する行為は、
近くの魚の浮き袋を傷つけることを
漁師は心配しています、
そして、魚を工事区域から離れて数年間追い払って
おそらく戻ることはありません。






スコラ氏によると
ブロック島風力タービンの
伝送ケーブルに問題があり、
一部地域に埋設することができず、
漁師に予期せぬ危険をもたらしています。



「ホタテガイの業者として、
私は底に沿ってギアを牽引し、
ケーブルを埋めることができなかった場所では、
ボートがそれにつれてしまうかもしれない」と
スコーラ氏は話す。

「私のような小さなボートでは、
ハングアップすることが
大きな安全上の問題になります。
そして今、
私たちは50マイルのケーブルを持っていますか?」




ディープウォーター・ウインド社と連邦規制当局が
風力発電所建設のために
会社に賃貸する地域について議論していた
5年前の会話には
モントークの漁師たちは含まれていないと
述べています。






「彼らは漁業顧問グループを創設しました...
あなたはここに行くことができません。
私たちは皆ここに魚を獲るから
- 私たちにとって重要なことです」と
ロードアイランド州と
マサチューセッツ州の漁師たちは、
言いました。
ロングアイランド商業漁業協会
(Long Island Commercial Fishing Association)の
ディレクター、
ボニー・ブラディ氏(Bonnie Brady)は
こう述べています。

「彼らはニューヨーク州とは
決して話しませんでした。
私が知っている限り、
ロングアイランドの誰も招かれなかった。」





賃貸契約が落札されて以来、
ディープウォーター・ウインド社の関係者と
個人的に会ったことに注目した
ブレイディ氏は、
ケープコッドからの巨大な風力発電の提案を
却下した裁判所判決にも頷いた。
彼女が言ったことは
ディープウォーター・ウィンド社の
リースエリアのために
完全に行われていないということです。




ディープウォーター・ウィンド社のCEO、
ジェフリー・グリボウスキ氏は、
同社はモントークを含む地域の商業漁業者と会い、
今後も継続して取り組む予定で、
風力タービンの設置場所に関する
最終的な決定に懸念を表明します。




杭打ちに関しては、
タービンが最終的に設置される地域の
底部のタイプによって、
底にどのように固定されるのかが決まるだろうと
彼は述べた。

同社は、より軟質の底部の領域においてのみ、
海底に鋼鉄杭を打ち込む。

グリボウスキ氏は、
対象となる風力発電地帯の大半が
より堅い底にあると、
タービンは底に設置された
巨大なコンクリート基礎で
単純に固定される可能性があると述べています。

同社は今春、
対象地域全体の調査を開始すると発表した。





彼はまた、
既存のブロックアイランドのタービンにうなずいて、
彼らは漁業に永続的な影響を与えておらず、
漁師たちはタービン周辺の漁業や送電線が
優れていると彼に話しました。




「私たちはブロック島プロジェクトで
杭打ちをしました。
あなたはどんな漁師にも
質問することができると思います
- 釣りは活況を呈しています。

建設が進んでいる最中は
漁船を撤去しなければなりませんでしたが、
今では[タービン]のすぐ隣で釣っています」と
グリボウスキ氏は言いました。

「国中そして世界各地の水の中には
多くの伝送ケーブルがあって、
これらのケーブルが
魚に影響するという証拠は全くありません。

私たちはケーブルがどんな種類の魚の行動にも
影響しないと確信しています。」







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------------------------------------



<洋上風力発電所:9-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>




2017年2月17日




9-ロードアイランド州
◇What fish do EMFs attract?
EMFs(電磁界)は、どんな魚を引きつけますか?

(The Block Island Times | 2017年2月17日)
http://www.blockislandtimes.com/article/what-fish-do-emfs-attract/48744




By Lars Trodson



ブロック島と本土を結ぶ30メガワットの
海底ケーブルから放射される電磁界には、
どのような海洋野生生物が引き寄せられますか?


この問題は先週、沿岸資源管理評議会が
ナショナルグリッドに
適切な深さに埋もれていない海底ケーブルの
80フィート部分を調査するよう指示し、
電磁界のために特定の種類の海洋生物を
引き付けるように指示したときに起きました。





沿岸資源管理評議会の
水産養殖漁業コーディネーターである
Dave Beutel氏によれば、
大西洋に固有の海洋生物は、
ある程度航海と通信の手段として「電磁航行」します。


この生物学的インパルスは、
ケーブルで形成される電磁場によって再現されないが、
サメ、エイおよびガンギエイのような海洋生物は
依然としてケーブルのEMFに引き付けられます。






これらの軟骨魚は、
「デメルサール(底生魚)」
海底近くに住む魚として知られています。

調査によれば、
「彼らはEMFに強く惹きつけられていない」と
Beutel氏は述べている。





Beutel氏がすぐに解決したい問題の1つは、
ケーブルのために
突然、ブロック島に惹かれていたサメと
関係がありました。





「私の心配の1つは、
このようなもののいくつかを読んで、
人々はホオジロザメを
思いついているということです。

ホオジロザメを引き付けるものは、
シール(アザラシなど)の生体数です 」と彼は言った。

「このケーブルがホオジロザメを
引き付けるという考えは本当ではありません。」






ナショナルグリッドの海底ケーブルは、
その電子がいずれの方向にも移動できる
alternating current 交流(AC)を運ぶ。


Beutel氏によると、
ACケーブルは「DCよりもEMFフィールドが小さい」、

- ケーブル。

私たちにはACケーブルがあり、
ケーブルがより深く埋設されるほど
磁場はより小さいです。


彼は、ケーブルが適切な深さに
埋もれていることを確認する主な理由は、
ケーブルをより良く保護することだと語った。

また、ケーブルは「わずか30メガワット」であり、
非常に強いEMFを放出しないとも述べている。







ケーブルの80フィート部分は、
規定の6フィートではなく、
海底から約2フィート下に埋め込まれています。
(ケーブルの長さは約20マイルです。)

CRMCは、ナショナルグリッドに、
EMFの緩和方法を確認するために
このセクションをテストするよう求めました。

CRMCは先週、
ナショナルグリッドが許可プロセスの一環として、
とにかくケーブルをテストしなければならないと
述べたが、
ケーブルの深さとEMFに対応するために
スピードアップしたと、先週言いました。





しかし、主な問題は安全性とケーブルの保護であると
彼は言いました。

「悪天候に晒されないように、
適切な深さまで埋め尽くして保護したい」と、
彼は言いました。




Beutel氏は、東海岸には、
Martha's Vineyard、Nantucket、Vinalhaven(Maine)、
Newport to JamestownなどのACケーブルがあり、
これらのケーブルによる
大きな影響は見られていないと述べています。




彼は、ブロック島風力発電所よりも
はるかに多くのタービンを備えた風力発電所では、
より強力なEMFを放出するDCケーブルが必要であると
言いました。





「この問題は、
はるかに大きな風力発電プロジェクトが
建設されたときに、ずっと重要になります。」と
Beutel氏は語った。


「それらにはDCケーブルが必要です。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






----------------------
関連記事
----------------------

<洋上風力発電所:1-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2016年7月19日

1-ロードアイランド州
◇Lawsuit over Rhode Island offshore wind farm, nation’s first, is dismissed
国で最初のロードアイランド海上風力発電所の訴訟は却下される

(The Day.com |2016年7月19日)
http://www.theday.com/business/20160719/lawsuit-over-ri-offshore-wind-farm-nations-first-is-dismissed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4434.html

------------------------------

<洋上風力発電所:2-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2016年8月27日

2-ロードアイランド州/画像
◇The nation’s first offshore wind farm is ready to go, despite critics’ blowback
反対派の吹き戻しにもかかわらず、国内初のオフショア風力発電所は準備が出来ています

(ワシントン・ポスト | 2016年8月27日)
https://www.washingtonpost.com/national/health-science/
the-nations-first-offshore-wind-farm-is-ready-to-go-despite-critics-blow-back/
2016/08/27/7a43c6d6-693f-11e6-99bf-f0cf3a6449a6_story.html?utm_term=.5a1cbbabc3a9

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4434.html

-------------------------------

<洋上風力発電所:3-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2016年12月2日

3-ロードアイランド州/画像
◇Turbine damaged; Developer says its due to “human error”
タービンが損傷した;開発者は、「人為的ミス」だと言う

(ブロックアイランド・タイムズ|2016年12月2日)
http://www.blockislandtimes.com/article/wind-farm-testing-phase-has-ended/48235

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4435.html

-----------------------

<洋上風力発電所:4-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2017年1月11日

4-ロードアイランド州
◇Portion of transmission cable needs to be reburied
伝送ケーブルの一部を再構築する必要がある

(ブロックアイランド・タイムズ | 2017年1月11日)
http://www.blockislandtimes.com/article/news-update-portion-transmission-cable-needs-be-reburied/48505

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4435.html

-----------------------

<洋上風力発電所:5-ロードアイランド州ブロックアイランド風力発電所>

2017年1月18日

5-ロードアイランド州
◇Block Island wind farm, power cable run into snags
ブロックアイランド風力発電所、電源ケーブルが障害に突き当たる

(プロヴィデンス・ビジネス・ニュース | 2017年1月18日)
http://pbn.com/Block-Island-wind-farm-power-cable-run-into-snags,119841

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4435.html

------------------------------

<洋上風力発電所:6-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2017年1月23日

6-ロードアイランド州
◇Misinformation about wind power
風力に関する誤った情報
(ニュース-プレス | 2017年1月23日)
http://www.news-press.com/story/opinion/readers/local/2017/01/23/
mailbag-jan-24-draining-swamp-misinformation-wind/96940392/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html

----------------------------------------------

<洋上風力発電所:7-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>

2017年1月12日

7-オピニオン、ロードアイランド州
◇Sales pitch on turbines rings hollow
タービンのセールス・トークは、うつろに聞こえます
(プロヴィデンス・ジャーナル | 2017年1月12日)
http://www.providencejournal.com/opinion/20170112/zachariah-allen-sales-pitch-on-turbines-rings-hollow

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html

----------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-26 : 洋上風力発電所:ロードアイランド州ブロック島風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<1人を除き和解⇒20-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒20-メイン州:産業風力タービンは睡眠消失を引き起こす可能性がある、研究は主張する…健康への悪影響はないと結論づけた業界のホワイトペーパーと文献レビューがあります。彼ら(風力エネルギー主張者)は仲間のレビューからフェティッシュ(盲目的崇拝物)を作りました。今では影響があると査読したいくつかの論文があります…マイケル・ニッセンバウム博士 |論文:「Effects of Industrial Wind Turbine Noise on Sleep and Health」 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来…騒音問題は続く ファーストウインド社はマーズヒルが操業して5年後、最近、同社に対して訴訟を起こした12人以上の住宅所有者と和解契約を結んだだけです(マイケル・ゴスラン氏だけが和解していない) |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR