騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1人を除き和解⇒27-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒27-メイン州:風力の反対派は殴り合いになる |和解に反対する『Saving Maine』、『Partnership for the Preservation of the Downeast Lakes』 |和解を勧めた『Friends of Maine’s Mountains 』|関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<1人を除き和解⇒27-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



2015年10月11日




ぜひ!⇒
27-メイン州
◇Wind foes come to blows
風力の反対派は殴り合いになる

(ポートランド・プレス・ヘラルド | 2015年10月11日)
http://www.pressherald.com/2015/10/11/wind-foes-come-to-blows/




開発者と反対派グループの和解は、
メイン州の風力発電プロジェクトへの抵抗を分断する。




By Tux Turkel, Staff Writer




先月、ニューイングランド最大の
風力発電所であるビンガム(Bingham)近郊の
サンエディソン社(SunEdison)と
『Friends of Maine’s Mountains 』との間で
275万ドルの和解が発表され、
州の風力抵抗運動に深刻な亀裂が生じています。


この紛争は、メインの遠くの尾根に沿って
巨大なタービン塔を建てることの
利益と害についての
進行中の公開討論に溢れている内部紛争を
垣間見ることができます。






批評家は、
州最大の風力発電会社との私的交渉は、
法的挑戦やプロジェクトの遅延を避けるために、
風力発電グループに金を提供する他の企業を
大胆にする可能性のある先例を設定したと言います。


これらの批評家は、
彼らの反対を描くために新聞広告を購入し、
『Friendsグループ』
(『Friends of Maine’s Mountains 』)から
彼ら自身を遠ざけることを計画していると言います。






「『Friends of Maine’s Mountains 』によって
ソールドアウトになったので
我々はソールドアウトにするつもりでないことを
風力産業に示さなければなりません」と、
プッシュバックをリードしている
『Saving Maine』(セービング・メイン)の代表、
リチャード・マクドナルド氏は語った。


「風力の開発者たちは、次の尾根で笑いが止まりません」




しかし、『フレンドグループ』
(『Friends of Maine’s Mountains 』)の
公務担当副代表を務めるコンサルタントで、
ロビイストのクリス・オニール氏は、
和解について、次のように述べました


- SunEdison社が新しいプロジェクトを
  建設しないことを約束する
「除外ゾーン」を備えています

- さもなければ完全な敗北であったものを
  救出しました


オニール氏の見解では、
和解は開発者に異なるメッセージを送信します。





「私のクライアントは、
他の風力開発者を
最も敏感な地域から遠ざけてしまい、
最終的に風力発電会社が
メイン州をリストから抜け出せるほど
戦場を十分に縮小したいと思っています。」と
彼は言いました。





オニール氏と
先週までSunEdison社の最高経営責任者だった
カート・アダムズ氏は、
『Maine Sunday Telegram』とのインタビューで、
彼らが和解を交渉した理由と
将来の開発に与える影響について説明しました。





▼プロジェクトの反対派は、めったに勝ちません




最初の大型タービンが
アルーストック郡のマーズヒルに
建設されてから9年後、
現在、発電の10%が風に由来している
メイン州で風力発電は論争中です。


サポーターにとっては、
再生可能エネルギーの成功例であり、
農村部に10億ドルを投入し、
化石燃料の依存を相殺しています。

反対派には、最悪の場合、
旋回ブレードに近すぎる場所の
住民の健康を脅かす目障りなものを作り出します。




しかし、9年後、1つのことは明らかです:
バランスを保ちながら、
反対派は、規制当局、議会または裁判所で
風力プロジェクトに疑問を呈することは
ほとんど成功していません。


せいぜい、
いくつかのプロジェクトが遅れていて、
いくつかは特定の異議申し立てに対処するために
変更されています。






いくつかは依然として流動的です。

ハンコック郡の
SunEdison社のウィーヴァー・ウィンドの提案は、
コウモリと鳥の死亡率に対する懸念の中で、
昨年の夏、一時的に撤回されました。

ペノブスコット郡東部の同社の
バウアーズ・ウィンドプロジェクトの訴えは、
メイン州最高裁判所で決まらないままです。

フォートフェアフィールドでは、
先月、町議会が
1MWのタービンのセットバック条例を承認しました。
この条例は、EDP Renewables社が
アルーストック郡に
大規模な風力発電所を建設する計画に
敵対的であると見なされています。




それでも、これまでの相手は
主要なプロジェクトを
没にすることができませんでした。


このような背景から、
『Friends of Maine’s Mountains 』は
戦略を変えました。





その変化は、
サドルバック・リッジと呼ばれる
西部のメイン州の
風力発電プロジェクトと戦っていた
昨年に初めて起きたものです。

昨年5月に『the Telegram』に掲載された話では、
グループ
(『Friends of Maine’s Mountains 』)の
創設者であり会長を務めた
オニール氏とランドストウェル氏が、
少なくとも20万ドルの和解と引き換えに
法廷闘争を放棄し、
そのうちの何人かは
その当時、委員会に勤めていたオニール氏に
コンサルティング費用を支払うようになりました。






その行動は、メイン州の法務長官による
非営利団体の調査につながりました。


事務所は、
2人の男性が利害対立の取引に参加し、
業務の変更を命じたことを発見しました。





その事件は、オニール氏とストウェル氏
(『Friends of Maine’s Mountains 』)と
サドルバック・リッジの和解を支持することを
拒否したときに強制排除された
マクドナルド氏(『Saving Maine』の代表)の間で
憎しみを作り出しました。





フレンズグループ
(『Friends of Maine’s Mountains 』)の
交渉の意欲は、また、
SunEdison社の子会社によって
昨年購入されたファーストウィンド社の
企業開発担当副社長である
アダムズ氏によっても注目されました。




フレンズグループ
(『Friends of Maine’s Mountains 』)が
この決定に異議を唱えたときに、
ファーストウィンド社は
ビンガム風力プロジェクトの
規制上の正式許可を勝ち取りました。

アダムズ氏は、
控訴手続きには1年かかることがあり、
発電から1年間の収益を奪うと論じています。





▼高い価値風力発電所




現在建設中のビンガムウィンドは
SunEdison社にとって重要です。

185メガワットの風力発電所は
4億2000万ドルと評価されています。

56台のタービンは、
マサチューセッツ州の電力会社と
電力契約を結んで、
65,000世帯に十分な電力を供給することができます。

アダムズ氏はファーストウィンド社が
訴えを下げる考えで
オニール氏にアプローチすることを決めたと語った。





「共通の根拠を見つけることができれば、
和解に向けて
開かれるかもしれないことは分かっていた」と
アダムズ氏は語った。





アダムズ氏は、
誰が最初のオファーを表に載せたかを
思い出すことはできないと述べたが、
当事者は275万ドルですぐに和解した。


お金は、パブリック・ランドのための信託、
アパラチアン・マウンテン・クラブ、
メイン州の森林協会など、
様々なプロジェクトのためのグループに分割されます。

一つの取り分は、コウモリが
タービンに当たらないようにする方法を
研究することになるだろう。





このパッケージには、
ビンガムウインドを廃止するためのお金と、
州の大部分をカバーする
建築できないゾーンが含まれています。


ただし、
SunEdison社が提案したプロジェクトがある
サマセット、ハンコック、アルーストック、
ペノブスコット、
またはワシントン郡の地域は対象外です。






「SunEdison社の開発計画は変更されていない」と
アダムズ氏は語った。





アダムズはまた
決済が有意義な金銭的緩和を提供するのに
十分高い価値を持ったプロジェクトで
独特の状況下にあったため、
メイン州のいかなる先例も設定することを疑うと言った。





オニールの記憶と展望は若干異なります。

彼は、『Friends of Maine’s Mountains 』は
アダムス氏による討論をはねつけたと述べたが、
オニール氏が法廷に訴えを起こすには
5万ドルかかると計算した後、交渉は深刻になった。
勝つ機会はほとんどありません。




オニール氏の評価では、
メイン州の法律は風力発電の開発を奨励し、
SunEdison社の許可プロセスの指令は
メイン州のプロジェクトの
「ゴム印への曲りくねった道」を作ります。

何も得ないために無駄な戦いをするのではなく、
この機会を利用して
風力発電の「フットプリントを縮め」、
メイン州の特別な場所を保護してみてはどうでしょうか?




「私の仕事はメイン州のための価値を得ることでした
カート氏の仕事は
建設シーズンを得ることだった」とオニール氏は語った。






▼それほど多くの保護はありません




しかし風力抵抗運動の人々は、
オニール氏の達成感を分かち合いませんでした。


彼らはフレンドグループ
(『Friends of Maine’s Mountains 』)が
彼らと相談しなかったこと、
市民会員を持たず、
そこが
オニール氏とストウェル氏を含む5人の理事から
構成されていることに気づいた。





「『Friends of Maine’s Mountains 』は、
それが反風力運動を代表していると言いますが、
彼らは私たちを代表していません」と
バウワーズ・プロジェクトと戦っている
『Partnership for the Preservation of the Downeast Lakes』の会長、
プリングフィールドの
ケビン・Gurall氏は語っています。


「私たちの大部分は
新聞でそれについて読んでおり、
大部分の人々は動揺しています。

このグループが、開発者と、
このアプローチを取ったのは今回が2回目です。」






反対派は排除区域にも失望させられました。

法廷でファーストウィンド社に挑戦した
バーハーバー弁護士のリン・ウィリアムズ氏は、
このゾーンは、SunEdison社が提案している
ハンコック郡の4つの領域を免除していると指摘した。



また、ムースヘッド湖西部の
サマセット郡西部のセクションでは、
ミザリーゴア郡区周辺の風速をテストしています。

このゾーンでは、ワシントン州、ペノブスコット州、
ハンコック州のプロジェクトに
「タービンの1つの大きなサークル」が
許可されているという。





「とにかく、また、
バクスター州立公園のまわりでも、
アパラチア・トレイルのあたりの領域は
開発されそうではなかった。」と彼女は言った。

「だから私はこれを保護の面で
大きな前進とは見なしていない」




ケネバンクに住んでいるが、
ウエストグランド湖にキャンプを持っている
マクドナルド氏はもっと率直です。



「彼らはそれらの分野で完了している」
と彼は除外ゾーンについて語った。

「それは彼らにとってはデッドゾーンです」




最近、マクドナルド氏と
他の風の反対者たちは、
SunEdison社の財政難のニュースによって
励まされました。


同社の株価は大幅に下落しており、
先週15%の連結・人員削減を発表した。

しかしボストンのSunEdison社の広報担当者は、
これらの行動は
メイン州に影響を及ぼさないと語った。




「我々は計画どおりにメイン州で前進しています。」と
ジョン・ラモンターグ氏は語った。

「私たちは建設中の2つの風力プロジェクト、
ビンガムとハンコック・ウィンドを持っています。

もう一つのプロジェクトは
オークフィールドの完成に非常に近く、
さまざまな開発段階で
多くのプロジェクトがあります。

我々はこれらのプロジェクトを
進める意欲があります。」




SunEdison社がいつものように
ビジネスを示していることから、
マクドナルド氏は、
交渉が、
なぜはっきりした敗北より
好ましくないのかについて尋ねられました。


彼は、十分なお金が提供されれば、
業界が相手を買うことができるという
シグナルを送ると述べた。





「SunEdison社に
グッドハウスキーピングシールの承認を
与えているだけだ」と
マクドナルド氏は
『Friends of Maine’s Mountains 』の
取引について言いました。


「最高の戦略は、
抵抗することを止めることではありません。
ネバーギブアップ。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





==================================
※ 各団体のウェブサイト
==================================


■『Saving Maine』
和解に反対する リチャード・マクドナルド氏

https://savingmaine.org/

マクドナルド氏は、
交渉が、
なぜはっきりした敗北より
好ましくないのかについて尋ねられました。

彼は、十分なお金が提供されれば、
業界が相手を買うことができるという
シグナルを送ると述べた。


「最高の戦略は、
抵抗することを止めることではありません。
ネバーギブアップ。」





■『Partnership for the Preservation of the Downeast Lakes』
和解に反対する ケビン・Gurall氏

http://www.ppdlw.org/

「『Friends of Maine’s Mountains 』は、
それが反風力運動を代表していると言いますが、
彼らは私たちを代表していません」

「私たちの大部分は
新聞でそれについて読んでおり、
大部分の人々は動揺しています。

このグループが、開発者と、
このアプローチを取ったのは今回が2回目です。」




■『Friends of Maine’s Mountains 』
和解を勧めた オニール氏とストウェル氏

http://www.friendsofmainesmountains.org/

創設者であり会長を務めた
オニール氏とランドストウェル氏が、
少なくとも20万ドルの和解と引き換えに
法廷闘争を放棄し、
そのうちの何人かは
その当時、委員会に勤めていたオニール氏に
コンサルティング費用を支払うようになりました。




-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年8月12日

13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4475.html

--------------------------------------

<14-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年9月10日

ぜひ!⇒
14-メイン州
◇Wind turbine noise: an independent assessment of sound quality
風力タービンの騒音、独立した評価

(Rand Acoustics|2010年9月10日)
http://randacoustics.com/wind-turbine-sound/
wind-turbines-published-articles/wind-turbine-noise-an-independent-assessment/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

著者:
Stephen Ambrose and Robert Rand
スティーブン・アンブローズ;そして ロバート・ランド


クレジット:
Stephen Ambrose氏とRobert Rand氏
(2010年9月10日、
■knox.villagesoup.com
http://knox.villagesoup.com/p/

wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/352234、
■Wind-watch.org
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/

でも入手可能)に掲載されました。

-----------------------------------------

<15-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年12月23日

15-レター、メイン州
◇Too close for comfort
近すぎて安心できない
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2010年12月23日)
http://bangordailynews.com/2010/12/23/opinion/dec-24-letters-to-the-editor/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

-----------------------------------------

<16-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月8日

16-メイン州
◇Environmental board debates wind noise
環境委員会は、風力騒音を討議します
( WCSH-TV |2011年8月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/09/
environmental-board-debates-wind-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

委員会は今日、
部門スタッフが推奨していたものに近い規則を
承認することに賛成しました。

最も議論の余地があります:
風力発電所の
許容可能な夜間騒音レベルを
42デシベルに低減すること。


部門の裁量により、
場合によっては
3デシベル以下の「安全係数」が可能です。

その提案は、今後3週間にわたり
パブリックコメントに出される予定です。

-----------------------------------------

<17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月12日

ぜひ!⇒
17-メイン州、プレス・リリース
◇Board of Environmental Protection extends comment period on our noise rules
環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する
(Friends of Maine's Mountains|2011年8月12日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/13/
board-of-environmental-protection-extends-comment-period-on-our-noise-rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

-----------------------------------------

<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年9月15日

18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します
(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4492.html

-----------------------------------------

<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2012年3月30日

ぜひ!⇒
19-メイン州
◇Blowing in the wind: Maine’s energy past and future
風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年3月30日)
http://bangordailynews.com/2012/03/30/energy/blowing-in-the-wind-maines-energy-past-and-future/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4493.html

--------------------------------------------

<1人を除き和解⇒20-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2012年11月27日

ぜひ!⇒
20-メイン州
◇Industrial wind turbines could cause sleep loss, study claims
産業風力タービンは睡眠消失を引き起こす可能性がある、研究は主張する
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年11月27日)
http://bangordailynews.com/2012/11/27/health/industrial-wind-turbines-could-cause-sleep-loss-study-claims/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4495.html

------------------------------------------------------
2016-12-14 : 論文:騒音と生理的影響 :

Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

------------------------------------------------------


===================
論文データ
===================

Noise & Health 『ノイズ&ヘルス』 
◇Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

(『ノイズ&ヘルス』2012年 9月~10月号)
http://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741;
year=2012;volume=14;issue=60;spage=237;epage=243;aulast=Nissenbaum


■Noise & Health  『ノイズ&ヘルス』 2012年 9月~10月号

Year : 2012 | Volume : 14 | Issue : 60 | Page : 237-243

『ノイズ&ヘルス』、2012年9月~10月、第14巻:60、ページ 237-43




著者:

1. Michael, Nissenbaum; (マイケル、ニッセンバム)
2. Jeff,Aramini;    (ジェフ、アラミニ)
3. and Christopher,Hanning (クリストファー、ハニング)


1. Northern Maine Medical Center, Fort Kent, Maine, USA
2. Intelligent Health Solutions, Guelph, Ontario, Canada
3. University Hospitals of Leicester NHS Trust, Leicester, United Kingdom


=========================

要旨

工業用風力タービン(IWTs)は、
静かな田舎の環境では新しい騒音源です。

環境騒音は公衆衛生問題であり、
その中で睡眠障害が大きな要因です。

IWTの近くに住む参加者と
それより遠くに住む参加者の
睡眠と一般的な健康成果を比較するために、
IWTから375と1400 m(n = 38)
および3.3と6.6 km(n = 41)の間に住む参加者は
2つの農村地帯を含む層別横断調査に登録されました。

睡眠の質(ピッツバーグ睡眠の質指数 - PSQI)、
昼間の眠気(エプワース眠気スコア - ESS)、
および一般的な健康(SF36v2)、
精神障害、態度、および人口統計に関する情報を
収集するために検証されたアンケートを使用しました。

記述的および多変量解析は、
主要な曝露変数(最も近いIWTまでの距離)が
様々な健康影響測定値に及ぼす影響を
調べるために実施された。

IWTの1.4キロ圏内に住む参加者は、
睡眠が悪く、日中に眠気が強く、
1.4キロ以上離れた場所に比べて
SF36精神構成スコアが悪かった。

PSQI、ESS、SF36精神成分スコア、
および最も近いIWTへの対数距離の間の
有意な用量反応関係は、
性別、年齢、および家庭の
クラスタリングを制御した後に確認されました。

IWTの近くに住む人々による睡眠障害
および病気の有害事象報告は支持されます。


※ 全文は、以下のサイトでご確認ください。(おとしん:注)

Noise & Health 『ノイズ&ヘルス』 
◇Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

http://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741;
year=2012;volume=14;issue=60;spage=237;epage=243;aulast=Nissenbaum


■ 『ノイズ&ヘルス』、2012年9月~10月、第14巻:60、ページ 237-43

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

---------------------------------------

<1人を除き和解⇒21-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2013年8月24日

21-レター、メイン州
◇Turbine monstrosity
タービン・モンスター
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2013年8月24日)
http://bangordailynews.com/2013/08/23/opinion/
saturday-august-24-2013-waterfront-concerts-wind-turbines-and-adjuncts-as-slaves/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4495.html

---------------------------------------

<1人を除き和解⇒22-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2013年11月8日

22-メイン州
◇Suit against First Wind over noise pollution dismissed
騒音公害に関するファーストウィンド社に対する訴訟は却下された
(The Maine Public Broadcasting Network |2013年11月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/11/09/
suit-against-first-wind-over-noise-pollution-dismissed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4495.html

---------------------------------------

<1人を除き和解⇒23-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2013年11月12日

23-メイン州
◇EDP Renewables have open house to reintroduce the Number Nine Wind Farm plans
EDP Renewablesにはナンバーナイン風力発電所プランを再導入するためのオープンハウスがあります
(WGAM-テレビ | 2013年11月12日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/11/12/
edp-renewables-have-open-house-to-reintroduce-the-number-nine-wind-farm-plans/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4495.html

---------------------------------------

<1人を除き和解⇒24-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2013年12月12日

24-メイン州
◇Mars Hill Resident seeks compensation due to wind farm noise nuisance
マーズヒルの住民は風力発電所の騒音による補償を求めている
(WAGM-テレビ | 2013年12月12日)
https://www.wind-watch.org/news/2013/12/13/
mars-hill-resident-seeks-compensation-due-to-wind-farm-noise-nuisance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4501.html

---------------------------------------

<1人を除き和解⇒25-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2014年3月5日

25-レター、メイン州
◇Energy view
エネルギーの展望
(バンゴア・デイリー・ニューズ | 2014年3月5日)
http://bangordailynews.com/2014/03/05/opinion/letters/
thursday-march-6-2014-wind-energy-medicaid-expansion-lockman-resignation/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4501.html

--------------------------------------

<1人を除き和解⇒26-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2014年7月3日

26-オピニオン、メイン州
◇Demand setbacks
セットバックの要求
(バンゴア・デイリーNews | 2014年7月3日)
http://bangordailynews.com/2014/07/03/opinion/letters/
friday-july-4-2014-wind-development-recycling-national-park-support-hospital-infections/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4501.html

--------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-01 : ♯1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR