騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1-オクラホマ州:カドー郡のグループvs.ネクステラ社/上院法案808>1-オクラホマ州/画像:訴訟は、カドー郡でネクステラ風力プロジェクトに対して起こされました…同社の訴訟は既にMinco IVとMinco Vのために設置されているタービンの1つまたは複数の建設を延期または停止する試みだと考えています…ネクステラ社 // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<1-オクラホマ州:カドー郡のグループvs.ネクステラ社/上院法案808>



2017年2月16日



1-オクラホマ州/画像
◇Lawsuit filed against NextEra wind projects in Caddo County
訴訟は、カドー郡でネクステラ風力プロジェクトに対して起こされました

(The Oklahoman | 2017年2月16日)
http://newsok.com/article/5538243



By Paul Monies



画像:

風力タービンはMincoの西に示されています。

カドー郡のあるグループは、
州と地方の関係者と
タービンの近くの住民に
デベロッパーが十分に通知していないと主張して、
2つの風力発電所に対して訴訟を提起しました。

訴訟で指定されたプロジェクトは
まだ建設を開始していない。

[写真:Steve Gooch、オクラホマアーカイブ]


=================================================





カドー郡のあるグループは、
デベロッパーが州と地方の関係者と
タービンの近くの住民に
十分に通知していないと主張して、
2つの風力発電所に対して訴訟を提起しました。





The Scenic Prairie Preservation Association
(シーニック・プレーリー保存協会)は、
今月初め、当初カドー郡地方裁判所に
NextEra Energy Resources LLC
(ネクステラ・エナジー・ リソーシズ LLC)に対して
訴訟を起こしました。

この件は
今週オクラホマシティの連邦裁判所に移されました。





3週間前に結成されたこの協会は、
ネクステラ社が
オクラホマ州自治体委員会と地方住民に
上院法案808の下で適切に通知していないと述べた。

会社が通知要件を再提出するまで、
裁判所はいかなる建設も停止することを望んでいる。




上院法案808(SB 808)は、2015年に承認され、
風力タービンは、学校、病院、空港から
少なくとも1.5海里
つまり9,100フィートになる必要があります。

また、開発者は自治体委員会に
その意向を登録し、
地元の新聞に法的通知を提出する必要があります。

※ 1.5海里 = 2.77800 キロメートル
※ 9100フィート = 2.77368 キロメートル




『シーニック・プレーリー保存協会』によると、
プロジェクトの境界内に住み、
土地を所有するメンバーがいます。

この嘆願書によれば、同グループは、
「オクラホマ州西部で危険にさらされている
文化、美しさ、歴史的財宝」を
保存しようとしています。




オクラホマ州国務長官に対する出願は、
協会がディーン・スミス氏、
タミー・ハフシュトラー氏、
ナコナ・スミス氏によって形成されたことを
示しています。

ハフシュトラー氏は、
風力発電所の率直な反対派であり、
法律や規制手続きの前に数回現れています。




連邦裁判所に提出された宣誓供述書において、
ネクステラ社のジョン・ディドナート氏は、
2つのプロジェクトで156のタービンの位置を
適切に通知できなかったことを否定しました。


風力発電所の建設はまだ始まっていません。




同社の開発担当副社長であるディドナート氏は
次のように述べています。

「ネクステラは、同社の訴訟は、
既にMinco IVとMinco Vのために設置されている
タービンの1つまたは複数の建設を
延期または停止する試みだと考えています。」





同協会の弁護士と会社に対するコメントは、
水曜日の午後にはすぐ返されませんでした。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

懇親会は予定通り終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。

次回は、7月に予定しています。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-03-24 : 〇オクラホマ州:カドー郡のグループvs.ネクステラ社/上院法案808 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<5-メイン州:メイン風力エネルギー法改正と風力発電問題>2011年1月5日にジョン・バルダッチ氏に代わりポール・ルパージュ氏が州知事に就任しました | 5-メイン州:風力発電の反対派は立法を進める…非営利団体『Friends of Maine’s Mountains 』は、州の西部の山地を含む指定地域で風力開発を急速に発展させたジョン・バルダッチ前州知事の2008年の風力エネルギー法に対する彼らの主要な懸念について述べる7人の異なる議員が後援する9つの法案を今週公開しました |関連記事| // 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » 更新日:2017年3月22日 | 終了しました⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR