騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<住民勝訴⇒9、10、11-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>9-オンタリオ州:クリアビュー風力タービンプロジェクトは、コウモリ問題に関する救済の聴聞会を認める |10-オンタリオ州:クリアビューの住民は風力タービン開発を停止する |11-オンタリオ州:タービンの戦いは、次のラウンドに行きます |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<住民勝訴⇒9-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>



2016年12月15日



9-オンタリオ州
◇Clearview wind turbine project granted remedy hearing on bat issue
クリアビュー風力タービンプロジェクトは、コウモリ問題に関する救済の聴聞会を認める

(コリングウッド・コネクション | 2016年12月15日)
http://www.simcoe.com/news-story/7021711-clearview-wind-turbine-project-granted-remedy-hearing-on-bat-issue/



イアン・アダムズ



風力タービン会社は、
8-タービン・プロジェクトが
小型ホオヒゲコウモリの地域個体群に
マイナスの影響を与えないことを
証明する機会を得るでしょう。




WPD Canadaの
フェアビュー・ウィンド・プロジェクトの
再生可能エネルギー申請の訴えを聞いた
環境審査裁判所は、
同社が救済聴聞会を持つ可能性があると判断しました。





10月に、ERT(環境審査裁判所)は、
コリングウッド地方空港の
プロジェクトの近くを測定しました
そして、クリアビュー飛行場への接近が、
人の健康への危険を構成すると判断しました。


また、タービンが
コウモリに影響を与えることが判明しました。





しかし、WPDは
プロジェクトのコウモリへの潜在的な影響を
緩和する方法を提示するために、
ドアを開いたままにしました。

同社は人の健康問題に関する救済聴聞会を
求めていません。




WPDは、国道91号線周辺に
8つの500フィートタービンを建設する予定で、
2つは空港の4キロメートルの
「外のサークル」内にあると考えられている。




救済聴聞会が口頭で行われるかを議論する
電話会議の聴聞会で、
人間の健康の問題が疑問を呈されていなかったとき
控訴人ジョン・ウィギンズ側の弁護人
エリック・ギレスピー氏は、
コウモリ問題に関する
ヒアリングを続けることの「論争」を
引き続き議論しました。




「我々の見解において、
議論の余地がある問題は、
世論調査されませんでした
...それは解決されていない 」と彼は言いました。
彼のクライアントを追加することは、
救済聴聞会でなければならないかどうか
前向きな動機を提示したかったのです。

「我々の慎重な考え方では、
出発点には、スケジュールや目撃者を見る前に
解決される必要のある問題が数多くある」と語った。




ギレスピー氏とヒアリング議長の
ダーク・ヴァンデルベント氏は、
カウンセラーが
裁判所が「不公平の問題で閉鎖した」かどうか
疑問を呈したので、
この問題について簡単に述べた。




ヴァンデルベント氏は、
「我々は正式に結論を下しました」と答えた。




「それで裁判所の心は閉鎖されているのだろうか?」と
ギレスピー氏は言い返しました。




「私はその言葉を使用するつもりでありません
… 私は、それの上で
何を言うことができるかについて言いました」と、
ヴァンデルベント氏は言いました。

ギレスピー氏にそれをもたらす動議があれば、
それは当然のこととして扱われるだろうと語った。




ギレスピー氏はまた、
裁判所に、クライアントの財務能力についての
証拠が必要であると忠告しました。

「これは、クライアントが
引き続き参加することができるかどうかに
大きく影響します。」




コリングウッドとシムコー郡の
町のための弁護人、
リチャードバトラー氏は、
裁判所に聴聞会を速やかに行うよう要請した。




「私の顧客は、REAに直面して
空港でビジネスを進めることができないため、
それに直面する大きな偏見があります」と、
彼は木曜日の聴聞会で語った。

「私たちの提出にもかかわらず、
REAが設置されている間、
空港で重要な決断を下すことはできません。
裁判所は取り消すオプションがあります」




WPD Canadaは、
プロジェクトがコウモリに与える影響を
どのように緩和するかについて、
2人の証人に呼びかけようとしています





この問題は、口頭審理のために
2月下旬に延期されました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------


<住民勝訴⇒10-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>




2017年1月1日




10-オンタリオ州
◇Clearview residents halt wind turbine development
クリアビューの住民は風力タービン開発を停止する

(Wasaga Sun | 2017年1月1日)
http://www.simcoe.com/news-story/7026958-clearview-residents-halt-wind-turbine-development/



イアン・アダムズ



ニュースメーカー2016 –



彼らはアウトサイド・シュートに入りました
誰も風力タービンの開発を止める
住民のグループに資金を投入した人はいなかった。




WPDカナダ社は、
同社が小型ホオヒゲコウモリの
地域個体群に影響を及ぼすことから
8台のタービンの
フェアビュー(Fairview)ウィンドプロジェクトを
軽くする方法を提示するために
救済聴聞会を与えられましたが
プロジェクトの反対派は
環境審査裁判所が
プロジェクトの再生可能エネルギー申請を
取り消すことを願っています。





環境と気候変動省は、
昨年3月に
フェアビュー・ウィンドのREAを承認しました。
その決定は、ジョン・ウィギンズ氏、
ケビンとゲイル・エルウッド夫妻、
そして住民グループの
『Preserve Clearview』によって
即時の異議申し立てがなされました。


それには
コリングウッド(Collingwood)、
クリアビュー(Clearview )郡区、
そしてシムコー(Simcoe)郡が参加しました。
彼らは、同プロジェクトが
コリングウッド地域空港に近接していることに
懸念を抱いていました。




10月に、ERT(環境審査裁判所)は
フェアビュー・ウィンドが
人の健康と環境の両方に害を及ぼすと判断しました。






同社はコウモリ問題に取り組むための
救済聴聞会を求めたが、
反対派の弁護人は
ERT(環境審査裁判所)に
人の健康に関するERT(環境審査裁判所)の決定を踏まえて
議論することは間違っていると語った。





救済聴聞会は2月下旬に予定されていました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------



<住民勝訴⇒11-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>



2017年1月24日



11-オンタリオ州
◇Turbine Fight goes to next round
タービンの戦いは、次のラウンドに行きます

(ベイショア放送 | 2017年1月24日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=90563




キャサリン・トンプソン




コウモリが議題に上がる




ステイナー(Stayner)のすぐ西側の
8基の風力タービンの計画をめぐる戦いは
まだ終わっていない。




環境審査裁判所は、WPDカナダ社に対し、
2月27日、28日、3月1日に
コリングウッド会議室で予定されている
救済聴聞会を認可しました。




ケビン・エルウッド氏によると、
クリアビュー郡区(Clearview Township)、
シムコー郡(Simcoe County)、
コリングウッド(Collingwood)、
そして彼自身はこの聴聞会では発表しません
ERT(環境審査裁判所)は
すでにタービンが2つの空港に近すぎるため、
人間の健康に、
パイロットにとって害を及ぼすことになるという
自分たちの立場に立っているためです。




WPDカナダ社は
近接問題に関する救済聴聞会の権利を
放棄しているが、
タービンが自然遺産、
特に絶滅の危機に瀕している
小型ホウヒゲコウモリに
不可逆的な害を及ぼすかどうかについて
証言する準備をしています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------
関連記事
----------------------


<1-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年3月9日

1-オンタリオ州
◇Six appeals against Clearview wind farm
クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え

(thebarrieexaminer.com|2016年3月9日)
http://www.thebarrieexaminer.com/2016/03/09/six-appeals-surface-against-clearview-wind-farm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4259.html


Staynerの東に、
8台、高さ500フィートの風力タービンを造る
WPDカナダプロジェクトを承認した
環境・気候変動省(MOECC)に対して
6つの別々の訴えが提起されています。

2月29日のクリアビュー議会会議で
クリアビュー郡区
コリングウッドの町やシムコー郡によって
提出された訴えに加えて
ケビンとゲイルエルウッド
ウィギンズグループと
Preserveクリアビュー(株)からも提出されたと、
副市長バリー・バートンは言いました。

最も近い風車は
コリングウッド地域空港の滑走路の端から
わずか3,000メートル以下なので
自治体は公共の安全性に対する懸念のために
プロジェクトに反対です。

自治体からの委託研究では、
タービン建設が経済開発プロジェクトを
危うくさせることがわかりました。

クリアビューは
プロジェクトに反対を表明するために戦い、
WPDカナダとMOECCの間の訴訟事件に
参加訴訟人の地位を受け取りました。

しかし、事件の審理が行われる前日の
2月11日に、 MOECCは、
タービンを構築する承認をWPDに与えました。


「我々は適切な聴聞を経ようとしました
その過程にお金を費やした時、
彼らは最後の最後で逃げ出し、
WPD社に屈したので、それは非常に残念だ」と
彼は言いました。


--------------------

<2-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年4月12日

2-オンタリオ州
◇Pre-hearing begins in Clearview Township turbine appeal case
予備審問は、クリアビュー郡区タービン上訴事件で始まります

(simcoe.com | 2016年4月12日)
http://www.simcoe.com/news-story/6482403-pre-hearing-begins-in-clearview-township-turbine-appeal-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4259.html


火曜日に、環境レビュー裁判所は、
WPDカナダ社の
フェアビューウィンド・プロジェクトを承認する
環境・気候変動省の決定に反対する
6つの関係者の訴えについての予備審問を開催しました。

--------------------

<3-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年4月19日

3-オンタリオ州
◇Online petition growing against turbines
タービンに対して増大しているオンライン請願

(ベイショア放送 | 2016年6月14日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=85359

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4260.html


1100人以上がコリングウッドの近くの
WPDカナダ社の計画に反対する請願書に署名します

ベティ・シュナイダーは、
8台のタービンのWPDカナダ社の計画の
政府による承認を上訴している人々の一人です。

彼女はまた、請願書に署名を得ることに
大きな役割を果たしてきました。

シュナイダーは
優に1000を超える署名があって
そして彼らはより多くを望んでいると
私たちに話します。

請願はchange.orgでオンラインで設定されています
そして、あなたは基金を検索し、
コリングウッド空港タービンと戦います。

ベティ・シュナイダーの隣人
チャックMagwoodとともに
何人かの他の近くの住民は
6年半にわたってこれらの計画と戦ってきました。


--------------------

<4-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年7月9日

4-オンタリオ州
◇Group wants provincial noise testing
グループは、州のノイズテストを望んでいます

(ベイショア放送 | 2016年7月9日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=86019

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4260.html

---------------------

<5-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年10月8日

5-オンタリオ州
◇Decision handed down on turbines near Collingwood Airport
コリングウッドの空港近くの風力タービンに決定が言い渡された

(ベイショア放送 | 2016年10月8日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=88025

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html


コリングウッドの空港近くの
巨大な風力発電所に反対した何百人もの人々は、
彼らがプロジェクトの審判の
少なくとも部分的に勝ったというニュースで、
今朝喜んでいます。


WPDカナダ社は、空港近くに8台
高さ500フィートのタービンを
構築したいと思い、
州からのゴーサインを受けていました。

※ 500フィート = 152.4 メートル

その承認は訴えられ
環境レビュー裁判所は
夏の間開催されました
そして、
金曜日の午後遅く決定が言い渡されました。

クリアビューの議員で
上訴人の1人、ケビン・エルウッドは、
90ページの決定は
タービンによって作成された航空リスクが
人間の健康のために
タービンが害を引き起こすテストを
それらは満たしていると
彼は理解していると述べました。


--------------------------

<6-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年10月8日

6-オンタリオ州
◇Clearview wind turbine approval stalled by Environmental Review Tribunal
クリアビュー風力タービンの承認は環境レビュー裁判所によって失速しました

(Wasaga Sun | 2016年10月8日)
http://www.simcoe.com/news-story/6901968-clearview-wind-turbine-approval-stalled-by-environmental-review-tribunal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html

環境レビュー裁判所は、
ヒトの健康と環境の両方に
危害を引き起こすと決定し
風力タービンのプロジェクトを失速させました。


--------------------

<7-オンタリオ州:その他の風力タービン問題>

2016年10月8日

7-オンタリオ州
◇Wind turbine appeal leaves wpd spinning
風力タービンの訴えは、WPD社のスピニングを残す

(The Enterprise Bulletin|2016年10月8日)
http://www.theenterprisebulletin.com/2016/10/08/wind-turbine-appeal-leaves-wpd-spinning

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html

シムコー郡、コリングウッド町とクリアビュー郡区は、
コリングウッド地域空港に隣接して
置かれているタービンが
人間の安全に対する脅威に基づいて
wpdカナダFairviewウィンド・プロジェクトへの
環境と気候変動省(MOECC)の承認を上訴しました。

--------------------------------------

<住民勝訴⇒8-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>

2016年10月18日

8-オンタリオ州
◇MPP Jim Wilson praises decision to stall Clearview Township wind turbine project
ジム・ウィルソン議員は、クリアビュー郡区の風力タービン・プロジェクトを遅らせる決定を称賛します
(Wasaga Sun | 2016年10月18日)
http://www.simcoe.com/news-story/6914587-mpp-jim-wilson-praises-decision-to-stall-clearview-township-wind-turbine-project/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4263.html


戦いは勝ったかもしれません
しかし
地方議会のシムコー-グレイズの議員は
風力タービンが
クリアビュー郡区で造られないことを
確実にするために戦い続けるつもりです。

ジム・ウィルソンは、
その8-タービン、フェアビュー風力プロジェクトへの
WPDカナダ社の再生可能エネルギー申請の
承認に対しての訴えを支持した
環境レビュー裁判所の10月7日の判決に
拍手を送っています。

ERT(環境レビュー裁判所)は
タービンの位置が
特にコリングウッド地域空港と
私有のクリアビュー飛行場を使っている
パイロットにとって、
ヒトの健康に有害であると決定しました。

ERTはまた、風力タービンが
小さいホオヒゲコウモリの地域個体群に
有害であると判決を下しました。


2012年に提案された時から、
ウィルソンはオンタリオ議会で
WPD社の計画と戦ってきました
環境・気候変動省によるプロジェクトの承認が
政治的に動機づけされたものだと
何回も提案しました。

プロジェクトを批判する
ウィルソンの主なポイントは、
それがローカル空港施設に近接していることです。

「私は、彼らが私たちのところに置いたことで
非常に怒っています – 自治体
法案の料金を払わなければならなかった納税者
そして、個々の納税者やパイロット
– そもそも決して起こってはならなかったことです」と、
彼はSimcoe.comに話しました。


常識では、最初から、この申請が
オンタリオ州政府の承認を得るべきではなかったと
言います
そして、それを承認をしたのは政府です
それから、彼らは
それとは何の関係もなかったと言って手を引きました。


「ERT(環境レビュー裁判所)は、
これは受け入れられないと
ヒトの健康に深刻な危険性があったと
政府を伝えることが巡ってきたことに
ほっとしました。」

ウィルソンは、
州政府が関係する可能性
そして、ERTの決定を覆すことを
依然として懸念しています。


「内閣は最高で、
彼らは何でもすることができるので、
私は確かにそれを完全に掌握するつもりです。

我々は、まだ危険を脱していません」と、
ウィルソンは言いました。


「私達がたくさんのお金を
費やす必要があったことは残念です、
そして、それが風力タービン
あるいは、彼らの水力請求か
あるいは
電気システムの全体の混乱であるかどうかにかかわらず
ウィン政府は
人々の生活を台無しにすることを
停止する必要があると私は思います

- これはそれの一部にすぎません。」


WPD社は、コウモリや飛行場の両方への
潜在的影響を改善する方法を
ERT(環境レビュー裁判所)に
提示する機会を与えられています。


--------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-24 : ○住民勝訴⇒オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>18-メイン州、プレス・リリース:『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します…実際には、これらのマシンが人に近すぎて建てられるたびに問題が発生しています。風力産業には、人々の家を侵害し過度の騒音で生活や生活の質を損なう権利はありません…クリス・オニール代表 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒17-メイン州、プレス・リリース:環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する…証人たちは静かな農村部では夜間の制限は35デシベルでなければならないと主張している。元の35デシベル基準をサポートし、委員会に42デシベルの制限を拒否するよう迫ってください…Friends of Maine’s Mountains  | FMM(Friends of Maine’s Mountains)のFacebookページ |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR