騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1人を除き和解⇒20-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒20-メイン州:産業風力タービンは睡眠消失を引き起こす可能性がある、研究は主張する…健康への悪影響はないと結論づけた業界のホワイトペーパーと文献レビューがあります。彼ら(風力エネルギー主張者)は仲間のレビューからフェティッシュ(盲目的崇拝物)を作りました。今では影響があると査読したいくつかの論文があります…マイケル・ニッセンバウム博士 |論文:「Effects of Industrial Wind Turbine Noise on Sleep and Health」 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<1人を除き和解⇒20-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



2012年11月27日




ぜひ!⇒
20-メイン州
◇Industrial wind turbines could cause sleep loss, study claims
産業風力タービンは睡眠消失を引き起こす可能性がある、研究は主張する

(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年11月27日)
http://bangordailynews.com/2012/11/27/health/industrial-wind-turbines-could-cause-sleep-loss-study-claims/



By Nick Sambides Jr., BDN Staff




フォートケント(Fort Kent)の
放射線科医を含む
アメリカとイギリスの研究者らは、
産業用風力発電所周辺に住む人々が
重大な睡眠障害や
その他の健康上の問題を抱える可能性があると
結論づける最初の査読済みの研究であると
主張することを発表しました。




「Effects of Industrial Wind Turbine Noise on Sleep and Health」
(産業用風車騒音が睡眠と健康に与える影響)と呼ばれる
この調査は、
調査を経て集められたデータから、
マーズヒルとバイナルヘブンの風力発電所から
410ヤード〜1,500ヤードの人々は
昼間は眠気が強く、夜間には睡眠が少なく、
敷地から2.8マイル弱から
4マイル以上離れたところに住んでいる人々よりも
睡眠時間が短いことを示しています。


※ 410ヤード〜1,500ヤード = 374.90400 メートル~1.3716 キロメートル
※ 2.8マイル~4マイル = 4.5061632 キロメートル~6.437376 キロメートル
 





「睡眠障害のレベルと眠気の増大による昼間の影響は、
精神的健康の障害とともに...
IWT [工業用風力タービン]からの騒音が、
過度の環境騒音の他の原因と同様の
健康への影響をもたらすことを強く示唆している」と
研究は述べている。


「IWTの騒音による
睡眠や健康への影響の度合いは、
道路騒音、鉄道騒音、航空機騒音など、
他の環境騒音源よりも大きいようです。」





産業風力の擁護者と起業家は、
科学的に生成された膨大なデータが、
風力発電所が人や自然に
大きな被害をもたらさないことを示すと
述べる一方で
タービンに反対する者は、
低レベルの振動が
多くの健康上の問題を引き起こしたと述べています。





バイナルヘブンの
Fox Islands Wind LLCのスポークスマンは、
火曜日のコメントを求める電話と
電子メールのメッセージをすぐに返送しなかった。

マサチューセッツ州のファーストウインド社の
マサチューセッツ州スポークスマン
ジョン・ラモンタグネ氏(John Lamontagne)は、
米国風力エネルギー協会
(Wind Energy Association)の声明で
この問題についてのコメントを参照させました。






風力推進団体である同協会は、
査読済みの研究を「科学的に防御できない」と呼び、
それは、裁判所、医療機関、専門家パネルによって
「すでに不十分であることが判明した
風力エネルギーと健康に関する主張を
再利用している」と指摘しました。






学際的な国際雑誌であるとされている
隔月的の英国の刊行物『Noise&Health』は、
今月初めに研究論文を発表した。


この結論は2009年と2010年の両サイトに
住んでいる人々が回答した
アンケートを通じて作成されたデータから
導き出されたと
ジェフリーJ. アラミニ(Jeffery J. Aramini)と
クリストファー・デイ・ハニング
(Christopher D. Hanning)と共に
研究をデザインし、論文を書いた
フォートケント(Fort Kent)の
Northern Maine Medical Centerの放射線科医である
マイケル・ニッセンバウム博士
(Michael Nissenbaum)は言いました。





3人は『Society for Wind Vigilance』の
ディレクターで科学的なアドバイザーです
そして、それは人間の健康研究に基づいて
風力タービン施設を
安全に敷設することを主張する
医師、技術者、専門家の国際連盟としての
地位を確立しています。


※『 Society for Wind Vigilance』
http://www.windvigilance.com/





州政府の委員会と
メイン州と他の地域のコミュニティフォーラムで
風力発電所の被害があると証言している
ニッセンバウム博士は、
この研究の出版物を
「一種のマイルストーン」と呼んだ。





この研究とピアレビューは、
住民の制御された断面を採用し、
医学的に設計され監督され承認された
睡眠消失の測定方法によって
再検討されたと彼は述べた。




この調査が査読されたという事実は、
ニッセンバウム博士にとって
特に満足しています。
ニッセンバウム博士は、
マーズヒルのような風力のサイトに
批判的であることで知られていたので
「どんな偏見の申し立てでも取り除いて、
非難されることをなくしたかった」ので、
彼はデータ収集を休んだと言いました







「健康への悪影響はないと結論づけた
業界のホワイトペーパーと文献レビューがある」と
ニッセンバウムは火曜日に語った。

「彼ら(風力エネルギー主張者)は、
仲間のレビューから
フェティッシュ(盲目的崇拝物)を作りました。

今では
影響があると査読したいくつかの論文があります。」





調査報告によると、
マーズヒルのタービンの
1,500ヤード以内に住む23人と
バイナルヘブンのその距離内に住む15人が
アンケートに記入しました、
同時に、
マーズヒルのサイトから遠く離れた25人と
ヴィナルヘブンのサイトから遠くに住む16人が
参加しました。


※ 1500ヤード = 1.3716 キロメートル 





タービン近くに住む人々の約25%が、
タービンが回転を開始したために
うつ病または不安と診断されたと報告した。

遠くのグループのメンバーは、
これらの問題を報告していませんでした。






より遠くに住む人々の10%未満と比較して
タービン近くに住んでいる回答者の約25%が
睡眠薬を処方されていると報告していると
研究は述べている。





ニッセンバウム博士の以前の研究※おとしん:注)は、
慢性的な過敏性、吐き気、
めまいと集中失調
プラス慢性睡眠障害、
うつ病と
風力タービンに最も近い居住者に発症するような
その他の長期的な生命に影響を及ぼす
様々な影響を発見したと、彼は言いました。







米国風力エネルギー協会と
そのカナダのカウンターパートは、
サスカチェワンの民事訴訟である
オンタリオ州の風力エネルギーに関する
最初の環境審査裁判所の聴聞会と、
マサチューセッツ州環境保護局と
マサチューセッツ州公衆衛生局が委託した
風力タービンと人間の健康に関する
専門家委員会を引用して、
この研究の結論を批判したり拒否したりしました。





米国とカナダの協会から委託された論文の共同研究は、
新しいサウンドデータが欠けていたことを指摘し、
他の報告書から得られた限られた情報の使用は
「科学的に正当ではなく
アンケートの調査結果に関する結論を
導くべきではない」ことがわかりました。






ニッセンバウム博士は、
彼の仕事の影響は
「予測することは本当に難しい」と語った。





「メイン州のDEPは、立派なことに
これを真剣に受け止めてきた」と彼は語った。

「メイン州保健省がこの仕事をすれば、
それはよかったことでしょう、
しかし、少なくとも、それは終わりました。」





ニッセンバウム博士の共同執筆のイギリスの研究は、
風力発電の主張者が
オバマ政権からの
新しい風力エネルギー税額控除を確保するための
努力を強化していることから来ている。




グループ「Environment Maine 」は、
地球温暖化や大気汚染を避けて、
メイン州の風力発電の公衆衛生上
および環境上の利益を定量化するという
新しい報告を水曜日に記者会見する予定です。




このグループの報告書は、
風力発電が
近年のペースに匹敵するペースで継続すれば、
2016年までこれらの便益を見積もると
メンバーらが月曜日に述べました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------------------------
2016-12-14 : 論文:騒音と生理的影響 :

Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

------------------------------------------------------


<論文:騒音と生理的影響/産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響>

2012年10月29日 ウェブ出版の日付

全文公開


ぜひ!⇒
Noise & Health 『ノイズ&ヘルス』 
◇Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

(『ノイズ&ヘルス』2012年 9月~10月号)
http://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741;
year=2012;volume=14;issue=60;spage=237;epage=243;aulast=Nissenbaum

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4347.html


===================
論文データ
===================




Noise & Health 『ノイズ&ヘルス』 
◇Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

(『ノイズ&ヘルス』2012年 9月~10月号)
http://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741;
year=2012;volume=14;issue=60;spage=237;epage=243;aulast=Nissenbaum


■Noise & Health  『ノイズ&ヘルス』 2012年 9月~10月号

Year : 2012 | Volume : 14 | Issue : 60 | Page : 237-243

『ノイズ&ヘルス』、2012年9月~10月、第14巻:60、ページ 237-43




著者:

1. Michael, Nissenbaum; (マイケル、ニッセンバム)
2. Jeff,Aramini;    (ジェフ、アラミニ)
3. and Christopher,Hanning (クリストファー、ハニング)


1. Northern Maine Medical Center, Fort Kent, Maine, USA
2. Intelligent Health Solutions, Guelph, Ontario, Canada
3. University Hospitals of Leicester NHS Trust, Leicester, United Kingdom


=========================

要旨



工業用風力タービン(IWTs)は、
静かな田舎の環境では新しい騒音源です。


環境騒音は公衆衛生問題であり、
その中で睡眠障害が大きな要因です。


IWTの近くに住む参加者と
それより遠くに住む参加者の
睡眠と一般的な健康成果を比較するために、
IWTから375と1400 m(n = 38)
および3.3と6.6 km(n = 41)の間に住む参加者は
2つの農村地帯を含む層別横断調査に登録されました。


睡眠の質(ピッツバーグ睡眠の質指数 - PSQI)、
昼間の眠気(エプワース眠気スコア - ESS)、
および一般的な健康(SF36v2)、
精神障害、態度、および人口統計に関する情報を
収集するために検証されたアンケートを使用しました。


記述的および多変量解析は、
主要な曝露変数(最も近いIWTまでの距離)が
様々な健康影響測定値に及ぼす影響を
調べるために実施された。


IWTの1.4キロ圏内に住む参加者は、
睡眠が悪く、日中に眠気が強く、
1.4キロ以上離れた場所に比べて
SF36精神構成スコアが悪かった。


PSQI、ESS、SF36精神成分スコア、
および最も近いIWTへの対数距離の間の
有意な用量反応関係は、
性別、年齢、および家庭の
クラスタリングを制御した後に確認されました。


IWTの近くに住む人々による睡眠障害
および病気の有害事象報告は支持されます。



※ 全文は、以下のサイトでご確認ください。(おとしん:注)


Noise & Health 『ノイズ&ヘルス』 
◇Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health
産業用風車騒音が睡眠と健康に及ぼす影響

http://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741;
year=2012;volume=14;issue=60;spage=237;epage=243;aulast=Nissenbaum



■ 『ノイズ&ヘルス』、2012年9月~10月、第14巻:60、ページ 237-43



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------

※おとしん:注)
ニッセンバウム博士の以前の研究


※ 同拙ブログカテゴリーの№12でマークしています。
「関連記事」の下方にある<№12>に
機械翻訳を付けています。

     ↓
<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html


-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年8月12日

13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4475.html

--------------------------------------

<14-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年9月10日

ぜひ!⇒
14-メイン州
◇Wind turbine noise: an independent assessment of sound quality
風力タービンの騒音、独立した評価

(Rand Acoustics|2010年9月10日)
http://randacoustics.com/wind-turbine-sound/
wind-turbines-published-articles/wind-turbine-noise-an-independent-assessment/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

著者:
Stephen Ambrose and Robert Rand
スティーブン・アンブローズ;そして ロバート・ランド


クレジット:
Stephen Ambrose氏とRobert Rand氏
(2010年9月10日、
■knox.villagesoup.com
http://knox.villagesoup.com/p/

wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/352234、
■Wind-watch.org
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/

でも入手可能)に掲載されました。

-----------------------------------------

<15-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年12月23日

15-レター、メイン州
◇Too close for comfort
近すぎて安心できない
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2010年12月23日)
http://bangordailynews.com/2010/12/23/opinion/dec-24-letters-to-the-editor/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

-----------------------------------------

<16-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月8日

16-メイン州
◇Environmental board debates wind noise
環境委員会は、風力騒音を討議します
( WCSH-TV |2011年8月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/09/
environmental-board-debates-wind-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

委員会は今日、
部門スタッフが推奨していたものに近い規則を
承認することに賛成しました。

最も議論の余地があります:
風力発電所の
許容可能な夜間騒音レベルを
42デシベルに低減すること。


部門の裁量により、
場合によっては
3デシベル以下の「安全係数」が可能です。

その提案は、今後3週間にわたり
パブリックコメントに出される予定です。

-----------------------------------------

<17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月12日

ぜひ!⇒
17-メイン州、プレス・リリース
◇Board of Environmental Protection extends comment period on our noise rules
環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する
(Friends of Maine's Mountains|2011年8月12日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/13/
board-of-environmental-protection-extends-comment-period-on-our-noise-rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

-----------------------------------------

<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年9月15日

18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します
(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4492.html

-----------------------------------------

<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2012年3月30日

ぜひ!⇒
19-メイン州
◇Blowing in the wind: Maine’s energy past and future
風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年3月30日)
http://bangordailynews.com/2012/03/30/energy/blowing-in-the-wind-maines-energy-past-and-future/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4493.html

--------------------------------------------







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-26 : ♯1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR