騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来…騒音問題は続く ファーストウインド社はマーズヒルが操業して5年後、最近、同社に対して訴訟を起こした12人以上の住宅所有者と和解契約を結んだだけです(マイケル・ゴスラン氏だけが和解していない) |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



2012年3月30日




ぜひ!⇒
19-メイン州
◇Blowing in the wind: Maine’s energy past and future
風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来

(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年3月30日)
http://bangordailynews.com/2012/03/30/energy/blowing-in-the-wind-maines-energy-past-and-future/



By Kevin Miller, BDN Staff



画像:

メイン州のウィンドプロジェクトをより大きな地図で見る。

キー:

グリーン:完了したプロジェクト、
黄色:許可されていますが、まだ作成されていない
グレー:現在審査中/許可プロセス中、
青:開発中、
赤:撤回/要求された撤退


==============================




2007年3月27日、電力網に電力を売って
メイン州のエネルギー史上、
静かに歴史的な瞬間を祝ったとき、
マーズヒルの頂上にある
高さ約400フィートのタービンは
数ヶ月間回転していました。




マーズヒルプロジェクトは、
数十年間議論されてきた
再生可能エネルギー産業への正式な扉が
メイン州で正式に開きましたが、
その日よりも前に
話す以上のことはありませんでした。




5年後、メイン州は
ニューイングランドで最大の風力エネルギー源です。

メイン州の山頂、稜線、沿岸の島々で
旋回する205台の商業風力タービンは、
6百万以上の60ワット電球を点灯するのに
十分な電気を生産すると評価されています。




しかし、メイン州の
風力エネルギーへの急激な動きは
ほとんどの急成長のように、
痛みを伴いました。




訴訟、規制上の挑戦、財政問題は、
多くのプロジェクトを遅らせたり、
騒がせたりしています。

メイン州の町の有権者は、
住宅の近くで商業風力発電を禁止している。






風力発電の劇的な国家拡大を促した連邦補助金は、
ワシントンD.C.の変化する政治環境の中で
失効する危険性がある。

そしてオーガスタで、LePage政権は
議員たちが、
彼らの決定的に風に優しい先人たちによって
書かれた重要な政策を再訪することを望んでいる
– 2015年までに
風力発電から
2,000メガワットを発生させるという
州の楽観的だが象徴的な目標を
打ち切ることから始める。

メイン州に既に設置されているタービンは、
最大容量で運転すると
約400メガワットを生産することができます。




「5年間を振り返ってみると、
私たちは皆、[目標]は積極的だと
知っていたと思うが、
達成可能かどうかはわからなかった」と
LePage管理省エネルギー安全局事務局長の
ケンフレッチャー氏は語った。

「私たちは今では5年間の経験を持っているので、
議会がどこにいるのか、どこに行くのか、
先を見据える時間だと思っています。





▼10億ドルの産業





過去50年間の急速な発展にもかかわらず、
米国エネルギー情報局
(US Energy Information Administration)の
報告によると、
2012年1月にメイン州で発電された総発電量の
わずか6.6%に相当する。

これに対し、水力発電は、
メイン州の総発電量の25%を占めていた。




全国的では、2012年1月に
全国の風力発電量が
全国の風力発電量の1%未満を占めました。

メイン州における風力発電量は、
2011年1月から2012年1月までに
約59%増加しました。




しかし、メイングループの風力発電部門は、
10年も経たずに10億ドル以上の資金を投入し、
何千もの雇用を創出した業種に成長したと
業界団体が発表しました。

産業界の代表者は、
メイン州はニューイングランドの
人気のある風力エネルギー源として
残るだけでなく、
潜在的に海上風力発電の分野で
国際的リーダーになることができると
主張しています。






Maine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は、
次のように述べています。

「これは、これらの企業がメイン州で
かなり率直に、
メインの人々に行っている莫大な投資です。」

「多くの雇用機会がない州の農村部では、
多くの雇用が起こっていることを
認識することが重要です。」





地方と経済的に挑戦しているのは、
メイン州とカナダの国境にある
プレスクアイルの約15マイル南に位置する
アルーストック郡の町マーズヒルです。


ファーストウィンド社によって運営される
28台のタービン
- ニューイングランド最大の風力発電会社
地平線を支配する
1,700フィートの高さの山の上に座る
そして、、
冬には地元の人々に人気のスキー場です。




マーズヒル・プロジェクトは、
将来の風力発電所のための道を
開いた可能性があります
それはまた、
メイン州で業界を引きつける遺産を残しました。





▼騒音問題は持続します




プロジェクトはマーズヒルの関係者や
多くの町の住民からの強い支持を得ていますが、
28台タワーのプロジェクトの近隣の人たちは、
タービンの回転が始まるとすぐに
タービンについて懸念を表明しました。




ファースト・ウィンド社を訴えた住民は、
特に夜間で
大気状態が音を運ぶのに適していた場合、
約200フィートの長さのブレードが
空気を通ってスライスされる際に発生する
潜在的な騒音を軽視しました。

影響を受けた隣人は、
睡眠不足、頭痛、家庭の財政的
および審美的価値の低下について
苦情を申し立てました。





マーズヒルの騒音問題は、
風力発電に関する
ほとんどすべての規制手続きの後に
浮上しています。


そして、ファーストウインド社は、
マーズヒルが操業して5年後、
最近、同社に対して訴訟を起こした
12人以上の住宅所有者と
和解契約を結んだだけです。





これらの和解には、
ファーストウインド社からの
クレームに対する支払いが含まれていたと
報じられている。


原告を代表するカリブーの弁護士の
ピーター・ケリー氏は、
両当事者が秘密保持契約に拘束されているため、
和解について話し合うことを拒否しました。







▼『家にあまりに近い』





マイケル・ゴスラン氏は、
ファーストウインド社と
まだ和解していない唯一の申し立て者です。


21年前にロード島から騒音を避けるために
マーズヒルに引っ越した
障害をもったベトナム退役軍人で、
ゴスラン氏は
彼の家が約2マイル離れた場所にあるにも関わらず、
敏感な聴覚に影響を与え、睡眠を妨げると主張する。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル




「私は代替エネルギーに賛成です、
しかし、マーズヒルでタービンを設置したとき、
彼らは大きな間違いを犯した」と
ガレージに防音ベッドルームを建設している
ゴスラン氏は語った。

「それは、住宅にあまりにも近すぎる」




ファーストウインド社の関係者は、
マーズヒルの町には、
プロジェクトから20年間、
年間50万ドルの納税額が支払われ、
年間9人の常勤労働者と追加の臨時従業員を
雇用していることを指摘しています。


しかし、彼らはまた、メイン州の最初の
風力エネルギープロジェクトとして、
マーズヒルはすべての人の
学習経験であったことを認めています。







「ファーストウインド社が
今よりもうまくやっていることの一つは、
街に行って
プロジェクトを提案しようとしているとき、
マーズヒルを見に行くように
依頼することだと思う」と
マーズヒルの施設から
ミシシッピ川の東にある
同社の運営を管理している
ブルース・チャップマン氏は言いました。

「誰も驚かされることはない」




マーズヒルの論争は間違いなく
メイン州の風力発電に関する議論に
影響を与えてきたが、
新しい風力発電所のその後の
許可申請の成否に大きな影響はなかった。





わずか3つの主要プロジェクトだけが
- レディントン/ワイマン郡区、
ハイランドプランテーション、
キャロルプランテーション/ コシュート郡区は
規制当局によって却下されたか、
あるいは、2007年3月以降に
却下される可能性も否定できない。

また、後者の2つを
修正して再提出することもできます。






比較すると、
州または地方の当局者は2007年以来、
27の追加タービンと
627メガワットの電力に相当する
13の別々の商業風力発電プロジェクトを承認した。

現行の政権が
民主党のジョン・バルダッチ
(John Baldacci)よりも
風力産業を支持していないとの
認識にもかかわらず、
ポール・ルガノ共和党知事の下で承認されている。




「結局のところ、
プロジェクトが引き続き提案され、
引き続き許可され、建設され続けるため、
多くの変化はなかったと言われている」と
ペイン氏は語った。






▼規制をもう一度見る時間




過去5年間に、
マーズの規制に注目すべき変更がありました。


その中には、
風力発電などの開発を容易にするものや、
マーズヒルやその他の場所で発生した懸念に
取り組もうとしているものがあります。





開発面では、
バルダッチ氏の管理政策が最も重要であり、
許可プロセスを効率化し、
メイン州の多くの地域で提案された
プロジェクトの景観への影響の重要性を軽減しました。


ルパージュ陣営は、今週、風光明媚な影響を含む、
いわゆる「迅速な許可」プロセスの側面を
再検討したいと述べた。





「それは我々がそれを変えるつもりではない」と、
州のエネルギー事務所のフレッチャーは言った。

「しかし、5年の経験を経て、
それをもう一度見直す時が来た」






議会はまた、近くの住宅から測定した
最大の夜間騒音レベルを
45デシベルから42デシベルに下げるために
環境保護委員会の決定を支持しました。


この変更は、
2つの小さな風力エネルギー施設の隣人
- フリーダムとバイナルヘブンで
- 騒音障害についても苦情を言いました。




いくつかのものよりも
攻撃的ではありませんでしたが、
3デシベルの削減は、
メイン州の商業風力発電の
小さいけれどもますます声高で
組織的な反対派にとっては
小さな勝利と解釈されました。





バーナードの弁護士、
リン・ウィリアムズ氏は、
規制当局の聴聞会や裁判所で
風力発電プロジェクトの反対派を
代表していると語った。


「プロジェクトで問題を提起した人々は、
当初よりも真剣に耳を傾けられているようです」





商業風力発電プロジェクトの反対派は、
騒音に加え、
メガワット級のものより
はるかに少ない電力を生産すると主張しており、
化石燃料発電所を
オンラインでバックアップする必要があると
主張しています。


彼らはまた、助成金が多額であり、
風景を変え、鳥やコウモリに致命的であり、
道路やタービンパッドのために
丘陵地帯を浄化する必要があります。





ウィリアムズ氏はその後、
この警告を付け加えました。

「私たちの意見は
必ずしも我々が勝つことを意味するものではない」






▼不確実な未来




それで、メイン州の風力発電業界は
どこに向かうのだろうか?

400フィートの高さのタービンが
2017年にメイン州の農村地帯に点在するでしょうか?




2つのプロジェクト
- オックスフォード郡のカントンの8タービン提案と
ペノブスコット郡の
  グランドフォールド郡区の14タービン提案
- 州規制当局に係属中です。

ディクスフィールド、農村部のワシントン郡、
ビンガム、アルーストック郡の
ブリッジウォーターから西に4つ以上の地域が開発中です。




これらのプロジェクトのうち、
どれが現実になるかは、
いくつかの要因に左右されます:


連邦議会が風力に関する連邦税優遇措置、
メイン州の政治情勢、
再生可能エネルギーへの再認可、
そして主に電力コストを決定する
化石燃料の価格を再認可するかどうか。






連邦の最優先事項では、
風力発電がより安価な化石燃料由来の発電に
匹敵するのを助ける、
いわゆる「生産税額控除」で
行動が停滞しているように見える。

そして、11月の選挙後まで、
ワシントンはこの問題に挑戦するかもしれないとの
観測を示している。






ファーストウインド社の
北東部開発担当バイスプレジデント、
マット・キーズ氏は、
「これがなくなると開発のペースが変わるだろう」と述べた。





ルパージュ陣営は、電力の供給源にかかわらず、
最高のエネルギー優先度が
コストを削減していることを明確にしました。

このキャンペーンの一環として、
ルパージュ氏とフレッチャー氏は、
電力会社が再生可能エネルギーから得られる
電力の量を増やすという要件を緩めるよう、
議会議員に要請しています。

これは、
風力産業の重要なインセンティブと捉えられています。




また、州の公益事業規制当局は、
風力発電会社との長期契約を締結すべきではない
- ファーストウィンド社の
ロリンズ・マウンテン設備で起こったように
- これらの契約が電力コストの引き下げを促進しない限り。





ニュー・イングランドの他の州は、
再生可能エネルギーの目標を達成するために
風力発電会社との長期契約を結ぶことができると
フレッチャー氏は述べている。





「しかし、この政権は、
業界を支えるためだけに支払う必要があるよりも、
納税者に支払うべき金額を支払うよう求めている」と
フレッチャー氏は述べた。





しかし、フレッチャー氏は、
これが風力発電を求める政府として
解釈されるべきではない、と付け加えた。


オフショアの風力エネルギーは、
商業的現実から10年以上もかかる可能性はあるものの、
再生可能エネルギーの主要な潜在的供給源であり、
メインー大学の研究者は、
メイン州の重工業を世界のリーダーにする
「画期的な技術」を生み出すことができます。




一方、風力発電の批評家は、
騒音規制に対する控えめな勝利、
連邦税額控除に対する不確実性、
およびルパージュ政権の
業界とのあまりやりがいのない関係の組み合わせが、
大規模プロジェクトからの転換を告げることを望んでいる。





ウィリアムズ氏は、
「風力発電所を増やすつもりはないと思う。」と
述べました。

「風力発電所が増えているかもしれないが、
州の周りにいる人々は、
ニューイングランドの送電網に供給するのではなく、
地元の町や郡が権力を得ている
地域プロジェクトを支援する傾向が強い。」







驚くことではないが、
メイン再生可能エネルギー協会の
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は、
不景気時にメイン州の唯一の
「明るいスポット」の1つである業種への
直接的な見通しについては意見を異にしている。





「メイン州では依然として
風に大きな関心がありますが、
率直に言って、
私はそれが減速するのを見ません」と
ペイン氏は言います。




メイン州の最初の商業風力発電所を
成功裏に打ち上げた5年後、
ファーストウィンド社の関係者は
連邦政府の補助金に関する議論を緊密に見守っている。

一方、同社は前進している
- おそらく少し遅いペースではあるが
- オークフィールドのアルーストック郡の町に
50タービンの風力発電所の建設計画、
ハンコック郡のイーストブルック近くに
19基のタービン施設を建設予定。




さらに、ファーストウィンド社は、
50以上のタービンを持つ可能性のある
ビンガムの風力発電施設の計画を策定しており、
過去のプロジェクトを受け入れている
アルーストックとワシントン郡での機会を
引き続き探求しています。





ノースイースト・ファーストウィンド社の
シニア・アセット・マネージャー、
ドン・セリオールト氏は次のように述べています。

「メイン州は風力発電を行う方法を学び、
マーズヒルは本当にそれを始めました」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果
(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年8月12日

13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4475.html

--------------------------------------

<14-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年9月10日

ぜひ!⇒
14-メイン州
◇Wind turbine noise: an independent assessment of sound quality
風力タービンの騒音、独立した評価

(Rand Acoustics|2010年9月10日)
http://randacoustics.com/wind-turbine-sound/
wind-turbines-published-articles/wind-turbine-noise-an-independent-assessment/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

著者:
Stephen Ambrose and Robert Rand
スティーブン・アンブローズ;そして ロバート・ランド


クレジット:
Stephen Ambrose氏とRobert Rand氏
(2010年9月10日、
■knox.villagesoup.com
http://knox.villagesoup.com/p/

wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/352234、
■Wind-watch.org
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/

でも入手可能)に掲載されました。

-----------------------------------------

<15-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年12月23日

15-レター、メイン州
◇Too close for comfort
近すぎて安心できない
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2010年12月23日)
http://bangordailynews.com/2010/12/23/opinion/dec-24-letters-to-the-editor/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

-----------------------------------------

<16-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月8日

16-メイン州
◇Environmental board debates wind noise
環境委員会は、風力騒音を討議します
( WCSH-TV |2011年8月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/09/
environmental-board-debates-wind-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

委員会は今日、
部門スタッフが推奨していたものに近い規則を
承認することに賛成しました。

最も議論の余地があります:
風力発電所の
許容可能な夜間騒音レベルを
42デシベルに低減すること。


部門の裁量により、
場合によっては
3デシベル以下の「安全係数」が可能です。

その提案は、今後3週間にわたり
パブリックコメントに出される予定です。

-----------------------------------------

<17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月12日

ぜひ!⇒
17-メイン州、プレス・リリース
◇Board of Environmental Protection extends comment period on our noise rules
環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する
(Friends of Maine's Mountains|2011年8月12日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/13/
board-of-environmental-protection-extends-comment-period-on-our-noise-rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

-----------------------------------------

<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年9月15日

18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します
(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4492.html

-----------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-25 : ♯1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<洋上風力発電所:8、9-ロードアイランド州ブロック島風力発電所>8‐ニューヨーク州:モントークの漁民は提案された風力発電所からの影響について心配している |9-ロードアイランド州:EMFs(電磁界)は、どんな魚を引きつけますか?…ブロック島風力発電所よりもはるかに多くのタービンを備えた風力発電所では、より強力なEMFを放出するDCケーブルが必要である…Dave Beutel |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <オクラホマ州~風車と法律/③上院法案808/風力発電所の立地規制など>ぜひ⇒⑤オクラホマ州/動画:フランク・キーティング:私は風産業租税優遇措置に署名しました、そして、私は間違っていました…費用は引き続き増加し、教育の機会が失われ、今行動しなければ納税者は何十億ドルもの窮地に陥ることになります。現在行われている決定は今後14年間に州政府財政に影響を及ぼし、おそらく破壊されます。2017年7月1日までにすべての人が協力してこの補助金を終了させるよう奨励します…Frank Keating(前オクラホマ州知事) |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR