騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<10-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>10-ニューヨーク州/youtube:フェアフィールドの風力タービンが雷に襲われる |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<10-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>




================================

2016年7月2日のこの記事以降
「ハードスクラブル風力発電所」の
訴訟に関するその後の記事を
探すことができません。
(2017年2月12日現在)


2012年に提訴された
原告が住民60人以上という
大きな裁判です。

続報を心待ちにしています。

(おとしん:注)


================================



2016年7月2日




10-ニューヨーク州/youtube
◇Wind turbine in Fairfield struck by lightning
フェアフィールドの風力タービンが雷に襲われる

(WKTV | 2016年7月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/03/wind-turbine-in-fairfield-struck-by-lightning/

https://www.youtube.com/watch?v=yXRnnq-nad4



ゲイリー・リベラトーレ




フェアフィールドの
ハードスクラブル風力発電所には
37台の風力タービンがあります。

そのうちの1台は
火曜日に雷に撃たれて動作していない。





タービンが落雷にあった唯一の目に見える兆候は、
3つのブレードのうちの
1つの端にある尖った金属です。




「ニュースチャネル2」は、
5年前に本来これらのタービンを設置した
スペインに拠点を置くIberdrolaグループの
一員である
オレゴン州ポートランドの
タービンの所有者、
Avangrid Renewablesに連絡を取りました。




ポール・Coplemanという企業広報担当者は、
「ニュースチャネル2」に
「ブレード先端から離れた
12フィートのファイバーグラスの部分が、
タービンの下のトウモロコシ畑の地面に
無害に落ちた」という声明を発表した。




Copleman氏は次のように続けました。

「できるだけ早くブレードを交換する予定です。」






フェアフィールドの
そのセクションに住んでいる
ジミー・サラモン氏は、
特定のタービンが建っている農場の誰もが
傷ついていないことを喜んでいると言います。

「彼らのうちの1人が怪我をするか、
子供たちが怪我をするのは嫌です。」




私たちは農家の所有者に
連絡しようとしましたが、
折り返しの電話はありませんでした。




タービンは非常に高いので、
落雷する傾向がありますが、
特別な接地システムが組み込まれているので、
落雷に遭うと、
雷がユニットに害を及ぼすことなく地面に落ちます。


しかし、それは
フェアフィールドのタービンの
損傷に見られるように、必ずしも機能しません。






私たちは土曜日に、
ハードスクラブル風力発電所の
他の2台のタービンも
稼動していないことに気付きました
1台は雷に襲われたものの近くにありますが、
この2台の停止が雷に関係しているのか
機械の本質的なものが原因なのかは
わかっていません。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------
関連記事
---------------------


<1-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2011年10月3日

1-ニューヨーク州
◇Noise from Herkimer Co. wind turbines to be studied again
再び調査されるハーキマー社風力タービンのノイズ

(オブザーバー・ディスパッチ|2011年10月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/10/04/noise-from-herkimer-co-wind-turbines-to-be-studied-again/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4047.html


今年再び、音量レベルに対する懸念に
対処するために
ハードスクラブル風力発電所で
調査が実行されます。

ハーキマー郡のフェアとノルウェーの町で
1月31日に37タービンが事業を開始した後、
一部の居住者は
あまりにたくさんの騒音を出している
タービンについて苦情を言い始めました。


タービンブレードの角度と速度は
潜在的に結果の必要に応じて
変更することができると彼は言いました。


最初の研究は、
フェアフィールドの3つのサイトと
ノルウェーの1つを調査すると、
ソウザは述べています。


新しい研究では、
5つのフェアフィールドのサイトと
ノルウェーの1か所を検討します
そしてまた、時刻とノイズレベルの要因を
詳細に調べると彼は言いました。


-----------------------

<2-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年7月16日

ぜひ!⇒
2-ニューヨーク州
◇Fairfield residents given noise generators to drown out sound of windmills
フェアフィールドの住民は、風車の音をかき消すために、騒音発生器を与えられます

(WKTV | 2012年7月16日)
https://www.wind-watch.org/news/2012/07/16/
fairfield-residents-given-noise-generators-to-drown-out-sound-of-windmills/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4048.html

フェアフィールドの住民ジェームズ・サラモンは、
およそ1年半前
フェアフィールドのデイビス通りに面した
彼の家の近くで
いくつかの風車がまっすぐに建った時から、
彼はよく眠られなくなったと言います。


サラモンは言いました。
「それは、拷問です。
あなたは、騒音のこの周波数で眠ることができません。
それはちょうど拷問です、
私は他のどの方法でもそれを説明することができません。」

サラモンは、彼がちょうど風車を設置した会社
イベルドローラ再生可能エネルギー社から
騒音メーカーを受け取ったと言います。

人々が夜に眠ることができるように、
小型の丸い機械は
風車の響きをかき消すのを助けると思われます。

・・・・・・

サラモンは、
機械がまったく助けないと言います、
そして、彼は
自分の家で良い夜の睡眠を
得ることができるようにするために、
そのような何かを持っている必要がないと言います、
彼は何か、システムに異常があると言います。


-----------------------

<3-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年7月23日

3-ニューヨーク州
◇Fairfield residents say wind turbines too noisy
フェアフィールドの住民は、風力タービンがあまりにも騒々しいと言います

(オブザーバー・ディスパッチ|2012年7月23日)
https://www.wind-watch.org/news/2012/07/24/fairfield-residents-say-wind-turbines-too-noisy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4049.html


フェアフィールドの住民、
ジューンとジミー・サラモンは
彼らの家を囲む
455フィートの風力タービンのノイズを
耳障りな黒板に爪を立てる音、
あるいは、ジェットエンジンに比較しました。

「それは、あなたを起こします。
それは、あなたの全身が
タービンのうなりに合わせて
脈うっているように感じさせます」と、
デイビス通りに住んでいる
ジューン・サラモンは言いました。


-----------------------

<4-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年11月10日

4-ニューヨーク州
◇Several Herkimer County residents file windmill lawsuit
数人のハーキマー郡の住民は、風車訴訟を起こします

(WKTV | 2012年11月10日)
https://www.wind-watch.org/news/2012/11/10/
several-herkimer-county-residents-file-windmill-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4050.html


ジミー・サラモンは
もうたくさんだと言います、
彼は自分の裏庭に
基本的に風車があることが我慢できません。

サラモンは述べています
訴訟が風車の除去をもたらすことを
期待しています。

彼は言います
彼の隣人の財産上の1台は、
彼の家に非常に近いです
彼と彼の妻は夜に眠るのに苦労していること
そして、その他の地域住民も
同様の苦情を持っていると言います。

サラモンは、言いました
「物語は、ほぼすべて同じです
頭痛、めまい、吐き気感、資産価値、
外の騒音の状態、ライト、ちらつき
それは、すべての組み合わせです。」


-----------------------

<5-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年11月9日

5-ニューヨーク州
◇60 Herkimer Co. residents file lawsuit against wind farm owner
60人のハーキマー郡の居住者は、風力発電所のオーナーに対する訴訟を起こします

(オブザーバー・ディスパッチ | 2012年11月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2012/11/10/
60-herkimer-co-residents-file-lawsuit-against-wind-farm-owner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4052.html


一部の居住者が、
かれらをおかしくさせると言う
風力発電所にイライラさせられ
60人のミダルビル、フェアフィールド、
ノルウェーの住民は、
その建設に対して責任がある実体に対して、
すなわちイベルドローラ再生可能エネルギー社に
州の最高裁判所で訴訟を起こしました。

苦情の中で、訴訟は、
風力発電所の建設の責任者は、
それがプロジェクトが
適切に適していたかどうかを判断するために
サイトを評価する際の過失であった、
そして、450フィートのタービンが
公的不法妨害と私的不法妨害であると主張します。


「訴訟がたとえ何であろうとも、
私は彼らが私の家を買うと思っています、
そして、我々は引っ越します」と、
彼は言いました。

「どちらにしても、
我々は引っ越さなければなりません。」

-----------------------

<6-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年11月27日

6-ニューヨーク州/画像
◇Herkimer County residents sue Iberdrola over wind farm
ハーキマー郡の住民は、風力発電所のことでイベルドローラ社を訴えます
(syracuse.com|2012年11月27日)
http://www.syracuse.com/news/index.ssf/2012/11/herkimer_county_residents_sue.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4053.html


地方のハーキマー郡の60人以上の居住者は
そこの37-タービン風力発電所の所有者と
開発者を告訴しました。

訴訟は、イベルドローラと
開発に取り組んだ
数人のコンサルタントの名前を挙げます。


■114674283-Hardscrabble-Wind-lawsuit

■114674283-ハードスクラブル風力訴訟
http://www.syracuse.com/news/index.ssf/2012/11/herkimer_county_residents_sue.html


-----------------------

<7-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2012年10月30日

ぜひ!⇒
7-ニューヨーク州
◇Wind Farm Called Giant Pain in the Neck
風力発電所は首に強い痛みを呼んだ
(Courthouse News Service |2012年10月30日)
http://www.courthousenews.com/2012/10/30/51797.htm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4054.html

2億ドルの風力発電所の
数十人もの隣人は
騒音と明りが彼らに片頭痛を与えて、
彼らを神経質にして、
夜に彼らを起こしたままにすると主張して
その背後にある企業を訴えました。

原告は、会社を
怠慢、私的不法妨害、侵入と
厳しい製造物責任で責めます。

彼らは懲罰的損害賠償金を求めます。

49ページの訴状には、
飲料水の中の沈殿物や空港のようなノイズ、
頭痛やストレスから、
各原告からの損害賠償の長い話を詳述します。

-----------------------

<8-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2014年2月20日

8-ニューヨーク州
◇Hardscrabble Wind Farm lawsuit progressing slowly
ゆっくりと進行しているハードスクラブル風力発電訴訟

(ウティカ・オブザーバー・ディスパッチ | 2014年2月20日)
http://www.uticaod.com/article/20140220/NEWS/140229943

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4055.html

最初の訴えが提起されてから一年以上後に、
弁護士はまだハーキマー郡の
ハードスクラブル風力発電に関する情報を
編集しています。

彼は、使われている検出方法によって
特定の問題に集中できるようになり
「うまくいけば、物事を促進します。」と
言いました。

「私は現時点で
公にあまり言うことはできませんが、」と
DeFranciscoは言いました。


州の最高裁判所で起こされた訴訟は、
風力発電所の建設に対して
責任がある実体
すなわち、
イベルドローラ再生可能エネルギーに対してです。

-----------------------

<9-ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟>

2016年6月16日

9-ニューヨーク州
◇Homeowner: “I will have to move due to the constant noise and flicker shadow that comes into my home”
住宅所有者:「私は、家に入る休みなく続く騒音とシャドーフリッカのために引っ越さなければなりません」

(Jefferson's Leaning Left | 2016年6月16日)
https://jeffersonleaningleft.blogspot.jp/2016/06/
iberdrola-and-same-sound-engineer-who.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4057.html

リチャード・ワイリー Sr.

イベルドローラと
クレイトン・サウザンドアイランド・
ホースクリーク産業用風力タービンの
犠牲ゾーンで
最初の研究を行った同じ音響技師が
今も、
ハーキマー郡住宅所有者の訴訟に関与しています。


フェアフィールド住宅所有者、
「私は、家に入る休みなく続く騒音と
シャドーフリッカのために
引っ越さなければなりません」



2012年にハーキマー郡の60人以上の住民は、
計画段階で言われたよりも、
彼らが構築した37代のタービンが
大きく、騒々しいことを主張して
開発者とその音響技師を提訴しました。


彼らは、
タービンが健康問題を引き起こしていて、
財産価値を下げていると主張します。

原告は、彼らが家から
引っ越さなければならないと言いました。



原告は、
メロディD. Scalfone(www.―――――com)と
ジェフ・DeFrancisco(jeff@―――――.com)で
見ることができます。


訴訟は、地方、
州および全国ニュースになっています。


スケーリーン弁護士は
産業タービン管轄下に生きることに関して
証言をするために
他の州に原告の1人とともに旅行しました。



ソースから、
JLLは、訴訟が進行していることを
あなたはこのリンクで読むことができます。
※ 訴状等
https://ja.scribd.com/doc/114674283/Hardscrabble-Wind-lawsuit
上記はリンクできないので
下記のサイトから入ってください
https://www.wind-watch.org/news/2016/06/17/
homeowner-i-will-have-to-move-due-to-the-constant-noise-and-flicker-shadow-that-comes-into-my-home/




イベルドローラと
彼らの音響技師に対する主張のいくつか:

94. フェアフィールドの町を表す被告と
対象の風力タービンがうるさくない場所に
置かれた地域の住民は
近所の家に悪影響を与えません、
そして、少しの潜在的健康リスクもありません。

95. 被告のアトランティック LLCは、
風力タービンが50dB行かないことを示す
「予測した」騒音レベルをリリースしました。

96. 被告アトランティック再生可能エネルギーLLCにより、
前述の2006年のノイズレベルの研究は
予測は
被告が、ハードスクラブル・プロジェクトの
全体に配置した
ガメサG90、476フィートのタービンではなく
ゼネラル・エレクトリック1.5LSEの
高さ389フィートのタービンに基づいていました。

※ 476フィート = 145.0848 メートル
※ 389フィート = 118.5672 メートル


98. 被告は十分に風力タービンを含む
近隣の資産にあたえるであろう影響を
評価することに失敗しました、
これらに限定されませんが
ノイズの作成、
資産の運用と享受の大きな損失、
人工衛星、テレビ、インターネット、
電話サービスなどの
家庭の電気的な機能の妨害、
減少した資産価値、
風光明媚な田舎の破壊、
様々な不法侵入の形や
近隣の資産への迷惑、健康上の懸念;
他の効果の中で。

99. 上記にもかかわらず、
そして、風力タービンに近接して
財産を所有する多くの住民の反対した、
2010年に被告は、フェアフィールド、
Middleville、ノルウェー、ニューヨークの
町の周りに
高さ476フィートの37台の
ガメサG90の風力タービンを建設しました。

102. 2011年には、被告の行為は
騒音調査で
72デシベルと
高いノイズレベルを示しました。

103. 前記の2011年の研究の結果、
被告はその後彼ら自身の研究をとがめて、
最大ノイズレベル50デシベルを設定する
2006年のフェアフィールドの町の条例1の
準拠を実証するための
2つのノイズ研究を行いました。


104. 被告によって実施される
これらの新しい研究は、
作動の平均風速、方向と
期待されるパーセンテージを示します。

105. 被告らの新しい研究では、
ノイズレベルが高い場合、
最大風速を測定していなかったし、
冬のノイズレベルを測定しません。

106. 被告の新しい研究は、
数千にある原告の苦情の完全なログを含む
問題の範囲を認めて、
評価することができません。

108. このプロジェクトの
巨大な風力タービンは
ごくわずかな電気しか発生しないので、
政府の補助金が期限切れになるとき、
ハードスクラブル地域の人々は
風力エネルギー施設が
十分に維持されないで悪化して
ある日遺棄されるかもしれないということに
直面することになります。


114. 被告のノイズの研究はまた、
風力タービン症候群のプロファイル
または他の健康上の懸念に合うような
前庭や他の症状などの感覚にではなく、
可聴性だけに着目することで
インフラサウンドと低周波音の前述のレベルに
対処できません。


115. 風力タービンは原告を含む居住者が
家の価値が大幅に損なわれている
彼らの資産の上に
多くの困難を抱え続けているような
重大な問題
および/または傷害を引き起こしています、
そして、一部の住民は
自分の家を放棄することを余儀なくされました;
その他の損害として
この訴状の中に記載されました。

121. 前述の被告は、
タービンの地域の住民に
重大な害を引き起こすために続けている
大規模な風力タービン構造の作成を
不注意でいい加減に作成して
および/または援助しました。

122. 前述の被告は、
風力タービンが
原告の家を含む
コミュニティに持っているであろう
真の性質及び影響を
十分に明らかにすることが
不注意でいい加減で、失敗しました。

125. 原告によって
ここに支えられる量の損害賠償は、
すべての下級裁判所の司法権利上の範囲を
上回ります。

128. CH2Mヒル社と
マークBastasch(P.E.)INCEによって
実行された研究は
潜在的な害に関連する際の
完全で本当の評価が欠如していました。

129. それは
電気電子工学国際会議に基づき、
音響技術者の要件です、
そして、(ニューヨーク州の免許により)
土木技術者は、
公共の安全、健康、福祉を保護します。


130. 築かれる風力タービンが
人々の健康に影響を与える
音圧の脈動をもたらすということを
被告は知っていたか、
あるいは、知っているべきでした。


131. ハードスクラブル・
プロジェクトエリア内の資産に
有害な健康リスク
およびその他の影響の可能性を
原告を含め、顧客と住民に助言することは
CH2Mヒル社と
マークBastasch, P.E., INCEの責任でした。


133. より完全に記載された前述の結果として、
原告は、重要かつ永続的な損害を負っています。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

----------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-02-22 : ▽ニューヨーク州:ハーキマー郡ハードスクラブル風力訴訟 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR