騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒4-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>ぜひ⇒4-マサチューセッツ州:風力? 陸なら、それほど多くない…私の一般的な理解は人々は本当にもう大変な試練にはならないということです‐おそらく、多くの反対が来ることを予想して…ジム・マンウェル機械工学教授/風力エネルギーセンターのディレクター |ボストン南部の著名なプロジェクトの状況 | マサチューセッツ州:ムーンアイランドのタービン計画は倒されます…私たちはこの決定に対して市長に本当に感謝しています |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<可決⇒4-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>



2017年2月3日



ぜひ!⇒
4-マサチューセッツ州
◇Wind power? If by land, not so much
風力? 陸なら、それほど多くない

(ボストン・グローブ | 2017年2月3日)
https://www.bostonglobe.com/metro/regionals/south/2017/02/03/
wind-power-land-not-much/LsiWMT3K7sInABBJjW2dYL/story.html



画像:

ルイーズ・グラボウスキーと
彼女のスクアンタムの隣人は、
クインシーで
ムーンアイランドのために提案された
風力タービンとうまく戦いました。

Jonathan Wiggs/Globe Staff


================================



By Jill Terreri Ramos Globe Correspondent




マサチューセッツ州南東部の
陸上風力タービンの将来はありますか?





たぶん、陸上風力産業の見通しは、
かつてほど堅牢ではありません。





ボストンの南部とケープコッドの西部では、
新しい陸上タービンの計画はなく、
マサチューセッツの有力な風の専門家の1人は、
州全体での新しい活動の欠如により、
彼は陸上の風力の研究から
離れるようになったと語った。






また、昨年締結された新エネルギー法が
海上の風力や
その他の再生可能エネルギー源を強調したことから、
州政府も他の地域に焦点を当てている。






ボストンのある町から別の南部にかけて、
陸上用タービンの経験は大きく変わりました。

何人かの隣人がそれを受け入れました;

他の人は苦情を言って、
彼らの営業時間を縮めることに成功している。


一部のタービンは
技術的な問題を抱えています
多くのタービンが提案されていますが、
地元の反対に直面して建設されていません。





風力発電の支持者は、
地方自治体が
電気料金を下げる方法を提供すると言います。

納税者のお金を節約し、
自宅近くにきれいな電力を作り出すと述べています。




マサチューセッツ州エネルギー消費者同盟の
エグゼクティブディレクター、
ラリー・クレティエン氏は、
「それは私たちの
エネルギーミックスの一部である必要があります」と
言います。

「風力について知っている人が増えるほど、
風力発電が好きになります。」




しかし、タービンの近くに住む人々の中には、
騒音、睡眠の喪失、それに続く
健康への懸念があることを訴えている人もいます。
そして、彼らは自宅の視界の中に
迫っているタービンが
その資産価値に何をするのだろうと思っています。






タービンの反対派は、
教育は
地域社会がそれらに抵抗するのを助けると言います。





「州内の主要なタービンの反対派である
『ウィンド・ワイズ・マサチューセッツ』の
ルイーズ・グラボウスキー代表は、
「人々が教育を受けて
最善の決定を下すことを本当に望んでいる」と語った。





グラボウスキー氏は
クインシー(Quincy)の
ムーンアイランド(Moon Island)のタービンが
提案されたときに彼女のスタートを切った。

彼女とスクアンタム(Squantum)郡区の隣人は
2012年にその提案を打ち破ることに成功しました。※おとしん:注)


現在、『ウィンド・ワイズ』は
町内の風力の提案について懸念している人々に
タービンに関する情報を提供しています。





彼女は、このグループは、
近隣の人々から十分離れて、
健康問題を引き起こさないように、
適切にタービンを配置することに最も関心があると述べた。


彼女はまた、
「伝統的な景観を保全することに興味があります」と
述べています。

メガワットのタービンで発生する騒音を避けるためには、
州は人口密度が高すぎます。






タービンの近くに住む人々の中には、
睡眠中断、頭痛、めまい、吐き気などの問題があると
グラボウスキー氏は述べています。

風力エネルギーの支持者は、
これらの苦情の多くを拒否しますが、
タービンが騒音を発することは認めています。






大規模な産業用エアコンとは異なり、
グラボウスキー氏は、
タービンは騒音を低減するために
封じることはできないと語った。





「唯一の救済策は、距離だけです」と彼女は言いました。




公的資金を提供する組織である
マサチューセッツクリーンエネルギーセンターによると、
全国で稼動する合計115メガワットの
100キロワット以上のタービンを備えた
陸上風力発電施設が46台あります。

グラボウスキー氏が、
却下された1台以上のタービンのプロジェクトは
52を数えます。





「いくつかの風力発電プロジェクトに携わっている
パーマー・キャピタル社の
ゴードン・ディーン(Gordon Deane)社長は、
「風力発電プロジェクトの反対は
ずっと組織化されている。」と言います。

「彼らは世界中の風力の悪い話を集めて発表します。」





マサチューセッツ州アマースト大学の
風力エネルギーセンターのディレクターで
機械工学教授である
ジム・マンウェル(Jim Manwell)氏は、
聞こえない音波に関する苦情など、
タービンに対するいくつかの異論に疑問を呈した。





「多くのことがあり、
実際の問題と想像された問題を区別することが
難しい場合もあります。」と彼は言います。




マンウェル氏は、多くの活動がないので、
もう陸上の風力に集中していないと彼は言った。





マサチューセッツ州の陸上風力の未来を考える
もう一つの理由があります。





今年5月にサマセットで
石炭発電プラントが閉鎖され、
2019年にプリマスの
ピルグリム原子力発電所が閉鎖されると
再生可能エネルギーから
より多くの電力を利用するようにしか見えません。

しかし、それが陸上のタービンから
どのくらい来るのかははっきりしない。





チャーリー・ベーカー知事は、
昨年8月に水力発電を重視した
包括的エネルギー法に署名し、
ベーカー氏のオフィスからの
ニュースリリースによると、
「新興の海上風力産業の発展を促す」と述べました。





それは比較的軽微だったけれども、
陸上風力の言及があった。

法律では、
電力会社は再生可能エネルギー源から
電力を購入する必要があり、
これには陸上風力が含まれる可能性があります。




陸上タービンの運命
- 彼らが特定の町に受け入れるているのか、
  それとも非難されているのか
- いくつかの要因に依存する可能性があると
町当局、風力開発者、そして住民たちが言いました。


自治体がイニシアチブの所有権を
感じているかどうかは重要であり、
タービンが住民に利益をもたらすと信じている。

それは、彼らが適切に働くかどうか、
そして人々がどこに住んでいるかに関連して
どこに置かれるかという点でさらに重要です。

それでも、
受け入れは予測不可能なことがあります。





マサチューセッツ州クリーンエネルギーセンターの
プログラムディレクター、ニルス・ボルゲン氏は、
「一部の人がうまく受け入れられている理由と
そうでない人がいる理由を知ることは難しい」と語った。




ボルゲン氏によると、
ボストンの南にある
陸上風力タービンの新しい計画はないと語った。





シチュエート※おとしん:注)では、
稼働時間は調整されているものの、
タービンは良い投資と考えています。




「苦情があり、私たちは騒音調査をしました」と、
シチュエートのタービンの所有者である
ディーン氏は述べています。

同社は、人が窓を開けた夏の間、
生産をほとんど失わずに、
特定の時期に運転を抑えることに同意したと
彼は言った。





「これは町にとって素晴らしいことでした」と
町の特別プロジェクトを率いている
前の公共事業局のディレクター、
アル・バンガート氏は述べました。

「それは事実上私たちの費用がかからず、
年間25万ドルを稼いでいる」




2012年に操業を開始したタービンは、
市町村や学校の建物に必要な電力の半分を生産し、
太陽電池アレイは残りの半分を提供します。

町がタービンのエネルギー生産から得た
250,000ドルは、建物の資金に入ります。





ハノーバーでは、
タービンは機械的な問題に悩まされていたため、
道のりはより困難でしたと
タウンマネージャーの
トロイ・クラークソン氏は言います。




2012年に建設された機械は、
最終的に稼動しているが、
町は11月まで
その所有権を取ることに投票しなかった。




他の地域では、
キングストン※おとしん:注)のタービンが
2012年に操業を開始したが、苦情を引き込みました。

プリマスでは、
昨年インストールされたマシンが、
そこの住民や近隣のボーンからの苦情を受けました。




クレティエンのような風力エネルギーの支持者は、
マサチューセッツ州に
陸上用タービンのための適切な場所がまだあると言います。

彼らは、タービンが拒絶された場所でさえ、
提案が別のチャンスを与えられることを望んでいる。





しかし、おそらく彼らはしません。




「私の一般的な理解は、
人々は本当に
もう大変な試練にはならないということです」

UMass(マサチューセッツ州アマースト大学)の
マンウェル氏は言いました。

「おそらく、多くの反対が来ることを予想して。」






▼ボストン南部の著名なプロジェクトの状況




Hanover : ハノーバー

2012年に建設された225キロワットのタービンが、
問題を抱えていました。

町は2016年後半に所有権を取得しました。




Hull :ハル

2001年と2006年に設置された
660キロワットと1.8メガワットの
町の所有する2つのタービン。




Kingston :キングストン※おとしん:注)

2012年に
2つの私有のプロジェクトがスタートしました:

キングストンウィンド・インデペンデンス
(2メガワット)、町の土地(右);

化石燃料なし、3基のタービン、それぞれ2メガワット。

2014年、タウンミーティングで
タービン建設に関する2年間のモラトリアムが
設立されました。





Plymouth :プリマス

2つの私有のプロジェクト:

2016年には、
2メガワットのタービン4台が完全稼動になりました;

そして、Camelot Wind(1.5メガワット)は
2012年に稼働を開始しました。




Scituate:シチュエート

個人所有の1.5メガワットのタービンが
2012年に操業を開始しました。




ソース:

マサチューセッツ州クリーンエネルギーセンター、
ウィンドワイズマサチューセッツ、町当局







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------

※おとしん:注) シチュエート
※おとしん:注) キングストン

------------------------------------

拙ブログカテゴリ:
<☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>
<☆マサチューセッツ州:キングストン、インディペンデンス・タービン/健康問題>


====================================

※おとしん:注)
彼女とスクアンタム(Squantum)郡区の隣人は
2012年にその提案を打ち破ることに成功しました。


------------------------------------

2012年2月24日

マサチューセッツ州
◇Moon Island turbine plan is toppled
ムーンアイランドのタービン計画は倒されます

(wickedlocal.com|2012年2月24日)
https://www.wind-watch.org/news/2012/02/24/moon-island-turbine-plan-is-toppled/



By Jack Encarnacao, The Patriot Ledger



クインシー –



スクアンタムの住民からの
組織的な調査と反対は、
ムーンアイランド(Moon Island)に
400フィートの風力タービンを建設するという
ボストンの提案から風を吹き飛ばした。





ボストンの提案を支持した
クインシー市長のトーマス・コック氏は、
木曜日に郵送された書簡で
住民に
タービンについて十分な支援がないと伝えた。




コッホ氏は、
「私は簡単にこの決定に至りませんでした」と
書きました。

「過去数週間に渡って
多くのスクアンタムの隣人と話をした結果、
ムーンアイランドの
主要な風力タービンの建設を
可能にするために必要な
強力なコミュニティコンセンサスが
存在しないことがわかりました。」





クインシーの
最も積極的な議決権行使で知られていた
スクアンタムの住民は、
会議の開催や署名の推進などを行い、
提案の精査を求め、
今年は2009年に最初に浮かび上がり、
計画委員会に先行しました。





ムーンアイランドはボストンが所有していますが、
クインシー市の境界の中にあります。

陸路で彼らの所に着く唯一の方法が
スクアンタム通りを通るので、
ロングアイランドは
長い間、隣人の悩みになってきました。





声明の中で、
ボストン市長トーマス・メニノは、
提案を取り下げ、
コッホ氏が任命する委員会の承認が必要だと述べた。




「気候変動対策と環境関連の仕事への
コミットメントを示す
このクリーンエネルギープロジェクトで
前進することができなかったことに失望している」と
メニノ氏は語った。

「ムーンアイランドは、
住宅地域ではほとんどの住民から
約1マイル離れた場所にあり、
騒音や影の影響をほとんど受けないため、
コミュニティ規模の風力プロジェクトに
他に類を見ないほどの場所です。」




この計画は、ボストンとクインシーが、
タービンが発電する電力を
売却することによって得られる収益を
分割することを目的としていました。

収入の見積もりは、年間800,000ドルと高いです。




2月22日に、数十人の住民は
コッホ氏と他の市役所関係者に宛てた手紙で
「我々の海岸から1マイル未満の海抜500フィートに
そびえるであろう」タービンに関する
追加の科学的研究を議論するための審理を
依頼しました。





この手紙は、とりわけ、
住民が、タービンからの音が
水の中をどのように伝わるかを
より正確に評価すると述べた
音響影響的研究が
不足していることを浮き彫りにしている。





「明らかに、商業用風力タービンを
住宅に近すぎて設置することによる
悪影響を示す証拠が出始めている。」
と、
ファエ・アンダーソン(Faye Anderson)、
メリッサとマイケルBeesley
(Melissa、Michael Beesley)と
ジーン・トンプソン(Jeanne Thompson)が
署名した手紙は結論づけています。

「現在、全米の多くの都市や町が
高価な訴訟に巻き込まれており、
これらの施設を閉鎖することを余儀なくされています。

さらに、多くの人々が
人々の住居の価値の低下を無理強いされています。」





居住者は、風力タービンを研究し、
情報を共有するための
ワーキンググループを結成しました。


多くの人が、2月28日の審理に向けて、
指摘された質問をする用意があると、
クラブトリー通りの居住者
ルイーズ・グラボウスキー氏は述べています。




「これはスクアンタムの心配です;
彼らは本当に彼らの近所を気にしている。」と
彼女は言った。

「これが調べる理由です。
それが情報提供のために一生懸命に
研究している理由です...
私たちはこの決定に対して
市長に本当に感謝しています。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------

<可決⇒1-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>

2016年5月23日

1-マサチューセッツ州
◇As Kinder Morgan withdraws gas pipeline application,
Massachusetts House proposes wind-hydropower energy bill
キンダー・モーガン社がガスパイプラインの申請を撤回して
マサチューセッツ下院は風-水力発電のエネルギー法案を提案する

(MassLive.com|2016年5月23日)
http://www.masslive.com/politics/index.ssf/2016/05/as_kinder_morgan_withdraws_app.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4458.html

--------------------------------------

<可決⇒2-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>

2016年8月1日

2-マサチューセッツ州
◇Massachusetts Legislature passes renewable energy compromise bill
マサチューセッツ州議会は、再生可能エネルギー妥協法案を可決します
(2016年8月1日)
http://www.masslive.com/politics/index.ssf/2016/08/massachusetts_legislature_vote_1.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4459.html

---------------------------------------

<可決⇒3-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>

2016年8月8日

3-マサチューセッツ州/画像
◇Gov. Charlie Baker signs hydropower, wind energy bill into law
チャーリー・ベーカー知事は、法案に署名して風‐水力エネルギー法を成立させる
(masslive.com|2016年8月8日)
http://www.masslive.com/politics/index.ssf/2016/08/gov_charlie_baker_signs_hydrop.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4460.html

-----------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-13 : ☆可決⇒マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR