騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒1-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>1-マサチューセッツ州:キンダー・モーガン社がガスパイプラインの申請を撤回して、マサチューセッツ下院は風-水力発電のエネルギー法案を提案する // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<可決⇒1-マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法>




2016年5月23日




1-マサチューセッツ州
◇As Kinder Morgan withdraws gas pipeline application,
Massachusetts House proposes wind-hydropower energy bill
キンダー・モーガン社がガスパイプラインの申請を撤回して
マサチューセッツ下院は風-水力発電のエネルギー法案を提案する

(MassLive.com|2016年5月23日)
http://www.masslive.com/politics/index.ssf/2016/05/as_kinder_morgan_withdraws_app.html



By Shira Schoenberg



画像:

重要な下院議員によって提案される法案は、
長期の契約に風と水力を要請することを州に要求します

(Associated Press)


=====================================




ボストン –



マサチューセッツ州議会の主要議員らが
月曜日に発表したエネルギー法案では、
州の公益企業は、
より多くの海上風力と水力発電を購入する長期契約を
締結する必要がある。





D-Winthropのロバート・デレオ下院議長は、
「明らかに、今後のコストを抑えることを望んでおり、
最も重要なのは、元のエネルギー源が
オフラインになっている
現在のエネルギー源がどこから来るのかという方向を
変える必要があることだ。」と述べました。





通信委員会の下院議員が提案したこの法案は、
州のエネルギー配給会社に対し、
2027年までに1,200メガワットの
海上風力を購入する
15年から20年の契約を求めることを要求する。




企業はまた、
1,200メガワットの水力発電を購入する
長期的な提案を求めなければならない。
(これは、マサチューセッツ州に
電力を供給できる送電線の建設にかかっている)。





卸売業者は、入札が評価プロセスを経て、
合理的かつ費用対効果の高いものである限り、
契約を締結する必要があります。

両方の種類のエネルギーに対する入札は、
他のニューイングランド州と同様に、
地域別に請求される可能性がある。




委員会の上院議員は、
委員会から出された際に法案に投票しなかった。


テネシー州上院議員、
電気通信・電力・エネルギー委員会委員長の
ベン・ダウニング氏は、
上院議員は依然として言語を見直していると述べた。




ダウニング氏は、
法案が十分に包括的だとは思わないと述べた。

「始めるのは悪いところではないが、
オムニバスの法案というのはちょっとだと思う」と
ダウニング氏は語った。





ダウニング氏は、包括的なエネルギー法案には、
エネルギー効率、エネルギー貯蔵、
購入される再生可能エネルギーの量の増加に
関する規定も含まなければならないと言いました


- 水力発電と海上風力だけでなく。




「我々はもっと多くのことを行う必要がある」と
ダウニング氏は語った。






共和党のチャーリー・ベーカー知事は、
以前は水力発電の長期契約を
調達するための計画を浮かべていた。

ベーカー氏は1,200〜2,400メガワットの
水力発電を購入することを提案したが、
風力は含んでいなかった。





ベーカー氏は下院法案の仮支持を表明したが、
下院と上院を通過しなければならないと指摘した。

ベイカー氏は、
「現時点では、ポートフォリオの拡大、
エネルギー源の多様化、
マサチューセッツ州とニューイングランドの
ポートフォリオに、
水力と風力の大きなスラグを組み込むという
アイデアを背景に構築された
非常に強力な法案としている」と述べた。




ベイカー氏は次のように述べています。

「コンボプラッターと呼ばれるものを作り、
ポートフォリオを多様化し、
より伝統的なエネルギー源に
いくつかの選択肢を組み込むことは、
これまで以上に重要であると考えています。

私たちの地域のエネルギー需要を
今後も満たすことができます」




州議会は、7月の終わりまで、
その年の正式な立法会議を締結し、
法案を可決するまで継続します。





電気通信・電力・エネルギー委員会の
メンバーである
トム・ペトロラティ州議会議員(D-Ludlow)は、
下院が6月15日に投票を予定していると述べた。





支持者はすでに法案を批判している。




天然ガス、石炭、石油、太陽光、風力、
地方の水力発電などの発電機を代表する
ニューイングランド発電ジェネレーター協会の
ダン・ドーラン会長は、
この法案は
消費者のコストを増加させる可能性があると述べた。





ドーラン氏は、マサチューセッツ州の電力市場の
3分の1を掘り起こし、長期契約に固定すると、
水力発電と風力発電は
他のエネルギーと競合する必要がないため、
コストが上昇すると述べている。





「この2つのリソースは、
より広範な市場での競争から隔離されています」と
ドーラン氏は述べています。

「これらのリソースは、
機能するためには別個の市場が必要であることを
効果的に認めています。
他とオープンマーケットで競争しなければならない場合、
コスト効率の高いリソースではありません。




ドーラン氏は、この提案は
マサチューセッツを競争の激しい市場から
「独占規制の悪い古い時代」に近づけるだろうと
述べた。




ケイトリン・ピール・スローン氏、
環境保護団体である
保存法財団のスタッフ弁護士が
彼女のグループは、
より多くのオフショア風力の購入を
要求したいと考えていました。

この法案は陸上風力や太陽エネルギーなどの
再生可能エネルギーよりも
水力発電に重点を置いていることに失望しています。





「我々は、1つの輸入された
エネルギー源に対する過度の依存を売買したくない
- 天然ガス
- 別の輸入エネルギー源への過剰依存
- 水力」と、ペールスローン氏は言った。

「水力発電は天然ガスよりもクリーンであっても、
気候の観点からは陸上風力ほどきれいではない」





『マス・パワー・フォワード』は、
環境、社会的正義、および地域社会の団体で、
このグループは1,200メガワットではなく、
2,000メガワットの海上風力の調達を
望んでいたと、言いました;

それは、天然ガスパイプラインに
資金を供給するために
電気料金を引き上げることの禁止、
太陽エネルギーへの新たな投資のためのものです。




連邦議会が発表した声明のなかで、
Toxics対策センターのクレア・ミラー氏は、
「私はすべてそれが欲しい」と述べた。

「ガスパイプライン税の禁止、
海上風力のための完全な2,000メガワット、
およびアクセス可能な無制限の太陽光。

私たちの健康、経済、そして未来は、
地域の再生可能エネルギーを倍増させる必要があります。」





風力、水力、および送電会社を代表する
マサチューセッツクリーン電力パートナーシップは、
この法案を温室効果ガス削減の
国家目標を達成する上で
『重要な前進』と呼びました。




Petrolati氏は、
風力発電と水力発電から
それぞれ1200メガワットの電力が
プロジェクトを経済的に実行可能にするのに
十分であるかどうかなど、
下院議員会の委員会で
解決できることを望むと言いました。




また月曜日、
エネルギー会社のキンダー・モーガンは、
論争の的になっている
ノースイースト天然ガスパイプラインを
建設するための申請を撤回した。


キンダー・モーガン社は、
見込みの顧客からの容量不足を理由に、
4月にプロジェクトを中断しました。




「NEDは死んでおり、
私たちは、オフラインになっている
約9,000メガワットを、
寿命を超えて
石炭と石油からシフトする既存の工場を
閉鎖することで
置き換える道を見つける必要がある。」と
D-Amherstのスタンローゼンバーグ上院議長は述べた。




ローゼンバーグ上院議長は
上院議員が依然として
下院法案を審査しなければならないと述べたが、
法案の議論が
「本当に私たちのエネルギー供給をグリーンにし、
私たちが気候変動を最小限に抑える機会を
与えてくれることを願っている」と述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-07 : ☆可決⇒☆マサチューセッツ州:風-水力発電エネルギー法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<可決⇒⑤、⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>⑤ネブラスカ州:サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認…ヨーロッパ諸国は風力発電の経験が豊富でセットバック距離が大きい‐例えばドイツは1,000メートルのセットバックを作り出しています…ダン・シュミット |⑥ネブラスカ州:リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <可決⇒③、④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>③ネブラスカ州:バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します…『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』グループは、ゾーニング規制のないバトラー郡が風力発電の開発に何ら制限を加えることができなかったことを知った後、町にアプローチをしました。この規則は、5つの他の町でも予定されています。 |④ネブラスカ州:フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認 / ぜひ⇒フェイスブック‐市民グループ『ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー』 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR