騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<気になるニュース/美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」>ぜひ⇒北海道:この美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」はとてもまれで、それは日本にだけ流れ着きます…このような氷は世界中のどこにも見つかりません // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<気になるニュース/美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」>




2017年2月1日




ぜひ!⇒
北海道
■This beautiful 'jewel ice' is so rare, it only washes up in Japan
この美しい「ジュエリーアイス(宝石氷)」はとてもまれで、それは日本にだけ流れ着きます

(2017年2月1日)
http://www.sciencealert.com/
this-beautiful-jewel-ice-only-shows-up-in-one-part-of-the-world?perpetual=yes&limitstart=1



日本のある川でしか見つかりません



DAVID NIELD



日本の十勝川のほとりにある海岸に打ち上げられ
砂の上に宝石のように散乱した
澄んだ氷の塊が美しい自然現象で見られます

- そして、このような氷は
世界中のどこにも見つかりません。



これらの特徴的な氷の断片は、
「ジュエリーアイス(宝石氷)」
または「十勝川の氷」として
知られるようになりました。

塩分のない川水、氷点下の気温、
海洋の潮のユニークな組み合わせによって
作られています。




それが地元の人に見つけ出されるまで、
北海道の北の島に打ち上げられる
「ジュエリーアイス(宝石氷)」は
つい最近まで、広く知られていませんでした
しかし、それは地域の観光旅行の場所として
フィーチャーされるのに十分なほど
現在は有名です

– そして、毎年1月と2月に、
大勢のカメラマンを引きつけています。




温度が十分に低くなると、十勝川の河口が凍りつく。

氷のブロックが崩壊し、潮に乗って
海に漂流してから海岸に打ち上げられます。

最終的に、それらは砂の中に溶けていく。




「私はこの種の氷について聞いたことがなく、
そのような海の氷は見たことがない。」と
英国のケンブリッジ大学の海洋物理学者、
ピーター・ワドハムズ氏は
ニューヨーク・タイムズ紙に語った。




「それはまさに川の氷で、塩がないので透明です。」




その透明性と純度は
時間帯と空の色に応じて
氷のブロックが
オレンジやサファイアの色合いを放って、
宝石のような効果をもたらします。




十勝川の敷地は、
この種の川の氷を見るために
唯一知られている場所であると、
ワドハムズ氏は述べています
しかし、チリのフィヨルドと
アラスカの入り口にある明確な氷河の氷は、
同様の特性を持つ可能性があると彼は言います。




氷の化学者である
ヴェルナー・F・クース氏は、
ニューヨークタイムズのジョアンナ・クラインに、
「ジュエリーアイス(宝石氷)」の組成は
雪の結晶と似ていると語った。




彼によると
「通常、湖や川の氷は透明ではありません。
凍ったら氷の中に
たくさんの小さな気泡ができます。」




「氷の一部分は、
分離された部分で空気を蓄えておく
気泡がない状態で成長することができます;

実際に拡大した '宝石'の結晶の中には
大きな泡がいくつか見られます。




天体物理学者のTamela Maciel氏が
物理学中心のブログで説明しているように、
透明な氷を得るにはゆっくりとした
凍結プロセスが必要であるため、
不純物や気泡が表面に浮上して
脱出する可能性があります

- そして、まず第一に、
水がより純粋であるほど良い。





上の記事からわかるように、
ソーシャルメディアは
今や十勝川の美しさを
より広い世界に広める助けとなり、
現在はその地域のガイドツアーと
その現象に特化した博物館があります。




あなたがこのナチュラルな光景を
自分のために見る最高の機会を望むなら、
1月下旬または2月初旬が最善の時間です

- 氷の更新は
地元の町の観光サイトに掲載されます。





私たちはチケットを手に入れるために
お金を貯めていますが、
しかし、その間は常にInstagramがあります。

※ 本文中にインスタが紹介されています。
  (おとしん:注)





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-06 : 気になるニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<可決⇒③、④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>③ネブラスカ州:バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します…『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』グループは、ゾーニング規制のないバトラー郡が風力発電の開発に何ら制限を加えることができなかったことを知った後、町にアプローチをしました。この規則は、5つの他の町でも予定されています。 |④ネブラスカ州:フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認 / ぜひ⇒フェイスブック‐市民グループ『ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー』 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <可決⇒①、②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>①ネブラスカ州:風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める |ぜひ⇒風力発電所の反対派は組織化する / ぜひ⇒フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー…風力発電所は農業ベース・エリアの中心に配置される大規模な『コンビナート』である // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR