騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~破損・火災・落雷・事故>ドイツ:プロペラ機が風力タービンに衝突、パイロットは死亡 | 島根県 隠岐風力発電 赤字続き1基廃止へ  |隠岐風力発電1基廃止 導入前の調査 検証へ  | 茨城県:鹿島港沖の風力発電、丸紅が撤退  当初の採算水準届かず | ミシガン州:風力タービンは、ミンデン市とDeckervilleの間のスノーモービル・コースで壊れる |インド:グジャラートの男性は、Surendranagarに風車を設置することで衝突して死亡した |ペンシルバニア州/画像:州で初の風力発電所が解体される // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<風車~破損・火災・落雷・事故/ドイツ:飛行機衝突>




2017年2月2日




ドイツ
◇Propeller plane crashes into wind turbine, killing pilot
プロペラ機が風力タービンに衝突、パイロットは死亡

(DPA/The Local |2017年2月2日)
https://www.thelocal.de/20170202/propeller-plane-crashes-into-wind-turbine-killing-pilot




ドイツで初めて、
飛行機が風力タービンと衝突しました。

このクラッシュはパイロットにとって悲惨なことでした。




事件は、木曜日に
ドイツ北西部のメレの町の外で起こったと
警察は報告している。




「われわれが確認できる限り、
それはドイツでの初めての衝突である」と、
連邦大気汚染事務所のスポークスマン
Germout Freitag氏は語った。





木曜日の午後までに、
事故の理由とパイロットの身元は、
両方とも不明なままでした。




しかし、伝えられるところでは、
飛行機は比較的清潔な空気の中で
40メートルの高さで風力タービンに衝突しました。




知られているのは、その飛行機が
シングルエンジンダイヤモンドDA 20 A1であったと
いうことです。

Melle-Grönegauには、
このモデルの飛行機が駐留する
事故現場から約1.5kmに滑走路があります。

しかし、これが
飛行機が離陸した場所であるかどうかは不明です。




調査官は今、
さらなる犠牲者のために残骸を探しています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故>



2017年1月12日



島根県
◇島根県 隠岐風力発電 赤字続き1基廃止へ

(山陰中央新報| 2017年1月12日)
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=563194004



島根県企業局は、
同県隠岐の島町にある隠岐大峯山風力発電所3基
(出力計1800キロワット)のうち、
施設利用率が低い1基(600キロワット)を
廃止する方針を固めた。


江津市の高野山風力発電所を含めた
県の風力発電事業で、風車の廃止は初めて。


隠岐大峯山発電所の収支は
2004年2月の稼働以来
3億円以上の累積赤字を抱えており、
再生可能エネルギーの固定買い取り価格が
頭打ちになる中、黒字化は見込めないと判断した。


【詳しくは本紙紙面をご覧ください】



* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故>



2017年1月18日



島根県
◇隠岐風力発電1基廃止 導入前の調査 検証へ

(山陰中央新報| 2017年1月18日)
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=563283004



島根県企業局が隠岐大峯山風力発電所
(島根県隠岐の島町)の1基を廃止することについて、
溝口善兵衛県知事は17日の定例会見で、
導入前の調査が妥当だったかを検証する考えを示した。



同発電所は、日本海の冬季特有の落雷が
県の想定を超えるエネルギーだったため、
避雷針などの対策が有効に機能せず、
故障を繰り返した。


溝口知事は「十分な知識がなかったことが
影響しているのではないか。
構想のどこに(判断)ミスがあったのか調査したい」と述べた。



【詳しくは本紙紙面をご覧ください】



* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故>



2017年1月11日


茨城県
◇鹿島港沖の風力発電、丸紅が撤退  当初の採算水準届かず

(茨城新聞|2017年1月11日)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14840615650515


(戸島大樹)


鹿島港沖(神栖市)で洋上風力発電事業を行う
計画だった大手商社の丸紅(東京)が
事業を取りやめることが10日、分かった。

25基の大型風力発電設備を設置する予定だったが、
同社は「風況が想定の水準に達しなかったことも含め
検討した結果、
当初想定した事業採算の水準を下回った」と説明している。

県は同日付で事業予定者の取り消しを決め、
2月に新たに公募すると発表した。




県は2012年7月に鹿島港の港湾区域に
「再生可能エネルギー源利活用区域」を設定し、
風力発電設備の導入に向けて民間事業者を公募。

丸紅の事業計画はウィンド・パワー・エナジー
(神栖市)とともに同年8月に採択された。



計画では2社で計680ヘクタールの水域を分割し、
丸紅が南側区画を、
ウィンド・パワー・エナジーが北側区画を担い、
17年の稼働を目指して出力5メガワット級の
風量発電設備計約50基を建設する予定だった。



丸紅は当初15年に着工し、
17年に風力発電設備を稼働させる予定だったが、
まだ着工しておらず計画に遅れが出ていた。

ウィンド・パワー・エナジーは計画通り事業を進めるという。



昨年12月26日に丸紅側から県に対して
事業取りやめの報告があり、
運営コストが想定を上回ることや、
風況が想定を下回ることから、
当初の利益目標に達しない点が
撤退理由に挙げられたという。



県は丸紅が撤退した南側区画の水域について、
2月を目途に公募する。



県港湾課は「現時点でほかの事業者から
風況の問題に関する指摘はない」と説明し、
「場所が水域で不利益は生じていないため、
事業者への特段の措置は考えていない」としている。



洋上風力発電は陸上に比べ風速が安定しており、
騒音の影響が少ないのが利点で、
県全体の風力発電施設の約8割が神栖市に集中し、
関東有数の風力発電地域を形成している。



北側区画を担うウィンド・パワー・エナジーは、
大規模洋上風力発電所「メガサイト鹿島」の
第1期計画として、1・2〜1・6キロ沖合に
出力5千キロワット級の風車を設置し、
総出力10万キロワットの事業を進めている。



年間総発電量は、一般家庭約6万世帯分の
年間消費電力量に相当する約2億4500キロワット時を見込む。

当初は17年中の稼働を目指していたが、
着工が遅れている。

(戸島大樹)



* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



--------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/ブレード損壊>




2016年12月15日





ミシガン州
◇Wind turbine breaks on snowmobile trail between Minden City and Deckerville
風力タービンは、ミンデン市とDeckervilleの間のスノーモービル・コースで壊れる

(ヒューロン・デイリー・トリビューン | 2016年12月15日)
http://www.michigansthumb.com/news/article/Wind-turbine-breaks-on-snowmobile-trail-between-10798305.php




セス・ステープルトン(トリビューン・スタッフライター)




ミンデン郡区 –



ミンデン(Minden)とリドリー(Ridley)ロードの
壊れた風力タービンには、
この地域のスノーモービルに、
損壊したタービン付近の
人気のコースを避けるように求めている職員がいます。






ミンデン市消防署長の
ザック・クレーマー(Zach Kramer)によると、
水曜日の夜の間に
タービンの上でブレードが折れてぶら下がり
その辺りに破片を吹き飛ばしました。


このタービンは、
ミンデン市とDeckervilleの間の
主要なトレイルである
Sanilac郡のスノーモービルトレイルNo. 20の
すぐ隣に位置しています。






当局は、ライダーの安全性の懸念から、
それを閉鎖して経路を変更するよう取り組んでいます。





「ATVやスノーモービルは、
ミンデン郡区のリドリーロードの北にある
トレイル20のそばから離れる必要があります。

「ブレードは空中で揺れており、
瓦礫は吹き飛ばされ、東に向かっています。

それがスノーモビルのコースがあるところなので
それが私たちの主な関心事です。
それはかなり近いところにあります。





クレーマー氏は、
今週末に予定されている吹雪で視界が損なわれ、
潜在的な危険にさらされると付け加えました。




ブレードはDTEエナジーの
ミンデン・ウィンド・パークにあります。

当局者は木曜日の午前4時7分に
ブレードが壊れたことに気づきました。





DTEのシニアコミュニケーションスペシャリストである
シンシア・ヘクト(Cynthia Hecht)は、
次のように述べています
「タービンは直ちに閉鎖され、
この事故の結果、怪我はありませんでした。」

「ブレードは安全区域内に落ち、
タワーから50〜70フィート離れたままになっています。
承認されたゾーニングの安全区域の外では
何も発見されませんでした。」


※ 50〜70フィート = 15.24 ~21.33600 メートル




ヘクト氏によると、
DTE EnergyとGEのチームが
木曜日の午後に現場に出ており、
その地域は確保されていると言います。





「DTEは直ちに(町の)監督者に通知し、
調査を開始した」と彼女は付け加えました。

DTEは、2012年12月に
20-タービン・ミンデン風力パークを委任しました。

それはSanilac郡のミンデン市の南に位置しています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/インド>




2017年1月31日




インド
◇Gujarat man shot dead after clash over installing windmills in Surendranagar
グジャラートの男性は、Surendranagarに風車を設置することで衝突して死亡した

(インドエクスプレス|2017年1月31日)
http://indianexpress.com/article/cities/rajkot/
gujarat-man-shot-dead-after-clash-over-installing-windmills-in-surendranagar-4499682/



警察は
民間企業に雇われた男性が農民に発砲して
そのうちの1人を殺し、3人を負傷させたと述べた





エクスプレスニュース・サービス




月曜日にSurendranagarのサダラ村の
Muli talukaに風車を設置するために
民間企業に雇われた人たちのグループと衝突して
一人の農民が死亡し、3人が負傷しました。


警察は、サダラ村の約5人の農家が、
村の風力発電基地を準備するために
民間企業が行った掘削と爆破に反対したと述べた。

農家は、岩の爆破や掘削活動が
近くにある農場の坑道に損傷を与えていると訴えていた。






これは農家と民間企業が雇用した警備員との間に
衝突をもたらした。

警察は、
民間企業に雇われた男性は農民に発砲し、
そのうちの1人を殺して3人を負傷させたと語った。

「1人は、土地問題をめぐる衝突で銃撃された。
他の人が負傷し、様々な病院に運ばれています。
この状況は現在のところ順調に行っている」と、
Surendranagarの警察本部長
ディーパック・Meghani氏はインドエクスプレスに語った。





ムリ警察は、
被害者はサダラの居住者である
ジョダブライ・ラバリ氏(48)と確認されたと
語った。

「ジョダブライ氏は
頭に弾丸が当たってその場で死亡しました。
彼の息子と2人の他の人も
弾丸の怪我を負って病院に運ばれた」と
ムリ警察の副官のヴァンレイシン・ジェデハ氏は述べた。

警察は、農家もスティックで報復し、
風車会社のグループの4人も負傷したと語った。

彼らもSurendranagar、
ThanとRajkotの病院に運ばれました。

ジェデハ氏は、
彼らが事件を登録する過程にあると言いました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/ペンシルバニア州:廃棄>


2016年11月14日


ペンシルバニア州/画像
◇State’s first wind farm being disassembled
州で初の風力発電所が解体される

(dailyamerican.com|2016年11月14日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/
state-s-first-wind-farm-being-disassembled/article_f8a446a8-829a-5884-aaf4-194e5f3c7767.html




By VICKI ROCK



ペンシルバニア州最初の
風力発電所が解体されています。





ドナルド・デッカー氏と
彼の弟ロバート・デッカー氏はそれぞれ、
ガレット近くの農場に4つの風車を持っていました。




「それらが悪化していると言われた」と
ドナルド・デッカー氏。

「それらは毎週
メンテナンスを行うことになっていたが、
冬は時には1ヶ月間稼働しなかった」





そのグループの風力タービンは、
グリーンマウンテン風力エネルギーセンターと呼ばれ、
もともとイギリスの
ナショナルウィンドパワー社が所有し、
フロリダに拠点を置く
ネクステラ・エナジー・リソーシズ社によって
運営されていました。

企業スポークスマンは、
月曜日にコメントすることはできなかった。




風力発電所からのエネルギーは、
テキサス州の
グリーン・マウンテン・エネルギー社によって
販売されました。

200フィートの風力発電所8基は
2000年秋に建てられました。


10.4メガワットのプラントは、
約3,300戸の家庭の平均的なニーズに
対応するのに十分な電力を生産することができます。




サマーセット郡計画委員会の
プランナーであるビル・リーマン氏は、
サマーセット郡に風車の条例ができる前に
風力発電所が建設されたため、
廃棄について報告する必要はなかったと述べた。


郡内の少なくとも2つの他の風力発電所も、
2004年に承認された条例の前に建設された。





風車が建てられたとき、
デッカー兄弟は約20年続くと言われました





「まあ、これはそれに近い」と彼は言った。

「私はそれらがそこにそのままいてほしいのですが
私たちができることは何もありません。」




ギャレットのMike Petenbrink氏は、
降りてくるタービンの1つを撮影しました。




「彼らはそれを打ち、木を落とすように、
その一部を切った。」と彼は言った。

「掘削機はそれをケーブルで引っ張って落とした。
それは下におろされました。
すべてがそうやって終わります;
寿命は約20年だと私は覚えています。」




メイヤーズデール のJoseph Romesberg氏は、
彼と彼の両親、フレッドとルースが
風車が組み立てられているのを
見に行ったことを思い出しています。

彼の父親はもう生きていない。




「それらが降ろされるを見て
ちょっと落ち込んでいる」と彼は言った。

「それらがこのエリアで初めてのものだったので、
建ち上がったときに
私たちは興奮していました。

それらが降ろされるのは悲しいことであり、
それが何年になったかを知ることです。」




ネクステラ社はまた、
サマセット、マイヤーズデール、ミルラン、
フェイエット郡の近くの風力発電所を
運営しています。
そこで、タービンが2014年に崩壊し、
誰も負傷しませんでした。


サマセット郡には180以上のタービンがあり、
サザンプトン、ノーザンプトン、ラリマー、
グリーンビルの
ツインリッジス風力発電所の68台が含まれています。




リーマン氏によると、
ラリマーとサウサンプトンの町にある
メイソン・ディクソン風力プロジェクトは、
20台の風力タービンについて承認されているという。

プロジェクトはツインリッジス変電所と
相互接続しています。
エバーパワー ウィンド ホールディングスが開発者です。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-04 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR