騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<ミステリアス・ハム:③英国グリムズビー ・ハム>③イングランド:グリムズビー・ハムの謎は、解決しましたか?…医師はケンブリッジのアデンブルック病院が1990年代に、ハム(低周波音)の原因が外的であると確認するまで、患者の耳鳴りを聞く能力のせいにしました / 高調波、倍音とは? |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<ミステリアス・ハム:③英国グリムズビー ・ハム>




2015年4月20日




③イングランド
◇Has the mystery of the Grimsby hum been solved?
グリムズビー・ハムの謎は、解決しましたか?

(グリムズビー・テレグラフ|2015年4月20日)
http://www.grimsbytelegraph.co.uk/mystery-grimsby-hum-solved/story-26359862-detail/story.html




By Grimsby Telegraph




画像:

マーガレット・ベルトン、
彼女はすでに2004年にハムに悩まされていた


============================



グリムスビー地域の人々を
10年以上悩ませた謎のハムは、
フランスの科学者たちによって解決されたかもしれない。




長年に渡って、多くの人が
『グリムスビー・ハム』を神話以外のものと
信じていましたが、
それを傷つけて夜に目覚めた人にとって、
それは非常に現実的でした。




今フランスの科学者たちは、
彼らが最終的に何人かの人を怒らせる
低周波騒音の背後にある謎を
解決したかもしれないと信じています。





ニュー・ウォルサムの
Pretymenクレセントの
マーガレット・ベルトンさんは、
謎の騒音のために過去10年間、
眠れない夜に耐えてきました。
これは20人に1人が聞いていると言われています。





彼女の家とは別に、
ノイズが特に強い他のホットスポットには、
Cleethorpesのキングスロード、
グリムズビーのRibyスクエア、
ビクトリア・ショッピングパーク、
ピープルズ・パークなどがあります。






彼女の苦境はグリムスビー・テレグラフで
最初に報告されて以来、
ベルトン夫人は同様に影響を受けている
北東リンカンシャー地区の
約400人の他の人々と接触したと言います。




昨年、ノースイーストリンカンシャー協議会は、
2002年に騒音に関する苦情を調査し​​たが、
その原因を特定することができませんでした。






しかし、説明が今すぐ手に入る可能性がある
‐何年も前から示唆されているように、
低く唸る音を引き起こしている可能性が
ありえることについて研究者からの説明がありました
‐風力タービン、送電線、UFOではありません。



Centre National de la Recherche Scientifiqueの
上級研究員によれば、
難解なハミング音は、
海底で振動する波の圧力によって引き起こされます。





スコットランドのLargsから
ニューメキシコのタオスまで
世界中の人々の2%が騒音を聞き取ることができると
報告されています。





フランスの科学者のファブリース・Ardhuin
(Fabrice Ardhuin)は、
海洋が答えを持っていると確信しています。
彼は、地震波を発生させるのが海底の波の圧力であり、
地球を振動させると言いました。






彼の理論は、
連続波が13〜300秒間続くことができるということです。
この音は、
低周波に敏感な世界の少数の人々によって拾われます。





Ardhuin氏は、
地球物理学研究誌「地球物理学研究誌」に
掲載されたこの研究では、次のように述べています:

「この不可解な信号を説明する
大きなステップを踏み出しました。」





ハムを引き起こした可能性があることを
何年も提案してきましたが、
さまざまな考え方にもかかわらず、
患者は共通の要因を特定しています


- ハミングは屋内でしか聞こえず、
それは低くて騒がしい騒音で
夜には大きくなります。

より多くの農村地域でより一般的です。






医師はケンブリッジのアデンブルック病院
(Adenbrooke's Hospital)が1990年代に
原因が外的であると確認するまで、
患者の耳鳴りを聞く能力のせいにしました。






説明は歓迎されますが、
それは苦しんでいる人を助けないかもしれない。






ベルトンさんは以下のように述べました:

「それはこれまでよりも悪く、
私が接触してきた人々は、
悪化していると言います。

それは常にビートを持っていますが、
今それは打撃ビートであり、それは振動します。」





「それは耐え難いことです。
それは耳だけでなく、頭の中に入ってきます。
それは騒音と同じような圧力です。
それは感覚のようです。」





ベルトンさんは、
常に騒音は一定ですが、重大度は変動します、
そして
午後11時から午前1時の間が最悪であると
いつも言っています。





「それはいつも聞くことができます。

午後7時30分から午後8時にピークを迎えてから、
少しゆっくりしています
そして、それは午後9時30分頃に
再び上がり始めます、
そして午後10時から午後11時の間に、
それはより大きく、より速くなり始めます、
そして、
午後11時から午前1時の間に減ります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------
関連記事
-----------------------

<①ミステリアス・ハム:英国/グリムズビー ・ハム>

2011年8月24日

ぜひ!⇒
①イングランド
◇Don't know cause – but it will be too expensive to fix
原因はわかりません – しかし、直すにはあまりに高価です

(グリムズビー・テレグラフ|2011年8月24日)
http://www.grimsbytelegraph.co.uk/don-t-know-cause-ndash-expensive-fix/story-13192623-detail/story.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4428.html

----------------------------

<ミステリアス・ハム:②英国グリムズビー ・ハム>



NELCの環境インフラストラクチャの
サービスマネージャであるネーサン・Vear氏は
次のように述べています。

「低周波ノイズは少数の人にとって本物で
本当の問題であることを認識しています。」


「個々のケースについてはコメントしていませんが、
最近、継続的かつ長期的な低周波ノイズの苦情を
再開して調査しましたが、
これまでのところノイズの存在を
確認することはできませんでした。」


===========================

2014年6月16日
ぜひ!⇒
②イングランド
◇Grimsby woman says she is not potty and she can hear unexplained noises in her head
グリムスビーの女性は、彼女はばかげていないと言います、
そして彼女は頭の中で説明できない騒音を聞くことができます

(グリムズビー・テレグラフ|2014年6月16日)
http://www.grimsbytelegraph.co.uk/people-think-m-potty-hear/story-21242385-detail/story.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4429.html


グリムズビー・テレグラフ

画像:

それは何ですか?

ニュー・ウォルサムの
マーガレット・ベルトンさんは
低周波ノイズに苦しんでいます。

彼女は、2002年に始まって以来、
それがこれまで以上に悪いと言います。

彼女はノイズの詳細な記録を作成した
ノートブックを持っています。

写真:Abby Ruston


====================================

低周波騒音に10年以上悩まされている女性は、
この問題がこれまで以上に悪化していると言います。


Pretymen・クレセントt、
ニュー・ウォルサムの
マーガレット・ベルトンさんは、
20人中1人が聞くことができる
不可解な騒音のおかげで、
過去10年間、眠れない夜に耐えました。



彼女の苦境は
『グリムズビー・テレグラフ』で
最初に報告されて以来、
ベルトン夫人は
同様に影響を受けている
ノースイーストリンカンシャー地区の
約400人の他の人々と接触したと言います。


ノースイーストリンカンシャー評議会は最近、
2002年の騒音に関する苦情について
調査を再開したが、
これまでは原因を特定できませんでした。


しかし、ベルトン夫人は、騒音の専門家によって
彼女のリビングルームで採られた新しい測定値が、
騒音がどこから来ているかの
手がかりを提供することを望んでいます。



ベルトン夫人は言った:
「それはこれまでよりも悪く、
私が接触してきた人々は、それが悪化していると言います。
それは常にそれにビートを持っていますが、
今それは打撃ビートであり、それは振動します。」



「それは耐え難いことです。
それはあなたの耳だけでなく、
あなたの頭の中に入ってきます。

それは騒音ほどの強い圧力です。
それは感覚のようです。」



ベルトン夫人は、騒音は一定であるが、
重大度で変動し、
午後11時から午前1時の間が
最悪の状態にあると言います。



「それはいつも聞くことができます。
それは午後7時30分から午後8時にピークを迎えてから、
少しゆっくりして
午後9時30分から午後10時から再び上昇し始めます。
そして、午後11時の間にそれは減ります。」


彼女の家とは別に、
彼女は、ノイズが特に強い他のホットスポットは、
CleethorpesのKings Road、GrimsbyのRiby Square、
Victoria Retail Park、People's Parkなどがあります。



彼女は毎週他の人と会うと言います。


「私は言います。
『あなたはそれを聞くことができますか?』
私はほとんどの人は私がばかげていると思うが、
時には他の人もそれを聞くことができます。

私は動物がそれを聞くことができると確信しています。
私は犬が吠えているのが聞こえます。
そして、私は
『はい、あなたはそれを聞くことができます』と
心の中で思います。


2008年には、
シェフィールド大学のノイズ専門家が
ベルトン夫人のリビングルームで、
12.5, 16, 20, 25, 31.5, 40、および 63hzの
低周波ノイズレベルを記録しました。



しかし、NELCの調査の一環として
ノーザン・パワーグリッドによって
今年連れてこられた技術者は、
さらに3つの低い周波数
(6.3, 8 および 10hz)を検出しました。



ベルトン夫人は、
これらの測定値は元の音を示すと考えられていますが、
測定値が高いほど高調波※おとしん:注)であり、
効果的に元の音をエコーします。



そして彼女は、
これらの測定値がノイズが
どこから来ているのかという手がかりを
提供すると信じています。



誰かがどこにいるか知っていなければならない。


「それは間違いなくいくつかの機器です。
私は工業的なものだと思う。
これは自然現象ではありません。」



低周波ノイズの原因を特定するのに
役立つ情報があれば、
マーガレットさんに
午後7時30分以降、――――――で電話してください。


NELCの環境インフラストラクチャの
サービスマネージャであるネーサン・Vear氏は
次のように述べています。


「低周波ノイズは少数の人にとって本物で
本当の問題であることを認識しています。」



「個々のケースについてはコメントしていませんが、
最近、継続的かつ長期的な低周波ノイズの苦情を
再開して調査しましたが、
これまでのところノイズの存在を
確認することはできませんでした。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

===============================

※おとしん:注) 高調波

高調波(こうちょうは)とは、
ある周波数成分をもつ波動に対して、
その整数倍の高次の周波数成分のことである。

音楽および音響工学分野では倍音と呼ぶ。

元々の周波数を基本波、
2倍の周波数(2分の1の波長)を持つものを第2高調波、
さらに n 倍の周波数(n 分の1の波長)を持つものを第 n 高調波と呼ぶ。


以上、ウィキペディアより引用しました
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%AA%BF%E6%B3%A2


-------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-01 : ミステリアス・ハム(不可解な低周波騒音) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
<5、6-Part2:ノースカロライナ州:パスクォタンク郡ティンバーミル風力プロジェクト>5-ノースカロライナ州:エイペックス社は許可を拒否するパーキマンス郡の決定を訴える |ぜひ⇒6-ノースカロライナ州:開発者はEastern NC風力発電所が1つの郡でブロックされていても「前に進む」と言います…4人のパーキマンスの夫婦と居住者は委員会の許可の否認を裁判所に依頼しています‐判決は、来年になると予想されさらに控訴が続く可能性がある |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 «  ホーム  » <3、4-Part2:ノースカロライナ州:パスクォタンク郡ティンバーミル風力プロジェクト>3-ノースカロライナ州:パーキマンス郡は、3億ドルの風力プロジェクトの許可を拒絶します |4-ノースカロライナ州:東部ノースカロライナ州の州で最大のティンバーミル風力発電所は、許可を拒否された |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR